ashuとnamyのよもやま日記

ashunamy.exblog.jp

namy:このブログの管理人。いろんなことに疲れて、絶賛ヤサグレ中だったけど、2012.9月、復活しました。              ashu:写真を撮っているだけのヒト。(笑)

Hawaii旅行記 ⑦

2008.9.24(ハワイ時間)

腹ごしらえを済ませ、いよいよ今回のハワイ旅行の最大の目的、マウナケア山での夕日と星空観察に出かけます。
これを見るために大枚をはたき、D90まで買ってきたのです。
期待も膨らむってもんでしょう。
今回参加したツアーは、マサシのネイチャスクール
13人乗りのバンに、12人のゲストを乗せて、いざ出発。

目的地マウナケア山(Mauna Kea 標高4,205m)は、ハワイ諸島最高峰の山。
年間の晴天率が約92%と高いため、9カ国13基の天体望遠鏡が集まっています。
日本のすばる望遠鏡もあります。
いきなり標高4,205mまで登ったら、間違いなく高山病になります。
まかり間違えば、自分がお星様になってしまいます。
星を見に来て、自分が星になったんでは洒落にならないので、1,000m、2,000m地点で休憩。
徐々に高度に体を慣らしていきます。
そして、標高2,800mにあるオニズカビジターセンターで、お弁当を食べてちょっと長めの休憩。
ここで、防寒対策もします。

標高2,000m以上の高地にしか生息しない銀剣草
f0046614_2212170.jpg

この植物は11年に1度しか花を咲かせないそうで、今年花をつけました。
行った時には枯れていましたが。
標高2,800mともなれば、空気も薄く、早足で歩いただけでも息が苦しくなります。
植物もほとんど生えていません。
f0046614_22142935.jpg

SF映画に出てくる火星みたいですな。
奥に見える建物は、天文台で働く人たちの宿泊施設です。

さて、夕日の時刻にあわせて、山頂に向けて出発です。
オニズカビジターセンターまでは、一般の車でも来ることは出来ます。
が、ココまで来る道路(サドルロード)は、レンタカーの保険の対象外の道路のうえ、一般車は
午後4時までに下山しないといけません。
それ以降は許可を受けた車しか滞在を許されないので、観光客はツアーを使うよりほかありません。
ここでガイドさんから注意です。
「今から山頂に行きます。絶対に寝ないでください!寝たらそのまま死にます。となりの人が寝ていたら、殴ってでも起こしてください。それが結果、親切になりますから。」

酸素が薄くなると人間は余分な体力を使わないように、体を休めようとします。
体を休めるということは、眠くなるということ。
起きている時は、薄い酸素を一生懸命吸おうと深呼吸します。
でも、寝てしまうと普段と同じ呼吸になってしまいます。
酸素が薄いので普段と同じ呼吸だと、必要な量の酸素が脳に届かなくなります。
結果、低酸素症になって死んでしまうということらしいです。

そんなこんなで、未舗装の道路を疾走。
f0046614_22372735.jpg

途中、眺めのいい場所で撮影タイム。
f0046614_22381525.jpg

たくさんの天文台が見えてきました。
f0046614_2240211.jpg


本当の山頂は、神聖な場所なのでいけません。
山頂よりちょっと下がった場所で、夕日の観察です。
f0046614_2244551.jpg

f0046614_22451598.jpg

f0046614_22453347.jpg

f0046614_22495575.jpg
f0046614_22501728.jpg
f0046614_22504413.jpg

f0046614_22514095.jpg

f0046614_22523333.jpg

f0046614_22525658.jpg

f0046614_225314100.jpg

実はこのとき、namyは酸欠で頭がぼぁ~として、意識が朦朧としてました。
ashuはそんなnamyにおかまいなしに、ぴょんぴょん跳ねて写真撮ってました。

日が沈んでしまうとあたりは真っ暗です。
マウナケア山の規則で、車のライトが星の観測の妨げになるため、日没30分以内に下山しないといけないです。
少し標高を下げて、3,900m付近で星の観察です。
車を降りると
f0046614_230158.jpg

満天の星空が迎えてくれました。
f0046614_2312134.jpg

写っているのは全部星です。ゴミじゃないです^^;
f0046614_236888.jpg

f0046614_1918153.jpg

星がたくさんありすぎて、どこを撮っていいのかわからなくなりました。
北緯15度のハワイでは、北半球全部分の天の川が見えます。
流れ星も、人工衛星も見えました。
何万光年もかなたから届いた星の光を見ていると、人間って本当に小さな存在だなって思います。
いつまでもずっと見ていたいけど、そうもいかなくて帰るお時間が来ました。
オニズカビジターセンターまで降りて、借りていた防寒着を脱いで、スペースマウンテン状態の
道路をひた走り、23時ごろホテルに到着しました。

つづく




f0046614_19145233.jpg
星を撮りに行くっていうのに、なんとnamyレリーズ、ホテルに忘れました^^;
D90まで買って、なにやってんだか・・・
[PR]
by ashu_namy | 2008-10-04 19:14 | 2008.9 Hawaii