ashuとnamyのよもやま日記

ashunamy.exblog.jp

namy:このブログの管理人。いろんなことに疲れて、絶賛ヤサグレ中だったけど、2012.9月、復活しました。              ashu:写真を撮っているだけのヒト。(笑)

2008.6.14 越前 ① 

天気:晴れ 気温:23℃  波高:0.5m すこしうねりあり
水温:19.3℃  透明度:8~10m 平均水深 6.3m 最大水深 8.0m

早朝の高速をひた走り、1ヵ月半ぶりの越前。
敦賀IC近辺では怪しい黒い雲も出ていたけど、いつもおせわになるダイビングセンター LOGにつく頃には、すっきり晴れた。
ショップに一番乗りして、器材を降ろすために車から降りたら
「さっっさむ~い!」
それでも、外のダイビングスペースで朝ごはん。
海はというと、水面がちょっとざわざわしてるけど、まぁ問題ないでしょ、ってカンジ。
さっそく準備を始めて、いざ

1本目のポイント < いつもここから とんぼ渡り >

GWに大ゴケした階段を慎重に降りて、EN。
「つめたぁ~い!・・・・・あっでも、慣れた。」
と、わかったようなわからないようなashuの感想。
いつもの場所まで水面移動中、明るい日差しで水底まですっきり見える。
幼魚もたくさんいて、なんだか気持ちいい。(冷たいけど・・・)

目印のガイドロープを見つけて、潜降。
GWの時より藻の類が少なくなってて、なんかすっきりキレイになってた。
あれだけいたエムラミノウミウシ、コザクラミノウミウシもすっかり姿を消して、ウミウシの入れ替わる時期なのかしら?と考えてみたり。

今回も(日帰りなので)カメラを置いてきたので、namyは探す専門。
さぁ、探すわよぉ~と意気込んだら、珍しくなるashuのベル。
近寄ってみたら、イソウミウシ属の仲間がついた貝殻を持っていた。
うんうん、この手の貝殻にウミウシがたくさんいるんだよね~と見ていたら、くるっとひっくり返した。
f0046614_20343633.jpg

シロホクヨウウミウシ と イソウミウシ属の仲間がにらめっこしてました。
このイソウミウシ属の仲間、さして広くないこの場所で10個体は見ました。

その次は
f0046614_2036615.jpg

GWにたくさん見た、ホリミノウミウシの仲間がちょっと大きくなっていました。

他にいないかなぁ~と、顔を上げたら
f0046614_2038686.jpg

ゴマフビロードウミウシ
Jorunna parva
体長 約30mm
が、降ってきました。
ココで、色の薄いコをみたのは初めてでした。

狭い場所ながら、移動して水底に転がっている石の上に
f0046614_20403016.jpg

イソウミウシ属の仲間
Rostanga sp. 
体長 約50mm

反対側
f0046614_20442735.jpg

石と石の間でひっくり返っていたので、でかいカスミハラックサウミウシかと思い、起こしてみたら、立派な二次鰓と黒い斑紋、それも左右非対称。
本ウ P143 №296に(斑紋があることを除けば)ちょっと似ている。
去年からこの手のウミウシをよく見るけど、初見にしていいのか、判別がつかなくてちょっと困っている^^;

岩のくぼみの中で、ホウズキフシエラガイが産卵していた。
ashuに教えてライトを当てたら、明るいところがキライなホウズキフシエラガイは、くぼみの奥に逃げてしまいました。
なので、手前には卵塊しか写っていません。
f0046614_20513371.jpg

くぼみの奥に、成体が2個体います。
本ウによると、ホウズキフシエラガイはカイメンや八方サンゴを食するとあるので、この卵塊を
食べていたわけではなさそう。。
なので、ホウズキフシエラガイの卵塊だと思うけど・・・
違っていたらどなたか教えてください。

大きなゴマフビロードウミウシ(A)と、色の濃い(B)コが歩いていたので、出会わないかな~と観察していたら、頭がごっつんこ!
その後、Aがにょろ~と交接器を出して、Bをツンツンしだした。
f0046614_20524065.jpg

Bは最初その気がなかったようだけど、2度ほどツンツンされたら、その気になったようだ。
その後めでたく交接!
たくさん増やしてくださいね!

もう寒いんだから、早く上がろうよぉ~カメラ持ってないと寒さが身に染みるんだよぅ・・・
と、訴えるも、モウミウシが絡みついた草のカタマリを見つけてしまった。
小さなカタマリなのに、トヤマモ、アリモ、ヒメクロモ、アズキウミウシと多彩な顔ぶれでした。
EXサインを出して、泳ぎ始めた時にオトメミドリガイが降ってきて、それを撮ったあと移動。
透明度がいいから水中もキラキラして、とってもキレイ。
EXする場所で、なにやら水面付近が騒がしいので顔を出したら、たくさんの人がシュノーケルをしてた。
水温19度で・・・あとで聞いたら石川大学の学生とのこと。
若いっていいね、と100分でEX。

◎◎ 1本目に見たウミウシ  ☆は初見

1.イソウミウシ属の仲間  ☆
2.ホリミノウミウシの仲間
3.シロウミウシ
4.フジエラミノウミウシ
5.ゴマフビロードウミウシ
6.シロホクヨウウミウシ
7.シラユキウミウシ
8.イソウミウシ属の仲間 (黒斑紋つき) ☆
9.ウミフクロウ
10.クロヘリアメフラシ
11.ホウズキフシエラガイ
12.アズキウミウシ
13.サガミミノウミウシ
14.アカボシウミウシ
15.トヤマモウミウシ
16.クロモウミウシ
17.アリモウミウシ
18.オトメミドリガイ
19.サラサウミウシ
20.アオウミウシ
21.ウスイロウミウシ
22.カスミハラックサウミウシ
23.エムラミノウミウシ

でした。
[PR]
by ashu_namy | 2008-06-15 21:19 | diving log 越前