ashuとnamyのよもやま日記

ashunamy.exblog.jp

namy:このブログの管理人。いろんなことに疲れて、絶賛ヤサグレ中だったけど、2012.9月、復活しました。              ashu:写真を撮っているだけのヒト。(笑)

2007.7.28 越前 ①

天気:曇り時々晴れ 気温:27℃  波高:ざわざわ 
水温:23.6℃  透明度:1~5m 平均水深 6.7m 最大水深 8.2m

寝苦しい夜だったので、まぶたがとろ~んとしたまま一路越前へ!
夏休みに入った週末ということで、普段より車が多い。
普段は早朝ならほとんどクルマのいない北陸道も、海水浴に行くであろうファミリカーがちらほら見られる。
道中の海水浴場には、気の早い海水浴客の姿も見える。
って、まだ7時過ぎだぜぇ~!もう泳いでやんの。子どもは元気さ~。

そんなこんなでいつものショップに到着。
準備を進めていると、仲のいいスタッフが「今日はゲストが多いから、早めに潜ったほうが良いよ。」と、教えてくれた。
それでは、
1本目のポイント<いつもここから!とんぼ渡り>
ENしてみると、今月初めに来たときよりは透明度はよくなっている。
今日はカメラもないし、ウエイトも少し減らしたから、水面移動もラクラク。
泳ぐのが早すぎてashuを置いていってしまった^^;

潜降しての第一印象・・・あんだけいたオトメウミウシが皆無・・・みごと・・・
両手が自由なので、さっそく石めくり。

f0046614_2154118.jpg

シロフシエラガイ
Berthella stellata
体長 約10mm

石をめくると高確率で見つかる。(めくった石は元にもどしましょうね)
夜行性なのか、すぐに石の下に入ろうとする。
ここのシロフシエラガイは背中に模様がないタイプのようだ。

カベを探すとウスイロウミウシが体を丸めていた。
よぉ~く見たら産卵中でした。

カベを丁寧に探していると
f0046614_21111479.jpg

シロイバラウミウシ
Okenia japonica
体長 約4mm

一目みてイバラウミウシの仲間とわかった。
シロフシエラガイを撮っているashuに、興奮気味に教えるも「なんだ、白いミノか・・・」と、侮って横に置いてしまった。
この!!○カ!!
と、心の中で叫んだことは、口が裂けたら言えない・・・

その後は、ウスイロウミウシサラサウミウシユビウミウシなどを、ウミウシ回転寿司状態でashuの目の前に置く。
f0046614_211741.jpg

サガミミノウミウシ
Phyllodesmium serratum
体長 約10mm

この前までほとんどいなかったのに、今日は1つの海藻のカタマリに3個体もついていたり、
岩陰を見ればサガミミノ、泥の中にサガミミノ、というぐらいたくさんいた。
キレイだからスキなんだけどね。

その後も探すのだけれど、なかなか見つからず。
ashuの残圧が50になったので、帰ることに。
EXポイントの近くで浮上してみると、なんとたくさんのダイバー。
こんなにたくさんいるの、久しぶりに見たよと、106分でEX。

◎◎1本目に見たウミウシ◎◎  ☆は初見

1.シロフシエラガイ
2.シロイバラウミウシ  ☆
3.ユビウミウシ
4.サラサウミウシ
5.ウスイロウミウシ
6.サガミミノウミウシ
7.アオウミウシ
8.シロウミウシ
9.キイロウミコチョウ
10.ゴシキミノウミウシ
11.オトメミドリガイ
12.アズキウミウシ
13.サガミイロウミウシ
14.アカボシウミウシ
15.ヒメメリベ

でした。
[PR]
by ashu_namy | 2007-07-29 21:26 | diving log 越前