ashuとnamyのよもやま日記

ashunamy.exblog.jp

namy:このブログの管理人。いろんなことに疲れて、絶賛ヤサグレ中だったけど、2012.9月、復活しました。              ashu:写真を撮っているだけのヒト。(笑)

2007.7.5 越前 ③

天気:曇り時々晴れ 気温:25℃  波高:1m → 0.5m 
水温:21.7℃  透明度:3~5m 平均水深 6.7m 最大水深 7.9m

朝起きてみると、夕べまでの風もやみ、波も穏やかになっていた。
若干ちゃぷちゃぷしてはいるけれど、問題なく潜れる。

さぁ、○○のひとつ覚え。今日もいってみましょう!
3本目のポイント <まったく飽きないわねぇ・・・ とんぼ渡り>

ENしてみると、前日より透明度が上がってる。
日も差してきて、なんだかいい感じ。
ポイントにも迷うことなく到着。なんか良いことありそうな、そんな予感・・・

が、大当たり
f0046614_2153894.jpg

フタスジミノウミウシ
Faceline bilineata
体長 約8mm

昨日は、ミノはフタスジミノそっくりなんだけど、口触手と特徴である2本のラインがない、ちいさなコだったけど、今回のは間違いなくフタスジミノウミウシ。
昨年、越前でヨツスジミノを見ているから、いるんだろうな~とは思っていた。
会えてよかった。

天気も透明度もいいのに、ウミウシはなかなか見つからない。
チョット水深を上げて上のほうを探していたら、下のほうでベルが鳴る。
行ってみると、ashuが左手にウミウシの乗っかった石、右手にカメラと手のひらにでっかいミヤコウミウシを乗せていた。
後で聞いたら、ミヤコウミウシはふわふわと舞いながら落ちてきたんだそうだ。

ここで初心(?)に返って、最初に見たカベ付近を探す。
ここのカベは一度探した後、時間を置いて探すと、結構ウミウシが見つかる。
いましたよ!今日の、イヤ今回のメインを飾れるようなコが!

f0046614_2204153.jpg

ツルガチゴミノウミウシ
Favorinus tsuruganus
体長 約10mm
1/60秒 - F20

こんなところにいるなんて!
(自慢げに)鼻の穴を膨らませて(水中ではやってませんよ、そんな気分ってことで^^;)、ashuを呼ぶ。
ashuに気の済むまで撮ってもらって、代わってもらった。
しかし、このツルガチゴ、動きが早いったら。
石から下りたらおとなしくなった。石がいやだったのかしらね・・・
そして撮れた写真は・・・
f0046614_2217437.jpg

1/100秒 - F16
こんなん撮れましたけど・・・

ツルガチゴに悔いはないかと、念を押して101分でEX。

◎◎3本目に見たウミウシ◎◎  ☆は初見

26.キイロウミコチョウ
27.シロフシエラガイ  ☆
28.ミヤコウミウシ
29.ヒメメリベ
30.ツルガチゴミノウミウシ  ☆

モンガラキセワタ、コモンウミウシ、シロウミウシ、オトメウミウシ、クロミドリガイ
クロヘリアメフラシ は、たくさんいました。
[PR]
by ashu_namy | 2007-07-10 22:24 | diving log 越前