ashuとnamyのよもやま日記

ashunamy.exblog.jp

namy:このブログの管理人。いろんなことに疲れて、絶賛ヤサグレ中だったけど、2012.9月、復活しました。              ashu:写真を撮っているだけのヒト。(笑)

2007.4.29 越前 ③ 

天気:晴れ 気温:22℃  波高:1.0m 水温:15.6℃  
透明度:3~5m 平均水深 6.5m 最大水深 7.8m

前日の大荒れから一転、ちょっとうねりが残るものの、天気もよくダイビング日和になりました。

朝イチはやっぱりここでしょう。ということで

3本目のポイント <飽きもせず とんぼ渡り>

水面はすこしうねりがあったものの、水中は穏やかでした。
これが「春濁り」というものなのか、たくさんの浮遊物で透視度はあまりよくない。
いつもの場所にたどり着いて潜降。

さっそく
f0046614_10583611.jpg

セスジミノウミウシ
Flabellna rubrolineata
体長 約10mm 
ひさしぶりに見ました。
沖縄ではセスジミノウミウシによく似た、サキシマミノウミウシ科の仲間
を、たくさん見たから、これもそうかなと思ったけど、
触角の後ろ側がタテガミ状になっていたため、セスジミノウミウシと判明。
ちょっと暗い水中でも目を引く鮮やかさでした。

前日の大荒れのなかでも、ウミウシたちはどこかに隠れていたのか、
穏やかになった今日はたくさん出てきてくれた。

その中で
f0046614_10585817.jpg

マツカサウミウシの仲間
Doto sp.
体長 約10mm
マツカサウミウシにしては体地色が真っ白であること、触角鞘が波状であること、
背側突起が7対あることから、マツカサウミウシ属の1種としました。
(本州のウミウシ P215 №463 参照)

タイトル <触角にピントがあっていれば・・・>
f0046614_10591949.jpg

ゴシキミノウミウシ
いつもは5mmぐらいの小さな子しか見なかったけど、今回の子は大きくて(20mmぐらい)
ミノもきれいで、とっても立派な子でした。
ピントが触角でなく、体にあっているところはご愛嬌ってコトで^^;

タイトル <飾りじゃないのよ・・・>
f0046614_10594496.jpg

アカエラミノウミウシ
赤い体に、くるりんとした飾り。これ、寄生虫のタマゴなんですね。
「本州のウミウシ」のP269にそのものズバリの写真が載ってます。

探せばまだまだ見つかりそうだけど、エアが50になったので帰る準備。
そんなに深くなく、遠くもないのに、EXまでになぜかエアを20ぐらい使う。
なんでだ???
と、いうことで82分でEX。

◎◎3本目に見たウミウシ◎◎  ☆は初見(かぶりは除く)

14.セスジミノウミウシ
15.ネコジタウミウシ
16.ゴマフビロードウミウシ
17.マツカサウミウシの仲間  ☆
18.ユビウミウシ
19.カスミハラックサウミウシ
20.アカエラミノウミウシ
21.ゴシキミノウミウシ
22.シロウミウシ
23.アリモウミウシ

でした。

ウミウシを探しながら、撮影しながらなので個体数はあまり伸びない。
でも、昨年の同じ頃は降るようにいたウミウシが、少ないように感じる。
[PR]
by ashu_namy | 2007-05-06 11:01 | diving log 越前