人気ブログランキング |

ashuとnamyのよもやま日記

ashunamy.exblog.jp

namy:このブログの管理人。いろんなことに疲れて、絶賛ヤサグレ中だったけど、2012.9月、復活しました。              ashu:写真を撮っているだけのヒト。(笑)

2006.10.6 越前(3本まとめてどうぞ)

天気:雨のち曇り時々薄日 気温:21℃  波高:0.5~1m 
水中はおおきなうねりあり 水温:22℃  透明度 5m

低気圧の接近で天気はよくなかった。海も水面は波もなく穏やかに見えたが、水中は大きなうねりがあった。

いつものように元気のあるうちにとんぼ渡り
ENすぐ、エチゼンクラゲのお出迎え。でもみんな残骸ばかり・・・
ちぎれた触手がたくさん浮いているのか、顔がちくちくした。
うねりに負けないように、少し潜行して目的地を目指す。
とんぼ渡りについて、潜行。まず目に入ってくるのはここでもエチゼンクラゲの残骸。
お魚さんたちの格好のエサ。食物連鎖の一端を垣間見た感じ。
今日は、ウミウシを探す目がいつもより2つ多いのに、うねりのせいかなかなか見つからない。
いつもならたくさんいるシロウミウシすら、数えられるぐらいしかいない。
そのかわり、ヒロウミウシがたくさんいた。
交接中の個体や、一人寂しくぽつんといる子までさまざま。
この機会に、いろいろ試してみた。(その話は後日改めて・・・)

なかなか見つからない中、ナニゲにひっくり返した石の下に
f0046614_16361098.jpg

Janolus toyamaensis
コヤナギウミウシ
体長 約10mm

以前にもここで見たけど、写真がイマイチだったので撮りなおしたいと思っていた子。
ちょっと小さめだったけど、きれいな子でした。

そのあと、うねりで転がってきた海藻の塊のなかにちいさな赤いミノウミウシを発見。
f0046614_1640688.jpg

Eubranchus mimeticus
ツマグロミノウミウシ(淡色vre、本州のウミウシ P242参考)
体長 約7mm

海藻がうねりで転がってしまうので、石の上に移動してもらいました。^^;
この写真(ブログの写真は全部namyなんだけど)は、namyの作品です。
UCL-165 3枚、マクロモード、ズーム使用。本日最高の1枚になりました。^^
(ああ・・・自己満足・・・)

ここで、ashuはフィルムを使い切る勢いでシャッターを切る。
ウミウシ、燃えてしまいますがな・・・
そのとき、お友達のbebeちゃんが、なにやら持ってきた。
f0046614_16514556.jpg

たぶん、ヒラムシ。
こいつツノらしきモノまである。
でも、動きはヒラムシだったので、ヒラムシだと思われる。

ここで、ashuがフィルムを使い切ったので77分でEX。

その後、ポイントを変えて1本、お昼をはさんで1本潜ったけど、だんだんうねりが大きくなってウミウシも見つからなかったので、割愛・・・(うゎ~手抜き・・・)

◎◎ 本日見たウミウシ ◎◎(☆は初見)
1.ウスイロウミウシ
2.シロウミウシ
3.アオウミウシ
4.コノハミドリガイ 交接
5.コヤナギウミウシ
6.サガミミノウミウシ
7.ツマグロミノウミウシ ☆
8.ヒラムシ
9.サガミイロウミウシ
10.アズキウミウシ
11.サラサウミウシ
12.オトメミドリガイ
13.ヒメメリベ

13種類、うち初見1種類。このうねりなら仕方がないかな・・・

《おまけ》
2本終わって、お昼ごはんを食べていると、ショップのお母さんがゲソの煮つけを持ってきてくれた。おいしくいただいていると、スタッフがナニやらお皿を持ってこっちに来る。
なんと、さっき揚がったばかりのアマダイのお造りを持ってきてくれた。
うーん・・・お客が私たちだけだからサービスしてくれたのかな???
理由はわからなかったけど、このお造り、甘くて本当に美味しかった。

宿の夕食は次回につづく・・・
by ashu_namy | 2006-10-08 17:06 | diving log 越前