人気ブログランキング |

ashuとnamyのよもやま日記

ashunamy.exblog.jp

namy:このブログの管理人。いろんなことに疲れて、絶賛ヤサグレ中だったけど、2012.9月、復活しました。              ashu:写真を撮っているだけのヒト。(笑)

2011.6.7 沖縄 ⑨

天気:曇り時々晴れ 気温:30℃  波高:2.5m うねり:なし
水温:23.0℃ 透明度:30m 平均水深 9.8m 最大水深 13.3m Dive Time 68分

ささっとランチを済ませ、ほげ~としていたらガイドさんがフロートの準備をしていました。
「おや、ドリフトですか~」と思っていたら、「チームの半分はアンカーリングで、時間差で半分はドリフトしますので、私たちはアンカーリングチームと一緒に入ってドリフトチームと一緒に上がります。そうすれば少し長く潜れますよ(^^)」
お心遣い、感謝です(^^)

◎◎ 9本目のポイント < 沖縄ラストダイブ 黒北ツインロック(黒島) >

まずは
f0046614_13401481.jpg

ヤマブキウミウシ
Noumea flava
体長 約10mm
はるか昔、ケラマで1度だけの出会いでした。
このコもまだ銀塩の写真しかありません。
このウミウシをみると、「七重八重 花は咲けども山吹の 実の一つだに なきぞ悲しき」という大田道灌の歌をいつも思い出します。
このウミウシを初めて見た時も、真夏のケラマでした。
花の山吹はもう少し早い時期に咲きますが、海のヤマブキは夏のイメージですね。

このコも銀塩時代に、それもフィルム切れで撮れなかった
f0046614_13474990.jpg

テンテンウミウウシ
Halgerda brunneomaculata
体長 約10mm
座間味で潜ったときにリクエストしていたら、あっさり出ました。
しかしashuさんはこの時まだフィルムカメラ。
それもたくさんウミウシが出て、フィルムがもうない!
そこで当時5050を持っていた私に、
「死ぬ気でピントを合わせて、撮れ!」
と、目で訴えていました(^^;)

またもやよくわからん
f0046614_13515578.jpg

キヌハダウミウシ属の仲間
Gymnodoris sp.
体長 約15mm
二次鰓の付近が丸く盛り上がっています。
もう、よくわからなくなってきました(^^;)

最後はきれいな
f0046614_13553167.jpg

ハナイロウミウシ
Thoruuna florens
体長 約7mm
真栄田岬でも見ましたが、ケラマのコは色が濃かったです。

水面に顔を出すと、結構な風とうねりです。
こんな時に限って、ウエットで7kgもウエイトをつけていた(ちょうどいい重さが出払っていたので余っていたウエイトをつけていた)ので、しんどかったです(^^;)
ケラマボートなのに。3本とも60分オーバーで潜らせていただきました。
ありがとうございました。

そうそう、上がってからほかのチームが「イソマグロがいた!」とか話していましたが、「え~知らな~い」でした。
「だって今川さんのチームはずっと下を向いてるんだもん(笑)」といわれました。
だって、ウミウシダイバーですから。
頭の上をマンタが舞ってても気が付かないかも・・・(^^;)

◎◎ 9本目に見たウミウシ ◎◎ 赤字は初見

103.ヤマブキウミウシ
104.ミズジアオイロウミウシ
105.テンテンウミウシ
106.ケラソトマ・シヌアータム
107.キヌハダウミウシ属の仲間(二次鰓付近が盛り上がる)
108.マイチョコウミウシ
109.ノウメア・ワリアンス
110.ニシキツバメガイ

そのほかは
・ミカドウミウシ
・ハナイロウミウシ
・トウモンウミコチョウ
でした。

見たけど写真に撮れなかった
111.ハナミドリガイ(天願)
112.コンシボリガイ(ホーシュー)
でした。

あ~お腹いっぱい、でも満腹じゃない(^^)
by ashu_namy | 2011-06-26 14:09 | diving log 沖縄