人気ブログランキング |

ashuとnamyのよもやま日記

ashunamy.exblog.jp

namy:このブログの管理人。いろんなことに疲れて、絶賛ヤサグレ中だったけど、2012.9月、復活しました。              ashu:写真を撮っているだけのヒト。(笑)

2010.5.22 越前 2

天気:くもり時々晴れ 気温:24℃  波高:0.5m
水温:16.7℃  透明度:3~5m 平均水深 8.1m 最大水深 10.7m

陸に上がってきて、寒さに震えながら熱いシャワーを浴び、人心地ついた後に食べるカップラーメンの
おいしかったこと。
その後、体温を回復させるために日に当たりながら昼寝をする姿は、いずれアシカかアザラシか・・・

体が温まっちゃったから、2本目は寒く感じるよね~なんて会話をしながら選んだ2本目のポイントは

2本目のポイント < だからダイブテーブル的にはダメだって! V字ハング >

2本目の方が最大水深が深いって、ダイブテーブル的にどーよ?と毎回書いてます。
でも、ここしか行くとこないんだもん・・・
エントリーして、ちょこっとだけショートカットして、って透明度、ワルっ!
午前中より浮遊物が増えてますね~
このまま水温があがったら、いよいよ赤潮来襲か!?

てなことを考えながら
f0046614_21165058.jpg

イバラウミウシ属の1種
Okenia sp.
体長 約5mm

2007.7月に撮影して以来ですね。
小さくて、最初はまっしろなネコジタウミウシかと思いました。
じーっと見ているうちに、「あ、イバラウミウシsp.だ」とわかりました。
ストロボの調整がマニュアル調光のため、ashuさんにしては珍しくちょっと白トビしてます。

えらい勢いでベルを鳴らしてみましたが
f0046614_21235665.jpg

サガミコネコウミウシ
Goniodoris felis
体長 約5mm

もう、鼻の穴全開で、「どーよ!コレ!」状態で呼んだのに、よぉ~く見たらサガミコネコ・・・
スレートに「ゴメン・・・」と書きました。

でもそれを挽回するウミウシをはけーん!
f0046614_21264986.jpg

ミノウミウシ亜目の1種
AEOLIDINA sp.
体長 約6mm

2009.4月にも撮影していますが、そのときのコより数段キレイなコでした。
この写真ではわかりにくいですが、背側突起に細かい青い点々が入っていて、
それはそれは美しいミノウミウシです。

その横に
f0046614_21292947.jpg

ミノウミウシ亜目の1種
AEOLIDINA sp.
体長 約10mm

口触手が ”シャキーン”と伸びたコです。
このコも2009.4月が初観察です。

このあと、やっぱり太陽を求めて上のほうでウミウシ探し。
探せば見つかるんだけど、やっぱり寒さに勝てずに82分でEX。

◎◎ 2本目に見たウミウシ ◎◎

17. イバラウミウシ属の1種
18. ゴマフビロードウミウシ
19. シラユキウミウシ
20. サガミコネコウミウシ
21. ミノウミウシ亜目の1種 (オイラ図鑑 ミノウミウシ亜目の1種3)
22. ミノウミウシ亜目の1種 (オイラ図鑑 ミノウミウシ亜目の1種24)
23. クロヘリアメフラシ
24. アカエラミノウミウシ
25. ミノウミウシ亜目の1種 (オイラ図鑑 ミノウミウシ亜目の1種17)
26. ヒロウミウシ
27. ドーリス科の1種 (オレンジの体地色、黒斑紋)
28. フジタウミウシ
29. ミノウミウシ亜目の1種 (本ウ №657)
30. ダイダイウミウシ

その他のみなさん
 ・ カスミハラックサウミウシ
 ・ チシオウミウシ
 
写真に撮ってもらえなかったみなさん
 ・ アズキウミウシ
 ・ ウスイロウミウシ
 ・ オトメウミウシ
 ・ サラサウミウシ
 ・ アメフラシ
 ・ アマクサアメフラシ
 ・ エムラミノウミウシ
 ・ ホオズキフシエラガイ

でした。

ashuさんに、新しいカメラの感想を聞いてみました。

「う~ん・・・よくわからん・・・でも液晶は大きくなってちょっと見やすいし、拡大がワンタッチで出来るのが便利。
あと、フォーカスポイントが51点もあるけど、どこまで動かせばいいのかわからん。
ピックアップファインダーがついてないけどの倍率がD200より低いけど、なんとかなりそうだし。
電池も思ったより持ちがいい。」

だそうで。(ashuさんから物言いが付きましたので、訂正しました。)

アタラシイカメラ、ヨカッタネ。 ← 棒読み
by ashu_namy | 2010-05-26 21:44 | diving log 越前