人気ブログランキング |

ashuとnamyのよもやま日記

ashunamy.exblog.jp

namy:このブログの管理人。いろんなことに疲れて、絶賛ヤサグレ中だったけど、2012.9月、復活しました。              ashu:写真を撮っているだけのヒト。(笑)

2009.6.4 大瀬崎 ③

天気:くもり時々晴れ  気温:10℃  波高:なし  うねり:なし   
水温:16.5℃ 透明度:10m 平均水深:9.4m 最大水深:15.5m

最近ナイトダイビングがおもしろいと感じるようになりました。
以前は「暗いのキライ」だったんですけど。
限られた光の中でウミウシを見つけるなんて、トレジャーハントそのものじゃないですか。

3本目のポイント < 月夜の晩は気をつけな(深い意味なし^^;) 湾内 大瀬館の正面からナイトダイビングぅ~ >

1stに黄色のケミカルライトをつけてもらって、ashuはBCにストロボライトをつけて、namyは突然消えるライト(でも叩くと点く)を持って(って、ナイトなめとんのか?)、いざEN。
ゴロタの上にはたくさんのガンガゼが出てきている。
しかしさすが大瀬崎、ナイトダイブを楽しむゲストもたくさんいる。
中には、上半身を砂にうずめるようにして足を上に上げて写真を撮っている方も。
知らなかったら、何かアクシデントがあったんじゃないかと思うような姿勢で写真を撮っていました。
その被写体だけに1本を捧げているんだろな~と、邪魔にならないように大きく迂回。

水底ギリギリを泳いでいると、光の輪の中に白い貝殻がキラリン!
f0046614_1553135.jpg

オオシイノミガイ
Acteon siebaldii
殻長 約10mm
「ふ~ん貝殻だ~」とスルーしかけて、「あ"あ"!ちがう!貝もちウミウシだっ!」と引き返しよくよく観察すると、しっかり軟体部も出ていました。
浮島でたごんちさんに教えていただいていなかったら、そのままスル~でしたね。
昼間ならすぐに砂に潜るのに、ナイトだったせいかなかなか砂に潜らず、ラッキーでした。

潜る前に「白ゴマちゃんがみたい♪」とリクエストしておきました。
したらば
f0046614_15582444.jpg

ゴマフビロードウミウシ
Jorunna parva
体長 約10mm
いや~ん、自力Get!
越前にはこのタイプのゴマちゃんがいないし、見たかった白バージョンなのでうれしかったぁ。

その後もクサリを探しながら移動。
f0046614_1613959.jpg

エダウミウシ
Kaloplocamus ramosus
体長 約15mm
赤いのから白っぽいのまで、たくさんの個体が観察できました。

最後に真打登場
f0046614_1634557.jpg

ヤマトウミウシ
Homoiodoris japonica
体長 約30mm
見つけたのは私なのにぃ~私を押しのける勢いで撮ってましたね、ashuさん。
うれしいのはわかるけど、わかるけど・・・もうすこし労わらないとライト、当ててあげなくてよ・・・

まだまだ探せば見つかりそうなのに、ashuのエアが50になってしまったので76分でEX。

◎◎ 3本目に見たウミウシ ◎◎  ☆は初見

15. ミヤコウミウシ
16. ホシアカリミノウミウシ
17. コミドリリュウグウウミウシ
18. エダウミウシ
19. ミツイラメリウミウシ
20. オオシイノミガイ  ☆
21. ゴマフビロードウミウシ
22. イナバミノウミウシ
23. ハクセンミノウミウシ
24. アカボシウミウシ
25. ヤマトウミウシ  ☆
26. コモンウミウシ
27. アカエラミノウミウシ
    サギリオトメウミウシ 

でした。
いや~ナイトダイビングはホントっおもしろいですね!^^
by ashu_namy | 2010-01-04 22:26 | diving log 大瀬崎