ashuとnamyのよもやま日記

ashunamy.exblog.jp

namy:このブログの管理人。いろんなことに疲れて、絶賛ヤサグレ中だったけど、2012.9月、復活しました。              ashu:写真を撮っているだけのヒト。(笑)

2009.10.31 西伊豆 浮島 ②

天気:晴れ  気温:24℃  波高:なし 水中:うねりなし   
水温: 28.8℃ 透明度:10~15m 平均水深 7.9m 最大水深 13.6m

午後からはハーフボート(往路だけボート)をすることに。
その前に腹ごしらえ。
たごんちAさんのお手製のスープをごちそうになり、体力フル充電!(ごちそうさまでした^^)

ブリーフィングで、ENして7m付近でウミウシを探して、そのあとのルート取りを打ち合わせ。
それでは、

2本目のポイント <ハーフボートはとってもラクチン♪ ショットホール >

ボートに乗ってさあエントリーというときに、ショルダーベルトの下にレギのホースがくぐっていることに気がつく。
が、もうすでにボートは止まってるし、ボートダイビングのゲストも乗っているので、「ええい!ままよ!」とEN。
ちゃぷちゃぷと水面で集合、そのまま潜降開始。
オーバーウエイトなので、BCの空気を抜いたらそこは既に水底。
水底に着底後、何事もなかったように7mラインまで浮上、ウミウシ探し。
でも、EX後たごんちAさんに、「namyさん、すごい勢いで沈んでいったけど、あれは”落ちてた”んだよね(笑)?」
しっかり見られてました^^;

しかしレギのホースがどうにも気になり、ふたたび水底に下りて一人器材脱着デモ。
先ずは、オクトをくわえて・・・おっと左から出してるから反対向きだ・・・
よしよし、さてバックルを外して、レギをショルダーベルトの下から外して・・・ふたたびレギをくわえなおす、と。
よし!OK!やれば出来るじゃん!
(これも、たごんちAさんに見られてました^^;)

ところがですね、ウミウシが多いポイントでありながら、ウミウシがいないんですよ。
ashuはたごんちAさんにコミドリリュウグウを見せてもらったようですが、私はさっぱり見つからず。

ショットホールを出ると、たくさんのサカナが群れいました。
透明度が良かったし、日差しも明るかったのでとてもきれいでした。
そんなサカナの群れを見ながら、ドライブスルーまで移動。
ここでやっと
f0046614_20182265.jpg

ヒロウミウシ
Hopkinsia hiroi
体長 約7mm
以上、終わり。

あ、ウソです、すいません。
f0046614_20194664.jpg

アオウミウシ
Hypselodoris festiva
体長 約12mm
おしまい。

マジです、ホントです、これで終わりです。
namyはこの1ダイブで5枚、ashuは1枚もシャッターを切ってません。
(ヒロウミウシは1本目の写真です)

台風18号の残した傷跡は、ウミウシ的にはとても大きかったようです。

◎◎ 2本目に見たウミウシ ◎◎

ヒロウミウシ
アオウミウシ

でした。
[PR]
by ashu_namy | 2009-11-08 16:14 | diving log 浮島