人気ブログランキング |

ashuとnamyのよもやま日記

ashunamy.exblog.jp

namy:このブログの管理人。いろんなことに疲れて、絶賛ヤサグレ中だったけど、2012.9月、復活しました。              ashu:写真を撮っているだけのヒト。(笑)

2009.3.8 西伊豆 浮島 ④

天気:くもり時々晴れ  気温:13.0℃  波高:なし   
水温: 14.1℃ 透明度:10m 平均水深 4.0m 最大水深 7.8m

水温13度で100分を超えるダイビングで、体が冷え切ってヘロヘロになって戻ると、たごんちさんご夫婦が到着。
なんと、たごんちAさんお手製のトン汁の差し入れが!
おにぎりまでいただいて、滋味あふれるトン汁が冷え切ったからだのすみずみまで染みわたりました。
あまりのおいしさに、ashu_namyは図々しくもおかわりまでしてしまいました。
そのあとashuによる、道具を使わずにバナナを二つに割る方法の実演で、大盛り上がり!
割ったバナナもいただきました。
ものすごく甘くて、おいしいバナナでした。
ごちそうさまでした。

4本目のポイント < 藻場跡地~水上トンネル >

一足先にENしたたごんちさんのあとを追って、藻場跡地へ。
しかし、何も見つけられそうにないので、ビーチを横断して水上トンネルへ。
でも、なんか集中力がなくて、あまりウミウシも見つけられませんでした。

f0046614_13422347.jpg

ヨゾラミドリガイ
Thuridilla vatae
体長 約6mm
え~と、こ、これは、後ろのコの触角にピントを合わせたんであって、そ、そう、前ボケをいかしたんです。
けっして、「あら、後ろのコにピントがあっちゃったわ、てへっ♪ ま、結果オーライよね。」
なんて、思ってません。・・・・よ、たぶんA^^;
あ、そうそう、交接しないかな~と、じっと見ていましたが、何事も起こりませんでした。

f0046614_1344825.jpg

ヒブサミノウミウシ
Phidiana indica
体長 約10mm
越前で見られるバージョンと同じタイプのコですね。

水面近くでウミウシを探していたら、ashuがなにやらもがいている。
水面に顔を出して聞いてみたら、「ウエイトが軽すぎて、沈めない!」とのこと。
んじゃ、も少し水深が取れるラクダ岩方面にいきましょうか?と移動をはじめると、また何やらもがいている。
今度はなんじゃい?と、ふたたび水面で会話。
「ドライに空気が入らなくて、スクイズで痛くてたまらない!」と・・・
まぁ~軽くて沈めないやら、痛くて沈めないやら、大変なコッテ・・・

それじゃ、寒いし、ダイブタイムも60分を超えているからと、78分でEX。
なんと、このダイビング中、ashuは3枚しか写真撮ってない・・・と言っておりました。
まぁ、そんな時もあらーな。

◎◎ 4本目に見たウミウシ ◎◎

25. ツマグロモウミウシ
26. コノハミドリガイ
27. ヒブサミノウミウシ
28. ヨゾラミドリガイ
29. シロウミウシ
30. ユビウミウシ
その他、アズキウミウシ、トヤマモウミウシ、アカエラミノウミウシ、オトメウミウシ、
アオウミウシ、クロヘリアメフラシでした。

EX後、ドライが壊れちゃったのかしら?と、いろいろ検証。
そしたらなんのこたぁない、ドライホースがきちんとささってなかっただけでした。
やれやれ・・・

その後、着替えを済ませたたごんちさんと、しばし歓談。
今度はもっと気温が高い時期(外にいても辛くない時期)に、再会の約束をしてお見送り。
今回は海が悪くて、半日しかダイビングはご一緒できなかったけど、たくさんお話ができて、とても楽しかった。
人が温かくて、ウミウシが多い。
浮島は本当にいいところだ。
by ashu_namy | 2009-03-15 13:57 | diving log 浮島