ashuとnamyのよもやま日記

ashunamy.exblog.jp

namy:このブログの管理人。いろんなことに疲れて、絶賛ヤサグレ中だったけど、2012.9月、復活しました。              ashu:写真を撮っているだけのヒト。(笑)

女子レスリングの吉田選手、銀メダルでしたね。
あれだけ謝られると、「おめでとう」と言えなくなっちゃいますが。
今までの実績や日本の期待からしたら金メダルだったかもしれませんが、何が起こるかわからないのが勝負の世界ですから。
銀メダルでも立派だと思いますよ、観客としては。

でもね、吉田選手の陰に隠れちゃってるけど、伊調選手はオリンピック4連覇達成してるんですよね。
日本中の注目が吉田選手に集まってるけど。
ワイドショーでも、中継の合間の振り返りでも吉田選手とお父さん物語ばっかりだけど、伊調選手だってお母さん亡くしてるし。
なによりオリンピック4連覇という偉業をもっと称えてもいいと思う。












[PR]
# by ashu_namy | 2016-08-19 14:27 | 日常のこと
21時近くなんですが、まだこの明るさです。
f0046614_14165268.jpg

f0046614_14181767.jpg


メインストリートから少し離れているので、歩いている人も割と少ないです。
f0046614_1419127.jpg


雪山じゃないんだけど、遠目に見ると雪山に見える。
f0046614_1420673.jpg


ホテルの建築現場の重機。
f0046614_14203125.jpg

日本ならコマツかキャタピラーか、ってとこでしょうか。

ちなみにBob catは、ネコ科オオヤマネコ属の中型獣。
学名はリンクスなので、そっちの方がなじみがあるかも。

どうでもいいですが、Tom catは、日本なら「ふられ気分でRock'n' Roll」、アメリカならF-14戦闘機です。

バンフ・ターミガン・インホテル。
f0046614_1429461.jpg

このホテルの泊まると、朝ご飯つきになります。
パークロッジより1ブロック程度離れているだけなので、朝食付きで料金が安かったのでこちらでもよかったかも。

条例により3階建て以上は作れないので、みんな3階建てまでです。
f0046614_14312561.jpg


何度も言いますが、21時過ぎてます。
f0046614_14321632.jpg

注意は必要ですが、治安はいいです。

ラフティングのボートが積んでありました。
f0046614_1433270.jpg

ラフティングはまだやったことがないので、そのうちにやってみたいと思います。

バンフは小さな町ですが、高校もあります。
f0046614_1434477.jpg

この高校のグランドに、明日のカナダデーのテントが建てられていました。

メインストリートに戻ってきました。
f0046614_14345623.jpg


歩道わきに素敵なオブジェ(?)がありました。
f0046614_14354628.jpg


空が夕焼けになっていました。
f0046614_14361396.jpg


まだ夜は長い。くどいようですが21時過ぎてまだこの人出です。
f0046614_1437066.jpg

カナダデーは、日本でいうところのGWのようなもので、1連休になるので、観光客がどっと増えるらしいです。

自転車にはワイヤーチェーンをしっかり巻いて。
f0046614_14382930.jpg


ホテルに帰ってきました。
f0046614_14384832.jpg

それでもまだ明るいので、カメラを持って近所をお散歩。

ホテルから少し行くと、消防署がありました。
f0046614_14395257.jpg

f0046614_1440212.jpg
f0046614_14401651.jpg

f0046614_14403281.jpg

バンフでは建物火災より山火事のほうが多いそうです。

すっかり日暮れたランドル山。ええ、22時過ぎです。
f0046614_1445739.jpg


ここらは住宅地域なので、人もあまりいません。
f0046614_14453139.jpg
f0046614_14453917.jpg


ではもう少しお散歩。
f0046614_1446337.jpg


これが実際の暗さに近いかな。
f0046614_14465578.jpg


夜景を撮るのがなかなか難しい。笑
f0046614_14471696.jpg
f0046614_14472595.jpg

そろそろ手持ちでは厳しくなってきました。
f0046614_1447341.jpg


シベリアン・ハスキーか、アラスカン・マラミュートか。
f0046614_14491569.jpg

案外オオカミだったりしてね。

で、何度目かのホテル。
f0046614_14494945.jpg
f0046614_14495830.jpg


ボウ川のほとりに行ってみました。
f0046614_1450189.jpg


ベンチに座ってぼんやりしていたら、背後に何かの気配を感じました。
なんだろ?馬?
f0046614_1451283.jpg

エルクがいました。

どっから来たんだ?何の気配も感じなかったぞ?
f0046614_14515378.jpg


私たちにはお構いなしに草を食べています。
f0046614_14522593.jpg


周りにいた人間がカメラを向け始めると、ちょっと顔をあげました。
f0046614_14525720.jpg


国立公園の規則で、野生動物に30m以上離れないといけません。
クマは150m以上離れないといけません。
なので、遠くから見ます。
f0046614_14543023.jpg

f0046614_1456357.jpg

そこにエルクがいることを知らずに歩いてきて、カメラを持った人間を見て気が付く人が大多数でした。
知らずに近づくのは不可抗力ですしね。

でもエルクはお構いなしに食べてます。
f0046614_1457791.jpg

f0046614_1457189.jpg
f0046614_14572726.jpg

今回レンズは24-85㎜しか持っていかなかったのを、ここでちょっと後悔しました。
最後まで18-200mmにするか、24-85mmにするか、迷ったんだよね~

でもエルクを撮ったのは、コンデジ。
コンデジのほうが優秀かも。笑

いつまでもエルクを見ていると夜が明けそうだったので、ホテルに戻りました。

今回の旅行で、チップと一緒に置いた折り紙(小さくて見えませんが)。
この折り紙でお部屋係の方とプチ交流をしました。

明日はカナディアンロッキー観光に行きます。












[PR]
# by ashu_namy | 2016-08-19 12:00 | 2016.7 Canada

張本とかいう老害

レスリング3階級金メダル、おめでとうございます。
最後の1秒まであきらめないその闘魂、感動しました。

卓球男子団体、銀メダルおめでとうございます。
今まで女子にばかり注目が集まっていましたが、いまさらながら卓球男子のおもしろさに気が付きました。

さて、その男子卓球の水谷選手が派手なバンザイポーズをして、張本とかいうおっさんが物言いをつけたとネットで騒がれた件。

相手に敬意を払うのがスポーツだと言っていましたが、それなら高校野球はどうなんでしょうね。
参加校が100以下の片田舎の、たかが地方予選に優勝したぐらいで、相手チームが愕然と膝をつく中で、マウンドに駆け寄って人差し指を天に突き立てるあのポーズ。

これって試合に敗れて打ちひしがれている相手チームに敬意を払っているんですかね?
君たちは甲子園への出場を決めただけで、日本一になったわけじゃいないんだよ。
そこのところを張本おじさんはどう思っているんでしょうかね。

水谷選手は、地方予選で勝ったわけじゃないんですよ。
日の丸を背負って、世界と戦っているんですよ。
ここで自分が勝てば、メダルが取れる。
勝ったら全身で喜びを現してもいいじゃないですかね?
メダルを取ったのに、「金じゃなくてスイマセン」とかいう柔道選手よりずっと人間的じゃね?

私はそう思いましたが。











[PR]
# by ashu_namy | 2016-08-18 14:12 | 日常のこと
ロームバスで街中に戻ってきました。
ボウ川のほとりでバスを降りて、まずはランチのお店探し。
バス停の近くにマクドナルドがあったんだけど、ここに来るのは最終手段と決めていたのでスルー。
今から思えばフリーwifiなので、もっと活用すればよかった。

お店の前のムース。
f0046614_14344362.jpg

このお店には後でまた来ることになります。

さて、ランチは何にしようか?とお店を物色。
今日の夕食はツアーについているステーキディナーなので、あまり昼からがっつり食べたくない。
でも、どのレストランも肉食系・・・
何度か行ったり来たりを繰り返して、ガイドさんも勧めていたEDDIE BURGERというお店に決めました。
ここは、バイソンのお肉を使ったハンバーガーが食べられるそうです。
毎度のことながらNo Reservaitionなんですが、すぐに席に案内されました。

まず手わたされたのが、外のウィンドウに貼ってあるメニューと同じメニューと、なんかチェックをつけるシートとマジック。
早口の英語でよく聞き取れなかったけど、何種類かあるうちから好みのものを選ぶみたいでした。
いくつかチェックを付けたところで、何やら隅っこに注意書きらしきものが・・・
このシートは自分の好みに合わせてハンバーガーをカスタマイズするシートで、もう一つの外に貼ってあるメニューでよければ、このメニューで選べばよいことがわかりました。

せっかくバイソンのハンバーガーが食べられるお店なので、バイソンの肉を使ったセット、STAMPEDER C$18.50と、スタンダードなTHE NAKED BURGER C$14.50にしました。
サイドメニューに、フレンチフライかサラダが選べます。
f0046614_14524385.jpg


私はシーザーサラダ、ashuさんはSweet Potato Friesにしました。
f0046614_14495862.jpg

当然ながら、付け合せのポテトは、サツマイモでした。
Sweet Potatoって書いてあるから、サツマイモなんだけど。
ジャガイモを想像していたから、食べて甘かったので、ちょっとびっくり。

持ってきてくれた時にどっちがどっちか、早口の英語で言われたので私の方がバイソンだと思っていましたが、
f0046614_14504488.jpg

これは、THE NAKED BURGERでした。

外に出てメニューの写真を撮るときに、中に挟まっているものを確認してわかりました。
f0046614_14533320.jpg

ここのお店で働いている男の子の両親が日本人で、少し日本語が話せました。

いったんホテルに戻って、お土産を買いに出かけます。
初日にガイドさんにもらった書類の中に、ギフトショップの抽選券が入っていました。
f0046614_14571172.jpg

先日お亡くなりになった、大橋巨泉さんのお店です。
日本語でお買い物ができるし、お土産としての品ぞろえは1番だと思います。
職場のばらまき用の、個包装のお菓子もあります。
抽選券のほかに、お水の引換券も入っていました。

このOKギフトショップのHPに行くと、お水がもらえるクーポンがDLできます。
私たちもプリントして持っていきましたが、お水は安かったので、今回はDLしたクーポンは使いませんでした。

上手くいけば半額でお買い物が出来そうです。
f0046614_14593061.jpg


この抽選券は1回使っても、返してくれるので何度でも使えます。
f0046614_1511095.jpg

私は4等の粗品(ハンドパック)で、ashuさんははずれの絵葉書でした。
このあとも何回か引きましたが、ことごとくはずれました。

もう一か所PIKAというお土産屋さんの割引券も入っていました。
f0046614_1533640.jpg

コチラも何度でも使えますが、お菓子などすでに特価になっているものは対象外です。
初回はキーホルダーがもらえました。
ココのお店も日本語で買い物ができますし、試食もできます。

置いてあるものは似たり寄ったりなので、2つのお店を行ったり来たりして、値段をリサーチして買い物をしました。
同じTシャツを買うなら、PIKAのほう10%割引になってお得です。

お土産の一部。
f0046614_1554068.jpg

左上:Tシャツと靴下(見ればわかる 笑)
右上:アイスワインチョコ(ダーク)
左下:ロッキーマウンテンソープカンパニーのリップクリームと、ステッカー。
右下:メープルクッキー

ロッキーマウンテンソープの商品は、種類は少ないけど定番の物を買うならロッキーマウンテンのお店よりPIKAで買った方が10%割引になるのでお得かも。
お菓子は、何をいくつか必要かで変わってくるので、どっちも似たようなものです。

f0046614_1592228.jpg

メープルシロップはOKショップのほうが種類も大きさもたくさんあったように思います。
小箱のお菓子をまとめて買うなら、OKショップのほうがたくさんあります。
アイスワインのチョコレートバーは、PIKAにはなかったような気がします。

メープルシロップは、このようにプチプチに包んでくれますが、液体物になりますので必ずスーツケースに入れるようにしてください。

お土産を買っている時に、にわか雨が降ってきました。
雨がやむまでお店で雨宿りをさせてもらって、いったんホテルに戻って荷物を置きます。

夕食にはまだ時間があったので、スーパーに行ってきました。
f0046614_15124613.jpg

どうしてこんなにカラフルなんでしょうね。

いったんホテルに帰って、少し休憩してロームバスで夕食のレストランに向かうことにしました。
IRWIN'Sというホテルにある、
f0046614_1517817.jpg

EL TOROというフレンチレストランです。
f0046614_1517279.jpg


日本人のツアー客用にアレンジされたメニューです。
f0046614_1517588.jpg


税金とチップは込みですが、飲み物は別です。
ワインとか飲めればいいんですが、飲めないのでアイスティーを頼みました。
f0046614_151959.jpg


赤ピーマンのスープ。
f0046614_15195058.jpg

忘れちゃってない?というぐらい待たされました。

なにやら物々しい道具が出てきました。
f0046614_15203698.jpg


こちらがビーフテンダーロイン16オンスです。
f0046614_152123100.jpg


目の前で切り分けてくれます。
f0046614_1521422.jpg


が、ナイフの切れ味が悪くて、悪戦苦闘。
f0046614_1522879.jpg


盛り付け。
f0046614_15224437.jpg


出来上がり。
f0046614_1523140.jpg

お肉がとっても柔らかくて、おいしかったです。
赤味が好きなashuさんは、大満足だったみたいです。

デザート。
f0046614_15241849.jpg


ディナーの時間は19時からでした。
食べ終わったのが20時半過ぎ。
でもまだこの明るさです。
f0046614_1525887.jpg


バスに乗って帰ってもいいけど、お天気もいいし寒くないし暑くもないので、腹ごなしがてら歩いてホテルまで戻ります。

つづく












[PR]
# by ashu_namy | 2016-08-17 15:26 | 2016.7 Canada
もう少しでゴンドラ乗り場というところで、しばし休憩。
小腹がすいたので、日本から持って行った非常食、ビスコの登場です。
本当は山頂のスタバでお茶するつもりだったのが、改装中で売店の一つもないので持ってきてよかったです。

標高が高いので、ビスコの袋もパンパンです。
f0046614_1349283.jpg


さっきまでいた気象観測所跡。
だんだん雲が出てきました。
f0046614_13502589.jpg

遊歩道が整備されているので歩きやすいですが、結構遠いです。

ゴンドラ乗り場から。
f0046614_13511629.jpg


では下山します。
帰りはちょっと並びました。
f0046614_13515775.jpg


たくさんの人が降りてきます。
下の乗り場は行列なんだろうな~
f0046614_13523999.jpg


行きは私たち二人だけで乗れましたが、帰りは相席みたいです。
f0046614_13532030.jpg


ゴンドラの係員はみなさんノースフェイスを着ていました。
ガイドさんはマーモットが多かったですね。
ゴンドラに乗り込むときに写真を撮ってくれます。
f0046614_135516.jpg

相席になったフランス人と思われるカップルは、アジア人と一緒に写るのが嫌だったらしく、片手をあげて拒否のサインしてました。

帰りのゴンドラは進行方向に向かって(山頂を背にして)、右側に座るとケーブルに邪魔されずに写真が撮れます。

左側だとすれ違うゴンドラが撮れます。
f0046614_135712100.jpg

f0046614_13572280.jpg


高いところから見るカスケード山も見納めです。
f0046614_1358453.jpg


山頂に向かうゴンドラ。
f0046614_13582627.jpg


最後のトンネル山。
f0046614_13585680.jpg


降りてきたら案の定、乗車待ちの列。
f0046614_13592786.jpg

虹も見れたし、いい時に登ったみたいです。

ここからロームバスで街に戻ります。
バス停にもゴンドラ。
f0046614_1402812.jpg

f0046614_1403815.jpg

ここから街中に行く無料シャトルバスも出ているみたいですが、ロームバスの1日券があるので、今日はバス券を使います。

ロームバスは乗車は前から。
乗ったら運転手さんの横にある機械にバス券をかざします。
降りるときは、窓の近くにある黄色いひもを引くと、「Next Stop」表示が出ます。
一応車内アナウンスらしきものもありますが、窓の外を見ながら確認します。
1区間ぐらい間違えて降りても、歩ける距離なので大丈夫。

お腹が空いたので、バンフの街でランチを食べます。

つづく











[PR]
# by ashu_namy | 2016-08-16 12:00 | 2016.7 Canada