ashuとnamyのよもやま日記

ashunamy.exblog.jp

namy:このブログの管理人。いろんなことに疲れて、絶賛ヤサグレ中だったけど、2012.9月、復活しました。              ashu:写真を撮っているだけのヒト。(笑)

<   2016年 01月 ( 37 )   > この月の画像一覧

初タコ焼き

この前買ったホットプレートに、タコ焼きプレートがついていたので、ashuさんと作ってみました。

制作途中なので、あまりおいしそうじゃないけど。
f0046614_14371801.jpg

出来はまぁまぁでしたが、手間がかかる割に達成感があまりありませんでした。
これは二人でやるもんじゃないかも。

そしてたこ焼きとは何の関係もないけど、防湿庫の肥やし、増殖中。
f0046614_14372014.jpg

[PR]
by ashu_namy | 2016-01-31 14:42 | グルメ?

村下孝蔵と松山千春

昨日、ひょんな思い付きからyoutubeで松山千春を聞いてみました。
今のどう見ても堅気ではないように見える千春じゃなく、まだ若かったころの千春です。
いや~「旅立ち」とか「季節の中で」とか今聞いてもいいですね~
スリーフィンガーのアルペジオ、心が震えます。
あのころカラオケ行けば、必ず「恋」を歌う男ども。
ものまね番組には必ず千春のものまねをする人がいました。

千春の何がすごいって、マイクを口の端にくっつけるように歌うのに、ブレス音が聞こえないこと。
発声がちゃんとしているんでしょうね。
昔の千春に会いたい人は、youtubeの中にいますので、どうぞ会ってきてください。

そして村下孝蔵。
若くしてお亡くなりになりましたが、あの美しい声と歌詞は不滅だと思います。
ashuさんも村下孝蔵が好きで、そして二人とも「踊り子」が好きです。
私的1番は、「少女」ですが。
なんであんな抒情的な詩が書けるんだ?といまでも不思議です。

あとですね、「ゆうこ」という曲がありまして、これも大好きなんですが、当時付き合っていた彼氏がバンドボーイでその彼がよく歌っていました。
その時の私は「なんで私の名前は「ゆうこ」じゃないんだ・・・」と思っていました。
その彼が目指していたボーカルは、スティーブ・ペリーでしたが。
今でも「ゆうこ」を聞くと、胸がきゅんとなります。

村下孝蔵さんもyoutubeにいますので、ぜひ聞いてみてください。
大ヒットした「初恋」もいいですが、「少女」絶品です。
なんといっても日本語が美しい。

今、美しい日本語の歌詞が書けるのって、さだまさしか中島みゆきぐらいしかいないんじゃないかと。
惜しい人を亡くしたと思います。
[PR]
by ashu_namy | 2016-01-30 12:12 | 日常のこと

久しぶりに作ってみた

結婚する前は暇さえあれば作っていました。
自分の結婚式の前日まで、お土産にするパウンドケーキを焼いていました。
結婚してからは、「手作りより買ってきた方が簡単で、何倍もおいしい」というおばぁの一言で作るのをやめました。
究極のマウンテン女だったので、自分が出来ないことを格下だと思っている嫁ができるのが気に入らなかったんでしょう。
いかん、グチになってしまった。

昔は小麦粉、砂糖、バターを計って作っていましたが、今は100均で便利なものが手に入るようになりました。
f0046614_13421622.jpg


この時期のお菓子作りの何が大変かって、バターを室温に戻すこと。
クリーム状にしたバターに卵黄を混ぜて、アーモンドスライスも入れて混ぜる。
まとめてラップに包んで冷蔵庫で30分寝かせ、180度のオーブンで20分焼いて、なんとなく焼きが足りないような気がしたので、あと4分追加。
f0046614_13421918.jpg


焦げました・・・
f0046614_13422148.jpg


味は・・・・焦げの味がします(^^;)
自分で作っていたほうがおいしかったような気がする。
昔のレシピノート実家から持ってこなきゃ。
[PR]
by ashu_namy | 2016-01-29 14:12 | グルメ?

伊藤園の素早い対応

先週ashuさんが伊藤園の株主優待の野菜ジュースを購入しました。
土曜日に到着したんですが、3分の1ぐらい缶がへこんでいました。

f0046614_13465650.jpg
f0046614_13465715.jpg
f0046614_13465907.jpg
f0046614_13470066.jpg
f0046614_13470280.jpg


「半額だったんだから、缶潰れ品なんじゃない?」

「でも、缶がつぶれていますなんて、書いてないもん」

(そんなわけあるか)

缶もへこんでいたけど、ashuさんも凹んでいたので、
カスタマーセンターに連絡してみたらと言ってみたところ、なんと土日は休みでした。
で、月曜に電話したところ、
「あの~土曜日に着いたんですけど、缶がつぶれていたんです。」

「それは大変申し訳ありません。運送途中で箱の向きが変わったためにへこんだものと思われます。本日新しい商品を発送いたします。」(即答)

「わかりました。それではへこんでしまっているものは着払いで返品でいいですか?それとも持ってきてもらったドライバーさんに渡せばいいですか?」

「缶に亀裂などがあり飲料が漏れていなければ品質に問題はございませんので、どうぞそのままお召し上がりください。」

というお返事でした。
「半額だから缶がへこんでいるんですか?って聞こうと思ったけど、それを聞く前に返事があったし、上に確認しますとも言わなかったよ。あ、明日(火曜日)の時間指定で送るって言ったから16時から18時って言っておいた。」

「うん、じゃその時間は家にいるよ。早い対応でよかったね。」

で、次の日16時ちょうどにヤマトさんから着電。
なんでも送り状に配達する前に必ず電話するように書いてあるとのこと。
家の前から電話してきたので、すぐに外に出て受領。
ashuさんが帰宅後、中を確認してへこみがないことを確認しました。

で、水曜日の夕方、伊藤園の担当者さんから無事に着いたか、異状はなかったかの確認と再度のお詫びの電話がかかってきました。
どこまで丁寧なんだ、伊藤園。
ヤマトのドライバーさんにはちょっと気の毒だったけど、ちょっと感動しました。
[PR]
by ashu_namy | 2016-01-28 14:07 | 日常のこと
ドイツ旅行のお土産総集編です。

ドイツと言えば、ハリボーのグミ。
f0046614_15525561.jpg

ashuさんの会社のばらまきように、実は旅行前にイオンで購入。
現地で買った方が断然安かった。
イオンで買ったものは、1袋約600円。
でも、クリスマスバージョンのものは、ドイツでは見つけられなかった。
グミだけに、お子様に人気があったみたいです。

リッタースポーツのチョコレートアソート。
f0046614_1555311.jpg

これもashuさんの会社のばらまき用に、イオンで購入。
もちろん現地のほうが安いですが、ミニはなかなか売っていませんでした。

メルシーチョコレート。
f0046614_1612333.jpg

これもドイツでは有名なんだけど、袋入りのほうはイオンに売ってました。
箱入りが2.99ユーロ、袋入りが2.29ユーロ。

トフィーチョコレート 1.29ユーロ。
f0046614_1624362.jpg

これも有名ですね。
これとメルシーの箱入りは、ashuさんの同僚に頼まれて買ってきました。
トフィーはお子様に好評だったようです。

リッタースポーツのチョコレート。
f0046614_1641561.jpg

これがスタンダードな大きさ。
1枚100gありますが、1枚0.99ユーロでした。

ドイツのスーパーで買ったハリボー、1.59ユーロ。
f0046614_1653964.jpg

イオンで売っているものと同じですが、イオンで買うと裏に日本語のラベルが貼ってあるので、小分けにしないなら現地で買った方がカッコいいし、安い。
1ユーロ136円で計算しても、日本で買うより3分の1ぐらいで買えます。

シュバルツバルトのバームクーヘン、1個10ユーロ。
f0046614_1671753.jpg

クラブハリエのほうがおいしいと思うけど、ドイツで買ってきたことに意味がある。
ちょっと甘めです。

クグロフ型のチョコレート(上)と、シュトーレン(下)。
f0046614_1685775.jpg

ちょっとお高めのチョコレート。
外はカリッと、中はしっとりした外国には珍しいおいしいチョコでした。
その分値段も高く、14ユーロでした。
シュトーレンは、これもイオンに売っていましたが現地で買って5ユーロ。
現地で買ってくることに意味がある。
バームクーヘンとチョコレートとシュトーレンはハイデルベルグのユニコーンというお店で購入。
ここは日本人御用達で、トイレが無料で使えます。
でも、トイレを使わせてもらうなら、何かお買いものした方が気持ちいい。
このお店では50ユーロ以上購入すると、タックスリターンの書類を作ってくれるみたいです。

ハイデルベルグのおもちゃ屋さんみたいなところでashuさんが買ったBB-8のTシャツ。
f0046614_14214343.jpg

17.49ユーロだったかな?
私は買わなくて激しく後悔しました。

ミュンヘンのマリエンプラッツにあるカウフホフというデパートで買ったハリボー、1.29ユーロ。
f0046614_14235573.jpg

グミにしてはかなり固めです。
味はグレープフルーツですが、白い綿の苦みまであるなかなか忠実にグレープフルーツ味を再現していました。
で、ashuさんはあんまりグミが好きじゃないことも判明。
はよ言えよ・・・

これもカウフホフで買ったハート形のメルシーチョコ、2.29ユーロ。
f0046614_14262860.jpg

見ての通り100g入りです。
フランクフルトで買った袋入りメルシーチョコは250gで2.29ユーロです。

高速道路のトイレで出てきたチケットを使って購入したスナック菓子。
この大きさで、1.99ユーロ。
f0046614_14291575.jpg

日本円で270円ですよ。
ポテチだってもう少し安いって。
おいしかったのでまだいいけど、これがおいしくなかったら悔しい。

ミュンヘンのクリスマス市で買った、ローストナッツ。
f0046614_1431446.jpg

5ユーロぐらいだったと思う。

シュタイフ社のテディベア、14.90ユーロ。
f0046614_14315291.jpg

ちゃんと黄色いタグの付いた正規品。
ノイシュバンシュタイン城の日本人が経営しているお土産屋さんで購入しました。
このお店は150ユーロ以上のお買いもので、タックスリターンの書類を作ってくれます。

フェイラーのタオル。
f0046614_14341727.jpg

1枚で買うと12ユーロ。
5枚買うと1枚10ユーロになります。
で、5枚購入。
添乗員さん曰く、丈夫で長持ちするそうです。
ノイシュバンシュタイン城限定バージョンもありましたが、色違いの同じ柄だったので、自分たちの好きな柄にしました。

ハイデルベルグのクリスマス市のカップ。
f0046614_14365466.jpg

取っ手がハート型なのは、ハイデルベルグだけでした。

シュトゥットガルドのマグカップ。
f0046614_14375773.jpg


ニュルンベルグのマグカップ。
f0046614_14383858.jpg

今回唯一の白。

ローテンブルクのマグカップ。
f0046614_14392385.jpg

下の英字新聞には、何の意味もありません。

ミュンヘンのマグカップ。
f0046614_1440513.jpg

私はこれが一番好き。

ashuさんはこっちの方がよかったって。
f0046614_14403711.jpg


行く前はマグカップは2~3個にしようね、なんて言っていて結局行った先で全部買いました。
f0046614_14413668.jpg

カップの大きさは各地でそれぞれなんですが、グリューワインもキンダープンシュも1杯の容量が210mlって決まりがあるので、どんなカップでも内容量は同じです。
ビールジョッキにもここまでは液体の部分がくるように、というラインがひいてあります。
不公平がなくていいですね。

念願だったドイツのクリスマス市。
でもまだまだ見ていないところもあるし、食べてないものもある。
もう一回行きたいなぁ~

おしまい
[PR]
by ashu_namy | 2016-01-27 12:00 | 2015.12 X'masMarket

非常時に備えて

昨日までの寒さも緩んだ今日は、お天気もよかったので庄内川の堤防にお散歩に行きました。
堤防道路を歩いていたら、頭上を自衛隊のヘリが飛んでいきました。
それにしてはローターの爆音が近いな、と思っていたら、目の高さにヘリがいるではありませんか。
なに?なに?なんかあったの?と気持ちははやるけど、ここで走り出してはきっと転ぶので、落ち着いて歩いて接近。
一般車も通る一般道なので、カラーコーンが立ててあり、それによると非常時の訓練なんだそうで。
警備に建っていた隊員の方に写真を撮っていいか確認して撮影しました。
逆光なうえにスマホでのズーム撮影なので、画像が粗いのはご容赦ください。
通りがかりの車の男性は、推定150-600mmと思われるレンズを装着したカメラを普通に出してきました。
うん、やっぱりどこにシャッターチャンスがあるかわからないから、お散歩に行く時は最低コンデジは持っていこう。

ホバリングからの、
f0046614_13044702.jpg


降下。
ロープなどは使わず、飛び降りていました。
f0046614_13044816.jpg


迷彩服は自衛隊員、青い服は警察の機動隊員。
自衛隊員が機動隊員に指導していたみたいです。
f0046614_13045025.jpg


再び機動隊員を乗せて上昇。
f0046614_13045188.jpg


降下準備。
2mぐらいの高さから飛び降りるみたいです。
2mって、結構高いよ。
それもホバリングしているヘリから飛び降りるんだから、訓練していないといざっていうときにできないよね。
f0046614_13045208.jpg


通信係の自衛隊員さん。
f0046614_13045425.jpg

この方に仕事の邪魔にならないように話を聞きました。
この方の写真撮影も許可をもらっています。
顔出しの許可はもらってないので、背中だけ。
でもカッコいいですね。
この隊員さん、20代半ばぐらいの青年でした。

訓練が終わって解散になった途端に、一目散に走りだす機動隊員さんが数名。
ランニングでもするのかと思ったら、トイレにまっしぐら。
天気は良かったけど、空気が冷たかったから、長時間の訓練で冷えちゃったんだね。
トイレに並ぶときもきびきびとしていて、清々しかったです。

こういう若者が戦場で命を散らす世の中であってはいかんのです。
犠牲になるのはこういう若者だということを、晋三くんはもう少し考えたほうがいいですね。
[PR]
by ashu_namy | 2016-01-26 14:11 | 日常のこと
ミュンヘン市内から30分もかからずにミュンヘン空港に到着です。
空港でタックスリターンの手続きができます。
スーツケースにお土産を入れて帰りたい人は、手荷物を預ける前に、ハンドで持って帰る人は出国した後に手続きをします。
今回のメンバーの中でも出国前に手続きしたい人と、中でしたい人の2通りいましたが、ここでも中国人の爆買いの弊害で、タックスリターンの窓口は長蛇の列。
特に中国人は書洩らしが多いらしく、時間がかかるとのこと。
なので、私たちのツアーは全員が中で手続きをすることにしました。

ミュンヘン空港の出発ロビー。
f0046614_1452136.jpg


このあとセキュリティチェックを受けましたが、まず私がセンサーに引っかかりました。
ま、今回もトレッキングシューズだし、いつも靴の金具で引っかかるから、と慣れた気分で靴を脱ぎ再検査。
その間にashuさんがくぐろうとしたら、フルジップのフリースを着ていたので、それも脱ぐように言われ、脱いだらなんと、貴重品入れ腹巻(ストッキングを切ったものの中にカードとかもろもろ入ったやつ)を外すのを忘れていて、腹巻がモロ見え。
慌てて外していましたが、ちょっと恥ずかしかったみたいです。

で、私の脱いだ靴は問題なく出てきましたが、一度出てきたはずのカメラバッグが再び戻されました。
その間にashuさんはカバンを開けさせられ、カメラを出せと言われ、「これはカメラか?電源入れてみろ」と言われ、電源を入れて、写した画像まで見せていました。
あらあら大変~なんて思っていたら、今度は私のカバンが戻され、「これはカメラか?」「Yes(それ以外ならなんだ?」「鞄から出して見せろ」と言われたので、出して、電源までいれて渡しました。
そしたらファインダーをのぞいて確認していました。

そのあと、私たち二人とも手のひらと手の甲を紙のようなものでこすられ、「Stey Here。」
私たちのせいで列は止まるし、私たちは進めないし、添乗員さんは不安そうにしているし・・・
で、結局何も異常がないという確認ができたみたいで、通ってよしと言われました。
世界一平和(ボケ)な日本人観光客なのに、いったい何が不審だったのかいまだに不明です。
まぁ、この半月ほど前にパリであんなことがあったので、なんか怪しいと思ったんでしょうね。

無事にセキュリティエリアを抜けてイミグレも通過して、お水を買おうと売店に行ったら、水1本買うのに航空券とパスポートを見せろと言われました。
そのあと小腹がすいたので、サンドイッチを購入。
f0046614_1552226.jpg

ポテサラサンドかと思ったら、チーズでした。
サラミとスライスチーズとペーストのチーズ。
ビールのおつまみですか?

羽田へは定刻の出発予定です。
f0046614_1571617.jpg


私たちが乗る予定の飛行機。
f0046614_1573268.jpg


私たちが飛行機に乗るときは、先手必勝です。
特に帰りの飛行機はみなさんお土産なんかで荷物が増えるので、遅くに乗ると物入れがいっぱいになってしまいます。
なので、ボーディングが近づいたらゲート付近でうろうろ。
優先搭乗が始まるころにゲートに並び、優先搭乗が済むと真っ先に乗り込みます。
で、今回も「そろそろかなぁ~」と動き出したら、なんと日本人のみなさんが一斉に私たちの後ろに並び始めました。
いやいや、まだ優先搭乗始まってないし・・・日本人ってこういうとこすごいなと思う。

で、優先搭乗が済んで、すべてのみなさんが機内にご案内されるときには1番に乗り込み、荷物を置く場所を確保!するはずが・・・・
使用機材は地下にトイレが集中している機体で、そのトイレへの階段近くの座席だったため、頭上に物入れがなく。
しかも通路側の物入れは、雑誌とか、(たぶん)緊急用の担架(みたいなもの)が入っていて使用できず。
なんだよ~せっかく早く乗り込んだのに~。

帰りの飛行機は窓側から2席(2列席)でした。
さようなら、ドイツ。
f0046614_15155298.jpg


あ~もう、とことんまで素敵。
f0046614_15163213.jpg


それでは羽田に向けて離陸です。
f0046614_1517526.jpg


ドイツ最後の夕日。
f0046614_1517217.jpg

お天気に恵まれてよかった~

さようならドイツ。
f0046614_15175878.jpg
f0046614_1518746.jpg


なんの煙でしょうね。
f0046614_15182387.jpg


モザイクのようで美しい。
f0046614_15191077.jpg


空の上から見る夕焼け。
f0046614_15193528.jpg


ちょっと雲がでてきましたね。
f0046614_1519582.jpg


ココでいったんシェードを降ろしました。
で、10分後ぐらいにもしかしたら夕焼け見えるかも?とシェードをあげたら、
f0046614_15204732.jpg


空気がピンクに染まっていました。
f0046614_15205648.jpg


そして青に染まっていきます。
f0046614_1521312.jpg


何とか頑張って撮った夕日。
f0046614_15211335.jpg

最後の最後まで堪能しました。

ドリンクサービスのおつまみ。
f0046614_15233190.jpg


機内食その1
f0046614_1542267.jpg

季節のミックスサラダ フレンチドレッシング
信州そば
ターキー胸肉のフライ フレッシュチーズのシュペツレハーブソース、にんじん
ベイクドアップルケーキ

国際線の復路の機内食って、ソバ率高いような気がする。
機内が暑かったので、冷たいお蕎麦がおいしかったです。

もう一方の機内食はカツ煮丼でしたが、私たちの所に来た時にはターキーしか残っていませんでした。
でも、ターキーの胸肉、柔らかくておいしかったです。

クリスマスらしいチョコレート。
f0046614_1546142.jpg


このあとビリギャルを見て、うとうと。
ギャレーに近い席だったので、CAのおしゃべりの声がとてもうるさかったです。

機内食その2
f0046614_1547176.jpg

スクランブルエッグ、ジャガイモ、トマト、ホウレンソウ
カットフルーツ
2回目の機内食は、胃が持たれていてあまり食べられないことが多い。

オホーツク海上空。
f0046614_15491793.jpg


無事に帰ってきました。
f0046614_1549364.jpg


羽田ではペッパー君が出迎えてくれました。
f0046614_1550896.jpg


羽田について荷物を受け取ったら解散です。
これから夕方の飛行機でセントレアに帰ります。
それまで羽田空港で時間つぶしです。

コンデジは壊れたけど、けがも病気もしないで無事に帰ってこれました。
今度は北ドイツもいいなぁ。
[PR]
by ashu_namy | 2016-01-26 12:00 | 2015.12 X'masMarket
今朝は予報通り冷え込みましたね。
朝起きたらうっすら雪が積もっていました。
この前のような重い雪じゃなく、サラサラの雪だったのでこれもすぐに溶けるでしょう。

午前6時の我が家のお勝手(なんかこの言い方好きです)の室温は4度でした。
冷蔵庫の庫内の温度が4度に設定されているので、冷蔵庫の中と同じです。
いつも私が座っている場所の室温は3℃でした。
冷蔵庫より寒い・・・

で、午前10時16分の室温。
f0046614_10263388.jpg

まだ冷蔵庫並みです。

今日はこの格好にネックウォーマーと腹巻がプラスされました。
ここまで着込めば寒くない。

暑いときって三首(首、手首、足首)を冷やすと涼しくなるっていうから、寒いときは三首を温めれば暖かいはず。
特(女性は特に)に冬は足首を温めるといいんだそうで。
あと、室内でもニット帽をかぶっているとそれだけでめちゃくちゃ暖かいですよ。
ダイビングの時でも熱は頭から逃げるって、夏でもフードかぶってますから。

もちろん寒かったら暖房つけてね、ってashuさんは言ってくれますよ。
でも、晴れていれば二階は日当たりがいいので、そんなに寒くありません。
(まぁ、そんなに着込んでたらねぇ・・・)

冷えに悩んでいる方は、三首と頭を温めてみてください。
けっこういいですよ。
[PR]
by ashu_namy | 2016-01-25 14:44 | 日常のこと
フラウエン教会を後にして、市庁舎の向かいにあるデパートに入ってみました。
デパートのディスプレイがいちいちかわいい。
f0046614_15405542.jpg
f0046614_1541510.jpg

このデパートの地下の食品売り場でお土産のラストスパート。
でも、もっと買っておけばよかったとちょっと後悔。

時間もないのでささっと買い物とトイレを済ませ、ふたたびクリスマス市をぶらぶらします。
今までの市は、カップのデザインはどこの屋台も同じだった(ような気がする)けど、ここミュンヘンはさすが大都市。何種類もカップがあります。
そして、ここではなんと2つもカップをゲットしてしまいました。
f0046614_15433695.jpg

注文するときに、「ブルー!ブルー!」と言ってみるけど、ブルーが通じず(当たり前だ、ブルーは英語。ドイツ語ではブラオ)。
最後には指さすけど、おねいさんから見る位置と私たちが指さす位置がずれていて、なかなか疎通ができなかったけど、何とかゲット。
もちろんここでもキンダープンシュ。
たくさん飲んだけど、ミュンヘンのキンダープンシュが一番おいしかったと二人の共通認識でした。

これも食べてみたかった焼き栗。
f0046614_15471738.jpg

9個で3ユーロはちょっとお高い。
f0046614_15491959.jpg

甘栗みたいに甘くないけど、ほくほくしておいしかったです。

新市庁舎にはドイツでは国内最大、ヨーロッパでは5番目に大きい仕掛け時計があって、11時と12時に人形が動き出します。
f0046614_15494051.jpg


人間とほぼ同じ大きさの32体の人形が、1568年のバイエルン大公ヴィルヘルム5世とロートリンゲン(ロレーヌ)の公女レナーテとの結婚式の様子を演じます。
f0046614_15511716.jpg


仕掛け時計が終わると集合時間までもうすぐなので、近くをうろうろ。
すてきな噴水のてっぺんになにやらシュールな鯛???
f0046614_15523983.jpg


めちゃアニメチックなんですが・・・
f0046614_1553389.jpg

でもなんか憎めない。
f0046614_15532377.jpg


最後の最後まで本当にきれいな空が見れました。
f0046614_15534713.jpg


f0046614_15535745.jpg


屋台の壁の可愛い絵。
f0046614_15543683.jpg


こんな素敵な陶器のお店でした。
f0046614_1555174.jpg
f0046614_1555939.jpg


再び徒歩でバスに戻ります。
f0046614_15561883.jpg

f0046614_15563027.jpg

クララの家もこんな感じじゃなかったかな(あれは、フランクフルトだけど)。

時間があったら行きたかったレジデンツ。
f0046614_15572035.jpg


この日の出発が9時30分だったので、もう1時間出発を早めて自由時間がたくさんあったらよかったのに。
名残惜しいけど、空港に向かいます。

つづく







もっと時間があったら行きたかった
[PR]
by ashu_namy | 2016-01-25 12:00 | 2015.12 X'masMarket
昨夜まで降っていた雨も止んで、いいお天気になりました。
まずは朝食。
f0046614_14343990.jpg
f0046614_14344536.jpg


ここに来てやっとプレッツェルを食べました。
f0046614_14354590.jpg


ミュンヘンに来たら絶対に食べたい白いソーセージ。
f0046614_14361352.jpg

この白いソーセージはヴァイスブルストといって、ミュンヘンの名物です。
皮をむいて、甘いマスタードをつけていただきます。

あとはヨーグルト。
f0046614_14375939.jpg

f0046614_1438716.jpg

ashuさんはヨーグルトが大好きなので、たくさん食べてました。

ホテルのバー。
f0046614_14385024.jpg


ホテルの外観。
f0046614_1439988.jpg
f0046614_14391791.jpg


外の喫煙テーブル。
f0046614_14394929.jpg

ドイツでは原則公共の建物は屋内禁煙なので、タバコを吸いたい人は外に出て吸います。
ビアハウスも例外ではありませんでした。

フロント。
f0046614_1441071.jpg


ロビーには大きなツリー。
f0046614_14411944.jpg


この日はゆっくり目の出発で、ミュンヘンのクリスマス市を観光して空港に行きます。
ロビーに行ったら、一人参加男子が二日酔いでぐったりしてました。

バスでマリエン広場近くまで行って、新市庁舎前まで徒歩移動。
本当に天気がよく、空がキレイです。
f0046614_14433979.jpg

ここでいったん解散して約90分の自由行動です。
レジデンツに行ってみたなと思いましたが、90分では何も見えんやろということでなし。

まず、新市庁舎の写真を撮りました。
f0046614_15115819.jpg

f0046614_15121193.jpg

ミラノのドゥオモに何となく似てる。
ドイツ南部、バイエルン州の州都ミュンヘン(München)市街中心部のマリエン広場にある、同市の市役所の建物。1867~1908年にかけて建設されたネオゴシック様式の建物で、3つの建物からなる。
中央の高さ85mの塔にある仕掛け時計グロッケンシュピール(Glockenspiel)が、新市庁舎の最も有名な見どころといわれる。
ドイツ国内では最大、ヨーロッパ全体では5番目に大きい仕掛け時計である。
毎日11時、12時、17時からの約10分間、仕掛けが動き出す。
人間とほぼ同じ大きさの32体の人形が、1568年のバイエルン大公ヴィルヘルム5世とロートリンゲン(ロレーヌ)の公女レナーテとの結婚式の様子を演じる。
また、21時には時計の左側の出窓からホルンを鳴らす夜警の人形が、右側の出窓からはミュンヘンのシンボルの「ミュンヘン小僧」が登場する。
なお、同じマリエン広場に面した白い建物が旧市庁舎である。
戦後再建・復元された、1417年完成のゴシック様式の建物で、その塔は現在、おもちゃ博物館として使用されている。



ここでもクリスマス市開催中です。
f0046614_1513867.jpg

f0046614_15133639.jpg


市庁舎の入り口にあった紋章。
f0046614_15141526.jpg


中庭みたいなところに入ってみました。
f0046614_15143613.jpg


なかなかキュートなライオン。
f0046614_15172271.jpg


ashuさんと記念撮影。
f0046614_15174411.jpg


飲み屋さんの入り口のようです。
f0046614_1518681.jpg


タワーの後ろ側から。
f0046614_15231670.jpg


おなじみのクリッペ。
f0046614_15233154.jpg


木製のプレート屋さん。
f0046614_1524728.jpg


クリスマス市を見ながら1本路地を入ったところにあった教会に行ってみました。
何の予備知識もなく入りましたが、どうやらフラウエン教会だったみたいです。
フラウエン協会は15世紀に後期ゴシック様式で建てられた教会で、建築当時に現れたという伝説の「悪魔の足跡」の上に立つと左右の窓が見えなくなるそう。

これが悪魔の足跡。
f0046614_15271163.jpg


でも、窓見える。
f0046614_15272676.jpg

あ、この窓じゃなく、この下の写真の両側の窓のことです。
f0046614_15281629.jpg

教会内部は三身廊からなり、22本の白い八角柱が2列に並んでおり、入り口からはそれが白い壁のように見え、側廊と窓は見えない構造になっています。この独特の構造からか、この教会には「悪魔の足跡」の伝説があり、入り口近くに足跡のついている石があります。

ということらしいです。

左右のステンドグラス。
f0046614_1528363.jpg

f0046614_15284563.jpg


振りかえってパイプオルガン。
f0046614_15291656.jpg


十字架にかけられたキリスト像。
f0046614_15293769.jpg


中央のステンドグラス。
f0046614_15301011.jpg

f0046614_15302166.jpg


この教会にはバイエルンにかかわりの深い人々が祀られているそうです。

ヴィッテルスバッハ家出身の神聖ローマ皇帝「 ルートヴィッヒ4世」の墓碑。
f0046614_1536388.jpg

ヴィッテルスバッハ家というのは、バイエルン地方を発祥とするヨーロッパの有力な君主、諸侯の家系。
バイエルンの君主(バイエルン公(選帝侯)、バイエルン王)の家系として有名なんだそうです。

つづく
[PR]
by ashu_namy | 2016-01-24 12:00 | 2015.12 X'masMarket