ashuとnamyのよもやま日記

ashunamy.exblog.jp

namy:このブログの管理人。いろんなことに疲れて、絶賛ヤサグレ中だったけど、2012.9月、復活しました。              ashu:写真を撮っているだけのヒト。(笑)

<   2014年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧

2013.12.31 Alaska 9

12月31日 (現地時間)

明け方近くまで遊んでいたので、起床は午前10時。
一瞬で結露したカメラが心配でしたが、一晩放置したら乾いていました。
念のためメディアを出してから、動作チェック。
無事動きました。

今回のツアーは全食事つきでしたが、夜中までオーロラを見ていてどうせ早起きなんてしないだろうということで、朝と昼は兼用のブランチになっていました。
昨夜と同じレストランに行って、クロワッサンサンドとコーヒーのブランチ。
コンデジを忘れたので写真はなし。

ブランチの後はサンセットツアーまで時間があったので、リゾート内を散策することにしました。

氷でできたアイスミュージアム。
f0046614_22523868.jpg

アイスミュージアムツアーに参加しないと中を見ることはできません。
入場料は$15。
ゴシック様式の大聖堂や氷のシャンデリア、アイスバーなどがあるそうです。
追加料金$15を払うと、ひとつひとつが手作りの氷のグラスで、アップルティーニが飲めるそうです。
氷のグラスは持ち帰れるそうですが、ホテルの部屋に持って入った瞬間、溶けますね(^^;)

アラスカと言えば犬ぞりですが、チェナリゾートでもハスキーを70頭ぐらい飼っていて、犬ぞり体験もあります。
歩いてケンネルに行ってみました。
途中で、犬ぞりに出会いました。
f0046614_225713.jpg

2マイル(約3.2km)のコースをマッシャーの操縦する犬ぞりで走れます。
料金は、$60。

雪の大地での乗り物はスノーモービルもありますが、一番優秀なのは犬ぞりなんだそうです。
機械は便利だけども雪原の真ん中で故障してしまったり、迷子になってしまったら、そこに待っているのは死。
でも犬ぞりなら、たとえ迷子になっても「Go Home」と言ってやれば家まで連れて帰ってくれます。
そりが壊れてしまっても、犬だけ家に帰せば助けを呼ぶことができます。
アラスカでは、小さな子どもにこそ犬ぞりが必要なんだそうです。

犬ぞりの先頭を走る犬は、経験を積んだちょっと年をとった犬なんだそうです。
リーダーになる犬は、そりとマッシャー(操縦する人)の重さを記憶していて、万が一子どもがそりから落ちたら、重さが変わったことを察知して、止まるのだとか。
これが若い犬だと、走りたいばっかりでぴゅーっと走っていってしまうのだそう。

ケンネルにやってきました。
たくさんの犬たちがいます。
若い犬が多いのか、人間を見るとぴょんぴょん飛び跳ねます。
f0046614_238321.jpg

ハーネスにつながれた犬たち。
大人4人とマッシャー、一人平均50kgとして250kgの重さを12頭の犬でひっぱります。
カメラを向けると、座ってポーズを取る犬。
レンズを下げると立ち上がって飛び跳ねるのに、カメラを構えるとおとなしく座る。
よくわかっていらっしゃる(笑)

ケンネルを後にして、ホテルに戻ってきました。
氷点下の世界なのに、温泉が湧いているのでこの付近の川は凍りません。
f0046614_23134410.jpg


部屋に戻って少し休憩したら、サンセットツアーに出かけます。
[PR]
by ashu_namy | 2014-02-27 12:00 | 2013.12 ALASKA

青と赤

f0046614_2146939.jpg


ホースシューベントとアンテロープキャニオン。
ashuさん、三度Nikonギャラリーで写真展をやります。
今回は、アメリカ大自然です。
グランドサークルとオーロラの写真10点を展示します。
写真展用の試し印刷が、テレビの前に置いてあったので撮ってみました。

さて、私事ですが。
凍傷からの雑菌侵入で、大変なことになった左耳ですが、かなーりよくなりました。
苦楽を共にしてきた20年物のピアスホールが塞がった~と、泣きわめいておりました。
が、さすが20年物。
ちょっとやそっとじゃ塞がりません。
なんと、まだ、残っております。

さすがに太いポストは一発で通りませんが、細めのポストのピアスを一度通してからなら、耳の裏まで通ります。
ちょっと探さないといけないので、ぐりぐりしちゃいますが。
ぐりぐりすると血も出ちゃったりしますが、ピアスはできます。
また化膿すると嫌なので、短い時間で外しますが、これを繰り返していけば完全に塞がらずに済むんじゃないかと。

新しく買ったピアスはまだお預けだけど、ちょっと希望が見えてきました(^^)
[PR]
by ashu_namy | 2014-02-25 12:00 | 日常のこと

2013.12.30 Alaska 8

オーロラの写真をWeb AlbumにUPしました。
右の "namy's Web Album" からどうぞ。
スピードが1秒ぐらいのスライドショーで見ると、動いているように見えます。


午前2時を過ぎ、体もカメラも冷え切ってきました。
カメラと三脚が冷えるのは予測ができましたが、一番怖かったのはレリーズのコードが凍ったことでした。

寒いところではレリーズのコードが凍って折れることがある、とネットで読みましたが、本当に凍りました。
カメラからぶら下がっている形のまま、固まりました。
撤収するときに凍ったコードを折らないように、そぉーと、そぉーとしまいました。

空には大きなブリッジがかかり、まだオーロラは期待できそうです。
でも寒さも限界。撤収、撤収、と思ったとき、北の空が揺らめき始めました。
f0046614_162192.jpg


光はどんどん大きく、強くなります。
f0046614_162379.jpg


片づけ始めたカメラをもう一度、空に向けました。
光が伸びていきます。
f0046614_1632545.jpg


急に光が強くなりました。
f0046614_1693967.jpg


空いっぱいにオーロラが広がって、どこを撮っていいのかわかりません。
興奮で寒いのも吹き飛びました。
f0046614_1611087.jpg


↑ の写真を、加工ソフトのオートレベルで遊んでみました。
f0046614_16114283.jpg

これでイルカがいたら、ラッセンの絵のようだ・・・

このあともまだオーロラは出続けました。
f0046614_16131587.jpg
f0046614_16132267.jpg
f0046614_16132920.jpg
f0046614_16133517.jpg
f0046614_16134289.jpg


このころになると、もう寒くて立っているのもやっとになってきたので、本当に撤収しました。
外の冷たい空気ごと保冷バッグにカメラと詰めて部屋に戻りましたが、部屋の暖房をMAXにして出かけたので、一瞬で結露しました。
カメラが心配だったけど、部屋の中に出すわけにいかないので、そのまま一晩放置しました。
この後お風呂に入って寝たのは4時でした。

翌日、一緒のツアーの人から、
「昨夜、最後にすごいのが出たけど、あなたたち帰っちゃったあとだったわ。」と言われました。
いや、あれからまだ1時間は粘れませんって・・・

つづく
[PR]
by ashu_namy | 2014-02-17 12:00 | 2013.12 ALASKA

2013.12.30 Alaska 7

防寒着をしっかり着込んで、防寒着を装着したカメラを持ってオーロラ撮影に出発!
ロッジから30mぐらい歩いたところにオーロラ観測用のキャビンがあります。
ここでオーロラが出るまで待機。
誰かが外にいて、オーロラが出たら教えてくれます。

まずはここで明日のサンセットツアーの申し込み。
年末で日本人が多いせいか、日本人スタッフもたくさんいました。
たぶんアラスカ大学に留学している人たちが年末のバイトに来ているんだろうな。
ギフトショップでは使えなかったT/Cがここでは問題なく使えました。
やっぱりあのおねいちゃんが知らなかったんだな・・・

キャビンの裏手はセスナの滑走路になっていて、ここでオーロラの出現を待ちます。
暗いのもいいですが、電気が来ていない(自家発電を利用)ので、電線がない。
これはとてもありがたいです。

10時ごろ外に一度出てみたけど、きれいな星空が広がっていてまだオーロラの出る気配はありません。
しばしキャビンの中で待機。
その間に周りの人を観察してみると、やっぱりデジイチ多いですね。
でも、私たちほど過保護にカメラ防寒着を装着している人はいません。
みなさんマフラーやネックウォーマーで代用していました。
中には直接カメラにカイロを貼ってるだけのヒトも。
でも、namy作のカメラ防寒着は、いろんな人に褒められました。
もちろん、聞かれたら「妻が作ってくれた。」と、必ず言え、とashuに言い含めておきましたが。

さて、11時ごろなかなかオーロラが出なくて、みなさんもダレたころ、外に出てみました。
そしたら北側の空がぼんやり明るくなっています。
一緒のツアーだった、毎年オーロラの撮影に来ているという通称「先生」に聞いてみたら、
「うん、出てるっぽいですね。ちょっと撮ってみましょう。あ、出てますね。」

カメラを取りに戻ると、ashuさんは防寒着を脱いですっかりおくつろぎモード。
なんか腹が立ってきて、黙って外に行こうと思ったけど、やっぱり情報共有は大事だよな、と、外に出るドアの近くで、一番近くにいたニコラーのゲストに小さい声で、「出ましたよ。」といったら、
「出ました?」

と、デカい声で反応してくれたので、キャビン内の民族が一斉に大移動を始めました。
すっかりおくつろぎモードだったashuさんは、当然出遅れ。
ここまで来て、何やってんでしょうね・・・

f0046614_10444619.jpg

最初はこんな感じで出ます。

f0046614_10454557.jpg

ゆっくりと動きます。
隅に写っているのは、防寒着を着たD800。
私たちのカメラ(D800とD600)は、約3時間外にいても、バッテリーの残量は70%ぐらいありました。
防寒着なしの人たちは、「バッテリー、持つかなぁ」と言っていたので、防寒着の効果はあったみたいです。

静止画で見ると同じような写真ばかりになるので、gifアニメにしてみました。
f0046614_10491634.gif

これ以上大きいファイルになると、エキサイトではアップロードできません(^^;)

この日は午前3時過ぎまで、たくさんオーロラが見れました。

こういう感じで、空一杯に大きなブリッジがかかると、大きなオーロラがでることが多いです。
f0046614_10525036.jpg


この後、
f0046614_1054143.jpg
f0046614_10542873.jpg
f0046614_10544612.jpg
f0046614_1055087.jpg
f0046614_10552232.jpg
f0046614_1056338.jpg


この時の外気温はマイナス30度近かったです。
オーロラを見ている時は、アドレナリンが大量に出ていて、寒くないんですが、ふと我に返ると芯から冷えてきます。
あ、冷たい海でウミウシを撮っている時の状況と似ています(^^;)

カイロも持っていますが、寒すぎてカイロも発熱しません。
発熱しないカイロはただの鉄の塊で、冷たいだけに厄介です。

まだ大きなブリッジがかかっているので、まだオーロラが出そうな感じでしたが、つま先が痛くてこのままいたら凍死しそうだったので、そろそろ撤収!と、片づけ始めたころ・・・

ええ、続きます。
[PR]
by ashu_namy | 2014-02-16 12:00 | 2013.12 ALASKA

最近のお気に入り

羽生選手、金メダルおめでとうございます。
私といたしましては、チャンとゆづちゃんとプルシェンコの三つ巴の戦いが見たかったですが。
シニアにデビューしたころのゆづちゃんはフリーが終わるといっつも倒れ込んでいました。
そのころはなんてふがいないやつだと思っていましたが、最近はたくましくなりましたね。
中性的な魅力もいいです。
4年後、どう進化するか楽しみです。

大輔ちゃんはよくやったと思います。
日本男子フィギュアをここまで引っ張ってきたのは、大輔ちゃんなのでもうこれで競技者としての演技が見られなくなるのは残念です。
個人的にはバンクーバーの時の「道」が好きですね。
あと、ラテン系の暑苦しいのも好きです(笑)
大輔ちゃんの踊るようなステップは最高でした。

町田選手も11位からよく盛り返しました。
このコを見ていると、中野友加里選手を思い出します。
中野友加里さんもどなたかが棄権したので、その代わりに出た大会で表彰台に上って注目され始めた選手でしたが、3Aが跳べるのに浅田選手や安藤美姫さんの陰に隠れがちでした。
中野選手の演技も最後は火の鳥だったような記憶が。
町田選手も大輔ちゃんやゆづちゃんというスターの陰に隠れがちでしたが、結果が出せてよかったと思います。

さて、本題(笑)

最近ヘビロテで聴いている曲。
中高生の応援歌らしいですが、中高年が聞いてもいい曲です。

いきものがかり YELL


中学生が、合唱コンクールでも歌うらしいですよ。



私たちの頃は、合唱と言えばこれでした。



毎年3年生だけが歌い、1,2年生はこれを歌うことを目標としていました。
そして卒業式に答辞の代わりの大合唱。

なつかしいですね。
[PR]
by ashu_namy | 2014-02-15 12:00 | 日常のこと

2013.12.30 Alaska 6

12月30日 (現地時間)

フェアバンクスの街を出た瞬間に寝落ちしたらしく、目を覚ました時はもうチェナに近くなっていました。
すっかり日も暮れて、外は真っ暗です。

突然闇の中に明かりが見えて、ホテル到着です。
最初の2泊はチェナ・ホット・スプリング・リゾート CHENA HOT SPRINGS RESORTです。

フェアバンクスから100km、電気、ガス、水道、電話線などが届いていませんが、地熱を利用した床暖房で部屋はとても暖かいですし、自家発電で電気もつきます。
冷蔵庫はないですが、窓の外は天然の冷凍庫なので、問題ナッシング。

バスを降りたら新館のムースロッジのロビーで簡単なオリエンテーション。
その後お部屋に案内されました。

スーツケースが2つ、余裕で広げられる広さがありました。
f0046614_15544197.jpg


何年か前にはまだドライヤーがなかったそうですが、ちゃんとありました。
スタッフが手作りでいろいろ増やしていってるそうです。
極寒の地ですが、ハウスで野菜などを育てていて、ほぼ自給自足できるそうです。
f0046614_15554174.jpg


部屋についたら、レンタルの防寒着のサイズ合わせ。
日本でサイズを申告してありましたが、ashuさんのは明らかに大きかったので、替えてもらいました。
私はブーツのサイズが小さかったので、これも替えてもらいました。

そのあと今夜から始まるオーロラ撮影に備えて、廊下でレンズを無限大に調整し、持参した養生テープで固定。
三脚につけて、レリーズもつけて準備万端です。

時間になったので、メインコテージにあるレストランに行きました。
今夜のメニューは、キングサーモンのムニエルです。
f0046614_1602297.jpg

脂がのっていて、とてもおいしかったですが、食事的にはこのお皿のお料理と、デザートのケーキとコーヒー、紅茶のみ。
平均年齢の高めのツアーでしたが、食べ盛りの若者も(ashuも含めて^^;)何人かいたので、物足りなかったんじゃないかな~

食事の後は、現地の日本人係員によるオーロラ撮影のレクチャーと、アクティビティの説明。
オーロラは観測キャビンが24時間開いているので、そこで暖を取りながら待機できます。
アクティビティは、雪上車にのって山頂へサンセットに行くツアーを申し込みました。

食事の後、ホテルのギフトショップでお買いもの。
スモークサーモンがあったので、それを会社の人たちのお土産にしました。
支払いの時、ashuがT/Cを出したら、キャッシャーのおねいちゃんは個人小切手と勘違いしたみたいで、
「At BANK!」の一点張り。
こちらもうまく説明できないので、結局キャッシュで払ってきました(^^;)

さて、オーロラが出始めるのはごご10時ごろからと聞いたので、すこし仮眠をしていよいよオーロラ撮影に向かいます。

つづく
[PR]
by ashu_namy | 2014-02-14 12:00 | 2013.12 ALASKA

2013.12.30 Alaska 5

12月30日 (現地時間)

博物館の見学後はランチに向かいます。

車窓から見える景色
f0046614_23123079.jpg
f0046614_23124252.jpg
f0046614_23125374.jpg


この日のランチは、中華ビュッフェ。
グランドサークルを回った時のランチも中華ビュッフェだったけど、あまりおいしくなかったから今回もあまり期待していなかった。ら、やっぱり期待を裏切りませんでした(笑)。

ランチのあとはビジターセンターに立ち寄ります。

ビジターセンターの前に合ったカラス(?)の氷の像
f0046614_23135945.jpg


まだ14時ぐらいですが、日没です。
f0046614_23144593.jpg


デジイチを出すといろいろ大変なので、P330のマクロで撮ってみました。
f0046614_23153280.jpg


キレイな夕日(なのか?)と、よくわからない二人。
f0046614_2316584.jpg

私の足元は100均で買ったレッグウォーマーです。
さすが100均だけあって、ものすごくゴミが出るので、この日のホテルで捨てました(^^;)

本当は「namy参上」と書きたかったけど、さすがに恥ずかしかったので止めました。
f0046614_23182867.jpg

日没なんだけど、まだ14時なので空は青いです。

この日から2泊するホテルの周辺には、なーんにもお店がないのでスーパーに寄って買い出し。
水とジュースを買いました。

スーパーの駐車場で撮った(14時だけど)夕日。
f0046614_23214359.jpg


この後は、フェアバンクスから約100km続く1本道の最終地点、チェナ温泉に向かいます。
ここが今夜のお宿です。

つづく
[PR]
by ashu_namy | 2014-02-13 12:00 | 2013.12 ALASKA

捲土重来

namy Return.

はい、往生際が悪いんです。
20年来のピアスホールが塞がっても(まだ言ってる)、絶対また復活させてやる!
というわけ(っていうか、単に欲しかっただけなんでは?)で、再びピアス購入。

f0046614_14451411.jpg


グラデーションでつけたかったので、6色6セット。
と言っても、ポストがサージカルステンレスなので1組380円。
6組買ってもお財布にはとても優しいお値段です。
楽天バンザイ!

さて、最近ashuさんはNikonカレッジに通っています。(といっても2回だけ)
そのうちの1回はテーブルフォトの講座で、料理やお菓子や小物の撮影方法を学んできました。
私が上の写真をスマホのマクロモードで悪戦苦闘して撮っていたら、
「そういう時は無理にマクロモードで撮らずに・・・」
と、コピー用紙でレフ板を作り、三脚を立てて上の写真を撮ってくれました。

コピー用紙で作ったレフ板とはいえ、あるとないとでは大違い。
f0046614_14511890.jpg

レフ板がないと、箱のふたが影になってしまいます。
これだけのことなのに、ずいぶん違いますね。

こんな感じで撮影しました。
(相変わらずの床置き・・・なんとかならんか?)
f0046614_14343869.jpg


でもいいことばかりではなく、レフ板をつくるだの、窓に張るトレーシングペーパーなんかを買い込んできています。
でも、ashu、小物なんて撮らないじゃん(^^;)
[PR]
by ashu_namy | 2014-02-12 12:00 | お買い物
最近お気に入りのCM。



リクルートじゃなかったらもっといい(笑)
[PR]
by ashu_namy | 2014-02-11 12:00 | 日常のこと

左耳 その後

左耳の腫れが引かなくて病院に行った日から一週間。

抗生剤を一日3回飲み、軟膏を朝晩塗り、20年来の付き合いのピアスホールが塞がる悲しみと闘った日々でした(大げさな・・・)

「一週間たったら 店に来て(飲み屋の営業か?) 見せに来て。」
のお言葉通り病院に行ってきました。

「この一週間痛みとかあった?」

「ときどきジンジンしたり、ズキズキしたり、かゆくなったり、でした。」

「うんうん、そうだね。でも、腫れも引いたし、赤味も取れたし、治ってきてるよ。今ある軟膏はもう少し塗ってね。でも今までみたいに塗らなくていいから。1日1回とか順番に減らしていってね。あと、触ったり掻いたりしちゃだめだよ。刺激しないように。しばらくはまだおとなしくしていてね」

(まだピアスをするなってことか ^^;)

何はともあれ、壊死しなくてよかったです。
[PR]
by ashu_namy | 2014-02-10 23:01 | 日常のこと