ashuとnamyのよもやま日記

ashunamy.exblog.jp

namy:このブログの管理人。いろんなことに疲れて、絶賛ヤサグレ中だったけど、2012.9月、復活しました。              ashu:写真を撮っているだけのヒト。(笑)

<   2013年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

シートパック100枚

楽天イーグルス、優勝おめでとうございます。

で、楽天でポイント7倍セールをやっていたので、つい買ってしまいました。
韓国コスメ、シートパック。

f0046614_1335775.jpg


以前カタツムリエキス入りという商品を試供品でもらって使ってみたら思いのほかよかったので、
つい大人買い。

通常は1枚100円ぐらいの値段なんだけど、送料込みで自分の好きな種類が選べて、100枚で3,200円。
最近季節の変わり目のせいか、年齢のせいか肌が乾燥気味なので、ここらでちょっとお肌にも栄養をと、
買ってみました。

私がシートパックをすると、必ずB面を使いたがるashuさん。
今回のこの購入にも、
「B面はオレが使う~」
と、大変乗り気(?)でした。

この秋は、二人で美しくなる予定です(^^;)
[PR]
by ashu_namy | 2013-09-30 12:00 | お買い物

天高く

ashuが仲良くしている業者さん(お互いドバイに行ったことがあるということで、意気投合したらしい)が、
ベルギーに旅行に行ってきたというので、お土産をいただきました。

ベルギーでチョコレートというと、GODIVAが有名ですが、今回いただいたのはGaller(ガレ) 
というメーカーのチョコレート。
f0046614_1315178.jpg


全部違うお味のチョコレートでした。
(いただいた日が暑い日だったので、ちょっと溶けてますが・・・)
GODIVAも上品な甘さで好きですが、Gallerも甘すぎず後味のさっぱりしたお味でした。
f0046614_133369.jpg



O課長から差し入れをいただきました。
ローソンのモンブランプリンパフェグランデ
f0046614_1333042.jpg

かなり大きくて、一人で完食はちと辛かったです。
でも、最近のコンビニスイーツはおいしいですね。

その翌日は同じくローソンのティラミス。
f0046614_13234765.jpg

O課長は私を太らせて、どうしようというんでしょうか?^^;

〆は、ミスド。
f0046614_1332759.jpg

昔はD-POPという名で売られていましたが、最近はミスドビッツというらしいですね。
たくさん入っていましたが、これもつい完食。

これだけを一日で食べたわけではないですが、やっぱりちょっと食べすぎかな(^^;)
馬も肥える秋ですけどね。
[PR]
by ashu_namy | 2013-09-29 13:24 | グルメ?
メキシカン庭園にやってきました。
白い縁どりのサボテンの仲間。
f0046614_16352170.jpg


多肉植物。
f0046614_16352888.jpg


サボテン(というかアロエ?)の仲間。
フヤジョウという名前らしい。
f0046614_16353595.jpg


砂漠に咲く一輪の花。
f0046614_16354329.jpg


多肉植物いろいろ。
葉っぱがぷっくりしていて、かわいい。
f0046614_16355053.jpg


テラコッタがよく似合う。
f0046614_16355996.jpg


ashuいわく、「隠れミッキー」だそうで。
どこが隠れミッキーかわかったらすごい。
f0046614_163662.jpg


つやつやぷっくりでおいしそう?
f0046614_16361861.jpg


以前サボテンを枯らしたことがあったけど、多肉植物なら大丈夫かしら?
f0046614_16362765.jpg


大温室を出て、外に咲いていた黄色い花を撮っておしまい。
f0046614_16363414.jpg

[PR]
by ashu_namy | 2013-09-22 12:00 | おでかけのこと
引き続き温室内の花。
f0046614_16321494.jpg


新芽の緑が美しい。
f0046614_16322551.jpg


疲れたのでちょっと休憩。
ローズソフトクリームにローズヒップのジャムを添えて。
f0046614_16323689.jpg


温室の中でも熱帯スイレン。
この睡蓮の池には、白い変わった形のさかなが泳いでいました。
f0046614_16324498.jpg


シベのように見えますが、つぼみです。
こういう写真をちゃんと撮ろうと思ったら、三脚が入りますね。
手持ちではこれが限界。
f0046614_16325366.jpg


ランのめしべ。
なんだけど、袴をはいたガイコツに見えなくもない。
いや、一度そう思ってしまうともうそれにしか見えない。
f0046614_1633629.jpg


パラシュートを背負っているようにしか見えない。
f0046614_16331394.jpg


これもランの仲間だと思われる。
f0046614_16332280.jpg


こういう色合い、好きだな~
いつも思うけど、花でもウミウシでもどうしてこんなに素敵な色が出せるんだろう。
自分はこんなに美しいって、わかっているのかな~って思います。
f0046614_16333111.jpg


あ~誰ですか?葉っぱの葉脈に落書きしたの?
f0046614_16333889.jpg


いやいや、ちゃんとこういう植物です。
f0046614_16334714.jpg


アロエのストライプ。
f0046614_16335517.jpg


つづく
[PR]
by ashu_namy | 2013-09-21 12:00 | おでかけのこと
竜ヶ岩洞鍾乳洞は総延長1000mで、一般に公開されているのは400mです。
見て歩くだけなら25分で出口まで行けますが、写真を撮りながら歩いていたら90分かかりました。

まだ10時30分でしたが小腹がすいたので、浜松ぎょうざ。
6個350円。焼きたてアツアツです。
浜松ぎょうざはキャベツがたっぷりで、とてもあっさりしています。
ウチでもよくスーパーで買ってきますが、焼かずに余った分はぎょうざスープにしています。
f0046614_16251744.jpg

観光地に行ったら必ず買う、ご当地ポテチとお土産の味噌バウム。
どんなお味でしょうか?

静岡に来たからには、やっぱりウナギでしょう!
でも、ウナギはお高いから、うな丼ハーフとミニうどんのセット。
最近はこれぐらいの量でちょうどよくなってきた。
f0046614_16253846.jpg


7月~9月の間は入場料が無料のはままつフラワーパークにやってきました。
見頃の終わった睡蓮。
望遠レンズが欲しいですね。
f0046614_16275397.jpg


熱帯スイレン。
35mmマクロではこれが精一杯。
f0046614_1628575.jpg


百日紅に寄ってみました。
f0046614_16281620.jpg


枯れかけたひまわりも一輪だけならなんとか。
f0046614_16282892.jpg


暑いなか、大温室にやってきました。
エアコンの効いていたベゴニアの部屋。
f0046614_16284872.jpg


これもたぶんベゴニア。
f0046614_16285973.jpg


きっとベゴニア。
f0046614_1629928.jpg


おそらくベゴニア。
f0046614_16293099.jpg


ベゴニアであってほしい。
f0046614_16294061.jpg


これはベゴニアじゃないと思う。
f0046614_16294996.jpg


もしかしたらベゴニア。
f0046614_16295943.jpg


温室でよくみる、イヤリングのような花。
f0046614_16301515.jpg


つづく
[PR]
by ashu_namy | 2013-09-20 12:00 | おでかけのこと

2013.9.7 竜ヶ岩洞 3

天女の鏡と名付けられた泉。
f0046614_16165546.jpg


天井の鍾乳石がはっきり写ります。
f0046614_161738.jpg


この石はリムストーン。
f0046614_16171060.jpg


白いろうそくが並んでいるような、白ろうの間
f0046614_16171830.jpg


「黄金の大滝」ですが、水量が少なかったのと三脚を立てる場所がないのと、上から水が落ちてくるので、こんな写真しか撮れませんでした。
f0046614_16172567.jpg


流れるようにできた鍾乳石、流れ岩。
f0046614_161732100.jpg


三段空滝。
f0046614_1617389.jpg

石筍とつらら石がくっついて、石柱になっています。
f0046614_16174686.jpg


いたるところから水がしみ出し、泉を作っています。
f0046614_16175356.jpg


鳳凰の間。
鳳凰が翼を広げたような、それはみごとな空間が広がっていますが、このレンズでは全部が写しきれません。
f0046614_16175929.jpg


引いて撮ったら、スプラッタになってしまった・・・
f0046614_1618731.jpg


ここにも泉
f0046614_16181623.jpg


だんだんぎょうざに見えてきた。
f0046614_1619663.jpg


姫かんざしと名付けられた石。
f0046614_16191536.jpg


岩のすきまからこうしてしみだして、鍾乳洞を作っていくのだなぁ。
f0046614_16192236.jpg


シャンデリアの間
f0046614_16193056.jpg


見事としか言いようがないです。
f0046614_16193815.jpg


こんな感じで入っていくそうです。
f0046614_16211961.jpg


鍾乳洞は、終わり。
でも続くよん♪
[PR]
by ashu_namy | 2013-09-19 12:00 | おでかけのこと

2013.9.7 竜ヶ岩洞 2

浜松市北区引佐町田畑竜ヶ岩山(359m)の南麓に鍾乳洞があったことは大正時代から地元の人に知られていた。
付近一帯は秩父古生層という古い岩石(石灰岩)で形成され、夕暮れコウモリが飛び出してくるその洞窟は、地元の子どもたちの探検遊び場でもあった。
その洞窟の一番奥まったところに探検に入るたび、のぞきこんでは引き返す幅50cm、高さ10cmの小さな窓があり、そこから吹き出してくる風、そして懐中電灯に照らされた先には、確かに空洞が続いているように見えた。
1981年6月より一輪車に粘土を積んでは運びだし、洞窟内の整備を進めていた地主でもある戸田貞雄氏の理解を得た2人の洞窟愛好家が同年10月、「この窓を抜ければきっと新洞があるはずだ!」そう信じて手掘りで拡張作業を始めた。洞内気温18度、地下水と粘土の上に腹ばいになっての作業・・・。そで口より水が入り込み、全身泥だらけになりまだ見ぬ向うへの大空間を夢見て黙々と作業は続けられた。
述べ3日間に及ぶ作業の末、まず一人が、そしてもう一人が、そしてもう一人が抜け出ることに成功した。
懐中電灯に照らしだされた前方の空間そして鍾乳石の数々。
思わず歓喜の声が上がる。
「やった!ついにやったぞ!」
のぞきこむたびにため息をつき、あきらめていた難所をついに抜け出すことに成功したのだ。
(竜ヶ岩洞パンフレットより)

後に地主の戸田氏に「喜びの窓」と名づけられた場所。
f0046614_1613349.jpg

まさに、継続は力なり。

ヘチマのように垂れ下がっている、ヘチマフローストーン。
f0046614_16131385.jpg


ワニのくち。ワニみたいに見えますね。
f0046614_16131949.jpg


奥にストローのような鍾乳石がたくさんあります。
ストローストーンというそうです。
f0046614_16132585.jpg


竜ヶ岩洞のたて穴。ここからも降りてきたそうな。
f0046614_16133381.jpg


両脇の岩盤は石灰岩。
この間に性質のちがう岩があって、間が抜けてこのような形になったのだそうです。
人ひとりが通るのがやっと。
自然の力でこうなりましたが、崩れないように鉄パイプで固定してあります。
f0046614_16134187.jpg


「森羅万象」と名付けられた鍾乳石。
f0046614_16135275.jpg


外からの光が見えます。
f0046614_1613593.jpg


マリア像。
虹がかかります。(人口虹ですが)
f0046614_1614644.jpg


雲上界。
背の低い人には、見にくいかもしれません。
私もよく見えなかったので、ファインダーではなくライブビューで撮ってみたら、神々しく写りました。
(当然ですが)行ったことはないけど、極楽浄土とはこんな感じかしら。
はたまたどこかにあるというガンダーラ。
f0046614_16141234.jpg


岩のすきまから水が流れていました。
この水が鍾乳洞を作っているのですね。
で、出口にある売店で、おいしい水が売ってました(^^;)
f0046614_16141976.jpg


光に透けると、ベーコンに見えてしまうけど、カーテンストーンという鍾乳石です。
f0046614_16141071.jpg


天井から細く、長く垂れています。
鍾乳洞の中のオーロラのようですね。
f0046614_16142021.jpg
f0046614_16142862.jpg


池があるとコインを投げたくなるのは万国共通のようですが、入れてはだめですよ。
飲めるみたいですが、飲みすぎ注意みたいです。
f0046614_1614354.jpg


つづく
[PR]
by ashu_namy | 2013-09-18 12:00 | おでかけのこと

2013.9.7 竜ヶ岩洞 1

思い立ったが吉日。
静岡県浜松市北区引佐町にある鍾乳洞、竜ヶ岩洞に行ってきました。

入り口には龍がいます。
入場料は大人650円、中学生450円、小学生350円です。
f0046614_15375889.jpg


露出を合わせるashuさん。
入り口付近は比較的明るいです。
中は涼しい風が吹いていて、快適です。
1年を通じて18度ぐらいだとか。
f0046614_1538384.jpg


さっそく鍾乳石がお出迎え
f0046614_15388100.jpg


足元に「またのぞき」というプレートが。
のぞいてみたら、こんなんなってました。
f0046614_15381436.jpg


写真を撮るときは、こうなります。
ashuさん、ちょっと体固くない?
f0046614_15381921.jpg


難儀なまたのぞき姿勢を取らなくても、ふつうにしゃがめば撮れることに気が付いた(^^;)
f0046614_15382328.jpg


石柱が天井から伸びてきて、地上とつながったところ。
f0046614_1538285.jpg


乳岩。
f0046614_15383394.jpg


石筍。(地上から伸びていく鍾乳石。
f0046614_15383842.jpg


竜の爪 らしいですが、よくわからん(^^;)
f0046614_15384637.jpg


悠久の歴史を感じますね。
f0046614_1538521.jpg


真ん中の石が、ご老人の姿に見えます。
角度を変えると、おばあさんに見えます。
f0046614_15385944.jpg


この一滴が鍾乳石を作ります。
f0046614_1539577.jpg


仁王門。人ひとり通るのがやっとの空間です。
デカいカメラバッグを背負っていたら、通れません。
f0046614_15391299.jpg


何万年もかけて、仏様のような岩になりました。
f0046614_15392060.jpg


水深はとても浅いです。
でも水がキレイなので、鏡のようになります。
f0046614_15392727.jpg


つづく
[PR]
by ashu_namy | 2013-09-17 12:00 | おでかけのこと
「きゃあ!!!」このあと本当にひっくりかえりました(^^;)
無理はするもんじゃない・・・
f0046614_15223970.jpg


いきなり恐竜が出てきて、しりもちをつくの図
f0046614_15234175.jpg


うん、びっくりするよね
f0046614_15242353.jpg


違和感のない昭和なヒト、namy
f0046614_1525619.jpg


闘うashuさん
f0046614_15253158.jpg


二人の運命は如何に?
f0046614_1526142.jpg


ちょっと失敗したサメ
f0046614_15262949.jpg


結構大変だったカメ
f0046614_15265425.jpg


思いのほか楽しかったです。
こういうところは、周りの目を気にせず、女優になったほうが楽しいですね。
[PR]
by ashu_namy | 2013-09-16 12:00 | おでかけのこと
もうすっかり終わっていますが、この夏に名鉄百貨店で開催されていた大トリックアート展に行ってきました。
どうせたいしたことないだろうとタカをくくっていきましたが、なんのなんの超満員の大盛況でした。
写真撮影は自由でしたので、たくさん撮ってきました。

器用に皮をむくashuさん
f0046614_152024.jpg


ミルクが注がれるのを待つnamy
f0046614_153950.jpg


ヒョウを愛でるashuさん
f0046614_1533917.jpg


武井壮には負けないぜ!
f0046614_1542411.jpg


助けようとしているのか、突き落とそうとしているのか?
f0046614_155117.jpg


いや、無理だって
f0046614_1553010.jpg


このあとドカンに入ります。(マリオ風に^^;)
f0046614_1519865.jpg


サタデーナイトフィーバー?
f0046614_15193086.jpg


ドアを開けたらびっくりしたゾウ
f0046614_1520148.jpg


うん、だからね、気持ちはわかるけど、無理だって。
f0046614_15202846.jpg


長くなったので、つづく(え?)
[PR]
by ashu_namy | 2013-09-15 12:00 | おでかけのこと