ashuとnamyのよもやま日記

ashunamy.exblog.jp

namy:このブログの管理人。いろんなことに疲れて、絶賛ヤサグレ中だったけど、2012.9月、復活しました。              ashu:写真を撮っているだけのヒト。(笑)

<   2013年 06月 ( 23 )   > この月の画像一覧

行ってきます(^_^)/

高知に移動中なう。
初めての柏島、楽しんできます♪

f0046614_6174251.jpg

こぼれ種から出た、ふうせんかずらの芽。
去年は撒かなかったから、2年前の種から出た。

今年中に事務所がお引っ越しすることになっているので、ここで育てるのはこれが最後。
頑張って育ってくれよ♪
[PR]
by ashu_namy | 2013-06-29 06:15 | ダイビングのこと
日没直後はなんだか空気が白いです。
暑いせいかな?
f0046614_21404396.jpg


道路の電気も点いてきました。
f0046614_21405046.jpg


この上は、一般人は立ち入れません。
入れるのは王族ぐらいでしょうか。
f0046614_21405673.jpg


ホテル側も明かりが点いてきました。
f0046614_2141468.jpg


ジャンクションはきれいな光の帯になりました。
f0046614_2141112.jpg


奥の光のないところは、ペルシャ湾です。
f0046614_21411827.jpg


こちらの暗いところは、地面です(笑)
f0046614_21412634.jpg


噴水ショーが始まる5分ぐらい前になると、水面がキラキラし始めます。
このころにはいい場所にいないと、カメラを出して写真が撮れません。
せまい場所なので、各国入り乱れての争奪戦です。
f0046614_21413391.jpg


日も暮れて、道路が渋滞し始めました。
f0046614_2141426.jpg


オレンジ色の光は、高速道路。
白い光が一般道です。
f0046614_21414955.jpg



f0046614_21415863.jpg



f0046614_2142674.jpg



f0046614_2142165.jpg



f0046614_214228100.jpg



f0046614_21423884.jpg


再び噴水ショーが始まりました。
このころになると展望台もかなりの人で混雑します。
展望台に上るには予約時間通りに上らないと入場券が無効になりますが、一度登ってしまえば何時間いても滞在時間に制限はありません。
私たちも16時30分に上って、20時ぐらいまで居ました。
f0046614_21424629.jpg


展望台のハイテク望遠鏡。
f0046614_2283468.jpg


地上452mからの夜景を堪能したので、降りてきました。
地上から見る、ブルジュ・カリファ。
手持ちでこれだけ撮れるのがすごい。
f0046614_21425653.jpg


もっとびっくりしたのが、ISO感度。
ISO6400で撮ったら、昼間になりました。
これ、結構距離あります。
f0046614_2143635.jpg


近くで見ると、こうなりますから。
f0046614_21431631.jpg


最後にもう一枚だけ撮って、
f0046614_21432744.jpg


夜になると人も結構歩いていて、
f0046614_21433778.jpg


この日の夕食は、スーパーでカップめんとカットフルーツで済ませました。
ドバイに来てから、温かいものを食べてなかったので、「なんか温かいものが食べたいね。」が二人の一致した意見。
でもレストランで注文するほど気力が残っていなかったので、「カップめんでいいか・・・」
買って部屋に戻ってから「しまった!箸がない!」
でも、大丈夫。ちゃんと中に入っていました、折り畳みのフォークが(^^;)
見ての通り中国製みたいですが、なかなかおいしかったです。
f0046614_2285132.jpg


そしてドバイの夜は更けていったのでした。
つづく
[PR]
by ashu_namy | 2013-06-27 12:00 | 2013.3 Dubai

OGATSHI その2

ふたたびOGATSHIへ行ってきました。

今回は、私が煮込みチーズハンバーグ
f0046614_22551149.jpg


ashu1さんは、オガッシオムライス(新鮮野菜たっぷりのソース)
f0046614_22555722.jpg


選べる二種類のデザートは、キャラメルムース(左)と、さつまいものケーキ(右)にしました。
f0046614_22555877.jpg


ハンバーグもおいしかったけど、オムライスはもっとおいしかった。

今度は絶対オムライスを食べるぞ!(^^)
[PR]
by ashu_namy | 2013-06-26 22:55 | グルメ?
6月28日から9月1日まで、天保山マーケットプレイスでウミウシ写真展が開催されます。

詳しくはこちらから

海遊館は有料ですが、写真展は無料です。

JR東海ツアーズの、ぷらっとこだまや、1day大阪などのプランを利用すれば、関東からでもお得に行けます。

お近くの方も、そうでない方もゼヒゼヒ見に行ってください。

ashuさんの写真も展示されますよ(^^)
[PR]
by ashu_namy | 2013-06-26 12:57 | ウミウシのこと
ブルジュ・カリファの展望台は、AT THE TOPといいます。
入場料は、事前WEB予約だと、大人一人130Dh。
これが当日券で入場しようと思うと、なんと400Dhになります。
絶対WEB予約がお得。

で、この予約ですが1か月前からできます。
特に人気のある日没少し前は、1か月前でもすぐに売り切れてしまので、予約は早めがいいです。
夕暮れ時は特に込み合うし、上に上がるまでにかなり時間がかかることもあるので、余裕を持った時間でのご予約をお勧めします。
ただし、上には椅子も飲食するところもないので、ある程度の覚悟もいります(笑)

少し前の情報だと予約券(WEBで申し込むと予約番号の入ったメールが送られてきます。)をカウンターに出してチケットに替えてもらうとありましたが、今は自動発券機でできます。
なんの表示もないATMのような機会が2台あって、その機械に予約番号を入れるとチケットが出てきます。
f0046614_23385217.jpg


こんなそっけもない画面なら、もう少しわかりやすく表示しておいてほしかったですね。
勝手がわからなくて、とりあえずashuを(なんだかわからない)列に並ばせて、周辺をウロウロしていたら同じような紙を持った人が黒い服の係員らしき人に操作をしてもらって発券していたので、無邪気なアジア人の笑顔をして、私もやってもらいました。
f0046614_2339547.jpg


無事、入場券ゲット。
16:30からの入場券を予約したので、時間の20分前になったらゲートに来てね、といわれました。
f0046614_23392426.jpg


時間になり、ゲートを通って入場。
みなさんここでお写真タイム。
f0046614_23391537.jpg


このあと手荷物の検査があります。
三脚の持ち込みはOKでしたが、ペットボトルはカバンの中にしまえと言われました。
それよりもでかいカメラバックと貴重品のヒップバッグに三脚と、検査を通るのに一苦労する荷物の量でした。

手荷物検査の後は、動く歩道で移動。
途中には昔のドバイの話や
f0046614_23393758.jpg


建設に関する展示があります。
f0046614_23394814.jpg


地球から空へ
f0046614_2340046.jpg


ぼけちゃってますが、ブルジュ・カリファのモデルになった花です。
ブルジュ・カリファは、この花を真上方似た形に設計されています。
f0046614_23401085.jpg


展望台にやってきました。
外に出られます。
壁はアクリルの板ですが、何か所か板が切れていて、そこからカメラを出して撮影できます。
上から見たドバイモール。
f0046614_23401914.jpg


MI4で、トムクルーズが駆け下りてくるところ。
f0046614_23402489.jpg


遠くに目をやれば、すぐに砂漠が広がります。
f0046614_23403027.jpg


世界一高い塔の影。
f0046614_23403523.jpg


高速道路。全部無料です。
f0046614_2340416.jpg


うっすらと世界地図を模した人口島、The worldが見えます。
f0046614_2340485.jpg


人工島を作っちゃったり、こんな高層ビル街を作っちゃったりオイルマネーってすごいですね。
f0046614_23405667.jpg


ドバイファウンテンを上から見てみる。
手前の黒い模様が噴水です。
その上のおもちゃみたいな茶色い建物が泊まっているホテルです。
高層ホテルが多いドバイで、比較的低層ホテルです。
f0046614_2341359.jpg


写真を撮ってくれと頼まれて、ashuさんが撮ってあげたら、その直後突然笑い出したカップル。
「どしたの?」と思ってたらカメラの液晶を見せられた。
なんと、カップルの女性の方の、おパ〇ツが写ってしまった!
なんとも陽気なカップルで、散々笑いこけた後、撮りなおしてくれと言われた。
そんなカップルが「あんたらも撮ってあげるよ。」とデジイチを指さしたので、お腰につけたコンデジを差し出したら、「Oh!It's Simple」だと。
で、撮ってもらった写真がこちら。
f0046614_23411644.jpg


アクリル板の前から離れようとしないashuさんを置いて、展望台をぐるっと一まわり。
遠くにバージ・アル・アラブやマリーナ地区の高層ビルがみえます。
f0046614_23412555.jpg


そうこうしているうちに、18時の噴水が始まりました。
みなさんアクリル板の切れ目に殺到です。
f0046614_23413687.jpg


1回目の噴水ショーが終わったころ、ペルシャ湾に夕日が沈み始めました。
ashuさんはこれが見たかったはずなのに、アクリル板の切れ目から離れませんでした。
f0046614_23414674.jpg


長い一日はまだまだつづく。
[PR]
by ashu_namy | 2013-06-26 12:00 | 2013.3 Dubai

号外!

サザンが活動再開という号外が出ました。

f0046614_2254936.jpg


今朝のスポーツ誌にも出てましたが。

活動を休止してから、もう5年も経っていたんですね。

時間が流れるのは早いものだ。



2000年5月、初めてラジオ(FMですよ、もちろん)にリクエストしてかけてもらえた曲。
この二週間後、結婚式をしました。

サザンだけにYoutubeには、コピーとカラオケしかありませんでしたが。

名曲だと思います。

でも、ホントに好きな曲は
[PR]
by ashu_namy | 2013-06-25 23:31 | 日常のこと
ドバイ博物館の前のホテルから、ドバイモールまでタクシーで25Dh。
行きより安かった。
ドバイは道路が整備されているけど、交差点の間の感覚が広く、すぐ近くに見えるのになかなか到着しません。
最初は遠回りされているのかな?と思いましたが、道がぐるぐるしているんですね。
ドバイモールの正面につけてもらって、いつもと反対側(正面側)から入ります。
せっかくドバイモールの正面に行ったのだから、外に出ればブルジュ・カリファの正面からの写真が撮れたのに、と気が付いたのは帰国後。

UAE国旗色のカラフルな飾り付け。
f0046614_23271960.jpg


ドバイモールの中にもスーク(市場)という名前の付いた一角があります。
オールドスークに比べれば、きれいですが、お高い。
f0046614_23273378.jpg


人影もまばらな、高級感あふれるお店の並ぶスーク(市場)です。
f0046614_23274429.jpg


ブランド物らしいアバヤ。
f0046614_23275517.jpg


おおっ!ドバイにも回転寿司が!と思ったら、回っているのはスイーツでした。
f0046614_2328555.jpg


これからブルジュ・カリファの展望台に行くのですが、その前にAT THE TOP(展望台の名前)のお土産屋さんでロケハン。
UAE国旗カラーのタンブラー。
f0046614_23281564.jpg


AT THE TOPのベストを着た白クマ。
f0046614_23282839.jpg


茶色もあるでよ。
足の裏にブルジュ・カリファの刺繍があるところは、某「冒険とイマジネーションの海」にいる、最初はネズミのペットだったクマなのに、今や主人の人気を超えるスターになった某クマ(説明が長い。。。)と同じですね。
あのクマも主人のマークが足の裏に刺繍してありますが、足の裏にあるってことは立ち上がると踏んづけることになるわけで・・・そういうことに気が付いているんでしょうか??
f0046614_23283826.jpg


ブルジュ・カリファの置物。
ひろ~いリビングなら置けますね。ウチは無理だけど。
f0046614_23284964.jpg


ロケハンが済んだら、三脚を取りにホテルへ戻ります。
昼間のブルジュ・カリファ。
f0046614_2329070.jpg


昼間のダースベイダーホテル。
暑いせいか、歩いている人もまばらです。
これがもっと暑くなると、ひとが歩かなくなります。
f0046614_2329655.jpg


カラフルなゴミ箱。
分別はきちんとされているようです。
っていうか、ごみが落ちていないです。
f0046614_23291279.jpg


ドバイモール側から見たホテルのViewing deck。
うん、やっぱりあそこは特等席だ。
f0046614_23291922.jpg


ホテルに隣接の、スーク・アル・バハール。
近くにドバイモールなんていう巨大モールがあるせいか、中は閑散としています。
f0046614_23292645.jpg


ドバイモールとスーク・アル・バハールを結ぶ橋の上から。
隣のホテルなのに、歩こうと思うと果てしなく遠いのはラスベガスといっしょ。
f0046614_23293528.jpg


つづく
[PR]
by ashu_namy | 2013-06-25 12:00 | 2013.3 Dubai
忘れたころにやってくるドバイ旅行記の続きです。
バスタキヤ地区には、ギフトショップもたくさんあります。
よそ様の旅行記で読んだラクダの骨で作ったという小物入れを探してうろうろ。
あっちこっち見ながら歩いていたら、一人の兄さんと目が合いました。
なんとなくお店に入ってみたら、おお!ここがラクダボーン(エイゴトニホンゴ、マザッテマスネ)のお店じゃないですか。
で、これがラクダボーン(だから、混ざってるって)。
後ろに並んでいるのが、ラクダボーンで作った小物入れ。
全部手描きの一点もの。
一番手前の右端の青い小物入れを買いました。
この大きさで、130Dh≒3,380円 けっこういいお値段です。
今はピアス入れとして使っています。
f0046614_2371452.jpg


小物入れのほかに、マットやお皿などもあります。
マットの柄は全部手押しのスタンプで、洗濯しても色落ちしないそうです。
お皿はアルミ製で、どちらかというとトルコっぽい感じでした。
f0046614_2373355.jpg


目があったおにいさんと記念撮影。
f0046614_2375252.jpg


再び路地を歩いて
f0046614_2327680.jpg


サカナの看板かと思ったら、XVAギャラリー・カフェというお店でした。
中東を中心に各国のアーティストの絵画や彫像を飾っているそうです。
カフェとホテルも併設されているそうです。
外から見ただけじゃ、わかんなかった。
f0046614_23820100.jpg


たくさん歩いたので、アラビアン・ティー・ハウス (Arabian Tea House)で休憩。
以前は、バスタ・アート・カフェという名前でした。
f0046614_2383730.jpg


日向は暑いけど、日陰は涼しい風が抜けて、心地よかったです。
木の根元にカメがいました。
f0046614_2385315.jpg


さて、オーダーは何にしましょう?
ashuさんは、冒険が嫌いなのでアボカドミルクシェイク。(奥) 25.00Dh
私は、アラビアン・ティー・ハウス・スペシャル。(手前) 24.00Dh
アボガドミルクシェイクは、想像通りの味。
私が頼んだ緑色の飲み物は、ミントとレモンのスムージ―みたいな感じ。
酸味が強いけど、さっぱりして暑いドバイにぴったりの飲み物でした。
(ちょっとデカいけど)
f0046614_23274412.jpg


休憩してリフレッシュしたら、三脚を取りにホテルへ戻ります。

どこまでもつづく・・・
[PR]
by ashu_namy | 2013-06-24 12:00 | 2013.3 Dubai
もう一本持って行ったレンズが、tokinaの35mmマクロ。
ええ、DX専用ですがD600では使えます。
このレンズ、最短撮影距離約14cm、ワーキングディスタンス約6mmという笑っちゃうぐらい寄れるレンズです。
気を付けないとレンズに花粉、付いちゃいますけど。

で、先ほどのお立ち台に座って、無謀にも手持ちMFで撮ってみました。
f0046614_2391383.jpg


ワイドなゆり園で、超接写をしている人が珍しかったのか、通行人が遠慮なく(その大多数はおっさん)が覗き込んできます。
いや、ウミウシダイバーなら当たり前の光景ですが、ここは陸上。
うん、寝転ばなかっただけ、褒めてください。
f0046614_2392568.jpg
f0046614_239377.jpg
f0046614_2395119.jpg
f0046614_2310182.jpg


上の写真の花は、コレです。
f0046614_23101342.jpg


ゆり園の中には、池もありコイも泳いでいます。
f0046614_23102355.jpg


ゆりが終わったら、ここは来年までどうするんだろう・・・と考えながら家路につきました。
f0046614_23103238.jpg


帰りのJRで、60年ぶりだかの同窓会で昼間っからできあがってるおっさんにクダをまかれたり、おねいちゃん撮影会が終わったashuと合流して食べた酸辣湯麺が激マズだったりと、最後まで楽しいヤサグレ一人旅でした。

来年は大阪のゆり園に行ってくっか!

おしまい。
[PR]
by ashu_namy | 2013-06-23 12:00 | 丘写真あれこれ
オレンジソーンから見た、白ゆりゾーン。
f0046614_236517.jpg


こちらはピンクゾーン。
遠くから見ると、コスモス畑にも見える。
f0046614_2361978.jpg


ゆりはあまり正面から撮るものじゃないな。
f0046614_2363049.jpg


オレンジもっさり。
f0046614_236439.jpg


嗚呼、空が青ければ・・・
せめて心がけぐらい、良くしとこう。
f0046614_2365559.jpg


再び黄色。
f0046614_237771.jpg


三度黄色。
f0046614_2371815.jpg


ココのゆり園、お立ち台完備です。
好きな場所に移動して、これに乗って高い視線から撮れます。
でも、結構高いし、ゆる~く斜面になっていたりすると安定にかけるので、ご注意を。
疲れたら座ることもできます。
f0046614_237302.jpg


五色ラインゾーン。
高い位置から見るときれいです。
f0046614_2374095.jpg


さて、次はとうとう(?)マクロです。
f0046614_2375142.jpg


ええ、つづきますよ。
[PR]
by ashu_namy | 2013-06-22 16:32 | 丘写真あれこれ