ashuとnamyのよもやま日記

ashunamy.exblog.jp

namy:このブログの管理人。いろんなことに疲れて、絶賛ヤサグレ中だったけど、2012.9月、復活しました。              ashu:写真を撮っているだけのヒト。(笑)

<   2011年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧

更新しました

7月前半の越前ダイブのすべてのみなさんを更新しました。

写真に撮ってないみなさんもいますが(^^;)
[PR]
by ashu_namy | 2011-07-31 14:37 | HP等更新情報

チタンID

前から欲しかったIDタグ(ドッグタグともいいますね)。

ネットで探していたら素敵なお店を発見!

で、購入。

チタン工房キムラさんのドッグタグ。
f0046614_21383876.jpg


マーメイドといえば、昭和はマコちゃん、今アリエル。
追加料金で、マーメイドの刻印に変更してもらいました。
裏面に、個人情報を刻印してもらいました。
ネックレスも全部チタン。
ものすごく軽くて、びっくり。
チタンは肩こりにもいいそうで。

ネックレスは散々迷って40cmにしましたが、37cmでもよかったかも。
1000円で短くしてもらえますが、もう1本買っちゃおうかな?
と思うぐらい、素敵なものばかりです。
[PR]
by ashu_namy | 2011-07-29 21:47 | お買い物

いいのか?それで?

昨日は会社の健康診断でした。

昨今導入されたメタボ測定。

昨年の担当のおねいさんはみょーにていねいで、

何度も測りなおしてくれました。

今年の担当のおねいさんは、チョーてきとーで、

スカートの上から測りーの、測ったあとに

「スカートの上からだったから、少し引いておくね(^^)」

と、お気遣いまでいただきました。

でも、それって健康診断的にどうよ?(^^;)
[PR]
by ashu_namy | 2011-07-28 22:13 | 日常のこと

セトミノ イロイロ

セトミノウミウシ、本州のウミウシによると

頭部と背面は淡い黄橙色から橙色、淡褐色などで変化に富む
とあります。

7月前半の越前で見られたセトミノウミウシたち

f0046614_21393652.jpg


f0046614_21395446.jpg


f0046614_21401670.jpg


f0046614_2140318.jpg


あら、いろいろいたように見えたけど、下3枚はよく似てるわ(^^;)
[PR]
by ashu_namy | 2011-07-25 21:42 | ウミウシのこと

やっちまったぜぃ!

今朝、朝顔に気を取られ、事務所のセキュリティの解除をしないでドアを開けてしまった。
そのまま着替えていたら
「こちら〇〇です。行動はすべて監視しています。今すぐやめなさい!」と、天井から声が降ってきました。

「ま・・・まずい!Σ( ̄ロ ̄lll)」

あわてた私は、スカートだけ履いた中途半端な格好のまま事務エリアに飛び出し、電話を握りしめたものの、電話が使えなくて(電話回線を使って監視するため)ますますパニック!
机の周りをぐるぐる回って、最後には監視カメラに向かって手を合わせ
「すいませ~ん・・・(*´人`*) 」と謝る始末。

人間パニックになると、何するかわかりませんな。

で、そのあとケータイを持ってることを思い出し、ついでに警備会社の人が急行することを考え(遅いだろ)、着替えを完了させておもむろに電話。
事務所番号を言ったら電話の向こうでびみょーに笑いながら、
「あ、××会社さんですね。(くっくっくっ・・・)」

無事解除となりました。

あ~あせった・・・
[PR]
by ashu_namy | 2011-07-22 19:57 | 日常のこと

2011.7.3 越前 6

天気:曇りのち嵐 気温:28℃  波高:1~1.5m うねり:うねうね~
水温:23.7℃ 透明度:3m 平均水深 6.0m 最大水深 8.9m Dive Time 68分

昨日までのおだやかな海はどこへやら。
朝からうねうねのLOG前です。
この日はガイドのヒロ君チームが学校下という、LOGからもう少し南に行ったところにあるポイントにピクニックダイブに行くというので、同乗させてもらいました。
ガイドゲストが水面休憩をはさんで2本潜る間、私たちは潜り続けようという作戦。
軽トラに人数分の器材とニンゲンを積んで、いざ出発。

学校下についてみると・・・あれれ思いのほかうねってますねぇ~
ヒロ君に途中の砂地まで案内してもらって、あとは放牧。
しかしけっこうなうねりが入っていて、砂地なもんだから砂が巻き上がって透明度が悪い。
おまけに初めてのポイントなもんだから、ウミウシも思うように探せない。
で、撮った写真が
f0046614_2138597.jpg

コケギンポ
あら、背びれきれいなのね。

1本目終了間際のヒロ君にピックアップしてもらって、テトラ内側へ。
ここもうねってるぅ~
少し石をめくったけど、うねりと濁りで気力もなくなりEXすることに。
そしたらば、ガイドゲストも1本で切り上げるということで早々にLOGに帰ってきました。

LOG前は午前にもましてうねりが大きくなっているのに、ガイドゲストはこの海に入るとのこと。
ワカイッテスバラシイ ← 棒読み

片づけをしていると西のほうから黒い雲がずんずんやっていて、今まで細かい波だったのが急に大きなうねりになって、あっという間に激しい雨と風が吹き出しました。
黒い雲が去っても、岸壁に打ち寄せる波はますます大きくなってきます。
水面は真っ白だし、ヒロ君もゲストもなかなか上がってこないし、もしかして遭難?なんて考えが頭をよぎったころ、ニコニコしながら帰ってきました。
「急に天気が悪くなって、海が荒れてきたから心配したんだよ~」と、ゲストさんたちに声をかけたら、
「え~ぜんぜん平気でしたよ~楽しんでました♪」のお返事。

ワカイッテスバラシイ ← もちろん棒読み

マダウミノコワサヲシラナイノネ・・・

と、最後はコケギンポでしめましたが、楽しい6ダイブでした。
隊長、またお願いしますね。

◎◎ 6本目に見たウミウシ ◎◎

29.ホンクロシタナシウミウシ

・シロウミウシ
・ウミフクロウ
・オトメミドリガイ
・セトミノウミウシ

コケギンポ

でした。
[PR]
by ashu_namy | 2011-07-21 21:37 | diving log 越前

2011.7.3 越前 5

天気:曇りときどき晴れ 気温:31℃  波高:0.5m うねり:なし
水温:22.7℃ 透明度:5m 平均水深 7.5m 最大水深 12.9m Dive Time 112分

この日は隊長のお友達も来るはずだったけど、二日酔いでキャンセル・・・
なので、ここぞとばかりに隊長を二人締め。
午後からもナビをしてもらいました。

と、その前に休憩中にガイドのヒロくんからクロコソデがいたという情報をゲット!
詳細な場所を隊長に説明してもらって、連れて行ってもらうことにしました。
(ああ・・・他力本願)

5本目のポイント < クロコソデを求めて LOG前~ショートオーバーハング~オーバーハング~V字水路 >

LOG前からENして、ヒロ君が言っていた特徴の岩に到着。
4人で探すもクロコソデの姿は見えず・・・

石をめくっていたら
f0046614_21501482.jpg

トモエミノウミウシ属の仲間
Favorinus sp.
体長 約10mm

一瞬別種か?と思うぐらい、透明感のあるきれいなコでした。

結局クロコソデは見つからなかったので、ちいさなオーバーハングに向かいます。
透明度もいいけど、水も冷たい・・・
そこでは大きな
f0046614_21595442.jpg

マンリョウウミウシ
Hoplodoris armata
体長 産卵中のため不明

が、産卵をしていました。
もう少し産みやすい場所が他にもあったんじゃないか?と思うような場所でした。

このあとオーバーハングを経由して、V字水路へ。
f0046614_2245533.jpg

トモエミノウミウシ属の仲間の摂食



f0046614_2252950.jpg

キヌハダモドキ
Gymnodoris citrina
体長 約15mm

を見て、112分でEX。

◎◎ 5本目に見たウミウシ ◎◎

26.エゾキセワタ
27.マンリョウウミウシ(産卵)
28.キヌハダモドキ

そのほかは
・トモエミノウミウシ属の仲間(摂食)
・アズキウミウシ
・アオウミウシ
・マドレラ・フェルルギノーサ
・ミノウミウシ
・イナバミノウミウシ
・カスミハラックサウミウシ
・ユビウミウシ
・クロヘリアメフラシ
・エダウミウシ
でした。
[PR]
by ashu_namy | 2011-07-20 21:27 | diving log 越前

2011.7.3 越前 4

天気:曇りときどき晴れ 気温:31℃  波高:0.5m うねり:なし
水温:20.8℃ 透明度:10~5m 平均水深 12.7m 最大水深 23.0m Dive Time 75分

一夜明けて、本日も隊長とS川さんと4人で潜ります。
海況がいいので沖の三角テトラに連れて行ってもらうことにしました。
水先案内人はもちろん隊長。

4本目のポイント < ビーチなのにDECO!? 三角テトラ~三枚岩 >

前の日にがっつり3本潜っているので、あまり深いところにいるとDECOがでるかも~といいながら
LOG前からEN。
いつもはとんぼから入るので、LOG前からってこんなにラクチンなんだ~と再認識。
隊長の後に続いてずんずん泳ぎます。
漁礁へ向かう白いロープを超えたあたりから、透明度がよくなり水も冷たくなってきました。
通常みなさんが三角テトラに向かう場合は、漁礁へ行ってそこから(何度方向かは知らないが^^;)三角テトラに向かうのが常用手段らしい。
しかし隊長はほぼ最短距離を泳いだらしく、通常の半分の時間で到着。
おお~これがうわさに聞く三角テトラ。
ふむふむ、水底はゴロタが多いので石をめくってみる。
いそうでいない・・・で、ふと横を見ると隊長が何かを撮っている
そ~っと見てみると
f0046614_14502918.jpg

オショロミノウミウシ属の仲間
Cuthona sp.
隊長 約10mm

きれいでかわいらしいウミウシでした。
しかしここは-22m。
あぁ~あと1分でDECOがぁぁ、とashuに教えて少し浮上しようとしたら無常にも鳴るDECOのアラーム音。
出てしまったものはしょうがない、満足するまで写真を撮って上でashuを待つ。
-20mぐらいから水底にいるashuを見ていたら、マンガとかで亡くなった人が空から地上の人間を見ているような構図があるけど、「ああ~こんな風に見えるんだ~」と、妙に納得。
ashuさんも仲良くDECOを出して、三枚岩まで移動。

-5mで充分遊んでから、75分でEX。

◎◎ 4本目に見たウミウシ ◎◎ 赤文字は初見

24.ウミフクロウ
25.オショロミノウミウシ属の仲間

そのほかは
・シロウミウシ
・セトミノウミウシ

でした。

あ、そうそうこのダイビングはnamyさんの怒りの鉄槌が落ちたあのレンズ浸水(あ・・・不吉だ・・・)進水式でした。
で、ご感想は?
「AFも早いけど、ピントがずれるのも早い。ちょっと練習が必要かな?」
だそうで。
[PR]
by ashu_namy | 2011-07-19 21:35 | diving log 越前
天気:晴れときどき曇り 気温:31℃  波高:0.5m うねり:なし
水温:22.9℃ 透明度:ナイトm 平均水深 9.6m 最大水深 15.0m Dive Time 71分

2本目EX後、隊長と合流。
今夜はサタデーナイトダイビングディ(全部カタカナってそれもどうよ?)!
隊長を隊長(あーややこしい)に、ashu_namyとS川さんの4人で潜ります。
そして、隊長もダイマスだしLOG前の地形は熟知しているので(はぐれなければ)迷子に
なる心配もなし。
波も穏やか天気もよく、わかさぎ天ぷらパーティをしているみなさんのお見送りを受けて、

3本目のポイント < サタデーナイトはダイビングぅ とんぼ砂場~オーバーハング~V字水路 >

まだ日も沈みきれないころからEN。
だって完全日没だとnamyさんすっころぶ可能性増大だし、せっかく初めて行く砂場への道も
覚えておきたいじゃない。
いつも潜降する場所よりひとつ西側から潜降してずんずん潜っていくと、あら~ここもウミウシが
たくさんいそうな場所ね、の奥に砂場がありました。
あまり長居はできなかったので、ちょっと砂をわしゃわしゃして、オーバーハングへ移動。

ここで午前に見たOkenia pilosaが同じ場所にいたので、隊長とS川さんに教えて
撮影の邪魔にならないところで
f0046614_10153987.jpg

コネコウミウシ
Goniodoris joubini
体長 約10mm

触角の片方が欠損していました。

f0046614_10262287.jpg

エダウミウシ
Kaloplocamus ramosus
体長 約10mm

日中は石の下にいることが多いです。
本ウには「発光する」と記載されているので、刺激を与えてみようかとEN前に話していたけど、
すっかり忘れていました(^^;)

f0046614_10285879.jpg

ツルガウミウシ
Paradoris tsurugensis
体長 約25mm

寝ていたのかじっとして動いていませんでした。

久しぶりに見た
f0046614_10305667.jpg

ミノウミウシ
Anteaeolidiella indica
体長 約15mm

暗い水中でも、ライトの光に鮮やかな赤が浮かび上がりました。

V字水路に移動して、75分でEX。

◎◎ 3本目に見たウミウシ ◎◎

21.コネコウミウシ
22.ツルガウミウシ
23.ミノウミウシ

そのほかに
・オケニア・ピロサ
・エダウミウシ
・セトミノウミウシ
・オトメウミウシ(写真なし)
でした。

片づけが終わったとは、わかさぎ天ぷらパーティに混ぜていただき、楽しい夜を過ごしました。
[PR]
by ashu_namy | 2011-07-18 10:36 | diving log 越前

2011.7.2 越前 2

天気:晴れときどき曇り 気温:31℃  波高:0.5m うねり:なし
水温:22.8℃ 透明度:3~5m 平均水深 6.2m 最大水深 8.1m Dive Time 95分

EXして休憩していると、常連さんのS川さんを見つけた。
S川さんはカメラが大好きで、いつも2台持って入っています。
2本目はS川さんと一緒に潜ることになりました。
S川さんはダイマスなので、大変心強いです。

2本目のポイント < 迷子になっても大丈夫?いえいえ迷うほど遠くへ行きません。V字水路~三枚岩 >

三枚岩に着いてさっそくユビウミウシをはけーん!
撮ろうと構えたら天空から降ってくる光の環。
あのーヒトが撮ろうとしている時に、上から覗き込みおまけにライトで照らしていくの
止めてくれません?某ガイドさん。
それよりもあなたのゲスト、中性浮力も取れず私の頭を何度もフィンで蹴っていきましてよ?
他人が見つけた被写体を覗きこむ前に、ご自分のゲストを見て差し上げてね。

と、ココロのなかでつぶやいて(水中ではしゃべれませんからなぁ)ふと前方を見ると
f0046614_16561355.jpg

ユビウミウシが交接していました。
いやもう器用というか、なんというか・・・
しかしユビウミウシの交接って初めて見たかも。
なんか芸術的にさえ見えてきました。

ハートのコケムシの上でご満悦(?)の
f0046614_16575240.jpg

ヒロウミウシ
Okenia hiroi
体長 約7mm

このウミウシもHopkinsia属から、Okenia属に変更になりました。
ピンクのコケムシを食すと「本州のウミウシ」に記載されているので、このハートはエサなのかも
しれません。
ハートのご飯の上なら、なおハッピー♪

こちらもお食事中の
f0046614_1751379.jpg

トモエミノウミウシ属の仲間
Favorinus sp.
体長 約7mm

心なしかうれしそうに見える・・・

ではでは三枚岩に行きましょうとスレートに書き、S川さんと一緒にV字水路を出たけれど・・・
ashu_namyは「ここどこ?」状態でふわふわ泳ぎ、なんとかガイドロープを見つけて三枚岩に
到着したとき、S川さんはとうに到着済み。
一緒に泳いで行けばよかった(^^;)

三枚岩のゴロタを見ながら泳いでいたら、何やら物思いにふけるクロヘリアメフラシさんが。
f0046614_179116.jpg

クロヘリアメフラシ
Aplysia parvla
体長 約15mm

この姿勢でずっと動かないので何をしているのかと思えば、こちらもお食事中のようでした。
なんかマイクスタンドに向かって歌を歌っているみたいにも見えます。

このコを撮り終わって、95分でEX。

◎◎ 2本目に見たウミウシ ◎◎

15.エダウミウシ
16.ヒロウミウシ
17.オトメミドリガイ
18.シロフシエラガイ
19.イナバミノウミウシ
20.アズキウミウシ

そのほか
・ユビウミウシの交接
・サラサウミウシ
・セトミノウミウシ
・クロヘリアメフラシ
でした。
[PR]
by ashu_namy | 2011-07-16 17:13 | diving log 越前