ashuとnamyのよもやま日記

ashunamy.exblog.jp

namy:このブログの管理人。いろんなことに疲れて、絶賛ヤサグレ中だったけど、2012.9月、復活しました。              ashu:写真を撮っているだけのヒト。(笑)

<   2010年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

fireworks

潜りに行ってないせいか、陸撮に燃えるashuさん。

ゆりの次は、花火だそうで。

花火といえば、この時期毎週末はどこかしこで開催されていますね。

ウチの自治体も24日が花火大会だったので、近くの堤防まで散歩がてら
見に行ってきました。

花火を待っている間に見た、オーロラみたいな夕焼け雲
f0046614_20102037.jpg


花火大会始まり~
f0046614_20113163.jpg


f0046614_20114878.jpg


おしまい・・・

え?陸撮に燃えている割りに、写真こんだけ?
そうなんですよ~なんでも花火のアート撮りとかいうのがやりたかったそうで、
前半はピントリングをぐりぐり回して、アヤシイ写真を量産してました。
で、後半になってやっとあきらめて通常撮影にしたというわけで、少ないんですね~
それも打ち上げ場所からちょっと離れているから、花火も小さいし。

でも、今度の週末はnamy実家での花火大会。
このときは、地元の地の利を生かして、花火の近くまで行けます。
ってか、そんなにヒトがいないし・・・(^^;)
今回は、そのときのための練習だったんだって。(ホントかな?^^)
[PR]
by ashu_namy | 2010-07-28 21:00 | 丘写真あれこれ

ゆり園のあとに・・・

近くに出来た新名所 コキアパークにも立ち寄りました。

コキアとは、畑のキャビアとも言われる、とんぶりの木です。

ホームページを見たら、とてもかわいらしい景色だったので、行って見ました。

ここがそうです。

じゃん!
f0046614_2013432.jpg

あ・・・あれ?雑草伸び放題のスキー場?

どうやら雑草刈りが追いついていないみたいですね・・・

f0046614_2025132.jpg

雑草がないと、このようにキレイに配置された美しい風景がの望めます。

では、コロボックルの目線まで降りてみましょう。
f0046614_204832.jpg


え・・・と、この公園(スキー場なんだけどね)、これで入場料500円取ります。
ゆり園で偶然手に入れた無料券があったからよかったものの、
お一人様500円払って入場していたら、ちょっと怒っちゃったかも。

まぁ、係りのヒトも「見ごろはもう少し先」と言っていたから、仕方ないのかも。
このコキア、秋にはピンクになるそうです。
(でも、二度とこないだろうな・・・^^;)
[PR]
by ashu_namy | 2010-07-27 21:51 | おでかけのこと

ダイナランド ゆり園 

とある7月の三連休の中日、「どこ行っても混むだろ~」という考えを
頭の片隅に追いやって、ゆりの花を見に来ました。

家を出るときは快晴!だった空も現着する頃には黒い雲が立ち込めていました・・・

< ブルネロ>
f0046614_1943675.jpg


< クーリオ >
f0046614_19442870.jpg
 

< セラダ >
f0046614_19463783.jpg


< 花のむこうに >
f0046614_19531783.jpg


< 花とおじさん >
f0046614_1953435.jpg


< 名前不明 >
f0046614_19551571.jpg

[PR]
by ashu_namy | 2010-07-26 21:28 | 丘写真あれこれ
f0046614_19394799.jpg

[PR]
by ashu_namy | 2010-07-26 08:21 | 家族のこと

挑戦!

エキサイトもやっと自分で、簡単にスキンがカスタマイズできるようになりました。

手始めに、デスクトップに貼り付けてあった写真で作ってみました。

写真のサイズが最初から小さかったので、ちょっとマヌケなヘッダーになりましたが、
最初にしてはまずまずのできかな。
[PR]
by ashu_namy | 2010-07-25 13:35 | 日常のこと

夏のおやつ

昨年は白玉あんみつでした。

今年は
f0046614_16301589.jpg

白玉ぜんざい バニラアイスを添えて

って、白玉ダンゴに缶詰のアズキと市販のバニラアイスを添えただけ(^^;)
カッコつけに、きなこを少しトッピング。

ひんやりおいしいおやつになりました。

さて、あまったアズキはどうしよっかな?^^;

オマケ
[PR]
by ashu_namy | 2010-07-25 12:46 | グルメ?

2010.7.9 沖縄 5

天気:晴れ時々くもり 気温:30℃  波高:なし うねり:なし
水温:28.2℃  透明度:20m 平均水深 6.8m 最大水深 20.3m

ランチにタコライスを食べて、さて午後のダイビングにでかけましょー

5本目のポイント < ラストダイブです。張り切っていきましょー 真栄田岬 >

シュノーケラーに体験ダイブに海水浴にファンダイブ、スク漁の船までいます。
サカナより人間のほうが網に掛かりそうなんだけど・・・

マズはちょい深場でウミウシさがし。
f0046614_2030264.jpg

センテンイロウミウシ
Hypselodoris maculosa
体長 約20mm

いつも見るセンテンイロウミウシより、オレンジっぽい個体でした。

こちらは
f0046614_2030221.jpg

アオっぽい個体。

オーシャンブルー的初見ウミウシの
f0046614_2031164.jpg

ヒラタイミドリガイ
Bosella sp.
体長 約6mm

写真では平たく見えませんが、ぺちゃーんと平たくなります。
和名、みたまま。わかりやすい。

このコも沖縄らしい
f0046614_2032594.jpg

レモンウミウシ
Notodoris citrina
体長 約30mm

沖縄に来たなぁ~と思うウミウシです。

最後の最後まで今川さんがウミウシを探してくれて、でも残念なことに残圧が10になったので、
101分でEX。

◎◎ 5本目に見たウミウシ ◎◎ 

54. セトイロウミウシ
55. エンビキセワタ
56. チギレフシエラガイ(白)
57. サキシマミノウミウシ
58. コナユキツバメガイ
59. キホシウロコウミウシ
60. ヒラタイミドリガイ
61. クロヘリアメフラシ
62. レモンウミウシ

・センテンイロウミウシ
・コイボウミウシ
・シラナミイロウミウシ
・ハナミドリガイ
・オハグロツバメガイ
・ムロトミノウミウシ

でした。

3日間、5本のダイビングで、ダイブタイムが515分(8時間35分)でした。
今回もたくさん潜らせていただいて、たくさんウミウシを見せてくださって、
今川さん、ありがとうございました。
[PR]
by ashu_namy | 2010-07-24 10:21 | diving log 沖縄

更新しました

ninjyaサーバーへのFTPツールでの再接続が開始されたので、

GW分のオイラ図鑑をUPしました。
[PR]
by ashu_namy | 2010-07-23 23:02 | HP等更新情報

2010.7.9 沖縄 4

天気:晴れ時々くもり 気温:30℃  波高:なし うねり:なし
水温:28.2℃  透明度:20m 平均水深 8.2m 最大水深 36.0m

前日の天気予報では、雨。
当日の天気予報も、雨。
でも実際には、晴れ。
メンバーの中に、ちょー強力な晴れ男がいたようです。
A蔵さんか、今川さんだな。
私たちであるわけがない!

4本目のポイント < 階段にもめげず、人の多さにもめげず・・・ 真栄田岬 >

昨日は一日ウミウシダイビングにお付き合いいただいたので、
まずは最近見つかったニチリンダテハゼを見に、深場へ。
36mなんていつ以来でしょ?

ちょっと泳ぎますよ~とズンズン泳ぐ今川さん。
どこまで泳ぐんだ~と思った頃、ズンズン沈んでいく今川さん。
目の前のブルーが段々濃くなり、耳元でダース・ベイダー(ダース・ベイダーのあの声は、レギでの
呼吸音らしいですよ。)の話し声が大きくなり、ダイコンの水深が36mを示した頃、そこにニチリンダテハゼがいました。

じゃん!



あはは・・・写真、なくはないですが、ハゼなんて最近撮ってないので上手く撮れてなかったです(^^ゞ)

ashuがニチリンダテハゼを撮ろうとストロボと格闘している時に今川さんは
f0046614_19563659.jpg

サラサウミウシ
Chromodoris tinctoria
体長 15mm

を見つけてくれました。

背面に眼紋のあるタイプで、以前は「ヒャクメウミウシ」という和名で呼ばれていましたね。
今はサラサウミウシに統一されていますが、ゴスデスレンス大図鑑では、別種扱いになっていますから
また、分かれるかもしれませんね。

ニチリンダテハゼにお別れをして、浅場でふたたびウミウシ探し。
(最大水深が36mなのに、平均が8.2mって、どんだけ浅いトコにいたんですか?^^)

f0046614_2025979.jpg

ブドウガイ科の仲間
HAMINOEIDAE sp.
体長 約7mm

キバカイコガイにも似ていますが、決め手にかけましたのでブドウガイ科の仲間としました。

変わったウミウシをみました。
f0046614_20135423.jpg

バオバブカイカムリウミウシです。

うそです。バオバブカイカムリ(通称)というカニです。
インディアンの羽飾りみたいで、かっこいいです。

深場に行ったので、ちょっと短めの84分でEX。

◎◎ 4本目に見たウミウシ ◎◎  ☆は初見

49. ツノキイボウミウシ
50. ブドウガイ科の仲間  ☆
51. サラサウミウシ
52. オハグロツバメガイ
53. ユビウミウシ

・センテンイロウミウシ
・キヌハダウミウシ属の仲間 (赤点、クチヒゲ)

でした。
[PR]
by ashu_namy | 2010-07-23 17:19 | diving log 沖縄

2010.7.8 沖縄 3

天気:くもり 気温:30℃  波高:なし うねり:なし
水温:27.1℃  透明度:5~8m 平均水深 3.5m 最大水深 6.4m

1本目EX後、私たちが海から上がってくるのを待っていてくださった中野さんと合流して、ランチ。
レッドビーチの波は収まりそうになかったので午後からは、対岸へ移動してのダイビング。

3本目のポイント < 今日はどんな願いが叶うのでしょう? 天願ビーチ with 中野さん >

南風が遮られてここはベタなぎ。
昨日も潜った桟橋の下まで行く途中の、大きな土管でちょっと寄り道。

小さいくせに早い、早い。
f0046614_15555179.jpg

テングモウミウシ
Costasiella kuroshimae
体長 約2mm

緑色の藻の上をものすごい速さで移動。
小さい上に早いので、なかなかピントがあわなかったらしい。
そうこうしているうちに、岩にあった小さな穴に落ちてしまった!
穴が小さすぎて、もうなす術がないなぁ・・・と、じっとみていたら、その穴からぴゅっと飛び出してきました。
穴の中に何か生き物がいて、そいつに飛ばされたみたいでした。

いろんな種類がいる
f0046614_1601928.jpg

ゴクラクミドリガイ属の仲間
Elysia cf. tomentosa
体長 約 10mm

側足が2対伸長するタイプです。

こちらも
f0046614_162357.jpg

ゴクラクミドリガイ属の仲間
Elysia cf. tomentosa
体長 約 10mm

触角がしゃきーんと尖ってタイプです。
キスマークミドリガイがこのタイプの触角を持っています。

そして、やった!やりましたよ、とうさん(←だれ?)
f0046614_16512.jpg

イロウミウシ科の仲間
CHROMODORIDIDAE sp.
体長 約10mm×2

転石をひっくり返して、ん???
フジナミウミウシにしては、色が薄いし、少ないし・・・
あ!これ、どっかで見たことある!(オーシャンブルーのログでした)
でも、ちょっと自信無げにベルを鳴らしてみたり・・・

ゴスデスレンス大図鑑の、Chromodoris sp.29に似ています。

ここでもゲージがレッドゾーンに入ってから、探しながら帰路につく。
もう上がらなきゃ、上がらなきゃと思いながらもウミウシが見つかってしまうので、なかなか上がれない。
顔を水面に上げたら、今川さんとA蔵さんはもうフィンを脱いでいる。
わ~急げ!急げ!
トンプソンアワツブガイがいたけど、撮ってる暇はないぞ!
(このときashuは、ちょっと前方を猛スピードで移動中。)
大きな岩に足をとられて、よろめきながら120分でEX。

◎◎ 3本目に見たウミウシ ◎◎  ☆は初見

38. チゴミドリガイ
39. テングモウミウシ
40. ゴクラクミドリガイ属の仲間 (側足2対伸長タイプ)  ☆
41. ゴクラクミドリガイ属の仲間 (触角が尖ってるタイプ) ☆
43. イロウミウシ科の仲間 (ゴスデスレンス大図鑑Chromodoris sp.29似)
42. ソライロイボウミウシ
44. アティス・セミストリアータ
45. セスジミノウミウシ
46. ムロトミノウミウシ
47. キヌハダウミウシ属の仲間 (赤点 ヒゲあり) ☆
48. トンプソンアワツブガイ

・ミチヨミノウミウシ
・キマダラウミコチョウ
・リュウグウウミウシ
・ゾウゲイロウミウシ
・タスジミドリガイ
・アデヤカミノウミウシ
・キヌハダモドキ
でした。



 
[PR]
by ashu_namy | 2010-07-22 20:31 | diving log 沖縄