ashuとnamyのよもやま日記

ashunamy.exblog.jp

namy:このブログの管理人。いろんなことに疲れて、絶賛ヤサグレ中だったけど、2012.9月、復活しました。              ashu:写真を撮っているだけのヒト。(笑)

<   2010年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

アカキセワタ

6月の初めに越前で見たコチラのウミウシ。
f0046614_21215556.jpg

logでは、Philine trapezia かも?と書きました。

んが、本州のウミウシP13のアカキセワタの説明文に、
「体地色は橙色から鮮やかな橙赤色、岩礁域浅所の転石下で普通に見られる。
同様の環境で薄橙色の個体を観察することもある。」

と、書かれています。

いや~この説明にぴったり合致!

で、その続きに、
薄橙色の個体が P.trapezia となるのかは今後の課題。
と書かれています。

でも、Rudman ForumのP.trapeziaのページには、P.trapezia と、P.rubrata はとてもよく似ている、という記述があります。
なので、もしかしたら同じ種類かもしれませんね。

で、この写真のウミウシですが、本州のウミウシの説明文に一致するところが多いので、
ここではアカキセワタとします。
(これからは、もっとちゃんと読もう・・・)
[PR]
by ashu_namy | 2010-06-30 21:43 | ウミウシのこと

モニターに当選

ちょっと前に、エキサイトブロガー限定のモニター募集の告知がありましたので、応募してみましたら当選しました。
当選したのは、
f0046614_22363064.jpg

ラカントカロリーゼロ飴 イチゴミルク味

中身は
f0046614_22382286.jpg

個包装になっていて、携帯にも便利。

そして
f0046614_22385835.jpg

うれしいカロリーゼロ。

甘味成分は、羅漢果という植物のエキスととうもろこしなどから作られる甘味成分の「エリスリトール」という
2つの天然素材から作られているそうです。
(ちなみにこの羅漢果、中国ではお茶にして飲むそうですよ。)

さてそのお味ですが、包装を破ると漂うイチゴミルクの甘い香り。
口に入れると、ひんやり冷たい感触。
小ぶりながら固めに作られているので、長い時間楽しめます。
食べ終わった後も、イヤな甘さも残らず、なかなかおいしいですね。

カロリーゼロなので、ダイエット中甘いものが欲しくなった時にも良さそうですね。
[PR]
by ashu_namy | 2010-06-29 22:48 | グルメ?

梅雨空に咲く

f0046614_19215540.jpg

f0046614_1922123.jpg

f0046614_19222234.jpg

f0046614_19223321.jpg


Photo by ashu with D300+TAMRON90mmMacro
[PR]
by ashu_namy | 2010-06-27 19:24 | 丘写真あれこれ

今日のおやつ

昨日、TOPから地鶏の卵をたくさんいただきました。
渡されたときのセリフが、「この卵は小さい。namy君は小さいから、同じだ。だからこの卵をやる。」
う~ん・・・良くわかりませんが、ありがたくいただきました。
でも、15個はちょっと多い・・・

ということで、困った時のCOOKPAD!
卵の大量消費とくれば、シフォンケーキ!
f0046614_15592551.jpg

Cpicon 超簡単☆シフォンケーキ by きりりのチーズ
紙のシフォン型が100均で売ってなかったので、紙コップで作りました。

冷めてから紙コップから出すと、
f0046614_160207.jpg

キノコ型シフォンケーキの出来上がり!

そのまま食べてもよし、アイスクリームなどでデコレーションしても楽しいかも。
底には大きな空気穴が出来るので、そこにいろいろトッピングしてもよさげ。

ちょーしこいて、また作ります。
今度はちゃんとデコレーションしてみようかな。
[PR]
by ashu_namy | 2010-06-26 16:03 | グルメ?

梅雨空の下で撮影会

そういえばこのレンズ、ちゃんと使ってない・・・

ということで、新しいカメラを手に入れたおとーさんを誘って、撮影に行ってきました。

バラはそろそろ終わりかけ
f0046614_22181289.jpg


梅雨空には、この花が一番似合う
f0046614_2219189.jpg


手前の花は、ギボウシだっけ?
f0046614_2220378.jpg


これもアジサイかな?
f0046614_2221891.jpg


花の名前がわからない(^^;)
f0046614_22214273.jpg

f0046614_2222128.jpg


みんな似たような写真になってしまった(^^;)

でも、このレンズ、おもしろ~い!
[PR]
by ashu_namy | 2010-06-24 22:24 | 丘写真あれこれ

お父さん、ありがとう

育ててくれて、ありがとう

いつも話を聞いてくれて、ありがとう

私の料理をおいしいといって食べてくれて、ありがとう

どこへ連れて行っても「楽しかった」と言ってくれて、ありがとう

元気になってくれて、ありがとう

そして

・・・・

・・・・

・・・・
f0046614_21172995.jpg

私のD80(とレンズ)を買ってくれてありがとう(^▽^)

父はもともとキャノラーでしたが、2台持っていたカメラのうち1台が壊れてしまったので、
新しいカメラが欲しいと言い出しました。
だったらムスメのほぼ新品のカメラを買いなさいって。
すぐ使えるようにレンズも付けてあげるからさっ

なんて言ったら、ホントに買ってくれました。
いや~おとーさん、マジ、ありがとうございました。
[PR]
by ashu_namy | 2010-06-23 21:25 | 家族のこと

2010.6.4 越前 6

天気:晴れ 気温:25℃  波高:なし うねり:なし
水温:17.8℃  透明度:3~5m 平均水深 5.2m 最大水深 7.9m

(いかん・・・記憶が薄れてきた・・・)

本日も晴天なり。
この日は早朝から常連さん、非常勤さんがご来店。
昨日から泊まりのSさんは、DM講習の前に1本早朝ダイビング。
おいしい朝ごはんをいただいて、それでは最終日、行って見ましょう~

6本目のポイント < 最後はやっぱりここですか? V字水路 >

なんかここを押さえておかないと、不安で・・・
しかし、連日のダイビングの疲れか、耳が抜けにくい。

ゆらめく海藻の上で物思いにふける
f0046614_22343670.jpg

サラサウミウシ
Chromodoris tinctoria
体長 約8mm

ashuに呼ばれていって見ると
ゴマフビロードウミウシの交接
f0046614_22345113.jpg

そんな狭い場所でしなくてもいいような気が、しないでもない。
ここで出会ってしまったんだろうね。

そしてついに捕らえた
f0046614_22351555.jpg

ミナミヒョウモンウミウシの摂食

今までは、石の上や裏にいるところしか見た事がありませんでした。
しかし壁には同じような色のカイメンがついているので、これを食べている(もしくは擬態している)んじゃ
ないかと探してみたら、いました。
ashuのお手柄です。

水深を5m以浅にしてしまったら、耳が抜けなくなっちゃって水底に降りられなくなったので、
中層(つっても3m)でウミウシ探し。

大きな子だったので、なんとか撮れた
f0046614_22361386.jpg

シロウミウシ
Chromodoris orientalis
体長 約30mm

このコの他に何か写っていたら、おもしろいよね~なんて言っていたら、ホントに写ってました。
f0046614_2239243.jpg

シロホクヨウウミウシと思われます。

ちょっと集中力がなくなってきたので、二枚岩に移動。
二枚岩に来てみても、なんかいなさそう。
そうこうしているうちに、体調が悪くなりそうだったので、81分でEX。

◎◎ 6本目にみたウミウシ ◎◎

41. ヒブサミノウミウシ
42. ヨツスジミノウミウシ
43. ミノウミウシ亜目の仲間 (オイラ図鑑 sp.5)
44. サラサウミウシ
オカダウミウシ、ゴマフビロードウミウシ、ネコジタウミウシ、ミナミヒョウモンウミウシ
アオウミウシ、シロウミウシ、エムラミノウミウシ、シロホクヨウウミウシ、サガミミノウミウシ、
モンガラキセワタ、トヤマモウミウシ でした。
[PR]
by ashu_namy | 2010-06-21 22:31 | diving log 越前

2010.6.4 越前 5

天気:晴れ 気温:24℃  波高:なし うねり:なし
水温:19.0℃  透明度:3~5m 平均水深 4.4m 最大水深 10.0m

なんかね、海は穏やかでいいんだけど、いまひとつウミウシが少ない。
いやね、個体数はそれなりにいるんだけど、おおっ!というのがね、見つからないんですよ。
で、「お昼から、どうするぅ~?」と、気の入らない会話。
それでは、三枚岩の裏側でも行って見ますか。

5本目のポイント < 三枚岩の裏側をうろうろ >

エントリーして、水面付近はとっても暖かくて気持ちがいい。
これで透明度が良かったら、なおよし。

水深を下げながら泳いで、水底付近に到着。
つ・・・・つべたい!
もう、めちゃくちゃ冷たい。なんですか?この水温?というぐらい冷たい。
冷たさから逃れるように水深を上げていくと、5m付近にサーモクライン登場。
5mより上はとてもあたたかい。
もう水底には降りられない・・・
水深5m付近で、ぬくぬくしながらウミウシ探し。
でもなぁ~んかウミウシ、少ないなぁ・・・

f0046614_161374.jpg

ミサキヒメミノウミウシ
Eubranchus misakiensis
体長 約7mm

かなーりのピンボケですが(^^;)
たぶんミサキヒメミノウミウシだろうと思います。

しばらくぬくぬくしてましたが、ウミウシがみつからないので、移動。
水面には波は立ってないのですが、水中にはわずか~なうねりが入っています。

うねりに負けず、中途半端な位置に負けず、ただひたすらにエサを食らう。
そういうウミウシに私はなりたい・・・(のか?)
f0046614_1653225.jpg


ここもウミウシが少なかったので、三枚岩の前に移動。
でも、集中力も途切れてきて、もういいかな~なんて雰囲気が漂い始めた頃・・・
f0046614_1610874.jpg

フィリネ・トラペジア? アカキセワタ
>Philine trapezia ? Philine rubrata
体長 約5mm

【2010.6.30 追記】
体地色は橙色から鮮やかな橙赤色、岩礁域浅所の転石下で見られる。
(本州のウミウシ アカキセワタ説明文より)
外見上も、見つけた場所もこの説明に合致します。
なので、アカキセワタに訂正します。


アカキセワタほど赤くない。
オカダウミウシにしては、触角がない。
でも、動きはウミウシっぽくない(くりんくりんまわって、向きをかえる)

水中で私は「キセワタの仲間?」と思い、大興奮!
一方ashuは、その動きから「ウミウシじゃなくね?」と、6カットでおわり。
帰宅後、大きいPCで拡大してみたら、「フィリネ・トラペジアっぽくね!」と大騒ぎ。
はい、もちろん6カットしかありません。

そんな大騒ぎな事が待ってるとも知らずに、93分でEX。

◎◎ 5本目に見たウミウシ ◎◎  ☆は初見

35. アリモウミウシ
36. ミサキヒメミノウミウシ
37. Cuthona viridis
38.Philine trapezia  ☆ アカキセワタ
38. クロシタナシウミウシ
ウスイロウミウシ、フジエラミノウミウシ、セトミノウミウシ、サガミミノウミウシ、アオウミウシ、
オトメウミウシ、アズキウミウシ でした。
[PR]
by ashu_namy | 2010-06-20 16:00 | diving log 越前

2010.6.4 越前 4

天気:晴れ 気温:24℃  波高:なし うねり:なし
水温:17.5℃  透明度:3~5m 平均水深 6.0m 最大水深 7.9m

朝起きても体調が回復しなかったので、午前中は寝ていることに。
この日はLOGの常連さんで、カメラ派ダイバーのSさんもご来店。

Sさんは今、ダイブマスターになるべく講習中。
でもこの日は、午前中だけ時間があったので、ashuと潜っていただきました。

4本目のポイント < V字水路でウミウシ探し with Sさん >

まずは潜降してすぐ
f0046614_22384912.jpg

イソウミウシ属の仲間
Rostanga sp.
体長 約10mm

もこもこでかわいいかった~

ちょっと怪しげな雰囲気の
f0046614_22394322.jpg

フジエラミノウミウシ
Cuthona ornata
体長 約10mm

出ました!お初!
f0046614_22415913.jpg

センリョウウミウシ
Hoplodoris bifurcata
体長 45mm

「これはね~namyに見せられないから、ちゃんと測ってきたんだ!」
と嬉しそうにスレート(にくっついてる定規)を指差す。
あ・・・あれ?付けかた、間違ってない?
なんとashuさん、スレートについているスナッピーコイルのフックじゃなく、予備のフックでBCに付けていました。
「ashu、これ、こっちを引っ掛ければ使いやすいのに・・・」

「そっか~それで使いにくかったんだぁ~(^▽^)」

でも、出かける前にスレートを持っていくことを思い出したんだね。

で、センリョウウミウシを撮った後も、あれやこれや撮って96分でEX。

(なんかさらっとした書き方なのは、ほぼ書き終えていたのに全部消えたからです(T_T)

◎◎ 4本目に見たウミウシ ◎◎   ☆は初見

27. オカダウミウシ
28. イソウミウシ属の仲間  ☆ (茶色に白点)
29. アズキウミウシ
30. エダウミウシ
31. センリョウウミウシ  ☆
32. エビスウミウシ?
33. Jorunna cf. tomentosa 
34. アオウミウシ
ネコジタウミウシ、サガミコネコウミウシ、セトミノウミウシ でした。
[PR]
by ashu_namy | 2010-06-18 22:54 | diving log 越前

2010.6.3 越前 3

天気:晴れ 気温:??℃  波高:なし うねり:なし
水温:15.8℃  透明度:??m 平均水深 9.5m 最大水深 10.9m

なんと、この日はダイブ!海況のいい時に潜りましょうということで、ナイトダイビングしちゃいました。
日中はお店の仕事で海に入れなかったヒロ君も誘ってみました。
「ナイトやるけど、一緒に行く?」

「あ~じゃあ、後ろからついていく感じで・・・」
と、なんともゆる~い感じで。

3本目のポイント < 初めてのタ・イ・ケ・ン・・・ V字ハングでナイト >

いつも越前でナイトをするときは、三枚岩の前しか潜りません。
だって、暗いし、コワいじゃん?
でも、今回はヒロ君がいるから、夜のV字ハングに行って見ました。
日没にはまだ時間があるけど、岩陰になっているから薄暗い。
ちょっとだけショートカットして、V字ハング到着。

でも、暗くなりきっていないのか、ウミウシ、少ないなぁ~
夜だから水温、下がってきてて、ashu寒くないのかなぁ~
などと考えていました。
そしたら、なんかどんどん体調が悪くなってきて、もう、がまんできなくなって
ashuに「寒くない?(もう上がろうよ)」と、聞けば、「寒いよ、でもファインダーのぞいていれば大丈夫♪」

「だぁぁぁ!!!ばかもの!私のほうが大丈夫じゃないのだ!!!」
↑↑(心の声です^^;)

ガマンできなくなって「気持ち悪い・・・」ということで、69分でEX。

おしまい。

え?写真1枚もないのかって?
思ったよりウミウシが少なくかったし、私はカメラを持って入らなかったので、なしです。

うわぁぁぁ~ashu_namy LOG史上初めてじゃないっすか、写真なしなんて。

まぁ、こんな時もあります。(いや、あって欲しくない・・・)

◎◎ 3本目に見たウミウシ ◎◎

24. ヒラミルミドリガイ
25. ミノウミウシ亜目の仲間 (オイラ図鑑 SP.15)
26. ユビウミウシ
白いミノウミウシ(オイラ図鑑sp.3)、ゴマフビロードウミウシ、セトミノウミウシ、
ラメリウミウシ属の仲間、サガミコネコウミウシ、ヒメクロモウミウシでした。
[PR]
by ashu_namy | 2010-06-17 22:24 | diving log 越前