ashuとnamyのよもやま日記

ashunamy.exblog.jp

namy:このブログの管理人。いろんなことに疲れて、絶賛ヤサグレ中だったけど、2012.9月、復活しました。              ashu:写真を撮っているだけのヒト。(笑)

<   2010年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧

有言実行

カゼひいた~と大騒ぎしていたら、「はい、お見舞い」と、
f0046614_21234749.jpg

はらドーナッツ

もっちりとした生地に、サトウキビやきなこがまぶしてあります。
元はお豆腐やさんらしくて、今もお豆腐やさんからの直送の豆乳やおからを使ってドーナッツを
作っているとか。

カゼで何を食べてもあまりおいしく感じない時ではありますが、少しでも私が元気になるようにと
体にいいものを買ってきてくれたashuさんの気持ちが、心にしみました。

今の私の症状にあった薬も買ってきたし、一晩で治すぞ!おーーーっ!!!
[PR]
by ashu_namy | 2010-05-31 21:31 | グルメ?

ここにきて

カゼをひいたみたいです。

金曜の午後から急にノドが痛くなり、今は鼻水もでます。

心なしか体も痛い・・・(熱の出る前兆)

あ~もう!今週木曜からまたダイビングに行くのに・・・

こんな調子なら、今回はドライのほうが無難かな(って、いく気マンマン)

早く治すために、今日は早く寝ます・・・(って、昼寝もしたな^^;)
[PR]
by ashu_namy | 2010-05-30 20:42 | 日常のこと

昨日のおみや

昨日、駅に着いたらashuさんが平たい箱を持っていました。

ドーナッツのような絵ですが?
f0046614_21531373.jpg


中身は
f0046614_227988.jpg

アンティークのとろなまドーナツ

形はドーナッツですが、スポンジの上にムースが乗っています。
口に入れると、ふわっとして、とろっと溶けます。
う~ん・・・新食感。

2人で4つをあっという間に(それも21時過ぎに^^;)、食べちゃいました。
ごちそうさまでした。

次は、クリスピークリームドーナッツをお願いしマス(^^)
[PR]
by ashu_namy | 2010-05-27 22:09 | グルメ?

2010.5.22 越前 2

天気:くもり時々晴れ 気温:24℃  波高:0.5m
水温:16.7℃  透明度:3~5m 平均水深 8.1m 最大水深 10.7m

陸に上がってきて、寒さに震えながら熱いシャワーを浴び、人心地ついた後に食べるカップラーメンの
おいしかったこと。
その後、体温を回復させるために日に当たりながら昼寝をする姿は、いずれアシカかアザラシか・・・

体が温まっちゃったから、2本目は寒く感じるよね~なんて会話をしながら選んだ2本目のポイントは

2本目のポイント < だからダイブテーブル的にはダメだって! V字ハング >

2本目の方が最大水深が深いって、ダイブテーブル的にどーよ?と毎回書いてます。
でも、ここしか行くとこないんだもん・・・
エントリーして、ちょこっとだけショートカットして、って透明度、ワルっ!
午前中より浮遊物が増えてますね~
このまま水温があがったら、いよいよ赤潮来襲か!?

てなことを考えながら
f0046614_21165058.jpg

イバラウミウシ属の1種
Okenia sp.
体長 約5mm

2007.7月に撮影して以来ですね。
小さくて、最初はまっしろなネコジタウミウシかと思いました。
じーっと見ているうちに、「あ、イバラウミウシsp.だ」とわかりました。
ストロボの調整がマニュアル調光のため、ashuさんにしては珍しくちょっと白トビしてます。

えらい勢いでベルを鳴らしてみましたが
f0046614_21235665.jpg

サガミコネコウミウシ
Goniodoris felis
体長 約5mm

もう、鼻の穴全開で、「どーよ!コレ!」状態で呼んだのに、よぉ~く見たらサガミコネコ・・・
スレートに「ゴメン・・・」と書きました。

でもそれを挽回するウミウシをはけーん!
f0046614_21264986.jpg

ミノウミウシ亜目の1種
AEOLIDINA sp.
体長 約6mm

2009.4月にも撮影していますが、そのときのコより数段キレイなコでした。
この写真ではわかりにくいですが、背側突起に細かい青い点々が入っていて、
それはそれは美しいミノウミウシです。

その横に
f0046614_21292947.jpg

ミノウミウシ亜目の1種
AEOLIDINA sp.
体長 約10mm

口触手が ”シャキーン”と伸びたコです。
このコも2009.4月が初観察です。

このあと、やっぱり太陽を求めて上のほうでウミウシ探し。
探せば見つかるんだけど、やっぱり寒さに勝てずに82分でEX。

◎◎ 2本目に見たウミウシ ◎◎

17. イバラウミウシ属の1種
18. ゴマフビロードウミウシ
19. シラユキウミウシ
20. サガミコネコウミウシ
21. ミノウミウシ亜目の1種 (オイラ図鑑 ミノウミウシ亜目の1種3)
22. ミノウミウシ亜目の1種 (オイラ図鑑 ミノウミウシ亜目の1種24)
23. クロヘリアメフラシ
24. アカエラミノウミウシ
25. ミノウミウシ亜目の1種 (オイラ図鑑 ミノウミウシ亜目の1種17)
26. ヒロウミウシ
27. ドーリス科の1種 (オレンジの体地色、黒斑紋)
28. フジタウミウシ
29. ミノウミウシ亜目の1種 (本ウ №657)
30. ダイダイウミウシ

その他のみなさん
 ・ カスミハラックサウミウシ
 ・ チシオウミウシ
 
写真に撮ってもらえなかったみなさん
 ・ アズキウミウシ
 ・ ウスイロウミウシ
 ・ オトメウミウシ
 ・ サラサウミウシ
 ・ アメフラシ
 ・ アマクサアメフラシ
 ・ エムラミノウミウシ
 ・ ホオズキフシエラガイ

でした。

ashuさんに、新しいカメラの感想を聞いてみました。

「う~ん・・・よくわからん・・・でも液晶は大きくなってちょっと見やすいし、拡大がワンタッチで出来るのが便利。
あと、フォーカスポイントが51点もあるけど、どこまで動かせばいいのかわからん。
ピックアップファインダーがついてないけどの倍率がD200より低いけど、なんとかなりそうだし。
電池も思ったより持ちがいい。」

だそうで。(ashuさんから物言いが付きましたので、訂正しました。)

アタラシイカメラ、ヨカッタネ。 ← 棒読み
[PR]
by ashu_namy | 2010-05-26 21:44 | diving log 越前

2010.5.22 越前 1

天気:くもり時々晴れ 気温:24℃  波高:0.5m
水温:16.7℃  透明度:5m 平均水深 6.2m 最大水深 7.9m

ダイビングに行く前日は、最高気温が30度に近くなるような暑さでした。
実際私の会社のデスク周りは、30度超えてましたし・・・
土曜日もこんな天気だったら、ドライだったら死ぬよ・・・予報では29度とか言ってるし・・・
ということで、急遽ウェットの準備をして、一路越前へ!

しかぁ~し!着いてみると空気がひんやりつめたぁ~い(^^;)
暑くなることを見越して、Tシャツ、短パンでやってきたものだから、寒い・・・
防寒のために、クロックスを脱いでブーツを履いていました。


さて、今回はashuのおNEWのカメラの浸水(あ・・・不吉だ・・・) 進水式です。
カメラ桶に恐る恐るつけるも、思ったほど空気の泡が出ないことを不安がっていました(^^;)

さて、思うように気温が上がらない中、今年初ウエットに着替えて、いざ!

1本目のポイント <ここは外せません。 V字水路 >

いつものようにEN!
「つ・・・つめたぁーーーーい!」

エントリー早々騒がしいヤツめ。辛抱という言葉を知らんのか?
じゃぼん・・・

「つめたぁいいいいいいいい!!」

ブーツの中に入ってくる水が冷たいったら。
なんか、ウエットにしたのを激しく後悔しながら、いつもの場所で潜降開始。

3週間前はあんなにたくさんウミウシがいたのに、なんか静かです。
先ずは、ashuさんに「練習 その1」とスレートに書いて、5mmぐらいのクロミドリガイを教えておく。

その間に「練習 その2」を見つけました。
f0046614_22135656.jpg

チシオウミウシ
Aldisa cooperi
体長 約15mm

今年は1ダイブ、1チシオウミウシぐらいの確率で見られていますね。
このコは石にゴッツンコ、してしまいました。

ashuがこのコを撮っている間に、「練習 その3」
f0046614_22181889.jpg

シロホクヨウウミウシ
Tritonia festiva
体長 約30mm

GWに出て欲しかった~
このコは口幕が欠損していますね。

その後もウミウシは見つかるも、3週間前ほどの個体数はいない。
寒くなってきたので太陽を求めて上のほうで探していると、
f0046614_2222383.jpg

アオウミウシがお食事していました。
食べるのに必死なのか、ちょっとコワい顔に見えますね(^^)

このあと、これもGWに出て欲しかったホリミノウミウシ3種を撮って、90分でEX。

◎◎ 1本目に見たウミウシ ◎◎  ☆は初見

1. クロミドリガイ
2. ネコジタウミウシ
3. チシオウミウシ
4. シロホクヨウウミウシ
5. カスミハラックサウミウシ
6. エムラミノウミウシ
7. フジエラミノウミウシ
8. ホクヨウウミウシ科の仲間
9. サガミミノウミウシ
10.ユビウミウシ
11.ミノウミウシ亜目の仲間 (オイラ図鑑 AEOLIDINA sp.14)
12.シロウミウシ
13.アオウミウシ
14.ホリミノウミウシの仲間  ☆
15.ミサキヒメミノウミウシ
16.ホリミノウミウシの仲間 (オイラ図鑑 Eubranchus sp.3)

でした。

水温16度のウェットは初体験でしたが、思ったほど寒くありませんでした。
ドライに空気をまったく入れない私たちにはこちらのほうが、寒くないかもしれないです。
ただ、陸が思ったほど暑くならなかったので、休憩中もウエットが脱げませんでした。

あ、私たちのほかにもウエット(それも5mm)で潜っているグループがいました。
あのグループも前日の暑さから、ウエットでもいけるんじゃない?って思ったクチだろうな・・・



 
[PR]
by ashu_namy | 2010-05-25 22:31 | diving log 越前

更新しました

オイラ図鑑を更新しました。

すぐ次にはGW分の更新が控えています。

ashuさん、写真の加工、よろしくたのんます(^^)
[PR]
by ashu_namy | 2010-05-23 22:19 | HP等更新情報

更新しました

2010.4月の越前のみなさんを更新しました。

たくさん見つかったので、写真を撮っていないみなさんもいます(^^;)

春先の越前は、たのしぃ~なぁ!(ちょっと寒いけど)
[PR]
by ashu_namy | 2010-05-21 22:05 | HP等更新情報

ヒカリデコレカラ

某月某日、ダンボール箱が届きました。

早速開けてみると・・・

(゜_゜)?
f0046614_21263870.jpg


(゜_゜)??
f0046614_21292924.jpg


Σ( ̄□ ̄lll) そういえば・・・
f0046614_2132035.jpg


☆^▽^☆  祝!光接続 & D300s!
f0046614_21322179.jpg



ぎゃ・・・逆襲か?これはあの時の逆襲なのか???
[PR]
by ashu_namy | 2010-05-20 21:43 | お買い物

おいしい贈り物

いつも、いつも、いつも、ほんっとうにお世話になっているたごんちさんから、伊豆の味が届きました!

f0046614_2174059.jpg

おそば2種類と、おうどんと、ところてん

ありがとうございます!

ところてんは、届いたその日にひとついただきました。
ちゅるんとしたのど越しがいいですね~

そして、この前の日曜日、さくらそばをいただきました。
パッケージだけでなく、おそばもさくら色。
たちのぼる湯気も、桜葉の香りがしました。
もちろん蕎麦湯もピンク。

先月父が入院し、桜どころじゃなかったので、一月遅れのお花見です。
口元に運ぶとこれまた桜葉の香りがして、とってもおいしかったです。
ごちそうさまでした。

残りのおそばとうどんは、もう少し暑くなったら、ざるにしていただこうかな?^^
[PR]
by ashu_namy | 2010-05-19 21:13 | グルメ?

2010.5.4 越前 7

天気:晴れ 気温:27℃  波高:0.5m(うねりあり)
水温:14.2℃  透明度:5m 平均水深 6.1m 最大水深 7.9m

たごんちさんご夫婦と、最後の晩餐ならぬ最後の朝食を伴にして、チェックアウト!
この日にたごんちさんは田子まで帰り、翌日から浮島でダイビング。
なんてゼイタクなんだ・・・
お別れの時までしばし歓談ののち、お見送り。

さて、若干ざばざばしている海に入りましょうか、いいお天気で暑いから(^^;)

7本目のポイント < 最後はここです。 V字水路 >

日差しが入って、海中はキラキラしています。
でも、いや~なうねりが・・・(^^;)

今回よく見た感がある
f0046614_22412284.jpg

コネコウミウシ
Goniodoris joubini
体長 約10mm

和名は『コネコ』なんだけど、オオネコのような貫禄がありました。

越前では2回目の出会いになる
f0046614_2243353.jpg

カンザシウミウシ
Limacia ornata
体長 約 7mm

前回は-19mの石の裏にいました。
今回は-6mの壁を移動中。
触角がちょっと離れてて、かわいい♪

うねりに身を任せながらアラメを見ていたら
f0046614_22473694.jpg

フジエラミノウミウシと、マツカサウミウシ?見たいなウミウシが同じヒドロ虫にくっついていました。
アラメをぐわしっ!とつかんでしまったので、フジエラさんが逃げる方向で向きをかえていますが、
見つけたときは、頭を同じ方向に向けていました。

ピントがあってないのは、中層のうねりに揺れるアラメのせいということに(^^;)

ホントはashuさんに撮ってもらいたかったですが、ashuさんはそのときこのコに刺さってました。
f0046614_22522587.jpg

セスジミノウミウシ
Flabellina rubrolineata
体長 約10mm

水中ではもっと濃いムラサキでした。

その横では
f0046614_22553338.jpg

オトメミドリガイ
Elysia obtusa
体長 約5mm

あ~なんか久しぶりに見たなぁ・・・

このコを撮って、あ~もう、このうねり、やだ~というわけで77分でEX。

◎◎ 7本目に見たウミウシ ◎◎

54. コネコウミウシ
55. アオウミウシ
56. ウスイロウミウシ
57. カンザシウミウシ
58. サガミミノウミウシ
59. ヒブサミノウミウシ
60. オトメミドリガイ
61. セスジミノウミウシ
62. サクラミノウミウシ
その他のみなさん
 ・ ミノウミウシ亜目の仲間
 ・ チシオウミウシ
 ・ ユビウミウシ
 ・ コザクラミノウミウシ
 ・ エムラミノウミウシ
 ・ ドーリス科の仲間
 ・ フジエラミノウミウシ
 ・ マツカサウミウシ?(でも背側突起の数が多いし、きれいに揃ってるし、触角はしゅっとなってるし、
   触角鞘はない様に見えるし・・・あ~なんだろ!!)

でした。

この日は、1本で終わってゆっくり器材を洗って、少しお昼寝をして帰りました。
GWの後半で、高速もさぞや激混みでしょうと思いきや、想定の範囲内の渋滞で帰ることが出来ました。

今年のGWは例年になく、たのしい毎日になりました(^^)
[PR]
by ashu_namy | 2010-05-18 23:03 | diving log 越前