ashuとnamyのよもやま日記

ashunamy.exblog.jp

namy:このブログの管理人。いろんなことに疲れて、絶賛ヤサグレ中だったけど、2012.9月、復活しました。              ashu:写真を撮っているだけのヒト。(笑)

<   2010年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

次なるエモノ

忙しかった日々も一段落した今日、我が家にこんなモノがやってきました。

f0046614_20284221.jpg

17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM

あら、いやだ、ashuさんまた買ったの?

え?
f0046614_2034134.jpg

D90に付いてる?

あはは・・・A^^;
買ったの、私です。

いつもお世話になっている今本さんのブログに、とても素敵な写真がupされていました。

なになに使用レンズは、18-50mmかぁ~。
うん、これ、欲しい!
で、これまたお世話になっているpontaさんにSIGMAのレンズのことをコメント欄で聞いてみたところ、「新しいレンズがもうすぐ出るよ」、ということで、待っていました。

で発売日前日、いつものキタムラの店長に値段を聞いてみたら、驚きの39,800円!!(税込)
即買でした。

ashuさんのこと、あまり責められませんね・・・A^^;
[PR]
by ashu_namy | 2010-01-31 20:50 | お買い物

届きました!!

昨年、厚かましくもpyontaro-piyopiyoさんに、お手製のウミウシカレンダーをおねだりしちゃいました。
f0046614_22331417.jpg

PC前の壁にかかってて、とっても見やすいです。

でも、このウミウシカレンダー、3月で終わりなんです・・・
3月以降のカレンダーがないな・・・
ちょうどいい大きさのって、なかなかないんだよな・・・

しかし!じゃん!
f0046614_2235467.jpg

2010年度 pyontaro-piyopiyoカレンダーが届きました!

しかも!今年は、ちょ~ラブリーなけのさも
1月は、ぴょんたろ家にはじめてきた日のけの。
この写真、大好きなんですぅ~

3月までは、ウミウシとネコの大好きなカレンダーに囲まれて、至福のPCライフが過ごせそうです^^

ぴょんさん!ありがとうございました!
[PR]
by ashu_namy | 2010-01-25 22:38 | 日常のこと

今度のエモノ

過去にこんなものや、あんなものや、
そんなものを購入してきたashuさんですが、今回のエモノはコチラ。

f0046614_19481490.jpg

Ai AF Nikkor 24mm F2.8D
明るい短焦点レンズが欲しかったんだって。

さて、今までにいろ~んなモノを購入してきたashuさんですが、この不景気になんでそんなに買い物が出来るんでしょう?

それはですね・・・

かかとが薄くなったぐらいのクツシタなら、繕って履き(繕うのはもちろんnamyさん^^;)、
ペットボトルのお茶を買うなら、どこが安いかリサーチし(普段はお茶持参)、
ダイビングに行くときは日帰りでも必ず実行予算書を作り(帰ったら精算書を作成)、
保険の見直しで安くなった保険料分はそのまま積み立てし(万一のために)、
子どもの頃から現在に至るまでおこづかい帳をつけ(namyは途中でギブ^^;)、

と、日々こつこつ貯めて、どぉ~ん!と買っているんですね。
だからnamyさんも(-'''-)という顔はしますが、反対はできないんですよ。

で、新しいレンズを買ったashuさんの今の悩みは、

「あ~あのときおおきい防湿庫にしてもいいよって、言っておけばなぁ・・・」
ですと。

namy用の防湿庫を買うとき、ashuと同じ大きさのものが欲しいといったら、部屋が狭くなるから嫌だ!と却下されたんですね。
そのとき、「あとで絶対泣きを見るから・・・」とつぶやいたことを、私は忘れていない・・・・
[PR]
by ashu_namy | 2010-01-24 20:05 | お買い物

更新しました

年末の大瀬崎の「すべてのみなさん」を更新しました。

サラサウミウシがいませんが、namyのカメラの中です^^;

よろしかったらどうぞ・・・
[PR]
by ashu_namy | 2010-01-19 22:20 | HP等更新情報

2009.12.31 大瀬崎 ⑦

天気:晴れ  気温:10℃  波高:風波強し(表面だけ)  うねり:なし   
水温:16.3℃ 透明度:8~10m 平均水深:8.7m 最大水深:15.6m

夜半から強い風が吹き出し、朝になっても一向に治まる気配がない。
部屋からみえる海は真っ白に波が立ち、一見してクローズだろ・・・と思わせる様相。
とりあえずショップに行って、潜れるかどうか聞いてみよう。

で、ショップに着いたらな、なんと!
ブログ うみうしふぇちさんでいつもお世話になっている、うみうしふぇちさんとらいとまんさんご夫妻とご対面!
で、常連さんのお2人に、「海、真っ白ですけど、潜れますか?」と聞いたら、
「あ、あれ、表面だけ。中は全然問題ないよ。台風が来なければよっぽど大丈夫。」とのお返事。
では、さっそく準備してきます(実は、クローズだったら二度寝しようと、布団をたたんでいなかった^^;)。

朝食を済ませ、ショップに行ったらお2人はすでに海の中。
ではでは、私たちも、と準備をするけど、なにしろ風が強い。
波打ち際でマスクを着ける際に、風を正面から受けたnamyはおシリからストン!と転んでしまった。
それは、まるでマンガのようでした^^;

7本目のポイント < 風に負けるな! 湾内 大瀬館の正面から >

水面にいると風が巻き上げた海水で、自分の目の前に虹が出来ました。
きれ~・・・と見とれたいトコですが、水があたると痛い。
さっさと潜降したほうがいいですな。
で、海の中は、陸上の強風がウソのよう。あら、なんて穏やか。
天気がいいので、水中が明るく、ゴロタ付近にはサカナがたくさんいます。

さて、昨日ノリゴンにマップで教えてもらったとおり、横チェーンを見つけて、それの左右でウミウシ探し。
でも、慣れない場所なので、なかなか思うように見つからない。

そんな中で
f0046614_15411433.jpg

ホリミノウミウシの仲間
Eubranchus sp.
体長 約5mm
横チェーンのケーソンに近い方側にいました。
この近くのガヤに、大小3個体ぐらいいたかな。

で、最後に忘れちゃいけない
f0046614_15444646.jpg

アオウミウシ
Hypselodoris festiva
体長 約7mm
今回は、このサイズが多かったですね。

2009年のラストダイブは、73分でEX。

◎◎ 7本目に見たウミウシ ◎◎  ☆は初見

43. ホリミノウミウシの仲間  ☆ (本ウ №528)
アオウミウシ、サラサウミウシ、シロウミウシでした。

あまりの風の強さにヘタレたashu_namyは、早々にお片づけ。
その後、うみうしふぇちさん、らいとまんさんとたくさんお話をしました。
うみうしふぇちさんのブログでお名前だけ知っている方々も紹介していただいて、
ちょっとだけ、大瀬崎の仲間になれたかな?なんて思いました。

しかし、あのような強風でも潜れてしまう大瀬崎の湾内って、生物もさることながら
やっぱり日本一のポイントなんだな、と思いました。
[PR]
by ashu_namy | 2010-01-18 22:16 | diving log 大瀬崎

2009.12.30 大瀬崎 ⑥

天気:くもり時々晴れ  気温:15℃  波高:なし  うねり:なし   
水温:15.0℃ 透明度:8~10m 平均水深:10.4m 最大水深:18.7m

大瀬崎はダイビング可能な時間が決められている。
今の時期は16時には完全に海から上がっていなくてはならない。
これは、ダイバーの安全のために決められていることなので、守らなければならない。
2本目をEXしたのが13時30分。
それからお昼を食べて3本目へ。
ちょっときついっす。
この時期、日中3ダイブは欲張り過ぎかもね。

6本目のポイント < 最後のノリゴンガイドダイブよ!楽しみましょうよ♪ 湾内 大瀬館正面から >

今度は湾内の正面から右手側を潜る。
明日はセルフをやるので、下見も兼ねて。
湾内常連さんのミズタマウミウシを見て、チビセトリュウを見て、クサリ沿いにウミウシ探し。

と、ノリゴンがこれまた「ゴミ?」と思うような物体を指先に乗っけてる。
f0046614_15204257.jpg

体長 1mmぐらい のゴミ、いやいや、エダウミウシみたいな・・・
なんでしょうね?^^;

そしてまたまた
f0046614_15215331.jpg

体長 約3mm のシロウミウシの幼体だと思われるウミウシ。

こんな小さなウミウシを見て、おおっとタイムアップ寸前49分でEX。

◎◎ 6本目に見たウミウシ ◎◎

42. アリモウミウシ

ミズタマウミウシ、セトリュウグウウミウシ、アオウミウシ、シロウミウシ、エダウミウシ(?)
サラサウミウシ
でした。
[PR]
by ashu_namy | 2010-01-17 19:52 | diving log 大瀬崎

2009.12.30 大瀬崎 ⑤

天気:くもり時々晴れ  気温:15℃  波高:なし  うねり:なし   
水温:16.1℃ 透明度:10m 平均水深:13.1m 最大水深:18.9m

休憩中になんだか風が吹き出してきた。
「風が強まる前に外海に行っときましょうか。」

5本目のポイント < マンボウの興奮冷めやらず。今度はシロクマに会いに門下へ > 

台車を押して外海側に出ると、湾内側より風が強く、波も出てきた。
まだ満潮には時間があるので、ENもしにくい。
が、海の中は穏やかだった。
ここにはアカシロのカエルアンコウがいるとの事で、それを探しに。

しかしashuは自分ひとりだけでこんなものを撮ってました。
f0046614_14592862.jpg

ネコジタウミウシ属の1種
Goniodoris sp.
体長 約2mm
やだわ、教えてくれたらよかったのに・・・

ノリゴンが「ここにシロクマ」
って教えてくれたけど、全然わかんない。
なんか、赤い海藻みたいなのしかないんですけど?
と、2人で「???」マークを連発していたら、10mmぐらいのシロクマがいました。
赤い海藻だと思っていたのが、シロクマでした。
ほら~サカナってよく知らないし^^;

で、ashuさ~ん、写真どうしちゃったんですか???
「え~だってほら、ウミウシダイバーだし。」
よくわからない理由ですね・・・(-"-)?

ノリゴンの目は本当にマクロレンズ搭載してんじゃないか?
f0046614_1542236.jpg

2mmぐらいのピカチュー。
指状突起の先端の白いところしか、わかりませんでしたよ。

でもこれぐらいなら見える。
f0046614_1564543.jpg

オキウミウシ属の1種
Scyllaea sp.
体長 約5mm

これを撮ったところで、59分でEX。

◎◎ 5本目に見たウミウシ ◎◎

39. ネコジタウミウシ属の1種
40. スイートジェリーミドリガイ
41. オキウミウシ属の1種

ユビノウハナガサウミウシ、2mmピカチューでした。

  
[PR]
by ashu_namy | 2010-01-16 15:12 | diving log 大瀬崎

再びテンパリ・・・

5:30 起床
6:40 出社
20:00 退社
21:00 帰宅 → 入浴 → 洗濯
23:30 就寝

今月いっぱいこのシフトです^^;

なので、ブログが更新できなぁ~い!!

です。

忘れた頃に大瀬崎の続きを書きます。

ashuのききまつがい
[PR]
by ashu_namy | 2010-01-08 12:47 | 日常のこと

2009.12.30 大瀬崎 ④

天気:くもり時々晴れ  気温:15℃  波高:なし  うねり:なし   
水温:16.2℃ 透明度:10m 平均水深:13.3m 最大水深:30.8m

朝起きると富士山がきれいに見えていました。
朝食後、写真を撮りにコンデジを持って海岸へ行ったらもう雲に隠れていました^^;

「昨日、SU-さんがセトリュウ見つけてきたから、それ撮りにいきましょう。」
と、いうことで

4本目のポイント < 自分へのリスクは最少に。 大川下(外海) >

外海のポイントはゴロタの水底なので、namyはカメラを置いていった。
前回の外海ポイント<門下>では結構ENが大変だった(干潮だったし)ので、今回は止めときました。
もう少し慣れたら、持って入りましょうね。
そしたら<大川下>は、<門下>よりENがラクチンでした^^;

ENして潜降、まずは大きなニシキウミウシを撮影。
そのすぐあとに
f0046614_20444.jpg

セトリュウグウウミウシ
Nembrotha purpureolineata
体長 約15mm
ちょうど体が固定できる場所にいたので、きれいに撮れました。
ちょっと深めで暗かったので、ライトウーマンnamyが大活躍!
(誰も褒めてくれないから、自分で褒める^^;)

撮影している間、「ウミウシカクレエビが乗ってるニシキウミウシがいるって聞いたから探してきます。」とノリゴンは深場へ。
そしたらすぐにものすごい勢いで戻ってきて、スレートにマンボウ、ホントに出ました!!!

実は潜る前に
「ウミウシカクレエビの乗ったニシキウミウシがいるらしいんですけど、ちょっと深いので私が探してきますね。」

「で、ノリゴンだけマンボウ、見ちゃったりするんでしょ~」

なんていう会話をしていました。
いや~言ってみるモンですね。

で、「どうします?話のタネに見に行きましょうよ!」
「じゃ~行って見る?」
で、マンボウの元まで移動。
ノリゴンの泳ぐのが早いこと、早いこと。(あ、あたしらが遅いのか^^;)
中層なんだけど水深30m付近で、マンボウ発見!
それでは、マンボウをどうぞ  <写真撮影・提供 ダイビングショップ海童 ノリゴン>
f0046614_2015025.jpg

f0046614_20151248.jpg

f0046614_20152263.jpg

実際見るまではマンボウか・・・って思っていましたが実際見てみるとすごいですね~
それに泳ぐのが速い!さすがサカナ(ってなに感心してんだか)。

深場にいたので減圧が出る前に浅場に移動しかけたそのとき、
ツイてる人は、とことんまでツイてるんですね。
f0046614_20171486.jpg

キイボキヌハダウミウシがニシキウミウシに食いついていました。(ノリゴン 発見!)
マンボウの時とは別のテンションが上がったashu_namyは即臨戦(?)体勢。
パシパシ撮るashuのライトウーマンnamyが我に帰ってダイコンを見たら、<減圧 3分>出してしまいました^^;
でも、ashuは撮影を止めないし、出てしまったDECOは仕方がないと腹をくくりライトウーマン続行。
その後、浅場への移動でDECOはすぐに消えましたが・・・

-30mっていつ以来だろう?と真剣に考えながら、63分でEX。

◎◎ 4本目に見たウミウシ ◎◎  ☆は初見

28. ニシキウミウシ
29. セトリュウグウウミウシ  ☆
30. イガグリウミウシ
31. キイロイボウミウシ
32. キイボキヌハダウミウシ(摂食中)
33. コトヒメウミウシ
34. アズキウミウシ
35. クロミドリガイ
36. アオウミウシ
37. サラサウミウシ
38. ユビノウハナガサウミウシ

でした。
[PR]
by ashu_namy | 2010-01-06 08:15 | diving log 大瀬崎

2009.6.4 大瀬崎 ③

天気:くもり時々晴れ  気温:10℃  波高:なし  うねり:なし   
水温:16.5℃ 透明度:10m 平均水深:9.4m 最大水深:15.5m

最近ナイトダイビングがおもしろいと感じるようになりました。
以前は「暗いのキライ」だったんですけど。
限られた光の中でウミウシを見つけるなんて、トレジャーハントそのものじゃないですか。

3本目のポイント < 月夜の晩は気をつけな(深い意味なし^^;) 湾内 大瀬館の正面からナイトダイビングぅ~ >

1stに黄色のケミカルライトをつけてもらって、ashuはBCにストロボライトをつけて、namyは突然消えるライト(でも叩くと点く)を持って(って、ナイトなめとんのか?)、いざEN。
ゴロタの上にはたくさんのガンガゼが出てきている。
しかしさすが大瀬崎、ナイトダイブを楽しむゲストもたくさんいる。
中には、上半身を砂にうずめるようにして足を上に上げて写真を撮っている方も。
知らなかったら、何かアクシデントがあったんじゃないかと思うような姿勢で写真を撮っていました。
その被写体だけに1本を捧げているんだろな~と、邪魔にならないように大きく迂回。

水底ギリギリを泳いでいると、光の輪の中に白い貝殻がキラリン!
f0046614_1553135.jpg

オオシイノミガイ
Acteon siebaldii
殻長 約10mm
「ふ~ん貝殻だ~」とスルーしかけて、「あ"あ"!ちがう!貝もちウミウシだっ!」と引き返しよくよく観察すると、しっかり軟体部も出ていました。
浮島でたごんちさんに教えていただいていなかったら、そのままスル~でしたね。
昼間ならすぐに砂に潜るのに、ナイトだったせいかなかなか砂に潜らず、ラッキーでした。

潜る前に「白ゴマちゃんがみたい♪」とリクエストしておきました。
したらば
f0046614_15582444.jpg

ゴマフビロードウミウシ
Jorunna parva
体長 約10mm
いや~ん、自力Get!
越前にはこのタイプのゴマちゃんがいないし、見たかった白バージョンなのでうれしかったぁ。

その後もクサリを探しながら移動。
f0046614_1613959.jpg

エダウミウシ
Kaloplocamus ramosus
体長 約15mm
赤いのから白っぽいのまで、たくさんの個体が観察できました。

最後に真打登場
f0046614_1634557.jpg

ヤマトウミウシ
Homoiodoris japonica
体長 約30mm
見つけたのは私なのにぃ~私を押しのける勢いで撮ってましたね、ashuさん。
うれしいのはわかるけど、わかるけど・・・もうすこし労わらないとライト、当ててあげなくてよ・・・

まだまだ探せば見つかりそうなのに、ashuのエアが50になってしまったので76分でEX。

◎◎ 3本目に見たウミウシ ◎◎  ☆は初見

15. ミヤコウミウシ
16. ホシアカリミノウミウシ
17. コミドリリュウグウウミウシ
18. エダウミウシ
19. ミツイラメリウミウシ
20. オオシイノミガイ  ☆
21. ゴマフビロードウミウシ
22. イナバミノウミウシ
23. ハクセンミノウミウシ
24. アカボシウミウシ
25. ヤマトウミウシ  ☆
26. コモンウミウシ
27. アカエラミノウミウシ
    サギリオトメウミウシ 

でした。
いや~ナイトダイビングはホントっおもしろいですね!^^
[PR]
by ashu_namy | 2010-01-04 22:26 | diving log 大瀬崎