ashuとnamyのよもやま日記

ashunamy.exblog.jp

namy:このブログの管理人。いろんなことに疲れて、絶賛ヤサグレ中だったけど、2012.9月、復活しました。              ashu:写真を撮っているだけのヒト。(笑)

<   2006年 11月 ( 24 )   > この月の画像一覧

浮島のお楽しみ

たっぷりダイビングを楽しんだ後は、美味しいお食事!
今回もボリュームたっぷりのおいしいディナーをいただいてきました^^
23日の夜


f0046614_2384396.jpgf0046614_23205080.jpg


f0046614_2391650.jpgf0046614_2392583.jpg


f0046614_2393652.jpg
新鮮お魚のカルパッチョ
ミネストローネ
野菜のポットパイ
ビーフステーキきのこのあんかけソース
コーヒーゼリークレープ



24日の夜


f0046614_2313409.jpgf0046614_23135012.jpg


f0046614_2314951.jpgf0046614_2316128.jpg


f0046614_2314343.jpg
いろいろ盛りあわせ(^^;)
かぼちゃのポタージュ
魚介のグリル
ビーフステーキデミグラスソース
プリンア・ラ・モード


このほかにパンとサラダ、最後にコーヒー。ボリューム満点、お腹も大満足。

朝、お散歩していて見つけたちょっとおもしろいもの。
f0046614_23271931.jpg

SRDさんの入り口の看板。
夕日が海に写った影の形が伊豆半島になっていて、浮島の場所に星印、そしてダイバーがいる。
なんとも洒落たデザイン。

そして今回の一番ラッキー
f0046614_23292170.jpg

帰り道、きれいな富士山が見えました。
富士山が見たくて、わざわざ富士山まで行ったのに見れなかったぐらい富士運の悪いnamy。
実はこんなきれいな富士山、初めて見たかもしれない。
三島の街中では、「でん!」とそびえるでっかい富士山が見えた。
8月に来たときには、うす曇りだったからまったく気がつかなかった。

そっか~伊豆って富士山見えたのね。
楽しみがもうひとつ増えたわ♪
[PR]
by ashu_namy | 2006-11-30 23:35 | ダイビングのこと

2006.11.25  伊豆 浮島⑤

天気:快晴  気温:15℃  波高:ベタナギ  水温:18.7℃  透明度 10m

朝からいいお天気で気持ちがいい。
本日は帰る日だから1本だけなのでドラゴンホール
潜る前に、ドラゴンホールの外壁のあたりにもウミウシいるよと教えてもらい、いざ探索。
でも、その場所は昨日漁船がものすごい勢いで通っていった場所でもある。
頭上に気をつけて探しましょうね。

探し始めてすぐにカベに張り付いていたashuのベルが鳴る・・・
f0046614_22322567.jpg


Cuthona sp.
オショロミノウミウシ属の仲間
体長 約5mm

いろいろ調べてみたけど、触角とミノとの間の模様(色)や、触角の上半分ぐらいに白い線が入っていること、口触手の付け根付近のオレンジ色の入り具合などから、「本州のウミウシ P281の№628」の写真の個体に似ていると思いました。
なので、ここでは「オショロミノウミウシ属の仲間」としたいと思います。

そのあと、ドラゴンホール左のタナの上でashuがふたたび呼んだ。
f0046614_22421859.jpg


AEOLIDINA sp.
ミノウミウシ亜目の仲間
体長 約3mm

あかさかさんのサイト、「ウミウシ図鑑.com」によく似た(と言いよりも特徴がほぼ同じ)ウミウシが「ミノウミウシ亜目の仲間」として掲載されていた。
撮影された場所も浮島だったし、時期も同じ頃なのでまず間違いないと思います。

とても小さくて、肉眼では何ウミウシかの判別は不可能。
かろうじてミノの先に色の濃い部分があったので、もしかしたらちいさなユビワミノウミウシかと思っていた。
EX後にカメラで確認したら、なんともきれいな子でした。

ashuに2つも先を越されて、namyも一生懸命探す。
外壁のタナの上の海藻をそっとよけてみたら、
f0046614_22503241.jpg


Limenandra fusiformis
ホソエラワグシウミウシ
体長 30mm

ちょっぴり地味なウミウシだけど、(少ししか写ってないけど)正中線上にきれいな模様がある。
よく見るとミノの色も地味なりにきれいなんじゃないか?
自分で見つけたウミウシだけに、よけいに感情移入してしまう・・・^^;

では、そろそろ戻りますか。
アメフラシ地帯を泳いでいたら、卵塊があったので近くに何かいないかなと探したら、ミヤコウミウシがいた。わりと大き目の個体だった。
そしたら近くに同じような大きさの子が3個体いた。
この場所は探せばいろいろ出てくるかもしれないなぁ。
ちょっと前はレンゲウミウシがいたそうだし、以前にはH.ゼフィラもいたそうだ。
次回はここももう少し丁寧に探してみたら、何かみつかるかもしれないな・・・
と、そんなことを考えながら117分でEX。

◎◎5本目に見たウミウシ◎◎ かぶりは除く  ☆は初見
23.オショロミノウミウシ属の仲間  ☆
24.ミノウミウシ亜目の仲間  ☆
25.ウスイロウミウシ
26.ムラサキウミコチョウ
27.ホソエラワグシウミウシ
28.シロウミウシ

3日間、5本潜って28種類内初見は7種類。
2日目に高橋さんから離れなければ、もう2種類増えていたのに・・・それだけが心残り・・・orz
でも・・・
とっても楽しかった!!また絶対いくモンね!!

SRDのみなさん、大変お世話になりました。ありがとうございました。
まのっちさんに会えなかったのが残念でしたが、次回に会えるのを楽しみにしています。
[PR]
by ashu_namy | 2006-11-28 23:09 | diving log 浮島

2006.11.24  伊豆 浮島④

天気:晴れ  気温:15℃  波高:ベタナギ  水温:19.0℃  透明度 15m~

ashuが、「ボートポイントでしか見られないウミウシもいるから、ボートに行きたい。」といった。
でもねぇ・・・今日は平日だしゲスト少ないし、ボート出ないんじゃない?なんて話していたら高橋さんが、「ボート出るよ、ハーフボートやる?」と、誘って(?)くれた。

ハーフボートというのは、ビーチの奥の潜水禁止ラインぎりぎりのところまでボートに乗っていってEN、そのままビーチを散策して戻ってくるというなんとも楽そうなスタイル。
ビーチの奥まで泳ぐのはけっこう大変だけど、これならエアも無駄にすることなくダイビングが楽しめる。
ということで、ハーフボート初体験となったのでした。

と、いうわけで本日の2本目 ショットホール~ドライブスルー~ドラゴンホール
ボートに乗ること1分ぐらいでENポイントに着く。水面から水底が見えるぐらい透明度がいい。
久々にバックロールエントリー。水底まで見える。
久しぶりに水底が-10mより下にある(おい)。ちょっとどきどきした。
ビーチ用オーバーウエイトでENしたもんだから、あっという間に沈む。
ドライにエアを入れるか、BCに入れるか迷っているところに、いつもより激しくなるashuのベル

f0046614_2393599.jpg

Janolus sp.1
トゲトゲウミウシ
体長 約50mm

すぐ近くに同じぐらいの大きさの子がいた。やっぱり栄養がいいんだな。
そのすぐ横で高橋さんが何やら撮っていたので、のぞいて見たら

f0046614_23152131.jpg

Platydoris speciosa
クモガタウミウシ
体長 約40mm

イボイボの少ないミヤコウミウシかと思ってしまった。
ashuが「なーんだミヤコウミウシか・・・」と勘違いして撮ってなかったらどうしよう・・・と心配してたけど、余計な心配だったようです。ちゃんと初見と認識していたようです。ははっ<汗

その後、ショットホールの奥でウミウシ探し。
60分を過ぎた頃、初めての場所でエアの配分がわからなかったので、そろそろドラゴン方面へ行こうと高橋さんの近くを離れたのがよくなかった・・・

岩壁沿いに泳いでいたら、突然子イワシの群れに当たった。
ものすごい数で、太陽の光を受けてきらきら光って、本当にきれいでしばらく見とれた。
その後、水中アーチ経由でドラゴンホールに到着。
しばらく遊んで、123分でEX。

フィンを脱いでいたら、先に上がった高橋さんが、「コミドリリュウグウと、キヌハダウミウシがいたのに、振り返ったら2人ともいないんだ。追っかけたけど見つからなかったから・・・」

ええっ~まじっすかぁ~・・・どっちも見たことなかった・・・見たかったぁぁぁぁ!!!

後悔先に立たず・・・
次にご一緒できる時は、離れませんから。絶対に離れませんから!!!

◎◎4本目に見たウミウシ◎◎ かぶりは除く  ☆は初見
22.トゲトゲウミウシ
23.クモガタウミウシ  ☆
[PR]
by ashu_namy | 2006-11-27 23:31 | diving log 浮島
天気:曇りのち晴れ  気温:15℃  波高:ベタナギ  水温:19.0℃  透明度 10m

今日の1本目は、ashuの400本記念ダイブ。おめでと~ぱちぱちぱち。
お天気もよく、海も穏やか。よかったよかった。

そんなこんなの1本目 昨日のリベンジ 水上トンネル
昨日の午後からは、まったくさっぱり見つからなかった水上トンネル。
朝イチならどぉーよ!ということでEN。
トンネル入り口で、シロハナガサウミウシ発見、幸先がいい。
その後、トンネル左手のカベには、あっちにもこっちにもヒロ、ヒロ、ヒロ、のヒロウミウシだらけ。
いったいどこから出てきたのか???

この後、何かわからないミノウミウシのような子を2個体見つけたけど、痛恨のロスト。
ashuの目が冷たかった・・・ごめんなさい・・・

トンネル内のカベを上に行ったり下を見たり、右に行ったり左に行ったりと探すこと約90分。
常連さんウミウシはそれなりに見つかった。
トンネルの奥にいるashuを呼びに行こうと、カベを眺めながら泳いでいたら
f0046614_22432351.jpg


Dendrodoris tuberculosa
イシガキウミウシ
体長 約150mm

とにかくデカかった。クローズアップレンズをつけたマクロ仕様では、撮影は困難だった。
そういえば昨日、ドラゴン方面の砂地とゴロタの境目付近で、150mmはあろうかというミヤコウミウシが砂地を歩いているのをみた。
ashuのエアがもうなかったので、素通りしたけどあれもデカカッタな。
浮島ビーチは、栄養がいいのかな?

そしてこのイシガキウミウシ、岩の隙間にすっぽりはまって周りと同化していて、ぱっと見たぐらいでは気がつかなかった。
巨大二次鰓がカブのハッパに見えた。
これで、さっきのロストの挽回が出来たかな。

イシガキウミウシがストロボのヒカリで燃えてしまいそうなぐらい撮影して、121分でEX。

◎◎3本目に見たウミウシ◎◎ かぶりは除く  ☆は初見
17.シロハナガサウミウシ
18.ツノワミノウミウシ
19.ヒロウミウシ
20.ハクセンミノウミウシ
21.イシガキウミウシ  ☆
[PR]
by ashu_namy | 2006-11-27 22:57 | diving log 浮島

2006.11.23  伊豆 浮島②

天気:曇り 夕方から雨  気温:15℃  波高:ベタナギ  水温:19.0℃  透明度 10m

本日の2本目 水上トンネル~ビーチうろうろ
午後からはビーチ右手の水上トンネルへ。
ENして水面移動していると、薄ミドリイロのウミウシ発見!
でも、よーく見るとコノハミドリガイの色の薄い子だった。それなりにキレイだった。
トンネル入り口にあった藻を手でパタパタしてみたら、ツマグロモウミウシが舞った。
小さくて写真撮るのに一苦労。
その後、トンネルの左右のカベを探せど探せと、ウミウシの”ウ”の字も見つからない。
早朝からの運転、1本目ですでに120分オーバーで集中力も切れていたのかな。

場所を代えてトンネルを抜けたところのカベで探すことにした。
ここは8月にきたときに、H.クラカトアを見つけた場所。今回も期待して探すけど、ここでも見つからない。
あきらめかけたところで、ashuがベルを鳴らした。

f0046614_2294191.jpg

Eubranchus virginalis
ジョオウミノウミウシ
体長 約5mm

一生懸命写真を撮っていたら、ashuが何やらジェスチャーをしている。
水中では何をしているのかわからなかったので、後で聞いてみたら「正面はこっちって教えてた」とのこと。はい、私の写真はすべて後ろ姿でした・・・

このあと、ビーチの砂地をふらふら徘徊して、ラクダ岩に到着。
キイロウミコチョウがたくさんいるという情報だったけど、見つけられたのは2個体だけ。
やっぱ疲れていたのかな(ということにしておこう^^;)
f0046614_22131389.jpg

Siphopteron flavum
キイロウミコチョウ
体長 約6mm

いつ見てもかわいい!と、ここで115分でEX。

◎◎2本目に見たウミウシ◎◎ かぶりは除く ☆は初見
12.コノハミドリガイ
13.ツマグロモウミウシ
14.ジョオウミノウミウシ ☆
15.キイロウミコチョウ
16.ヨゾラミドリガイ
[PR]
by ashu_namy | 2006-11-26 22:19 | diving log 浮島

2006.11.23  伊豆 浮島①

天気:曇り 夕方から雨  気温:15℃  波高:ベタナギ  水温:19.0℃  透明度 10m

真っ暗な高速を東にひた走り、やってきました西伊豆は浮島。
今回もSRDさんにお世話になりました。同じ時期にSRDさんの久米島ツアーがあって、前回お世話になったまのっちさんは久米島に行っていたので、逢えなかったのが残念でしたが、高橋さんにはたくさんお世話になりました。

先週は西風が強くてクローズした日が多かったようですが、今週は風も落ち着いて波も静かでした。
ここ最近うねりの中でのダイビングが続いていたので、穏やかというだけでもうありがたかった。

1本目 シースラッグウォール~ドラゴンホール いったりきたり
今日は透明度がよくて、遠くまで見渡せる。だったら迷わずにいける!・・・はずもなく、水面に顔を出すこと3回、ようやく目的地に近づいたところでたくさんのアメフラシの歓迎にあう。
一通りアメフラシを撮影した後、たごんちさんに事前に教えていただいたシースラッグウォールの浅いところのイボヤギを探す。
いないな・・・と思っていると、鳴りましたashuのベル

f0046614_2194389.jpg

Phestilla melanobrachia
イボヤギミノウミウシ
体長 約30mm

このほかに、黒い固体もいるとの情報もいただいていたが、探しきれず・・・
しかしこの後、ドラゴンホールで赤い個を2個体見つけることができた。
たごんちさんに感謝!!

その(シースラッグの)イボヤギのカベを奥に行ったところにキャラメルウミウシがいると高橋さんに教えてもらったので、行って見るとなんともキレイな子がいました。
f0046614_21152239.jpg

Glossodoris rufomarginata
キャラメルウミウシ
体長 約40mm

高橋さんによると、この子はいつも下を向いているそうです。この日も下を向いていました。

90分を過ぎたので、ゆっくり帰ろうと泳ぎ始め、アメフラシたちに挨拶をしていたら岩の上に
f0046614_21191976.jpg


Hypselodoris whitei
クチナシイロウミウシ
体長・・・丸まっているのと、伸びているので不明、だいたい40mmぐらい

すぐ近くに2個体いました。食事中なのか同じ姿勢のまま動かない(画像の子)と、どこかに行きたいのか”にょーん”と伸びている子の2個体。
そこで、時間を費やしエアもなくなったので、124分でEX。

◎◎ 1本目にみたウミウシ◎◎ ☆は初見
1.クロスジアメフラシ
2.アメフラシ
3.クロヘリアメフラシ
4.アオウミウシ
5.イボヤギミノウミウシ ☆
6.キャラメルウミウシ
7.ムカデミノウミウシ たくさん
8.コイボウミウシ
9.オトメミドリガイ
10.クチナシイロウミウシ
11.クロボウズ
[PR]
by ashu_namy | 2006-11-26 21:29 | diving log 浮島

浮島速報?その2

天気晴れ、海穏やか、透明度バッチリ!
1本目水上トンネル。手のひらサイズのイシガキウミウシ、ゲット!
2本目、ハーフボート初体験。
ちゃんと戻ってこれた。
ウミウシは…
明日に期待します。
[PR]
by ashu_namy | 2006-11-24 17:37 | ダイビングのこと

浮島速報?

心配していた天気もなんとか夕方まで持った。今は雨。
海もとても穏やかだった。
1本目、念願のイボヤギミノゲット!
でも2本目は探せど探せど見つからず…。
明日に期待!
[PR]
by ashu_namy | 2006-11-23 19:36 | ダイビングのこと

明日から浮島♪

仕事の目途もついたし、明日から浮島♪

SRDさんのHPを見ると、ウミウシの出もいいみたい。
しかし、それは伊豆のウミウシダイバーさんだから探せるのであって、伊豆ビギナーの私たちが同じように探せるとは限らない。

前回の8月、「ヒュプセロドーリス・クラカトア」を見つけるという、超特大ビギナーズラックがあったから、今回も特大ビギナーズラックを期待してしまう・・・

伊豆のウミウシダイバーのみなさま、明日からお邪魔しますのでよろしくおねがいします。

・・・
・・・

しかし・・・・やっぱり天気が悪い・・・・
[PR]
by ashu_namy | 2006-11-22 12:39 | ダイビングのこと

テンパってます。

浮島に行く前までに形だけでも作っておきたかった書類が、やっと今日、形になった。
今から帰ります。
[PR]
by ashu_namy | 2006-11-21 20:38 | 日常のこと