ashuとnamyのよもやま日記

ashunamy.exblog.jp

namy:このブログの管理人。いろんなことに疲れて、絶賛ヤサグレ中だったけど、2012.9月、復活しました。              ashu:写真を撮っているだけのヒト。(笑)

<   2006年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧

一安心

2年前に大病を患った義母の定期健診で、腫瘍らしき異常が見つかった。
先週、PET検査を受けて今日、結果を聞きにいってきた。
そしたら・・・・腫瘍は陽性なので、しばらくこのままで様子を見ることになった。
ふぅぅぅぅぅ・・・一安心・・・・
大好きな義母だから、まだまだ元気で長生きしてもらいたい。
(やっと母親が出来たのに・・・まだまだ親娘したいじゃん)

安心したのもつかの間、明後日はnamyの健康診断・・・
健康だけには自信があるんだけど、さいきんちょっと食べ過ぎて体重が・・・
[PR]
by ashu_namy | 2006-07-31 21:07 | 家族のこと

一日遅れで・・・

誕生日おめでとう!!
昨日はashuの誕生日でした。
お祝いは先週の土曜日に済ませたので、今日は特別なことはなし。

f0046614_21142239.jpg

昨日孵ったツバメのヒナ。ashuと同じ誕生日。
元気に育ってくれるといいな。
[PR]
by ashu_namy | 2006-07-27 21:16 | 家族のこと

いろいろありました。

O課長が、昨日から右ひじが痛いといっていた。
病院に行って来たら、なんと腱鞘炎との診断だった。
毎日、始業前、昼休み、終業後にスパイダソリティアばっかりやってるから・・・^^;
どうぞお大事に・・・

今日は、会議があった。
その中で、今までずぅーと継続してやってきた業務のやり方が間違いだったことがわかった。
それも県下でその間違いを犯しているのは、ウチだけだった・・・
O課長と一緒に凹んだ・・・T.T

先日、F.trophinaの件で2度目のメッセージをラドマンフォーラムに送った。
上手く英語でかけなかったので、恥ずかしいから載せてもらわなくてもいいやって思っていたら、掲載された。
それも、丁寧なお返事つきで。感激した。
でも、よっぽど英語が下手っちぃだったようで、かなり添削されていた。

今日は夕ご飯がなかった(義母が所用で外出したので)ので、ashuとゴハンを食べて帰った。
空を見たら久しぶりに星を見た。
ただそれだけなんだけど、なんだか元気が出てきた。

明日もがんばりましょー!^^
[PR]
by ashu_namy | 2006-07-25 21:21 | 日常のこと

空港なんだけど

最近買ったashuのD200の初撮影も兼ねて、中部国際空港に遊びに行ってきた。
ダイビング旅行に行く時は、いつもお世話になるけど、ただ遊びに行くのは2度目
^^;

開港当時は、新しいもの見たさの観光客でごったがえし、空港利用客(旅行に行くために空港に来た人たち)が迷惑するという事態になっていたが、ここにきて一般観光客の混雑も落ち着いてきた。
セントレア(空港の愛称)は4階がショッピングゾーンになっている。
左がヨーロッパの雰囲気が漂っている??レンガ通り
f0046614_2333888.jpg


中はこんな感じ
f0046614_234238.jpg


 噴水もある
f0046614_234395.jpg


その向かい側は、日本情緒あふれるちょうちん横丁
f0046614_239053.jpg


入り口はこんな感じ
f0046614_23105078.jpg


中に入ると、飛行機を眺めながら入れる、展望風呂もあります。
f0046614_2311692.jpg


外に出ると、駐機場が見渡せるスカイデッキ。先端まではかなり遠い。
f0046614_23122771.jpg

気候がいい時期は、4階のレストランでテイクアウトして、スカイデッキのベンチで飛行機を眺めながら、ランチというのも気持ちいいかも。

そのスカイデッキの下。ここは静かで人も少なく休憩するにはもってこいの場所。
f0046614_23152642.jpg


ここでは結婚式もできます。この日の夕方から、結婚式があるようです。
f0046614_23145778.jpg


そして、予想していなかったことが・・・なんと、愛・地球博にトヨタが出展していた、演奏するロボットと、近未来の乗り物i-unitが展示してありました。

楽器を演奏するロボット
f0046614_2320010.jpg

                  i-unit
f0046614_23201980.jpg














愛・地球博では、入場予約券にプレミアがつくほどの人気で、連日4時間、長い時は6~8時間待ちという人気のパビリオンでした。
i-unitはさすがに動かすことは出来なかったけど、万博の時は触ることはおろか間近で観ることも、何よりパビリオンに近づくことすら出来なかったのでなんだかラッキー!でした。

帰りには空港限定のスウィーツをたくさん買って帰りました^^!


※photo by D200
[PR]
by ashu_namy | 2006-07-24 23:33 | おでかけのこと
F.trophinaのことで、新たな展開があった。
日本海のウミウシを研究している高岡生物研究会の方(HNをコヤシさんとおっしゃる)から、貴重な情報をいただいた。
コヤシさんによると、このF.trophinaに酷似したウミウシを日本海で採取し、研究者に送って、詳しく調べていただいたところ、属を特定するには至らなかったとの報告をいただいたそうだ。
オーストラリアの研究者は、これをF.trophinaとし、日本の研究者は属の特定に至らなかった。
属を特定するのに一体ナニが足りなかったのか???
シロートの私たちには知る由もない・・・・(論文が入手できればわかるかも知れないが、シロートにはまずムリです。)
なので、高岡生物研究会さんでは、この子はEubranchidae sp.(ホリミノウミウシ科の一種)ウスキミノウミウシ(馬場仮称)と呼ばれている。

話は逸れるが、この高岡生物研究会さんは50余年の歴史があり、故馬場菊太郎先生も指導をなされた、とても由緒正しい研究会なのだ。
そんなすごい研究会の方が、いちシロートの投稿に目を留めてくださり、貴重な情報まで頂戴できた。(それだけI氏のサイトが素晴らしいということでもある。)

昨日「こんなウミウシみちった!!」なんてはしゃいでいたわが身を恥ずかしく思っていたが、今日はなんだか、投稿してよかった^^なんて気分になっている。

この子にも仮称とはいえ和名がついているので、庶民の夢はあっさり破れた。
でも、得るものが多い(いろんな意味で)出来事でした^^

ラドマンフォーラムにも、「他の写真はこれだけしかない、茶色いかたまりがチューブワームかどうかわかりません。ごめんなさい!」という内容のメッセージを送った。
研究者にメッセージを送る時は、もうすこし情報をそろえてからにしないと、先様にも迷惑になるということを痛感しました。A^^;
[PR]
by ashu_namy | 2006-07-20 23:30 | ウミウシのこと
f0046614_2132996.jpg

Flabellina trophina

このウミウシを日本からの報告ということで、シドニーのウミウシ研究者ラドマン博士にメールを出した。
昨晩送ったのに、もう今日お返事(正確には19日午前1時)が来た。

ラドマン先生からのお返事をnamyのなんちゃって翻訳で訳してみた。

親愛なるashu(ホントは本名)
それはかなり確実にFlabellina trophinaに見えます。そして今はロシアの海岸からも知られているので、それが日本で存在していても驚きません。
一例を上げるなら以前のメッセージ(Fact Sheetのtopの写真)において見る事が出来るように、その顔の正面が奇妙に大きな鼻のように拡張するのかどうか興味のあるところです。
これはこの種独特のようで、おそらくチューブワームをエサとする生態と結びつけて考えられるでしょう。
私たちは底一面にある茶色のかたまりがとてもチューブワームのように見えるので、私はアナタの写真にわずかに背景を残しました。そしてこれは、このウミウシがFlabellina trophinaであるもうひとつの手掛かりでしょう。
顔の上の大きな鼻に見えるものは、形が変えられるようです。しかし、もしかしたらあなたはそれを、よりよく示す別の写真を持っていませんか?
そしてあなたは、この茶色いかたまりがチューブワームであったかどうか覚えていませんか?

感謝をこめて

ところどころ、中学の英和辞典では訳しきれないところがあったけど、だいたいはこんな感じ。
顔の上というのは、たぶん口触手のあいだの部分のことだと思う。
ラドマンフォーラムのほかの写真を見ると、確かに鼻のように伸びている。
私たちが撮った写真は、口触手の間が伸びていないので、顔がはっきり写った写真がないかと聞かれてしまった。
だが、残念なことにこの日namyのデジカメはバッテリー切れで使えず、おまけに次から次へウミウシが見つかって、Flabellina trophinaの写真は4枚しか撮っていなかったのだ。(ちっくしょぉぉぉぉ!!)

あと、写真の中に写っている茶色い藻みたいなのが、Flabellina trophinaのエサと思われるチューブワームに見えるけど、チューブワームだったか覚えてない?と逆に質問までされてしまった。
この日は、視線を感じて振り向くとそこにウミウシがいる。というような状態だったので、この茶色い藻みたいなのが、チューブワームだったかどうかなんてわからないし、だいたいチューブワームなんてちゃんと見たことがない。

今回のことは、「こんなウミウシ見ちゃった!」なんて喜んでいるだけじゃなく、そのウミウシのエサとか住環境まできちんと観察しないと、和名に自分たちの名前がつくなんてありえないと実感した出来事でした。
いい勉強をさせてもらいました。

庶民の夢・・・実現には遠い道のりだけど、小さなことからコツコツと積み重ねていこう・・・と小さな胸に誓いました。とさ・・・
[PR]
by ashu_namy | 2006-07-19 21:45 | ウミウシのこと

愛の劇場?

夕べのこと・・・
さて、歯でも磨いて寝るべと思っていたところ、なにやら外から声が聞こえてくる。
この辺は、夜になると人影もまばらで車が時折通るぐらい。
昨今は物騒な世の中だし、人声のする近くの部屋にジジババが寝ているので、ちょっと心配(半分は出歯亀根性で^^;)になって、二階の窓から外を見てみた。

メガネをしないで(namyの裸眼は両目とも0.02!)みたので、なんだか白い人影がいることしかわかんない。
犯罪行為でもあったら今夜アナタは目撃者になるかもしれないので、メガネを取って来た。(もう出歯亀根性まるだしです・・・^^;)

そしたら若い男女がなにやらもめている。切れ切れに聞こえてくる会話と、時折男のほうが大きな声で言う「何がだよ!俺にはわかんねぇよ!」とか「お前にとって何が一番大事なんだよ!」から察するに、どうやら別れ話らしい。
女のほうが別れて欲しいらしく、一方的な男の言い分にも黙っている。

そのうち、うっとーしくなったのか、女が足早に歩き出した。
男「おい!待てよ!!」(あんたがウザイからもう帰えんのよ!)
---------男、走りより女の手をつかみ、引き止める。----------(ここで見るのを止める)
ここからは、ウチの前から離れてしまったので、会話はもっと切れ切れにしか聞こえない・・・
女「(泣いているようだ)・・・・もう死にたい・・・」
男「だめだ!何があっても死じゃだめだ!!」

namy気になって窓の外をみる。(それまでは見てなかったのよ^^)
メガネしてないからはっきり見えないけど、時折通る車のヘッドライトで見える範囲では、どうやら男が女を抱きしめているらしい。。。
ナニやってんだか・・・
しばらくして静かになったので、立ち去ったらしい。

人んちの前で、愛の劇場を演じるのはいいけど、夜中は思ったより声って通るからお気をつけあそばせ!

でも、若いっていいなーと思ってしまったnamyでした・・・^^
[PR]
by ashu_namy | 2006-07-17 10:29 | 日常のこと
この前、5月の越前の写真で「あれっ?」と思うものがあったので、奄美のI氏に聞いてみた。
そしたら、分布域からみて日本(日本海)にはいないと思われるウミウシかもしれないので、ラドマンフォーラムに送ってみたらとの、お返事をいただいた。

そういえばこの前行ったときに、ウミウシの本を見ていたらスタッフの人が「最近、本州のウミウシに載っていないウミウシが出るらしいんですよ。」と言っていた。
それが、このウミウシかどうかはわからないけど・・・

私たちが見つけたのは、これ。
f0046614_2052428.jpg

Flabellina trophina

今のところ、ラドマンフォーラムにはカナダからの報告があるだけ。
(I氏によると)カナダと日本海では分布域が違うらしいので、もしかしたら珍しい事例なのかもしれないのだ。

そうなると、庶民の夢がふたたび頭をかすめる・・・
いよいよ和名に私たちの名前がつくかもよぉ~」(こればっかり^^;)
でもきっと、越前で見つかったから「エチゼン○○ミノウミウシ」とかになっちゃうんだろうな・・・

庶民の夢は叶うのだろうか・・・

この件について、今日ラドマンフォーラムに投稿したので、なにかお返事があったらまたブログにアップします。
英文作成に久しぶりに頭を使ったので、肩がこったし、頭も痛い。
あとでashuにバンテリンクリーミィゲル(これ、結構効くのよ)、塗ってもらおう。
[PR]
by ashu_namy | 2006-07-16 21:03 | ウミウシのこと
越前はウミウシだけじゃなく、サカナたちもたくさんいる。
普段はウミウシを探してカベを見たり、石をひっくり返したりしているけど、それに飽きちゃうとサカナを見てしまうときがある。

f0046614_21412345.jpg

コケギンポ(黄)

穴から顔を出して、こっちの様子をうかがっている。
竹串を口に近づけると、怒って口を開ける。
見ていて飽きない。
ぽよぽよの毛がかわいい。

赤いのもいる。
f0046614_21435836.jpg
こっちの子の毛は、モヒカンみたい。
ちょっとワイルドな感じ。
黄色い子の方が、ちょっとかわいいかな?






海に落ちた星もみつけた。
f0046614_21472735.jpg

見つけたのは、七夕の次の日。
天の川から落ちてきたのかな?(おぅ~ろうまんちっく ^^)
まあ、見てのとおりヒトデなんだけど、これくらい小さいとかわいい。

おまけ
f0046614_21552876.jpg


タコ。
何タコなんだろう??






狩りの最中だったみたいで、近づいても逃げなかった。
くっついている石をトントンたたくと、獲物がきたと思うのか、足(手?)を伸ばす。
持っていた竹串に吸盤をひっつかせてみたら、結構なひっつき力だった。
遊びながらつい「おいしそう・・・」と思ってしまった^^;

サカナも、たのしいぞ!
[PR]
by ashu_namy | 2006-07-14 22:03 | ダイビングのこと
最近お気に入りの越前のダイビングセンターLOG
名古屋からアクセスもいいし、施設も広くて使い勝手がいい。
なにより徒歩30秒でエントリー出来てしまう近さがありがたい。
おまけにここは丸太屋さんという宿泊施設も併設している。

丸太屋さんはダイバーだけでなく、一般の観光客もお泊りできるけど、LOGで潜るとダイバーズプランでお泊りできる。
部屋数は4室と少ないけど、部屋は広いし、温泉もある。(合宿所まである。)
食事も豪華じゃないけど、新鮮なサカナを食べさせてくれる。
なんせ目の前が日本海。漁港も目と鼻の先。新鮮なお魚が出ないわけはありません。
と、言うわけで今回の夕食・・・

f0046614_21263862.jpg

お造り(甘エビ、アジ、イカ、サザエ)、トビガイの酢の物、アジの煮付け腹子・白子添え。

f0046614_21282040.jpg

アジのフライ、ヒラメのから揚げ。

f0046614_21284315.jpg

ヒラメの塩焼き、このほかにご飯と岩のりのお吸い物、お漬物。

写真はお一人様の量。
特にアジの腹子と白子は初めて食べた。お店の人も珍味だといっていた。お造りも甘くておいしかった。これで1泊2食付で8,400円(LOGでダインビンした場合)。
1泊朝食付きだと約半額、合宿所泊りだとさらに安くなる。お財布に合わせて選ぶことが出来るのもうれしい。
なにより、ショップが隣りだからダイバーにとって、とっても楽チン。
今回のように早めに準備して、早い時間からENなんてことも出来る。

レギさえ水没させなければ、すぐにでも行きたいのに・・・orz
[PR]
by ashu_namy | 2006-07-13 21:51 | ダイビングのこと