ashuとnamyのよもやま日記

ashunamy.exblog.jp

namy:このブログの管理人。いろんなことに疲れて、絶賛ヤサグレ中だったけど、2012.9月、復活しました。              ashu:写真を撮っているだけのヒト。(笑)

<   2006年 05月 ( 26 )   > この月の画像一覧

たまには魚

いつもウミウシばかり探しているけど、たまぁ~に違うものも見つけてしまう。
今回は・・・・
f0046614_2055157.jpg
ダンゴウオちゃん
ウミウシを探しているときに海藻の中にいました。
カメラを向けたら、びっくりしてぴょこぴょこ泳いで、水底の石ころの上にちょこん・・・
水中では、ベージュのような白っぽい色に見えたけど、写真を見たら黄緑色っぽかった。
越前には、頭に白い輪っか(天使の輪?)をのせた子もいるそうな。
去年の暮れにドライを買わなければ、絶対に会えなかった。
この子に会えただけでも、大枚はたいてドライを買った甲斐があったというものよ。
ん~~もう一度会いたい!!
[PR]
by ashu_namy | 2006-05-29 21:10 | ダイビングのこと

友、遠方より・・・

沖縄で潜るときは必ずといっていいほどお世話になったガイドさんから電話が来た。
このガイドさん、namyのデビューダイビングのときからお世話になった。
パラオでの2回目の海外ダイビングで怖い思いをして、ダイビングをやめようと思ったときも、このガイドさんと約100本一緒に潜って、トラウマを克服し現在の私がある。
ウミウシ(だけでなく小物全般、とくにハゼ)にも詳しい。
今年の春、今までいたショップから独立して、なかなか一緒に潜る機会がなくなってしまったが、もう一度一緒に潜りたいと思っている。
[PR]
by ashu_namy | 2006-05-28 22:36 | ダイビングのこと

採寸

ウエットを新調することにした。今度作るのは、ロクハンワンピース。
ドライを作ったときの採寸表を見ながら、室内で水着になって「げっ!!太った??」「あれ?やせた?」と大騒ぎしながらの採寸。
どうやらこうやら計り終えて、FAXで注文。
早ければ2週間ほどで出来上がってくる(はず)。
さてさてどんなウエットが出来上がってきますか・・・
[PR]
by ashu_namy | 2006-05-27 16:34 | ダイビングのこと

ゆかいな義母

今日の夕食のときのこと・・・テーブルにローストビーフ(スーパーのお惣菜ね)がありました。

義母「わたしはもうひとつの方のが好きなんだけど、ashuがこっちのほうが好きなんだよね。namyちゃんもでしょ??」
namy「もうひとつの方って????」
義母「ほら・・・薄く切ったたまねぎがのってる・・・・」
namy「???」
義母「マ・・マリ・・マ・・・・マン・・・・」
namy「もしかして・・・」
義母「マ・・・マ・・・マリ・・・あっ!!マンネリ化!!」
namy「おかーさん・・・それをいうならマリネ・・・」
義母「あっ!そうそうマリネ、マリネ。いやだもうnamyちゃんたらぁっ」

・・・ってわたしかよ!!

ゆかいな義母で、笑いが絶えません・・・(^^;)
[PR]
by ashu_namy | 2006-05-25 20:50 | 家族のこと

庶民のあこがれ

ウミウシの名前には、学名と和名があります。
学名は世界共通の名前、和名は「和」名というだけあって(たぶん)日本で通用する名前。
この学名や和名に人の名前のついているウミウシがいます。

まずはこれ
f0046614_2191396.jpg

Hypselodoris bollandi
( Gosliner & Johnson, 1999 )
和名 : ボーランドウミウシ
2005.6 奄美大島 -20m



このウミウシの名前は、沖縄のウミウシ研究者のボーランド氏に献名されたものです。
「bolland」ここが名前(たぶん姓)、「i」は献名されたことを表します。
「i」は男性です。(女性は何だったかな・・??)
1999年に新種記載された、比較的新しい(?)ウミウシです。

しかーし!!この学名に日本人のフルネームがついているウミウシがいます。
これぞ庶民のあこがれ!!!
f0046614_21294960.jpg

Cyerce kikutarobabai
( Hamatani, 1976 )
和名 : カノコウロコウミウシ
2006.3 奄美大島 -2m



早口言葉のような和名のついたこのウミウシ、小さくてとてもかわいいんです。
でも、ちょっと触ると背中の突起を自切してしまいます。
そしてこのウミウシの学名「kikutarobabai」(iは献名されたことを表す)は日本におけるウミウシ研究の第一人者、故馬場菊太郎博士の名前が、フルネームでついているんです!!
ああ・・・!!!これぞ庶民のあこがれ中のあこがれ・・・
しかしこれは、ウミウシ研究の第一人者なればこそのことで、たまーにいくダイビングで珍しいウミウシを見つけてよろこんでいるだけでは、夢のまた夢・・・
それでも庶民はいつの日かウミウシに自分の名前がつくことを夢見ているのだった・・・(懲りないヤツ・・・)

※ いつも参考にしている本
ウミウシガイドブック 沖縄 慶良間諸島の海から 
沖縄のウミウシ 沖縄本島から八重山諸島まで
本州のウミウシ 北海道から奄美大島まで

ウミウシのことを調べるのにはとっても便利!!今までもこれからもきっとお世話になる、私たちにはバイブルと呼んでもいいほどの本です。
[PR]
by ashu_namy | 2006-05-24 22:12 | ウミウシのこと

寝坊しちゃった!!

気持ちよ~く寝てて、ナニゲに目覚ましを見たら、「うげ!!6時11分!!!」
6時40分には家を出ないといけないのに・・・
身支度、メイクを済ませ、ゴミ出しの準備をして、いってきま~す!!

都会へ行くashuの電車は朝は10分おきに来るけど、田舎にいくnamyの電車はいつものを逃すと、40分来ない!!遅刻しちゃう!!

ってことで今朝は朝食抜き。。。
午前中はなんだかぼーっとして、仕事にも集中できなかった・・・
結婚して初めての寝坊。ちょっとあせった朝でした。
明日は寝坊しないようにしましょうね。
[PR]
by ashu_namy | 2006-05-23 20:49 | 日常のこと

座間味のウミウシの写真

HPへのUPがやっと終わった・・・
まだ、前にUPした写真の差し替えとか、この前の越前の写真をUPしなきゃ・・・
でも、今日は疲れたからまた後日。

天皇、皇后両陛下が岐阜県で開催される全国植樹祭に臨席するために今日、岐阜県入りした。
明日は植樹祭のサテライト会場にお出かけ(半分仕事、半分実家の父とデート)。
ashuは草野球チームの試合。
明日も何かと忙しいみたいだわ。
[PR]
by ashu_namy | 2006-05-20 20:53 | ダイビングのこと
今日、観てきた。
前作のときは小さな部屋だったのに、今回はすこし大きな部屋になってて、お客も7割ぐらいはいっていた。人気が出たのね。
話自体は「おい・・・設定に無理があるだろ・・・」と思うところもあったが楽しめた。
3回ほど涙する場面もあった。
特救隊(たぶん本職)がホバリングするヘリコプターからジャイアントでエントリーしたり、ロープで降下してそのままエントリーしたりとかっこよかった。
私たちが海で事故にあったとき、自らの危険を顧みず救助に来てくれる人たちがいることを忘れてはいけないと思った。その人たちにも家族があることも・・・

日ごろからashuには「(ダイビング中に)私が流されても、助けにこなくていい。自分の身が危険だと思ったら、カメラは捨てなさい。」とはいってある。
でも、そんな事故が起こらないように、自分の力量を判断して楽しく安全にダイビングをしようと改めて思った。
[PR]
by ashu_namy | 2006-05-20 14:13 | 日常のこと

よく似てるけど・・・

f0046614_22421588.jpg

Siphopteron flavum
(Tokioka & Baba, 1964)
和名 : キイロウミコチョウ

大きくても5mmぐらいにしかならない。
写真の子は2mmぐらいだったかな。
冬の沖縄では比較的よく見られる。
小さいのに動きが早く、ちょっと目を離すと見失ってしまう。

キイロがいればオレンジもいるよってことで  

f0046614_22505482.jpg

Siphopteron brunneomarginatum
(Carlson & Hoff, 1974)
和名 : オレンジウミコチョウ

キイロウミコチョウより少し大きい(といっても1mm~2mm)。
特徴は、側足のフチが暗褐色で縁取られることと、左右の側足が内蔵嚢(カラダのことね)の上で接することで、見分けます。
あと、内蔵嚢がキイロウミコチョウに比べて細長いのも特徴かな。
個体によっては、おシリの突起のあたりに横に伸びる暗褐色の線が入る子もいる。
大体、キイロウミコチョウと同じような時期に同じような場所で見られます。

だからといって、側足のフチが暗褐色だったらオレンジウミコチョウかといえば、そうでもない。世の中はそんなに甘くないのだ。^^

f0046614_22584068.jpg

Siphopteron nigromarginatum
Gosliner, 1989
和名 : クロフチウミコチョウ

水中で一瞬見ただけでは、オレンジウミコチョウと間違えてしまいます。
クロフチウミコチョウは、側足のフチが暗褐色で背面で接しないこと、暗褐色のラインが細いことで判断します。
また、カラダにまだらの斑紋がある個体も見られます。
写真の子も頭の突起の下あたりが少し白くなっています。

中には、背中の上でラインがくっついているのにクロフチだったり、くっついていないのにオレンジだったりと、判断がつかない子達もいます。
そーなったら、より詳しいヒトに教えてもらうしかないんですけどね・・・^^;
どっちにしても水中で判断するのは難しいので、とりあえず写真を撮ってあとで「あーでもない、こーでもない」と考えるのもまた楽しいものです。
[PR]
by ashu_namy | 2006-05-19 23:17 | ウミウシのこと

なんだかなぁ・・・

この一ヶ月の間に、おなじ光景を2度見た。1度は私に降りかかってきたこと・・・

namyは電車通勤。田舎に向かう電車なので、朝の通勤時間帯でも立ってるヒトはまばら。
2駅立っていれば、(2駅目は乗降客の多い駅なので)たいてい座れる。
いつも同じ車両に乗っていれば、だれがどの駅で降りて、どの席が空くか大体わかる。
その日も、2駅目で降りるヒトの前に立っていた。このヒトが降りたらその席に座ろうと思って。
その席は、4人が横に並んで座るシートで、4人座っていて、namyは一番端のヒトの前に立っていた。
駅について、端のヒトが立って席が空いたので座ろうと思っていたまさにそのとき、右から2番目に座っていたヒト(namyが乗ったときにはすでにその位置に座っていた。)が、namyが座ろうとしているのに、横に移動して来たのだ!!

思わず「こいつ信じれ~~~ン!!!」

と、車両中に聞こえるような大声を出してしまった。^^;

立っている人がいるのに、すでに座っているヒトが、自分がすみっこに座りたいからって移動してくるなよ!!!
だれも立っているヒトがいないなら移動してもいいと思うけど、目の前に立ってるヒトがいるんだぜぇ~~!!

こんな非常識なヤツはこいつぐらいだと思っていたら今日、もう一人いた。
自分が隅っこに座りたいから、立ってるヒトを無視して席を横に移動する。
こんなヤツが、某市役所の市民福祉課に勤めているんだから、その自治体の未来は見えたな。

この二人に共通しているのは、どちらも公務員だということ。
前のヤツは労働局の課長クラス、今日のヤツは市役所の市民福祉課の主任クラス。
こんな他人の気持ちがわからないヤツが、労働局とか市役所なんだから・・・
[PR]
by ashu_namy | 2006-05-18 12:57 | 日常のこと