ashuとnamyのよもやま日記

ashunamy.exblog.jp

namy:このブログの管理人。いろんなことに疲れて、絶賛ヤサグレ中だったけど、2012.9月、復活しました。              ashu:写真を撮っているだけのヒト。(笑)

カテゴリ:2016.7 Canada( 24 )

成田空港まで戻ってきました。
でもまだ少し時間があります。
第二ターミナルはよく来る(JALのマイラーなのdr)けど、第一ターミナルは初めて。
なので、ウロウロしたいけど、暑いしカメラバッグは重いし、勝ってはわからないし、と、とりあえず展望デッキに向かってみました。

展望デッキに向かう途中で展示されていた針金アート。
f0046614_15145218.jpg


展望デッキに出てみました。
出るにはフードコートの中を通らないといけないので、なかなかわかりにくい。

アリタリア航空がいました。
f0046614_1516068.jpg

手前は言わずと知れたコリアンエアのジャンボ。

エアチャイナ。
f0046614_15185770.jpg

コンデジなので、めいっぱいズームしてこれがやっとです。

コクピットにはもうパイロットがいます。
f0046614_15194052.jpg

たまに手を振ってくれるけど、この時は振ってくれませんでした。

バニラエア。
f0046614_15203397.jpg

このカラーリング、好きだわ。
バニラエアって、ANAの子会社なんだってね。

トランス・アジア。
f0046614_15215635.jpg

どっかに飛んでっちゃいそうな名前。

ANA Carg。
f0046614_15221916.jpg

貨物機なんで窓がありません。

オーストリア航空。
f0046614_15232094.jpg

オーストラリアかと思ったけど、オーストリアでした。

ピーチ・アビエイション。
f0046614_15245214.jpg

ピーチもバニラもセントレアには来ない。
セントレアもLCC用のターミナルを作るって言ってるから、できたら来るかな。

バニラエア、離陸。
f0046614_15255395.jpg

そう、今まで見ていた飛行機は全部離陸していく飛行機。
14時という一番離発着の少ない時間でこんなに出発するんだから、やっぱり大きな空港なんですね。

展望デッキも暑かったので、来る途中で見つけたクレジットカードのラウンジで休憩。
今回のカナダ旅行用に、旅行を申し込んだときにとりあえずC$100、両替しておきました。
カナダはクレジットカードの使用率がとても高いので、そんなに現金は要らないだろうと考えてのことです。
でも、日程表を見ていたら、7月1日はカナダデーで、カナダの建国記念日の休日です。
この日は街をあげてのお祭りになるそうでレストランも早くに閉まるかもしれないということ、お祭りなら屋台が出るだろう、屋台なら現金のほうが便利かも。
それに、イギリス国民の皆様のおかげで、急激な円高になったので、もうC$100、空港で両替しました。
結果的に最初のC$100で十分足りましたが。

f0046614_15305941.jpg

栄のUFJではC$20紙幣しかなかったですが、空港はC$10とC$5紙幣がありました。

栄のUFJで両替したときは、C$1≒93円でした。
この時空港で両替したときは、C$1≒86円でした。
現地で使ったカードの請求は、C$1≒81円でした。

成田に来てのもう一つの楽しみは、スターウォーズジェットを見ることでした。
前回ドイツに行ったときは、国内線のSWジェットを見ることができました。
国際線使用の機体は、成田発しか飛んでいません。
路線は、アメリカかシンガポール。
成田に着いた時に探してみたけど、見つかりません。
展望デッキから見ても見つかりません。
今日はもう飛んできてないのかも・・・・と、肩を落としながらトイレに向かったその時!

f0046614_15355088.jpg

いました。

後ろに見えているのが、たぶん私たちが乗る予定の飛行機。
展望デッキから見えないところに駐機していました。
もう、ね、大興奮ですよ。
あきらめずにウロウロしていてよかったね。

BB-8がデザインされているこの機体。
f0046614_15374115.jpg

いつみても、イモムシっぽい。

f0046614_1538468.jpg

どう見てもイモムシっぽい。
ま、でもこれで成田まで来た甲斐があったというものです。

それでは搭乗ゲートに向かいます。
f0046614_1539770.jpg


定刻にボーディングが始まって、私達のチケットはカテゴリー5だったので、一番最後の搭乗でした。
今回の飛行機は、B787 ドリームライナーです。
f0046614_1546425.jpg


座席配列は3-3-3。
今回は真ん中3列の通路側から2席をリクエストしておきました。
3席だと窓側になるとトイレに立つのにいちいち厄介なので。

今回のお隣は、ト●ピックスで参加のおじさま。
エア枕やらなんやらたくさん持って乗ってきました。
このおじさま、席に座るなり、「やっぱりビジネスにすればよかった。」を10回ぐらい言っていました。

そのあと、「前回ヨーロッパ行ったときはビジネスだったからね。やっぱりビジネスはいいよね。」を3回ぐらい言いました。
お金があるんなら、最初からビジネスにしときゃいいじゃん。

ボーディング開始は定刻だったのに、離陸はその1時間後でした。
f0046614_1552381.jpg


モニターは個人モニターですが、日本語で見られる映画が少なかったです。
海街Diaryを見ていたら、寝ていました。

最初の機内食。
チキンorポークの選択。
チラシずしと、肉団子。いわゆるチキン。
f0046614_15534874.jpg

あったかいちらしずしってどうかと思ったけど、それなりにおいしく完食しました。

ashuさんはポークを選択。
f0046614_1555674.jpg

カレーでした。お肉がほろほろに柔らかかったそうですが、可もなく不可もないお味だったようです。

で、となりのおじさま。
なんどか海外に行っているみたいだけど、チキンorポークが聞き取れなかったみたいで、固まっていたので、
「鶏肉と豚肉とどっちがいいですか?」
って、私はあんたのお世話係じゃないぞ。

その後もモニターのホーム画面の戻し方がわからんとか、背もたれの倒し方がわからんとか、映画の日本語メニューの出し方がわからんとか。
ええ、結構お世話させていただきました。

寝て起きたら朝食のお時間です。
朝食のチョイスは、お粥か卵です。
機内食でお粥なんて珍しいから、お粥にしてみました。
f0046614_15591029.jpg

鶏の出汁がお腹にしみます。

ashuさんは卵。
f0046614_1559443.jpg

こちらも可もなく不可もなく。

ええ、もちろんおじさまは聞き取れないみたいだったので、「オムレツにしますか?お粥にしますか?」
おじさまは卵を選びました。

朝食が済んでまだトレイが片づけられていないのに、おじさまがお手洗いに行きたいと言ったので、トレイを持ってあげました。
そのすぐ後におじさまの添乗員さんが席にまわってきたけど、おじさまは全然帰ってこないので、添乗員さんにトイレに行ったと教えてあげました。
そのあと帰ってきたおじさまが、「添乗員が書類にサインしておけっていったけど、どこに書けばいい?」

そう来ると思ったよ。
しょうがないから書き方を指南。
その間も、「そんなことまで書かないといけないのか?添乗員はサインだけしておけばいいと言ったぞ。」

ええ、そう思うならサインだけしておいてくださいよ。
イミグレで手間取るのはあなたなんだから。
でもこういうヒトがいてイミグレが混雑するのも嫌なんで、懇切丁寧に教えて差し上げましたよ。

最後にこのおじさまの日程表を見せてもらったら、まぁ、それはそれは忙しい日程でした。
カナディアンロッキーに行って、ラスベガスからグランドサークルをめぐって、セドナへ。
そこからナイアガラの滝へ行くという9日間のツアーでした。
半分は移動だな・・・・

で、成田を出るときは1時間遅れだったけど、到着は定刻。
やるじゃん、エアカナダ。

f0046614_166555.jpg

カルガリー空港に到着しました。

これからバンフまで、約2時間の移動です。






[PR]
by ashu_namy | 2016-07-22 12:00 | 2016.7 Canada
カテゴリがCANADAなのに、まだ成田山にいます。

さて急な階段を登って本堂前に来ました。
まず目に入ってきたのが、国指定重要文化財の三重塔。
f0046614_1410090.jpg


 正徳2年(1712年)建立。塔内には五智如来を奉安し、周囲には「十六羅漢」の彫刻がめぐらされた塔です。また、雲水紋の彫刻を施した各層の垂木は1枚板で作られた(1枚垂木というそうな)珍しいものです。総高25m。

空が青かったらもっときれいだっでしょうに。

見事な雲水紋ですね。
f0046614_14164750.jpg


f0046614_14165855.jpg


こちらは鐘楼。
f0046614_14173668.jpg

お寺なんでね、大晦日には除夜の鐘をつくでしょうね。

一切経堂。
f0046614_1418239.jpg

中にある輪蔵にお経が収められていて、1回まわすとご利益があったとかそんな感じだったような。

かつてアメリカ人の牧師(だったかな)が、各地のお寺の建物に油をまいたという事件がありまして、その時の油の後がのこっているとかいないとか。

大本堂。
f0046614_14221972.jpg

ご本尊は不動明王。
 昭和43年(1968年)建立。成田山境内には、江戸時代に建立された国指定の重要文化財5棟をはじめ現代建築の粋を凝らした堂塔伽藍がありますが、大本堂は成田山で最も重要な御護摩祈祷を行う中心道場で、堂内には四大明王(降三世明王(東)・軍荼利明王(南)・大威徳明王(西)・金剛夜叉明王(北))や平成大曼荼羅などが奉安されています。

本堂の回廊から見る三重塔。
f0046614_14293169.jpg

あぁ・・・空が青ければ・・・
ま、雨がふってないだけ良しとしましょう。

「あ、ねぇねぇ、ご朱印があるよ?やっぱり最初は伊勢神宮から始めたほうがいいかな?でも、ここだと5個集まるよ」

「でもどっかではじめなきゃいけないんだから、せっかくだからはじめちゃう?」

そう、かねてからご朱印を集めたいと思っていたけど、なかなか始めるきっかけがないままあちこちの神社仏閣を周っていました。
これからカナダに行くのに、ご朱印帳って結構重いし、スーツケースはカルガリーまでスルーだからこの重たいご朱印帳を背負っていくのは私だし・・・といろいろ悩みましたが、旅行の無事を祈願して始めることにしました。

記念すべき最初の1ページは不動明王です。写真はないけど。
そのあと光明堂で大日如来(私の守護如来)、平和の大塔で薬師如来、出世稲荷で荼枳尼天(だきにてん)のご朱印を授かりました。

「ご朱印ってスタンプラリーみたいだね。」

「お金かかるけどね。」

信仰心のかけらもない会話です。
でもいいんです。楽しんで徳が積められれば。(積めるんだろうか?)

出世稲荷から見た成田山。
f0046614_14542353.jpg

広いお寺ですね。
平和の大塔では写経ができました。
時間があったらやってみたいものです。

雲雪も怪しくなってきたので、雨に降られる前に空港に戻ろうと思います。
なんてたって傘はスーツケースの中ですので。

表参道を歩いて戻ります。
初詣の頃はここもすごい人なんだろうな。
f0046614_14434049.jpg


手焼きのおせんべい屋さんがあったので、おやつに買ってみました。
f0046614_14441359.jpg


お昼になったのでランチを食べようと思ったけど、ウナギ屋さんばかりが目につきます。
この前ウナギはゴチしたし、これから旅行に行くんだから今から散財したらあかんやんということで、目についたお蕎麦屋さんにはいりました。

なかなか昭和なたたずまいのお店のざるそば。
f0046614_14462381.jpg

「まずっっ・・・」

珍しく二人の意見が一致しました。
味覚は人それぞれなので、お店の名前はあえて出しませんが、こんなにおいしくないおそばを食べたのは初めてかもしれない。

お金を出しておいしくないものを食べたので、なんか口直しがしたくて、甘太郎焼き。
f0046614_1448274.jpg

休日ともなれば行列ができるそうですが、平日なので並ばずとも買えました。
つぶあんと白あん1こづつ。1個120円です。
白あんって「御座候」ぐらいしかおいしいのに出会ったことがないけど、ここの白あんは「御座候」ぐらいおいしかったです。
おそばを食べたあとなのに1個完食。

京成成田駅に着いたら、電光掲示板に「常磐線 人身事故で遅延」と出ていました。
駅員さんに聞いたら、「常磐線はJRなので、こっち(京成線)は問題ないです。」といわれました。

駅で待つことしばし。
f0046614_14584695.jpg


電車が来ました。
f0046614_1459103.jpg


成田空港第1ターミナル駅(終点)に到着です。
f0046614_14593956.jpg


京成ライナーが停まっていました。
f0046614_1532331.jpg

そういや前に乗ったな。

成田空港の第1ターミナルは初めてなので、時間まで散策します。







[PR]
by ashu_namy | 2016-07-20 12:00 | 2016.7 Canada
定刻7時45分に出発したNH0338便は、可もなく不可もなく定刻の8時55分に無事成田空港第1ターミナルに到着しました。
さて、カルガリーに向かうAC0010便は、16時20分出発です。
今は9時を過ぎたところ。
外を見るとなんとか天気も持ちそうだったので、予定通り成田山に行ってみることにしました。

京成線で成田駅に向かいます。
時間は午前9時29分。
f0046614_13241565.jpg

平日のこんな時間にはそんなには人もいません。

電車だと2駅、11分ほど乗車します。
京成成田駅について、成田山方面を目指します。

金貸し~って感じの千葉興業銀行。
f0046614_13271656.jpg


カメラ屋さんもレトロ。
f0046614_13274444.jpg


赤と緑のイタリアンカラーなはずのセブンも景観に合わせて、茶色。
f0046614_13282378.jpg


由緒正しそうな旅館。
f0046614_13284128.jpg


血止めと切り傷の薬の看板。
f0046614_13292145.jpg


歩いているとうなぎ屋さんがたくさんあり、店頭でウナギを開いていました。
さすが関東、背開きでした。

で、歩いていたら唐突に成田山に到着です。
私のイメージとしては、参道を登り詰めたところに山門があると思っていたので、ちょっと拍子抜けしました。

ではここで、成田山についておさらいです。
 「成田山は御護摩」といわれるように、御護摩の霊験利益は数限りなく、江戸元禄より歌舞伎の成田屋市川團十郎丈、市川海老蔵丈をはじめ多くの人々が成田山の不動明王を信仰しています。
 真言宗智山派大本山成田山金剛王院新勝寺のご本尊不動明王は、平安の昔、嵯峨天皇の勅願により弘法大使空海が自ら敬刻して開眼護摩法を修せられた尊像です。
 京都の高尾山神護寺に奉安されていましたが、天慶2年(939年)、平将門が反乱を起こすと朱雀天皇の密勅を受けた寛朝大僧正はこの尊像とともに関東に下り、下総の国成田の地にて21日間の平和祈願の御護摩を修めました。その満願の日、天慶3年(940年)2月14日に兵乱は平定され、この地に新勝寺の寺号を賜って成田山が開山されました。


総門。
f0046614_13425926.jpg

平成19年建立。(あら、けっこう新しい)
総高15メートル。ご信徒をお迎えする成田山の正門。
蟇股には十二支の木彫刻があり、楼上に生まれ歳守本尊八体仏が奉安されています。

仁王門【国指定重要文化財】
f0046614_13472477.jpg

文政13年(1830年)建立。
境内入口にあって、伽藍守護の役目をしています。

これからこの石段を登ります。
足が弱い方は左手に迂回路があります。

その前に手を清めましょう。
f0046614_13495812.jpg


仁王門まで登ってきました。
f0046614_13502968.jpg

この門には左右に密迹金剛、那羅延金剛、裏仏には広目天、多聞天が泰安されています。

この門をくぐると仁王池(放生池)があり、生き物の生命をいとおしむ「不殺生」を教えています。
f0046614_13551332.jpg

f0046614_13552141.jpg

徳の浅い私には、理解できませんでした。

とりあえずカメはいました。
f0046614_13561080.jpg


本堂に行くまでにはこの階段を登ります。
f0046614_1473392.jpg







[PR]
by ashu_namy | 2016-07-19 12:00 | 2016.7 Canada
ashuさんがかねてより行きたがっていたカナディアンロッキー。
なかなか私にひらめきがなく行けてなかったのですが、今回なんとなくひらめいたので行くことにしました。

時は遡り、今年の3月。
いつもの黄色いパンフレットを眺めていて、行先はカナディアンロッキーに決まりました。
ashuさん的にはナイアガラも行きたかったみたいですが、そこは世界で2番目に広い国土を持カナダ(1番目はロシア)。
バンフとナイアガラでは距離が離れすぎているので、どっちも中途半端になりそうだったので、今回はバンフステイのカナディアンロッキーのみとしました。

プータロー 専業主婦で時間だけはたくさんあるので、パンフレットの各ツアーの値段を比較検討し、成田発でカルガリーまで直行便利用、氷河観光とヨーホー国立公園を周る6日間のツアーにしました。

で、セントレアから成田までは飛行機で移動になるんですが、これがまた6時45分にセントレア集合ということで、今回も東横インに前泊することにしました。

前回ドイツに行ったときも前泊したけど、今回はashuさんは半休にしたので、余裕を持って移動することができました。

東横インに着くと、ちょうど中国人の団体客が到着したところみたいで、うるさいのなんの。
どうしてもう少し静かにできないのかね。

幸いなことに団体用と個人用とカウンターが分かれていたので、チェックインはスムーズにできました。
今回は早くに予約をしたので(一応)ツインの部屋が取れました。
f0046614_14451550.jpg

うん。狭いよね。
ベッドの幅も狭くて、寝返り打ったら落ちそうでした。
これならダブルのほうがもう少しベッドが広くていいかも。
まぁ、寝るだけならこれで十分だけどね。

そして明朝。
5時50分ごろロビーに降りていくともう中国人の団体がいました。
早めに列に並んでおかないと、どんどん横入りされるので、並んでスタンバイ。
相変わらず中国語の注意書きが多い。
6時になって朝食サービスの時間になり、私たちの前にいた中国人の老夫婦。
パンを箸でつかもうとして、スタッフにトングを使えと注意されたら、そのままトングを持ったまま移動してしまいました。
もう少し勉強してから海外に出てくださいね。

無料でこれだけ食べられれば充分です。
f0046614_14493886.jpg


朝食をあわただしく済ませ、ホテルのシャトルバスで空港に向かいます。
同じバスに乗った方が自転車らしきものを持っていたので、どこに行くのか聞いたら、ドイツでトライアスロンの
大会に出るんだそうで。
すごいな。

セントレアで成田経由カルガリーまでのチケットをもらってチェックイン。
なんと、成田までの飛行機の座席が前後に離れてしまいました。
それも3人掛けの真ん中。
まぁ成田までの1時間弱なんで我慢しましょう。

それではまずはNH0338で成田に向かいます。
f0046614_14542342.jpg







[PR]
by ashu_namy | 2016-07-18 12:00 | 2016.7 Canada