ashuとnamyのよもやま日記

ashunamy.exblog.jp

namy:このブログの管理人。いろんなことに疲れて、絶賛ヤサグレ中だったけど、2012.9月、復活しました。              ashu:写真を撮っているだけのヒト。(笑)

カテゴリ:2014.4 高遠・立山( 8 )

雪の大谷とは反対方向に行くと、みくりが池という池に行けます。

たぶん立山連邦(のはしっこ)
f0046614_1391197.jpg

f0046614_139561.jpg


途中まで行きましたが、雪で歩きにくいのと、まだたどり着くまでに相当の時間がかかりそうだったので、断念。
ライチョウの写真を撮るんであろう、600mmという超望遠レンズを担いだ人とすれ違いました。
600mmなんて、いくらするんだろう・・・というのが二人の一致した感想でした。

ライチョウ目線で。
f0046614_1312151.jpg


ホテルまで戻る道の途中に、小さめの雪の回廊があったので行ってみました。
雪の大谷より壁は低いですが、人が少なくてよかったです。
f0046614_13125313.jpg

f0046614_13133631.jpg

f0046614_13134875.jpg

f0046614_1314238.jpg


最後に記念撮影。
f0046614_13161636.jpg

以前ハワイ島のマウナケア山の山頂(約4,200m)に星を見に行ったとき、酸欠で死にかけたことがあります。(いや、マジで意識が遠のき、そのまま寝たらお星さまになっていました。)
私はあまり高高度には強くないらしく、この時も少し息苦しく、頭が痛くなっていました。(いわゆる高山病)

集合時間になり、今度は高原バスで美女平に向かいます。
高原バスは50分で、片道1,710円、往復3,020円。全席着席です。
では、室堂にお別れです。
頑張って除雪してくれた除雪車。立山熊太郎という名前がついていました。
f0046614_13204999.jpg


バスに車窓から見る雪の壁。
f0046614_1322109.jpg


高原バスに乗っていると、途中の見どころでバスを止めてくれます。
降りることはできませんが、車窓から眺めることができます。
350mという落差日本一の称名滝が途中にありますが、霧のため見えず。

樹齢300年の立山杉。
f0046614_13283570.jpg

f0046614_13285053.jpg

滝も杉も進行方向右側にあるので、進行方向右側の座席に座るとよく見えます。

美女平駅に到着。
f0046614_1330651.jpg

ここの売店で売っている水まんじゅうは、添乗員さんおすすめのお土産でした。
試食もあります。

最後のケーブルカーに乗って、アルペンルートはおしまい。
f0046614_13311453.jpg

f0046614_1331275.jpg


立山駅で回送してきたバスに乗り込み、名古屋へ向かいます。
立山についたときには行程は約1時間遅れだったのに、名古屋にはほぼ定刻に到着しました。
道路が余りこんでいなかったせいもあるけど、運転手さんが頑張ってくれました。

帰り際、発泡酒の試飲缶を2本、お土産にもらいました。
f0046614_13325532.jpg

あとは、お土産。
f0046614_13331346.jpg

美女平の駅で買った水まんじゅうと、高遠のお菓子。

忙しくて大変だったけど、個人でいったらもっと大変だと思います。
今回初めて1泊のバスツアーに参加したけど、なかなか面白かったです。
[PR]
by ashu_namy | 2014-05-08 12:00 | 2014.4 高遠・立山
ロープウェイを降りたところは大観峰。標高2316mです。
ここから立山トンネルトロリーバスに乗り換えて、室堂へ行きます。
ここでも大混雑で、次のトロリーバスまで20分ぐらいしかありません。
展望台もあるらしいですが、きっと人だらけなのでベンチで座って休憩することにしました。
立山トンネルトロリーバス、片道2,160円、往復3,240円です。

やっと室堂に到着しました。
ここで雪の大谷ウォーキングです。
f0046614_12543925.jpg


山スキーのシュプールが美しい。
でもリフトがないので、自分で板を担いで登ります。
f0046614_12545828.jpg


パンフレットの写真なんかは地面も雪で白いのですが、実際は路面が見えています。
f0046614_12554996.jpg


途中からパノラマコースという雪の上を歩いていく道があったので、そちら方面に行ってみました。
左奥に見える黒い点は、人間です。
パノラマコースの終点は、あの黒い点の先にあります。
f0046614_12572933.jpg


山頂が低く見えますが、周りに見える山々は3,000m級の山の山頂です。
私たちが高いところにいるのです。
f0046614_12574950.jpg


ホテル立山方面。
空と雪のコントラストが美しかったです。
f0046614_12595832.jpg


つららを撮ってみました。が、よくわかりません 笑
f0046614_1304079.jpg


雲海です。
弥陀ヶ原方面は雲の下です。
f0046614_1313260.jpg


パノラマロードの終点には、係員がいて周辺の山の解説をしてくれます。
f0046614_133296.jpg


パノラマロードの終点からは雪の大谷を通って戻ることにしましたが、上りこう配で結構距離がありました。
f0046614_1335476.jpg


雪の壁の一番高いところ。
今年は15mが最高なんだそうです。
f0046614_134921.jpg

f0046614_1345332.jpg


ホテル立山まで戻ってきて、まだ時間があったので、みくりが池方面に行ってみることにしました。

つづく
[PR]
by ashu_namy | 2014-05-06 12:00 | 2014.4 高遠・立山
ぎゅうぎゅうのケーブルカーに揺られて到着したのが、黒部平。標高は1,828mです。
ここで添乗員さんが、ロープウェイの時間を確認してくるから待ってて言い残し、ダッシュでかけていく。
黒部平も人でいっぱいです。

「みなさんが乗るロープウェイの時間は12時05分です。
なので集合は11時55分です。それまでかなり時間があるのでお弁当はここで食べたほうがいいです。
いいですか?今日は団体がすごく多くてロープウェイが12時05分しか取れなかった(つい本音が出た模様 笑)ので、11時55分に集合です。遅れないようにしてください。このロープウェイに乗れないと、後の行程に影響します。では、まず集合写真を撮りに行きますので、外に出てください。」


で、集合写真の撮影。
しかし、ものすごき天気が良くて、雪の照り返しがまぶしくて、私は写真の中央でものすごく怖い顔をして写ってました。
ええ、もちろん写真は買ってません。

これから行く大観峰方面。
ここまですっきり晴れたのは、今年アルペンルート開通して(今年は4月16日開通)初めてだったそうです。
f0046614_229383.jpg

この山をバックに集合写真を撮りました。
f0046614_2295725.jpg

空が青くて(PLフィルター効果もあり)、雪が白くて気持ちよかったです。
f0046614_22102734.jpg


集合写真を撮るスタッフの人が、自分たちのカメラでも撮ってくれます。
でも、長蛇の列。
雪で歩ける場所が限られているので、大変です。
f0046614_2211111.jpg


この山を見ながらお弁当を食べました。
地面は雪だし、座るところがないので、立ったまま(時々しゃがんで)食べました。
おにぎり弁当(写真はなし)でしたが、なかなかのボリュームでした。
体はそんなに寒くはなかったですが、お弁当を食べているときは手がかじかんで、箸を落としそうになりました。
f0046614_22124967.jpg


そういえば添乗員さんが、
「下が天気が悪くても、山の上は天気がいいということもあります。それに下が寒くても山の上は暑いんですよ。だって、太陽に近いから!。

と、3回ぐらい言っていましたが、標高が高くなると気温って低くなるんじゃないでしたっけ?
太陽に近くなるから暑いって、それじゃエベレストなんて雪なんかないはずじゃ?と思いましたが黙ってました。
実際黒部平は寒く無かったです。
でもそれは太陽に近いからじゃないと思うんだけどなぁ・・・

お弁当を食べた後は展望台に行ってみることにしましたが、途中の売店付近は下から上がってくる観光客でごった返して歩くことが困難でした。

なんとか展望台に到着。
左下にいるのは人です。
けっこう高いところまで上がってきました。
f0046614_2220346.jpg

f0046614_2220481.jpg


これから乗るロープウェイは、途中に鉄塔のないワンスパンのロープウェイです。
f0046614_2221556.jpg


集合時間になったので、集合場所に行きました。
ちょっと早めに行ってトイレ(ものすごい渋滞!)を済ませ、添乗員さんが来るのを待っていたら、
「つるちゃんチームのみなさんは、集合してください。」
と、アナウンスがありました。
本当につるちゃんチームだったんだ。 笑
他にも「ドクロチーム」とかもありました。添乗員さんはいろいろ工夫するんですね。
それでも時間までに来ない人がいて、添乗員さんはイライラやきもきしていました。
だって全員がそろわないと乗せてもらえないからね。

やっと全員がそろって、ロープウェイ乗り場へ。
ケーブルカーで一緒だった中国人団体とここでも一緒でした。
窓の近くが良かったけど、押されて中に。
手の長いashuさんが、撮ってくれました。
f0046614_22271969.jpg

f0046614_22273489.jpg

f0046614_22274873.jpg


つづく
[PR]
by ashu_namy | 2014-05-04 12:00 | 2014.4 高遠・立山
朝起きて、窓の外を見たら青空が出ています。
やったね。

お宿の朝ご飯。
f0046614_22235381.jpg

まぁ、可もなく不可もなく、といったところでしょうか。

朝食を済ませ、玄関でお昼のお弁当を受け取って、バスに乗り込みます。
前日は最前列の座席でしたが、2日目は最後列でした。
私たちが一番後ろだったので、一人1席使えたので、棚に収まらないカメラバッグを置くことができました。

本日はアルペンルートを通り抜けます。
その前に添乗員さんから
「アルペンルートを通り抜けるのに6回、乗り換えがあります。すべて予約はしてありますが、時間はあってないようなものです。予約はしてあっても全員がそろった団体が優先になります。放送もかけてもらえますが同じような会社名が多いので、今日はみなさん
「つるちゃんチーム」です。「つるちゃんチーム」とアナウンスがあったら、集合してください。」

と、注意事項がありました。

お宿から1時間ほどバスに揺られて、扇沢の駅へ。
f0046614_22271492.jpg

ここで乗ってきたバスを降りて、トロリーバスで黒部ダムへ向かいます。
添乗員さんがチケットを受け取りに行っている間に、1枚。
f0046614_22284610.jpg

写真を撮っている間にも、大型観光バスがじゃんじゃんやってきます。

この日は団体客が多いらしく、9時のトロリーバスには乗れませんでした。
次のトロリーバスに乗ることになりましたが、他の団体さんもたくさんいるので、ぼやぼやしていると乗り遅れる可能性があります。
なので、早い時間から改札の前でスタンバイ。
しばらく待っていたら、駅員さんが
「みなさん、本日はようこそお越しくださいました。本日はたくさんのお客様で混み合いましてご迷惑をおかけしております。トロリーバスは4台ありますので、お好きなバスに乗り込んでください。席は早い者勝ちです。本日はたくさんのお客さんです。
室堂もいいお天気で本当に良かったです。ところで、みなさん!
お弁当いかがですか?いや、今日は団体さんがたくさん来ています。上にもレストランはありますが、きっと長蛇の列でしょう。お弁当の手配ができている方はいいですが、上まで行って並ぶのは嫌だという方は、
お弁当、いかがですか?扇沢の駅限定発売で、あと11個です!。」


いや~まったくうまいアナウンスでした。
いつもやっているんでしょうね、とても慣れた話し方でした。
お弁当はすぐに完売。
そのあと同じ調子で、チョロQの販売が始まりました。

そんな楽しい話を聞いていたら、出札です。
1番に改札を通って、ashuさんに席取りをお願いして、
f0046614_2238496.jpg
f0046614_22383849.jpg

関電トンネルトロリーバス 開通50周年記念ラッピング の写真を撮ってきました。
黒部ダムは関電の持ち物だったんですね。初めて知ったわ。
このトロリーバス(通称 トロバス)の車体の4本の黒い線は、「くろよん」にちなんでいるとか。

この関電トンネルトロリーバスに乗ること16分で黒部ダムに到着です。
ちなみに料金は片道1,540円、往復2,570円です。

黒部ダムについたら、添乗員さんがものすごい勢いで移動を始めました。
見失わないようについていくのが精いっぱい。
ダムの堰堤で止まって人数を確認したときに、だれも迷子になっていなかったがすごかった。

ここでしばらく写真タイム!かと思いきや、
「今日はものすごく団体が多いです。私は今からダッシュでケーブルカーの予約を取りに行きます。みなさんは20分後にケーブルカーの乗り場に集合してください。
全員がそろわないとケーブルカーに乗れないので、ご協力をお願いします。」

と、言い残して、本当にダッシュでかけていきました。

20分しかないので、撮影しながらの移動です。
ダム湖はまだ凍っていました。
人が乗れるほどの厚みはないようだけど。
f0046614_2351224.jpg

f0046614_2352315.jpg

f0046614_2354985.jpg


上の展望台からの景色が見たかったな~
f0046614_236093.jpg


夏場はここから観光放水が見られます。
f0046614_2362991.jpg


ダムの中心。
f0046614_2365492.jpg


真っ青な空にひとすじの飛行機雲。
保護フィルターとPLフィルターの2枚重ねで隅がケラれてますが。
f0046614_2372285.jpg


みなさん時間通りに集合し、今度は黒部ケーブルカーで黒部平に向かいます。
f0046614_239496.jpg


なかなかの急こう配を降りてきます。
f0046614_23101223.jpg

黒部ケーブルカー 5分の乗車で片道860円、往復1,300円。

2つの団体(もう一つは中国人。もう、うるさいのなんのって)で70人ほど。
ぎゅうぎゅうに乗って黒部平に向かいます。

つづく
[PR]
by ashu_namy | 2014-05-02 12:00 | 2014.4 高遠・立山
同じような桜の写真で、どこまで引っ張るの?って感じですが、もうしばらくお付き合いください。
二の丸付近まで戻ってきました。
高遠城址公園自体はそんなに広い公園ではないので、ぐるっと見て回るだけなら30分もあれば足ります。
お天気のいい日には、桜の向こうに中央アルプスが眺められて、のんびりお弁当を広げるにはもってこいだと思います。
桜の時期は、敷物を持って出かけると座る場所に困らなくていいかも。
中には、でっかいブルーシートを広げてお花見をしているおっさんの集団もいました。
そこに陣取ったら、他の人が写真撮れんだろ・・・というような場所に。

望遠レンズなんだけど、低いところの枝の花を狙ってみました。
f0046614_22203694.jpg

f0046614_22204733.jpg
f0046614_22205918.jpg
f0046614_22211215.jpg
f0046614_22212647.jpg
f0046614_22214624.jpg
f0046614_2222232.jpg

ここで集合時間まあと15分になりました。
あと、1時間あったらマクロレンズに替えて撮れたのになぁ~とちょっと残念。
でも、2時間45分ここで遊んでたので、団体ツアーにしては時間を取ってくれた方じゃないかしら。

お昼ご飯が早かったので、おやつに高遠まんじゅうを買いました。
1個120円。高いのか、安いのか。高いんだろうな。
f0046614_22241833.jpg


高遠城址公園を後に、まずは行きにも寄ったドライブインで車内で予約したお土産をピックアップ。
トイレと試食を済ませ、今夜のお宿の栂池に向かいます。
まだところどころに雪が残っていたけど、スキーシーズンは終わったらしく人の気配がありませんでした。

泊まったお宿もスキーロッジです。
ゲレンデは目の前なので、スキー客にはうってつけのお宿です。
グレージングの階段とか、靴を脱いで上がるところとか、スキーをやっていたころを懐かしく思い出しました。
もちろん頭の中はユーミンの「ロッジで待つクリスマス」がリフレインしています。
(どんだけ昭和やねん)

頭の中が「私をスキーに連れてって」のまま部屋に入ると、
f0046614_22292483.jpg

もう、昭和なカホリのお部屋。
「ロッジで待つクリスマス」の次は、「ブリザード」がリフレイン。

部屋の中に廊下があって、
f0046614_22312844.jpg

入り口を入ってすぐに浴衣とタオルと冷蔵庫があったりしたけど、でもなかなか居心地のいいお部屋でした。
f0046614_22314279.jpg

電気ポットのコードだけあって、本体がなかったのが謎だけど。

なんか見るからにスキーロッジって感じでしょ?
またスキーがやりたくなってきたわ。
f0046614_22333327.jpg
f0046614_22334470.jpg

このお宿には、ゴルフの石川遼君が来たことがあるらしく、写真が飾ってありました。

そんなお宿の夕食は
f0046614_22345051.jpg

ちょっと冷めていたけど、お味はまずまずでした。
年齢層が高めのツアーだったのだけど、食事内容はちょっと若向きな感じでした。

お部屋にお風呂はついていなかったけど、大浴場が温泉でとても気持ちよかったです。
と、そんなこんなで栂池の夜は更けてゆくのでした。

つづく
[PR]
by ashu_namy | 2014-04-27 12:00 | 2014.4 高遠・立山
白兎(はくと)橋を渡って、法幢院曲輪(ほうどういんくるわ)付近にやってきました。
f0046614_2231012.jpg
f0046614_2232698.jpg
f0046614_2233736.jpg
f0046614_224221.jpg
f0046614_2241633.jpg
f0046614_2242811.jpg


ピンクの写真ばかり見ていると、目がおかしくなりそうなので、ここでフキノトウでも。
でも、WBをRに振っているので、画面全体がピンクがかってます。
やりすぎには注意しましょう(^^;)
f0046614_2244034.jpg


広瀬奇癖(ひろせきへき)、河東碧梧桐(かわひがしへきごとう)句碑をバックに。
f0046614_2281877.jpg

梧桐(ごとう)という漢字、変換候補の上の方に出てきました。
メジャーな単語なのかしら。

f0046614_2291845.jpg
f0046614_229319.jpg

ピンクに飽きたので、WBのカラーチャートで遊んでみました。
まずは、青を強く。
f0046614_22122058.jpg

次に黄色を強く。
f0046614_2213220.jpg

赤をもっと強く。
f0046614_22132478.jpg

最後に緑を強くしてみました。
f0046614_22142325.jpg


桜ばっかり見ていると飽きるので、水仙なんかも。
f0046614_22145684.jpg


まだつづくの?
[PR]
by ashu_namy | 2014-04-26 12:00 | 2014.4 高遠・立山
高遠城址公園の1番人気のスポット、桜雲橋にきました。
橋と桜が一緒に撮れるフォトジェニックな場所なので、たくさんの人です。
f0046614_23181847.jpg

「この枝、邪魔だわ・・・」
と、ひとりごとをつぶやいたつもりだったのに、
「ホントですよね~。でも、下に行ったらもっと邪魔よ。ここら辺で撮るのが一番いい場所かも。」
と、見知らぬニコラーの女性に反応されてしまいました。
でも、見知らぬ同士だけどお互いに、にっこり。
なんか、ほっこりした気分になりました。

で、下に降りてみました。
うん、じゃまかどうかはわからないけど、やっぱりワイドは苦手だわ(^^;)
f0046614_23182843.jpg


f0046614_23183874.jpg


ここでレンズを70-300㎜に交換して、望遠オンリーで撮影です。
桜の撮影に来て望遠ってどうかと思うけど、実はマクロレンズも持ってきています。
それも、tokinaの35mm。
どんだけ寄るつもりやねん、というレンズチョイスですね。

では、桜 望遠編 どうぞ。
f0046614_23265583.jpg
f0046614_23273153.jpg

f0046614_23275853.jpg
f0046614_2328614.jpg
f0046614_23282346.jpg
f0046614_23283828.jpg
f0046614_23285184.jpg
f0046614_2329143.jpg


望遠で絞りを開けると、かなり手振れします。
一脚ぐらい持ってこればよかったな。

ピンクの桜ばかり続いたので、桜の木の下に咲いていた(たぶん)ヤマブキ。
まだつぼみでした。
f0046614_2329187.jpg


桜だけなのに、つづくの・・・?(^^;)
[PR]
by ashu_namy | 2014-04-25 12:00 | 2014.4 高遠・立山
そうだ、高遠に桜を見に行こう、で始まった春の桜ツアー探し。
どうせなら、立山の雪の大谷ウォークも行ってしまいましょうかという、一度で二度おいしいみたいなツアーに参加してきました。

検討対象は、JTB旅物語とクラブツーリズム。
同じ内容で、同じような金額で、お弁当がついていたJTB旅物語を選びました。

4月18日。朝6時23分の電車に乗って名古屋駅へ。
早朝なので空いているかと思いきや、早めの通勤時間帯なのか、普通に混雑していました。
名古屋駅について、エスカのツアー集合場所に行ったら、たくさんのひと、ヒト、人。
私たちが参加するツアーは総勢32名。年齢は若干高めでした。

7時20分。全員が揃ったところでバスに移動。
座席は指定で、私たちは一番前(というか、添乗員さんのすぐ後ろ)の席でした。
ashuのカメラバックが大きすぎて、棚に入らなかったのは小さな誤算。
名古屋駅からすぐに高速に乗って、小1時間でトイレ休憩。
今回2日間お世話になったバス。
f0046614_22494490.jpg


見慣れた景色を見ていたら寝ていたらしく、次に起きた時には駒ケ根のインターを降りるところでした。
ここでドライブインでトイレ休憩と、お弁当の積み込み。
ここまでで、名古屋からだいたい2時間。

再びバスに乗った時に、好きな時に食べてくれろとお弁当を渡されました。
朝、バスに乗ってすぐにがっつりパンを食べたので、あまりお腹が空いていなかったけど、お弁当を持ったままでは写真も撮りにくかろうと、高遠城址公園に着く直前(時間にして、午前10時30分ごろ)に、バスの中で食べました。

春らしく、たけのこご飯のお弁当でした。
f0046614_22531559.jpg


渋滞を懸念しつつも、タイミングよく公園直下の大型バス駐車場に入ることができました。
駐車場に入る前から、満開の桜が見えてきて、テンションが上がります。
朝は雨もぱらついていましたが、なんとか止んでくれました。

入場券を見せて、階段を上ります。
f0046614_2361496.jpg

いきなり望遠かいっ!
24-85mmの85mm側です。
24mm側でも撮りましたが、イマイチ何を撮りたいのかわからない写真になったので却下。

それに人がたくさんいて、広角だともれなく誰かの頭が入るので、やっぱり望遠になります。
f0046614_2382978.jpg

f0046614_2384215.jpg
f0046614_2385240.jpg
f0046614_239463.jpg

バックのピンクは全部桜です。
場所によっては空が見えないぐらい密集して咲いているところもありました。

タカトオコヒガンザクラはソメイヨシノより花びらがピンクですが、写真になるとやっぱり白っぽく写ります。
なので、WBのRをちょっと強くしてみました。
f0046614_239157.jpg


長くなったので、つづく。
[PR]
by ashu_namy | 2014-04-24 12:00 | 2014.4 高遠・立山