ashuとnamyのよもやま日記

ashunamy.exblog.jp

namy:このブログの管理人。いろんなことに疲れて、絶賛ヤサグレ中だったけど、2012.9月、復活しました。              ashu:写真を撮っているだけのヒト。(笑)

カテゴリ:2013.12 ALASKA( 24 )

アラスカで買ったお土産

金色の小箱は、ブリットルというお菓子。
ナッツをメープルシロップで固めた、カリッとした食感のお菓子です。
サーモンジャーキーは、味が濃いめ。
お酒の好きな人にはお勧めです。
左の駄菓子系は、現地のガイドさんのおすすめ。
f0046614_20223074.jpg


Alaska Tipsはボックスランチに入っていたもの。
塩味ですが、なかなかおいしかったです。
コーンナッツはポップコーンみたいなものではなく、トウモロコシの実、そのままがお菓子になっているみたいです。
小袋になっているものは、ashuの会社のお土産用に買いました。
赤と青は板チョコです。
2個買うと1個おまけというセールをやっていました。
私の会社のばらまき系のお土産にしました。
f0046614_20223760.jpg


フェアバンクス郊外のステーキハウス、シルバーガルチのオリジナルTシャツ。
お店のスタッフが着ていて、デザインや色が素敵だなと思って買いました。
カメラ防寒着を作ったご褒美に、私のも買ってもらいました。
メンズが$15、レディースが$20と、お土産にしては安かったです。
f0046614_20224343.jpg


チェナで買ったスモークサーモン。
自家用に買ってこなかったので、おいしいかどうかは不明(^^;)
f0046614_2022494.jpg


今回初めて免税店で、自分用のお土産を買いました。
ロクシタンの香水。
細長いほうが液体の香水。ロールタイプで少しつけたいときに便利です。
ロールタイプは成田五番街のANA SHOPにしか売ってなかったです。
四角いほうは、クリームタイプ。
ashuが香水の匂いが苦手なので、スプレータイプは使えません。
でも練りタイプや、ロールオンならつけすぎないのでashuの前でも使えます。
これは飛行機の中で買いました。
f0046614_20225465.jpg


フェアバンクスのスーパーで買ったけど、結局飲めなくて持ち帰ってきたココナツジュース。
パイナップルの酸味で甘すぎず、なかなかおいしかったです。
f0046614_20225910.jpg


今回は珍しく自分用のお土産もたくさん買いました。
[PR]
by ashu_namy | 2014-03-28 12:00 | 2013.12 ALASKA

2014.1.3 Alaska 20

部屋に帰ってお弁当の中に入っていたオレンジを食べて、お風呂に入って荷造りです。
借りていた防寒着を部屋の外に出しておきます。
朝食は7時30分からだったので、2時間ぐらい寝たような気もします。

フェアバンクスでの最後の食事。
f0046614_1647468.jpg

やたらとボリュームのあるハッシュポテトでした。

8時30分にロビーに集合して、空港に向かいます。
チェックインしたらすぐに出国でした。
ロビーにあったオオカミのはく製。
f0046614_165011100.jpg


まだ朝が早いので、誰もいません。
というか、日本に向かうチャーター便のお客だけなんじゃないか?
f0046614_16511439.jpg

小さなお土産屋さんがあったので、最後の買い物をしました。
入り口にあったクマ。
f0046614_16513635.jpg


まだ夜明け前です。
f0046614_1652149.jpg


時間になり、搭乗。
映画を観ているうちに機内食のお時間です。
f0046614_16524535.jpg

お弁当みたいな内容でした。
お味噌汁がおいしかったです。

機内食の後も映画を観て、そうこうしているうちに成田に到着。
1月3日に有楽町で火災があって新幹線が大幅に遅れていたそうだけど、4日は平常通りに運行していました。

ここで最後のアクシデント発生。
ashuのスマホの電源が入らなくなってしまいました。
原因は、オーロラ観察の時にスマホを持って出てしまったことによる過放電でした。
そりゃマイナス30度近い気温の中に3時間も持っていったらバッテリーも消耗するって。

NEXの中で充電して、なんとか復活しました。

その後東京駅から新幹線で無事帰宅。

その1か月後に耳が腐りかけることになろうなんて、この時はまだ知りませんでした(^^;)

初めてのアラスカ。
とても楽しかったです。
また行きたいですし、夏のアラスカも行ってみたいです。

思いのほか短い(おい)旅行記になりましたが、お付き合いいただきありがとうございました。
[PR]
by ashu_namy | 2014-03-27 12:00 | 2013.12 ALASKA

2014.1.2 Alaska 19

バスに戻り再び北極圏を目指して進みます。

途中、突然バスが止まったので降りてみました。
f0046614_16284059.jpg

ホワイトバランスを間違えたのではなく、空気が青いのです。
風がものすごく強くて、頭の中には中島みゆきの「荒野より」のサビがリフレインしていました。

バスが止まった理由は、長い時間座ったままだと疲れるだろうということで、ストレッチ休憩をするために泊まったのでした。

さて、朝ホテルでいただいたお弁当を開けてみましょう。
写真撮るのを忘れましたが。
中味は、黒食パン2枚、レタス、トマト、玉ねぎとマヨネーズ。
これでサンドイッチを作れってことですね。
あとは、オレンジ1個とポテトチップス1袋。以上。
えーっと、これディナーです。
今回のツアーは、代金の割に食事がしょぼいなーという印象です。
子どもならともかく、大の大人がこれだけでは足りないだろ。
実際ashuさんは足りませんでした。
まぁ、このためにバナナをたくさん持ってきましたが。
そうそう、途中にはコンビニはおろか、自販機なんてものもないので、ステンレスマグにミルクティーを作って持って行ったのは、正解でした。

そしてバスはついに、
f0046614_163598.jpg

北緯66度33分の北極圏に到着しました。

真っ暗で何も見えませんでしたが、
f0046614_16354359.jpg

こういう看板があるところを見ると、景色のよいところなんでしょうね。

さて、北極圏にやってきた記念撮影が済んだら、ふたたびフェアバンクスに向かってひた走ります。
帰りはオーロラを探しながら帰るのですが、いいオーロラが出ていてもそうそう簡単には止まれません。
1本道ですが雪で道幅が狭くなっているので、むやみやたらとバスを停めると交通の支障になります。

実際、正面から黄色灯を回した車が走ってきて、これからオーバーサイズコンボイが4台通るから道を開けてくれ、と言われました。
しばらく待避所で待っていたら、大きなトレーラーが走り抜けていきました。

そのあと、パイプラインの近くでオーロラが言えるということで、バスを停めてオーロラ撮影。
f0046614_16394993.jpg

いつも遠目に見ていたパイプライン。

もうデジイチを出す気力もなく、ashuさんが手持ちコンデジで撮ったオーロラ。
f0046614_1641463.jpg

namyさんに至っては、バスから降りることもしませんでした。

このとき、namyさんの耳は凍傷になり、一番新しいピアスホールから雑菌が入り、大変なことになっていましたが、そんなことはつゆ知らず、「耳が痒いな~」ぐらいにしか思っていませんでした。

この日ホテルに着いたのは、日付が変わった午前3時。
ほとんど寝る間もなく、帰国の朝はやってきます。

つづく
[PR]
by ashu_namy | 2014-03-26 12:00 | 2013.12 ALASKA

2014.1.2 Alaska 18

1月2日 (現地時間)

前の日(というか、今日)寝たのが4時ごろ。
起床は8時30分。
この日は北極圏ドライブ。
9時から朝食なのだけれど日程表によると、この日にホテルで食べる食事は昼食扱い。
ということは、9時に食べてしまうと夜までなにもなし、ということになります。
で、しっかり食べようと思ったけど、連日の夜更かしで思うように食べられない。
まぁ、バナナも買ったし、何とかなるんじゃないでしょうか。
f0046614_1423223.jpg


この日は一日バスの中で途中ドライブインもないので、暖かい飲み物が欲しいかな~と思い、レストランで日本から持参したステンレスマグにお湯を入れたまではよかったけど、そのマグをレストランに忘れてあわてて取りに行きました(^^;)

マグのお湯に粉末のミルクティーを溶かして、バナナを持って準備万端です。
10時30分出発なので、10時ごろロビーに降りて、ボックスランチをもらいます。
これがこの日の夕食です。
バスの中で好きな時に食べていいそうです。

バスに乗り込み、北極圏を目指して出発です。
町の郊外にでたな~と思ったら、即寝落ち。
起きた時は出発から1時間が経過していて、最初で最後のドライブインでのトイレ休憩です。
f0046614_14284479.jpg

ガソリンスタンドも併設されていて、大きなトレーラーが止まっていました。

そこからしばらく走って、ドルトンハイウェイの入り口に来ました。
f0046614_14294262.jpg

この道の終点は、北極海に面する町、Pudhoe Bay(プルドー・ベイ)です。
ここから先は、コンビニもガソリンスタンドもない1本道です。
トイレはバスについているトイレを使わせてもらえました。

車窓から夕暮れの空が見えます。(といっても14時ぐらい)
f0046614_14363038.jpg
f0046614_14364056.jpg
f0046614_14364978.jpg


ユーコン川まできました。
この川は秋になるとキングサーモンが遡上してきます。
冬は全面氷に覆われます。
f0046614_14374333.jpg


氷の厚さは30cmぐらいあり、人間が乗っても割れません。
f0046614_14391341.jpg

このユーコン川にかかる橋は、9.11以降歩いて渡ることができなくなったそうです。
この近くに重要なパイプラインが通っているので、テロの標的になりやすとか。
橋の上に監視カメラがつていて、歩いている人がいたら、直ちに警察が来るそうです。
まぁ、歩いている人もいないだろうけど。

f0046614_14431665.jpg

なんの船か聞くのを忘れましたが、とにかく大きかったです。

つづく
[PR]
by ashu_namy | 2014-03-25 12:00 | 2013.12 ALASKA

2014.1.1 Alaska 17

1月1日(現地時間)

先ほどの強いオーロラがおさまった後は、空全体にぼんやりとかかるオーロラになってしまいました。

この写真は、加工ソフトでコントラストだけはっきりさせただけの写真です。
f0046614_20321627.jpg


これをオートレベルでいじってやると
f0046614_20331057.jpg

もう少しはっきりオーロラが見えます。
足元は雪ですが、湿度が低く凍らないので、油断して足を踏み出すと膝まで埋まります。
何度埋まったことか・・・(学習しようよ)

このあとも
f0046614_20344719.jpg
f0046614_20345891.jpg
f0046614_2035992.jpg
f0046614_20352074.jpg

空全体にオーロラがかかり、最初のような明るく強いオーロラは出ませんでした。

25時10分ころロッジの中で、熊谷さんが撮影した写真の鑑賞会が始まりました。
ここで自分の欲しい写真を注文することができます。
希望者には、USBにデータを入れてくれます(有料)
ashu_namyは写ってないので、みなさんの笑顔をたくさん見せてもらいました。

うん、やっぱりF2.8は明るく写るね。(感想はそこか?)
あと、私の今の三脚はちょっと低いから、もう少し高い三脚が欲しいね。(やっぱりそこ?)

26時 ロッジを出発。帰りもバスまでロッジの車で送ってもらいます。
バスのサスが柔らかくて、気持ち悪くなってしまいました。

27時 ホテル到着。一気に気持ち悪くなり、しばし休憩。
片づけをほったらかして、お風呂に入ってすぐに寝ました。

明日(もう今日か)も、早い。
明日は一日バスなので、酔い止めを飲もう。

と、ブログ帳(覚書というか、ネタ帳というか)に書いてありました(笑)

つづく
[PR]
by ashu_namy | 2014-03-12 12:00 | 2013.12 ALASKA

2014.1.1 Alaska 16

1月1日 (現地時間)

レストランを出発して、この日のオーロラ観測場所は、日本人の熊谷さん夫婦が経営するオーロラボレアリスロッジです。
熊谷さんのダンナさまがご自分で作られた建物で、最近ロッジの隣に宿泊施設もできたようです。
山の北側の斜面が開けているので、オーロラ観測にはもってこいの場所です。

ロッジまで大型バスではいけないので、山の中腹からロッジのお迎えの車で移動します。
バスを降りたときからもう大きなブリッジが空にかかっていました。
ロッジについたら、ロッジの説明を聞く間もなくカメラのセッティング。

すでに大きなオーロラが出ていました。
f0046614_2017477.jpg


左からも大きなオーロラが出てきています。
f0046614_20173292.jpg


光がだんだん強くなり、
f0046614_20175832.jpg


大きなオーロラが出ました。
f0046614_2018227.jpg

f0046614_20183210.jpg
f0046614_20183972.jpg


ピントが合っていないのではなく(いや、合ってるのかも怪しいが)、オーロラの動きが早すぎて、露光している時間(10秒)に動いてしまうので、ぼやけた写真になってしまいます。
f0046614_20184614.jpg


あまりに明るいオーロラだったので、露出がオーバーになってしまい、本当なら赤く写るはずのオーロラがピンクになってしまいました。
f0046614_20192179.jpg


f0046614_20192898.jpg


露光時間を6秒にして撮ってみました。
f0046614_20193546.jpg


下の方に雲がかかっています。
f0046614_20194655.jpg


ここのロッジでは、オーロラをバックに写真を撮ってもらえます。
このすごいオーロラが出ている時、みなさんはたくさん撮ってもらっていましたが、ashu_namyは自分たちが撮ることに夢中になっていて、それどころではありませんでした(^^;)

この日の気温は-5℃。
みなさん口をそろえて、「今日は暖かい」
慣れというのは恐ろしいものです。

でも、フェイスマスクをしていなくても顔が痛くないし、手袋を外しても手が痛くない。
深呼吸をしても肺が痛くないし、ずっと外にいても全然寒く無かったです。

でも、このときの油断で、あとでnamyが泣くことになります。

つづく
[PR]
by ashu_namy | 2014-03-11 12:00 | 2013.12 ALASKA

2014.1.1 Alaska 15

スーパーを出たら、夕焼けがキレイでした。
15時ぐらいですが。
f0046614_16352100.jpg
f0046614_16351159.jpg
f0046614_16352949.jpg


写真を撮りながらホテルに戻ったら、部屋の準備ができているということで、部屋に入りました。
f0046614_16364155.jpg

入った瞬間、ひ・・・広い。
キッチンとリビングとベッドルームが独立しています。
食器もカトラリーもすべてそろっているので、すぐにでも料理ができます。(しないけど)

f0046614_16384850.jpg

トイレとお風呂は一緒ですが、お風呂はカーテンじゃなく、ガラス戸で仕切られています。
広すぎて、どこに何を置いたかわからなくなりそうでした。

このホテルでは、Wi-fiが使えました。
キッチンのカウンターのところにIDとPassが書いてありました。
ipadを持って行ってたので、さっそくゲームにログイン(^^;)

部屋に荷物を置いたら、ショッピングツアーに出かけます。
ショッピングツアーと言っても、他のホテルにあるギフトショップに連れて行ってもらうだけですが、フェアバンクスの街にはいわゆるお土産屋さんというものがないので、お土産を買うのなら利用すると便利です。

ショッピングツアーから帰ってきたらすぐに、夕食のレストランに向かいます。
この日は、郊外のステーキハウスでの夕食が済んだらそのままオーロラキャビンでのオーロラ観測なので、
準備を整えて、防寒着を着て出かけます。

ホテルから1時間ぐらいバスで走ったところにあるシルバーガルチというのが夕食のレストラン。
f0046614_16441231.jpg


メインはステーキでした。
f0046614_16443441.jpg

フルーティなソースのかかったやわらかいお肉でした。
このレストランはビールも作っていて、ビールは有料ですが、コーラや7upは無料でした。
デザートは不思議な食感の甘いケーキでした。
ちょっと甘すぎて、完食できない人もいました。

食事が済んだら、オーロラキャビンへ向かいます。

つづく
[PR]
by ashu_namy | 2014-03-10 12:00 | 2013.12 ALASKA

2014.1.1 Alaska 14

スーパーにやってきました。
極寒の地なのに、フレッシュなフルーツや野菜がたくさん売られています。
f0046614_16261585.jpg


シリアルの量り売りもありました。
f0046614_16262721.jpg

明日が北極圏ツアーで、お弁当だけになるのでなにかバスの中で食べるものがった方がよいという添乗員さんのアドバイスで、バナナを買いました。
100g99¢で売られていて、ひと房がだいだい$2ぐらいでした。

おいしそうなお菓子だったので、お土産に買おうかと思いましたがメーカーがナビスコだったので止めました。
ナビスコがダメなんじゃなく、日本にはないメーカーがよかっただけです。
f0046614_1629132.jpg

コカコーラは、白くまの絵でした。
ashuさんの好きそうなジャム類。

こちらはashuさんの好きそうな乳製品類。
f0046614_16312865.jpg


可愛いんだけど、色がちょっと・・・なケーキたち。
f0046614_16315968.jpg


やはりここでも人気です。
f0046614_1633990.jpg

日清カップヌードル。
スーツケースに余裕があったら、買って帰りたかったです。

つづく
[PR]
by ashu_namy | 2014-03-09 12:00 | 2013.12 ALASKA

2014.1.1 Alaska 13

1月1日 (現地時間)

この日はチェナからフェアバンクスに戻ります。
ブランチはフェアバンクスのホテルで食べるので、チェナでは持参したオレオが朝食でした。
チェックアウトを済ませ、バスに乗ってフェアバンクスに向かいます。

フェアバンクスのホテルでブランチ。
f0046614_16181867.jpg

朝ご飯がオレオだけだったので、けっこうがっつりいただきました。
このあと、ホテルの部屋がまだ使えないということで近くのスーパーに買い出しに行きました。

f0046614_16195551.jpg

ホテルのアクティビティデスクには、オーロラ予報が出ています。
この日はレベル2。あまりよろしくありません。
あと、会社の名前だけ日本語というのが笑えます。

f0046614_16193067.jpg

ホテルの正面入り口。
日本人がよく利用するホテルみたいです。

外に出てみました。
14時ぐらいですが、すでに日は沈みかけています。
f0046614_16221933.jpg

f0046614_16222858.jpg
f0046614_16223598.jpg
f0046614_16224523.jpg


つづく
[PR]
by ashu_namy | 2014-03-08 12:00 | 2013.12 ALASKA

2013.12.31 Alaska 12

花火も終わり、薄着のみなさんは再びパーティに戻り、外には防寒着姿の人が数人残りました。

この日のオーロラは
f0046614_1554376.jpg

ぼやぁ~と空全体に広がっていて、メリハリのない出方でした。

オートレベルでいじってみると
f0046614_1562499.jpg

雲がかかっているのがわかります。

この後、きれいなオーロラも出ましたが、
f0046614_1571342.jpg

雲に邪魔される。

f0046614_1573483.jpg

雲さえなかったら、素晴らしいオーロラが見れたかもしれないのに。
でも、自然現象なので、仕方ないですね。

f0046614_1584815.jpg

f0046614_1585679.jpg


カウントダウンパーティも佳境を迎え、そろそろフリーシャンペンの時間かな~と思っていたら、いきなり

「エイト!」

カウントダウンが始まりました。
それも、いきなりエイトから。
ふつうテンから始まるだろ・・・と、一人でつっこみながら一緒にカウントダウン。

「Happy New Year!!!」
私の2014年は、オーロラとともに迎えました。

それも、たった一人で。

ええ、ashuさんは2014年が開けた瞬間、トイレにおりました。
ヤツの今年の運勢は、トイレとともにある、うん、そうだ、間違いない。

その後もオーロラは雲に邪魔されはっきりせず、
f0046614_15134243.jpg
f0046614_15135354.jpg
f0046614_1514127.jpg


0:40ごろ、撤収しました。

つづく
[PR]
by ashu_namy | 2014-03-07 12:00 | 2013.12 ALASKA