ashuとnamyのよもやま日記

ashunamy.exblog.jp

namy:このブログの管理人。いろんなことに疲れて、絶賛ヤサグレ中だったけど、2012.9月、復活しました。              ashu:写真を撮っているだけのヒト。(笑)

カテゴリ:2011.9 Grand Circle( 40 )

仮眠を取った後、ホテルロビーに集合して、空港へ向かいます。
折しも日本は台風の直撃を受けて、ashu家付近も水が出たようです。
前の日に帰ったグループ(6日ツアーと7日ツアーがあり、私たちは7日ツアーのほう)は、
ロサンゼルス空港で3時間飛行機が遅れたそうです。

マッキャラン国際空港について、まずはチェックイン!なんですが、有人カウンターではなく、
自動チェックイン機でのチェックインでした。
ちょっとおろおろしました(^^;)

荷物を預けたら、アメリカは出国審査がないので、そのまま手荷物検査を経て出発ロビーです。
東京にはあるらしい、プレッツェルのお店。
f0046614_13312421.jpg

ちょっと固めのパンって感じ。
塩味が効いていて、おいしかったです。
f0046614_13313268.jpg

最後の最後まで、¢1スロット。
ここでも$1勝ちました。(だからちっちぇ~し^^;)
f0046614_13314262.jpg

機内食を食べ~の
f0046614_13315134.jpg

f0046614_1332184.jpg

到着前の軽食を食べ~の
f0046614_1332936.jpg

成田空港でラーメンを食べ~の
f0046614_13322056.jpg

namy注文のトマトラーメンはイマイチでした。
f0046614_13322997.jpg

成田からセントレア行きの飛行機から、夜の東名高速を見て。無事到着。

長くて短かったアメリカ旅行が終わりました。

アメリカは広くて、まだまだ見てみたいところがたくさんあります。
また絶対行くぞ!

と、長々とお付き合いいただきまして、ありがとうございました。
まぁ39回もよく書いたものだわ。

しばらくは日常のこまごましたことを書きますが、次に行った旅行の写真が控えているし、
そろそろオイラ図鑑も更新しないと、あ、モンハンやらないと・・・ああっ昼寝しないと!
と、あまりせっぱつまってないところで忙しいnamyでした。

それではみなさん、明日のブログでお会いしましょう!^^
[PR]
by ashu_namy | 2011-11-15 12:30 | 2011.9 Grand Circle
いいかげん書く方も飽きてきた感があるアメリカ旅行紀ですが、ここまで書いたら
最後まで書いて見せようホトトギス。
あとちょっとですので、もう少しお付き合いください。

フリーモントエクスペリメンスを鑑賞した後は、Rio All Suite Hotel & Casinoに行きます。
ここはカジノの中で無料のショーが行われます。
カジノの端にステージがあり、なんとも悩ましい照明の中セクスィーなダンスが繰り広げられます。
f0046614_9385622.jpg

かぶりつきで見るみなさん。ashuさんもこの中にいます(^^;)
私は2階から見ています。
f0046614_939683.jpg

イケメンズ登場。
f0046614_9391872.jpg

タイトルはわかりませんが、聞いたことのある曲でした。
系統としては、郷ひろみの「あ~ちぃ~ちぃ~あちっ」的な。
f0046614_9393889.jpg

f0046614_939536.jpg

f0046614_940584.jpg

歌とダンスが終わると、ネオンきらびやかなフロートが出てきます。
乗ってるのは先ほどのイケメンズ。
f0046614_9401595.jpg

このフロートからイケメンズが観客にむかってネックレスを投げます。
ここでも似たようなことをやっていました。
どっちが先なんでしょうね。
f0046614_9402687.jpg

私も隣のアジア人を見習って、「I'm here!Here! One More! キャー(これは日本語?)」と絶叫。
めでたく2個ゲットしました。
f0046614_9403935.jpg

まったくのおもちゃなんですが、なんか欲しくなるんですね。
2階はそれほど人がいなかったので、投げられる本数は少ないですがそれなりに取れます。
が、1階はもう大変なことになっていました。
ashuさんはレンズをかばうのに精一杯で、1個もゲットできませんでした。

ラスベガスは一つ一つの建物が巨大なため、すぐ近くにあるような感じがしますが、
実はけっこう離れています。
個人でタクシーやバスでもいけますが、道路が混んでいたりして結構時間がかかります。
なので効率よく短時間で回るには、今回のようなツアーに参加するのがいいんじゃないかと
思います。
自分の好きな時間まで撮ってはいられないけど、何も考えなくても連れて行ってもらえるから、
楽ちんです。

このあと最寄りのホテルで降ろしてもらって、泊まっているホテルに戻ったのが午前0時近く。
翌朝のホテル出発が午前4時。
逆算すると3時には起床。
で、今は0時近く・・・・・
結果、寝ないことにしました。
小1時間カジノで遊んで、部屋に帰ってシャワーを浴びて、荷造りをして、すぐに出かけられるよう
に服を着て、少しだけベットに横になったら、モーニングコールでした。

最後の最後までラスベガスを遊びつくしました。
[PR]
by ashu_namy | 2011-11-14 12:30 | 2011.9 Grand Circle
ストラトスフィアタワーからの夜景を堪能したら、次はダウンタウンの中心にあるアーケード。
ストリップの華やかさに比べて、こちらは古き良きラスベガスという感じです。
f0046614_22563460.jpg

ボンジョビのコピーバンド。
f0046614_22564529.jpg

アーケード正面にあるホテルのネオンサイン。
f0046614_22565748.jpg

バス亭もきらびやかです。
f0046614_2257845.jpg


さて、時間になりましたので電飾ショーの始まりです。

ちょっと小さいですが・・・(^^;)

5分ごろから画面に外国人のカップルが写りますが、このヒトタチ撮影の邪魔をしようと
わざとやってるんですね。
私は一向に気にしていないのに、私が何かリアクションするかと思って一生懸命踊っているんですよ。
そっちの方が笑えた~
私が全く相手にしなかった(踊っているのも見もしなかった。てか存在すら無視してやった)ものだから、あきらめてどこかに行ってしまいましたが。
どこの国にもくだらないヒトタチっているもんですね。
[PR]
by ashu_namy | 2011-11-13 12:30 | 2011.9 Grand Circle
ラスベガス最後の夜は、ラスベガスのいろいろな夜景スポットを巡るツアーに参加しました。

まずは、ストリップの北の端にある、ストラトスフィアタワーに向かいます。
f0046614_22441222.jpg


ここの展望台からはラスベガスの夜景が一望できます。
しかし残念ながら三脚を持ち込むことができないので、手持ちで撮るしかありません。
f0046614_2244265.jpg


この夜景を見ながら、絶叫マシンに乗ることもできます。
f0046614_22444076.jpg

ココからの夜景は一見の価値はあります。
ストリップにあるホテルから4kmほどのところにあります。
歩いて来ることもできますが、ラスベガスの歩道はまっすぐ歩かせてくれないので、
思いのほか遠いです。
それに夜はやっぱりちょっと危険なので、タクシーかバス、またはツアーで来ることを
おススメします。
f0046614_2244521.jpg

(中央の大きなホテルのあるところが、ストリップの中心)
[PR]
by ashu_namy | 2011-11-12 12:30 | 2011.9 Grand Circle
カジノ講座後半戦は、ブラックジャックを教えてもらいます。
ルーレットのディーラーさんは日本語が話せなかったけど、このディーラーさんは
日本語がとっても上手。
まずはカードの数字の説明から。
そこまでは知ってる。
f0046614_21142433.jpg

20ができましたので、この勝負はashu_namyの勝ち。
なんだけども、ブラックジャックって客とディーラー一対一じゃなく、そのテーブルに着いた
客全員対ディーラーの勝負(賭け金は個人持ちですが)なので、自分さえ勝てればよいという
ものではないらしい。
他の客のカードも読んで、自分がもう一枚カードを引くかどうかも見極めなければならない。
うん、シロートが手を出すものじゃない。
f0046614_21144750.jpg

f0046614_2115240.jpg

実際、講座が済んでからブラックジャックのテーブルでやってみたけど、1回で$20(二人で)
負けてしまった。
それだけあれば、¢1スロットが何回遊べたやら・・・

カジノ講座が終わって、モンテカルロ方面へお買いもの。
前回来た時に買ったアプリコットスクラブがとてもよかったので、今回もまとめ買い。
その帰りに、今ラスベガスで一番HOTなホテルをパチリ。
f0046614_21151868.jpg

このホテル、ハーモンホテルという開業前のホテルなんだけども、一度も使われることもないまま爆破解体されることが決まっています。
詳しくは週刊ラスベガスニュースのバックナンバーから新築のハーモンホテル、施工ミスで開業できず爆破解体の記事をご参照ください。
買い物帰りにモンテカルロのカジノでも¢1スロットで遊んでみた。
ここでも$1.05の勝ち(ちっちぇ~)
f0046614_21153575.jpg

早めの夕食は、ICHIBANのうどん。
関西風の薄味のお出汁がとてもおいしかったです。
f0046614_21155238.jpg

ashuさんは、親子丼。日本で食べるよりおいしかったそうです。
f0046614_2116819.jpg

外に出たら、飛行機が空にメッセージを書いていました。
LOVE YOU SANNY と書いていました。

夕食を済ませた後は、いよいよラスベガス最後の夜を楽しみ尽くします!^^
f0046614_211623100.jpg

[PR]
by ashu_namy | 2011-11-11 12:30 | 2011.9 Grand Circle
連日連夜の夜遊び深夜にまで及ぶ写真撮影で少々お疲れ気味でしたので、
ラスベガス最終日の朝はのんびりスタートでした。

泊まったホテルはフラミンゴ ラスベガスといい、このホテルの建設から今のラスベガスが出来上がっていったのです。
詳しくはバクジーをどうぞ。
そして中庭には
f0046614_22113560.jpg

フラミンゴもいれば
f0046614_2212125.jpg

カモもいる。
f0046614_22122636.jpg

この滝の前ではたくさんの人が記念写真を撮っていました。
ラスベガスのホテルは全体的に薄暗いですが、フラミンゴの中庭はさんさんと日がふりそそぎ、
とても気持ちがよかったです。

朝食は、
f0046614_2213529.jpg

バーガーキングで。
本当はマックに行きたかったけど、激混みだったのでやめました。
朝食を済ませたら、腹ごなし(?)のカジノ。
とりあえず¢1スロットで遊んでみました。
1ライン¢1なので、1ラインだけであれば100回遊べます。
しかしなかなか当たらないので、10ラインぐらいで遊びます。これだと10回できます。
小当りが出て、$1が$1.10になりました。¢10のもうけ(笑)。
f0046614_2218324.jpg

これをカジノ内のキャッシャーに持って行って現金に換えてもらいます。
たったこれだけの換金だったせいか、namyの格好が子供みたいだったせいか、
「ID Please.」(¬_¬)ジロリ
ラスベガスでは21才未満はカジノで遊ぶことができないため、年齢確認をされたみたいです。

さて、2度目のラスベガスでは前回と違ったことをやってみよう!ということで、まずは
無料カジノ講座に参加。
これはJTBのお客さんなら無料で参加できます。
プロのディーラーさんに教えてもらえて、普段は撮ることができない写真も撮ることができます。
まずはルーレットから。
ルールと賭け方を教えてもらって、ゲームスタート!
f0046614_22275548.jpg

本物のチップを使いますが、講座なのでどれだけでも使わせてくれます。
f0046614_223087.jpg

あたりが決まると(この時は31番)ディーラーさんがチップを回収し、
あたった人に当たった分だけのチップをのせて返してくれます。

ashu_namyチームのチップは水色。
このゲームは勝ちました。掛け金は2倍です。
当たり番号の上には水晶(のような)置物が置かれます。
f0046614_22333292.jpg

よく「プロのディーラーは自分の思った番号に球を落とすことができる。」とか言われていますが、実際は無理らしいです。
カジノの天井には無数の監視カメラがあり、ディーラーの手元、客の手元までばっちり写されています。
万が一、ディーラーがイカサマをしてそれが発覚したらもうラスベガスでは働けません。
それに実際のゲームは早いテンポで進んで行きます。
球を投げたら客が張るのを見て、当たり番号が決まったらチップの回収と返却と同時に次の球を投げるというテンポなので、狙って投げている暇はなさそうです。
他にも椅子に座った人しか賭けに参加できないとか、自分のチップはたとえ友人でも他人に譲ることはできないとか、いろいろ細かいルールがあります。

f0046614_2250786.jpg

今度はashuさんがゲームに参加です。
いつにない真剣な表情です。
f0046614_22502493.jpg

うわっ!ashuさんの後ろに、背後namyが笑っています(^^;)
f0046614_22503788.jpg

このあと最後のゲームになり、手持ちのチップを全部赤にかけて、負けました・・・

次はブラックジャックを教えてもらいます。
[PR]
by ashu_namy | 2011-11-10 12:30 | 2011.9 Grand Circle
夕方ラスベガスに到着。
アメリカに着いた時と同じフラミンゴホテルにチェックイン。
夜のショーをまでまだ時間があったので、ベラッジオのボタニカルガーデンへ。
その前にベラッジオ内にある、有名なお菓子屋さんへ。
ココのお店は、季節ごとに飾り付けが変わります。
この時はハロウィンでした。
かなり怖い魔女。
f0046614_10262269.jpg

流れていくチョコの行方が気になるashuさん。
f0046614_10263452.jpg

ハロウィンギフト。
f0046614_10265217.jpg

ボタニカルガーデンもハロウィンがテーマでした。
f0046614_1027873.jpg

この木、目が動いてしゃべります。
ディズニーも顔負け。
f0046614_10272620.jpg

山盛りのかぼちゃ。
f0046614_10274656.jpg

19時からこのホテルでやる無料のショーを見ます。
前回見られなかったので、今回こそは!の気合も入っていました。
f0046614_1028857.jpg

内容は下心満載で乗り込んだ女海賊の船のセクスィーなおねいちゃんたちに
うっかりつかまってしまった仲間を助けに、男海賊がやってくるというとても分かりやすいお話。
f0046614_10284159.jpg

反対側からやってくる男海賊のみなさんを言葉巧みに挑発するおねいちゃんたち。
f0046614_10285448.jpg

ほらほらどーしたのっ!これるものなら来てみなさいよっ(と言っているのかは定かではない。)
f0046614_10291113.jpg

ドSな言葉に奮起したおにーさんたちは実力行使。
ここでもとても無料のショーとは思えない、火薬の大盤振る舞い。暑いって(^^;)
f0046614_102928100.jpg

水の中から突然現れた男海賊のみなさん。
f0046614_10295456.jpg

最後は女海賊の長女と男海賊のリーダー(らしき最初につかまったマヌケ男)がなぜかラブラブになるというわかりやすいオチ。
最後は花火が上がって終了。約20分のショーですが、なかなか見ごたえがありました。
で、このときashuさんは望遠レンズを駆使して、美しいおねいちゃんたちを激写していたのでした。(^^;)
f0046614_10301556.jpg

ショーを楽しんだとは、TIの隣にあるファッションショーというショッピングモールのフードコートで遅めの夕食。
レストランに入るほどお腹が空いていなかったので、ICHIBANという(あれ?どっかで聞いたような)プレートごはんのお店にしました。
メイン2品とサブ2品が選べる、ダブルコンボを注文。
試食させてもらった照り焼きチキンがとてもおいしくて、照り焼きチキンと温野菜、焼きそばとチャーハンというプレートになりました。
f0046614_10303479.jpg

時間が遅かったせいか、試食をしたnamyさんの顔がとてもおいしそうな顔に見えたのか、気のいいおじさんだったのか、「One more? Two more?」と笑いながら大盛りにしてくれました。
二人でこれ一つでお腹いっぱいになりました。
もちろん味もおいしかったです。

ホテルに戻って、毎日恒例の保湿パックをしていたら、「俺もしたい~」で、こうなりました。(^^)
f0046614_10305123.jpg

こうしてラスベガスの夜は更けていったのでした・・・
[PR]
by ashu_namy | 2011-11-09 12:30 | 2011.9 Grand Circle
国道66号線(U.S. Route 66)は、1926年に創設されたアメリカ合衆国の国道であった。
単にルート66(Route 66)とも呼ばれていた。全長は3,755km(2,347マイル)。
イリノイ州シカゴとカリフォルニア州サンタモニカを結んでいた。
同国南西部の発展を促した重要な国道であったが、1985年に州間高速道路の発達によりその役目を終え、廃線となった。
(Wikipediaより)
そのルート66にある、セリグマンという街に立ち寄りました。
この床屋さんは当時のまま、残されています。
ここにギフトショップがあり、観光客のほとんどがここでトイレを借ります。
f0046614_1053080.jpg

きゃ~James ashu。そっくし~(棒読み)
しかも履いているデニムは、EDWIN(^^;)
f0046614_1054921.jpg

おいしいと評判のアイスクリーム屋さん。入り口がちょ~わかりにくかった。
f0046614_106993.jpg

いろんな州での、いわゆる国道看板。
f0046614_1062739.jpg

ルート66はこれだけの州にまたがって走っていました。
f0046614_107419.jpg

レンタカー旅行の強い味方モーテル。
f0046614_1073789.jpg

最近はディズニー映画 カーズにも登場しました。
f0046614_108395.jpg

f0046614_10163299.jpg

本日のランチは、アメリカンビュッフェ。
ハムが塩辛かった~
f0046614_1082387.jpg


ランチの後は、ラスベガスへ戻ります。
[PR]
by ashu_namy | 2011-11-08 12:30 | 2011.9 Grand Circle
グランドキャニオンのビレッジ内で見たアメリカのナンバープレート。
アラスカ州は、オーロラと北斗七星。
f0046614_9445653.jpg

ネバダ州は、コロラド山脈かな?
f0046614_945525.jpg

ユタ州は、デリケートアーチ。
ここも行きたい場所のひとつ。
f0046614_9451695.jpg

アリゾナは、荒野の景色。
f0046614_9453023.jpg

泊まったホテルの、私たちの部屋があった棟の名前。
WILLOWとは、柳のことらしいです。
f0046614_9454187.jpg

マスウィックロッジの看板。
ココのレストランは、魚以外はなかなかおいしかったです。
f0046614_946058.jpg

ラバツアーのラバ。力持ちです。
f0046614_9462082.jpg


このあとはヒストリックロード ルート66へ向かいます。
[PR]
by ashu_namy | 2011-11-07 12:30 | 2011.9 Grand Circle
朝食の後は、出発まで自由行動。
近くにあるトレイルの散策に出かけました。
昨夜星を撮った場所は、昼間見るとこんな景色が広がります。
f0046614_11263710.jpg

地層の説明の看板(もちろん英語)
f0046614_1127712.jpg

初心者にも人気の、ブライト・エンジェル・トレイルの入り口付近で写真を散るashuさん。
f0046614_11272046.jpg

未舗装の細いトレイルがコロラド川岸まで続いています。
しかし、これを侮るなかれ。
一人片道4リットルの水は必携。そのほかに粉末のスポーツドリンクにカロリーメイトのような
携帯食料などなど、しっかりした装備で望まないと熱中症で倒れてしまいます。
f0046614_11273766.jpg

体力に自信のない方用に、ラバのツアーもあります。
ラバとすれ違い時は、人間は岩側によって静かに待ちます。
通過後も15mぐらい離れるまでじっとしていなければなりません。
もし、断崖側に避けるとラバが突然寄ってきたとき、断崖下へ落下してしまいます。
その注意書き看板です。
f0046614_11275031.jpg

川底まで続くトレイル。
f0046614_1128556.jpg

トレイルを500mほど降りると、目線が違ってまた違う景色も見えます。
f0046614_11281915.jpg

f0046614_11283489.jpg

f0046614_1128508.jpg

f0046614_1129892.jpg

結構なだらかに見えるトレイルですが、上りはけっこうきつくて登り切った時には、ちょっと膝が
笑っていました(^^;)
[PR]
by ashu_namy | 2011-11-06 12:30 | 2011.9 Grand Circle