ashuとnamyのよもやま日記

ashunamy.exblog.jp

namy:このブログの管理人。いろんなことに疲れて、絶賛ヤサグレ中だったけど、2012.9月、復活しました。              ashu:写真を撮っているだけのヒト。(笑)

警察が来た!

今日の午後、トントンとノックの音。
誰やねん?とドアを開けるとそこには・・・・

警察手帳(今は身分証明書なのか?)を、ドラマで見るように広げて立っている警察官さん。
ココロに一片のヤマシサのない(?)namyは、「(うわっ本物だ!もう一回見せてくんないかな。できれば写真撮らせてもらえないかな?ブログネタになるし・・・)」などと考えてました。

で、警察が何の用かといえば、爆発物の材料になりそうな薬品を保管してないか、そういう薬品を大量に注文した人はいないか、もしいたら警察に連絡して欲しい、というような注意喚起でした。
ほら、最近硫化水素を発生させたりする事件が多くなっているから、警察も犯罪の芽はなるべくはやく摘み取ろうと、努力してるんですね。
当然応対は理系に強いO課長。

最後にウチの代表者の名前と生年月日を聞かれたから、「あの~個人情報なんで、むやみには教えられn・・・」全部まで言い終わらないうちに、「あ~そうですね~」だって。
ここで拒んだら公務執行妨害になるのかな?
国家権力には逆らわないほうが賢明かな?
ま、O課長の許可もあったし、最初に証明書を見せられたししょうがないか。

でも、その証明書が本物かどうか、手にとって確かめたわけじゃないから、本物の警察かどうかは怪しいかも。制服着てなかったし。
(ま、それは周辺住民への気遣いなんでしょうね。制服来た警官が入っていったら、「何が起こったのか?」って興味の的になっちゃうもんね。)

刑事モノのドラマでは、やたらカッコよかったり、やたら目つきが悪かったりするけど、今日来た警察官さんは穏やかな優しそうな、午後の陽だまりのような暖かさを感じる(太っていたせい?)
方でした。
市民の安全を守るために、がんばってくださいね。
[PR]
by ashu_namy | 2008-11-26 22:04 | 日常のこと