ashuとnamyのよもやま日記

ashunamy.exblog.jp

namy:このブログの管理人。いろんなことに疲れて、絶賛ヤサグレ中だったけど、2012.9月、復活しました。              ashu:写真を撮っているだけのヒト。(笑)

ザ・ダイバー

昨日、ザ・ダイバーというDVDを借りてきて観た。
2000年ごろ公開された、アフリカ系アメリカ人で初めて米海軍のマスター・ダイバーとなった
カール・ブラシア氏の実話をもとに作られた映画。

かつてのエリートダイバーに憧れて入った養成所に、体を壊してもう潜れなくなった憧れの人が
鬼教官として赴任していて、ものすごく過酷な訓練ののち教官とわかりあえ、立派なダイバー
となる。その間に、恋や挫折、友情などが盛り込まれる展開は、海猿守護神に多大な影響を与えたと思われるぐらい、展開が一緒。

ただ、この映画は実在の人がモデルだけあって、なかなかおもしろかった。
なにより、1950年代の潜水装備がすごかった。
今でこそ私たちは、総重量10㎏程度の器材でらくらくと水中を移動するが、アクアラングが
まだなかった頃の潜水服は、100㎏超!
ウエイトだけで90㎏、自分一人では立つこともできません^^;
そういう時代からみると、アクアラングの発明ってすごいんだな~って思います。

主演のロバート・デニーロが最初ものすっごく憎たらしいけど、最後は泣かせるんですよ。
久しぶりにおもしろい映画を観たなぁ~って思いました。
古い潜水装備とかなかなか興味深いから、ダイバーなら見ておいても損はないかも・・・^^
[PR]
by ashu_namy | 2008-01-27 13:30 | 日常のこと