ashuとnamyのよもやま日記

ashunamy.exblog.jp

namy:このブログの管理人。いろんなことに疲れて、絶賛ヤサグレ中だったけど、2012.9月、復活しました。              ashu:写真を撮っているだけのヒト。(笑)

2007.5.18 広島 (ふたたび戦争と平和を考える)

翌朝、6時30分。
雨も上がり、清清しい空気の中、朝のお散歩。
大鳥居付近で、ふと桟橋の方向を見ると・・・

小学生が歩いてきますが?
まだ、7時前ですが?


なんと、黄色い帽子をかぶった小学生の一団が、こちらに向かって歩いてくるではないですか?
修学旅行なんだと思うけど・・・早すぎね?

宿をチェックアウト後、しつこく写真を撮り、一路呉市へ。
ここは、旧海軍工廠や旧海軍兵学校のあった軍事都市。
今も水深360m付近に眠る戦艦大和や、先の大戦で活躍した戦艦の資料が展示してある大和ミュージアムに行くのが目的。

f0046614_1671682.jpg
戦艦大和の10分の1の大きさ。
ashuはこの大和を撮るためだけに、 18mm 12-24mm(ashuのチェックが入りました^^ゞ)の広角レンズを買った。
これでも充分大きいのに、実際はこれの10倍。
想像もつきません。




大和をひとしきり撮影した後は、展示室でいろんな資料を見学。
前に、映画男たちのヤマトを観たので、心が痛くなる展示もあった。

f0046614_16164774.jpg

零式艦上戦闘機62型
戦争末期「神風特別攻撃隊」編成以降、爆弾ごと敵に体当たりし、尊い若い命が数多く失われました。





f0046614_16223545.jpg
コクピット
敵に体当たりする瞬間、この狭い空間で、何を思ったのでしょうか。








数々の戦艦も、戦闘機も、当時の日本が世界に誇れる技術力で作ったものです。
その技術力を、戦争のためでなく、みんなが平和に暮らせる方向に使うことは出来なかったのでしょうか?
たった一握りの権力者のために、何の罪もない人々が悲しみ、苦しまなくてはいけない世の中は、もう二度と来て欲しくはありません。

でも、今の日本は過去の痛みは過去のものとして封印し、間違った道に進んでいくような気がしてなりません。
[PR]
by ashu_namy | 2007-05-20 16:36 | 2007.5  広島