ashuとnamyのよもやま日記

ashunamy.exblog.jp

namy:このブログの管理人。いろんなことに疲れて、絶賛ヤサグレ中だったけど、2012.9月、復活しました。              ashu:写真を撮っているだけのヒト。(笑)

2007.5.18 広島 (戦争と平和を考える)

実家の父とashuの3人で、1泊2日の広島旅行に行ってきました。
父とashuは、初めての広島。
namyは 数年前の 修学旅行以来の広島です。

10時30分ごろ、新幹線で広島駅に到着。
まずは腹ごしらえってことで、広島焼きを食べるべくお好み村へ。
平日の開店直後だからすいているかと思いきや、学生の群れがワンサといる。

最近の修学旅行って、お昼に広島焼き食べるの???
学校単位で予約が入ってるらしく、どこもいっぱい。
ぐずぐずしていたら、食べ損なってしまうので、空いているお店に座って注文。
お店のおばちゃん、の豪快なヘラさばきに見とれている間に、イッチョアガリ!
想像どおり、おいしかったです^^

腹ごなしに平和公園まで歩く。
平和公園に到着。修学旅行や、遠足のシーズンなのかここも学生がたくさんいる。

まずは、原爆ドーム。
f0046614_14344782.jpg
ふるさとの町焼かれ
身寄りの骨埋めし焼け土に
今は白い花咲く
ああ、許すまじ原爆を
三度許すまじ原爆を
我らの町に

小学生の夏休みに習った歌。
毎年8月6日の登校日に歌ってた。今でも歌える。

川沿いを歩き、公園の中央に行く。
ますます学生の数が増える。
どこかの小学校が、原爆の子の像の前で、平和の誓いのような言葉を唱和していた。

f0046614_1447511.jpg
原爆死没者慰霊碑。

この日も、たくさんの人がお参りしていた。
あやまちはくりかえしませんから
慰霊碑にはそう書かれているのにこの国は、誤った方向に進もうとしていないだろうか?





資料館に行きたかったけど、ものすごい数の学生さんがいたので、断念。
そのかわりに国立広島原爆死没者追悼平和記念館に入館した。
ここは
国として、原爆死没者の尊い犠牲を銘記し追悼の意を表すとともに、永遠の平和を祈念するためのものです。併せて、原爆の惨禍を全世界の人々に知らせ、その体験を後代に継承するための施設です。(パンフレットより) 
です。

地下2階には、原爆の犠牲になった方々の遺影を見ることが出来ます。
年老いた方から小さな子どもまで、数え切れない写真がモニターに映し出されます。
その上の階の情報展示コーナーでは、原爆被災の体験記や体験記に関連した映像、遺品などを見ることが出来ます。

この資料館は国立です。
国が原爆の惨禍を後世に伝え、同じことをまた繰り返さないために作った施設だと、パンフレットにはありました。
その、同じ国が、戦争の放棄を明文化している憲法を改正し、軍事力を強化しようとしている。
今、戦争が始まれば核兵器なしで済むわけがありません。
この国はまた、同じ過ちを繰り返そうとしている気がしてなりません。
[PR]
by ashu_namy | 2007-05-20 15:38 | 2007.5  広島