ashuとnamyのよもやま日記

ashunamy.exblog.jp

namy:このブログの管理人。いろんなことに疲れて、絶賛ヤサグレ中だったけど、2012.9月、復活しました。              ashu:写真を撮っているだけのヒト。(笑)

2016.6.30 Canada 7 ~ おはようバンフ その1 ~

寝たのが0時過ぎというのに、この日は「おはようバンフ」に参加するため、5時30分起床です。

前日にスーパーで買った食料で朝食。
f0046614_1424135.jpg

バターは機内食で出たものを使わずに持ってきました。
ついでに、カトラリー(プラスチック製だったので)も持ってこればよかったとちょっと後悔。
ってか、朝食をスーパーで買うんなら、日本からコンビニカトラリーぐらい持っていくべきでしたね。
次回の教訓にします。覚えていたら。
飲み物はお部屋にもコーヒーメーカーやドリップコーヒーがありましたが、日本から粉末のカフェオレ(賞味期限切れ)を持ってきたので、それを飲みました。(こういうことは頭が回った。)

朝食を済ませ身支度を整えて、ロビーに降ります。
「おはようバンフ」というのは、JTBが開催する無料のツアーで、バンフ在住のガイドさんと一緒に街を歩いて、見どころや歴史、おすすめのショップなんかを教えてくれます。
昨日見た、循環バス「ローム」の乗り方も教えてもらえます。
バンフのほかにも滞在都市ごとに「おはようトロント」とか「おはようバンクーバー」とかあります。

集合時間にはまだ時間があったので、ホテルの外に出てみました。
f0046614_14285481.jpg

いいお天気ですね。
私たちが泊まった棟です。
木で見えませんがこの奥の3階でした。

お土産屋さんの前。
f0046614_1430456.jpg

結局一度も立ち入りませんでした。

今朝のランドル山。
f0046614_14305058.jpg

手前のレストランは昨日夕食を食べたレストラン。
ここの朝食がなかなかおいしかったらしいですが、時間がなくて結局行きそびれました。

なんかね、いいことがありそうな青空でしょ。
f0046614_14321462.jpg

このあと、けっこう大変な目に合うんですが。

ホテルのエントランス。
f0046614_14332876.jpg

このホテルは横に長いので、全景を写すことはできませんでした。

では、そろそろロビーに戻りましょう。
ロビーの吹き抜け。
f0046614_14342087.jpg


フロント。
f0046614_14343645.jpg


テラス・ラウンジ(という名のレストラン)
f0046614_14414984.jpg


集合時間になり、ガイドさんがやってきました。
昨日空港に来た係員からもらった、「おはようバンフ」の参加証見せたら、なんと参加名簿の中に私たちの名前がない!
でも、参加証がある限りこっちの方が強いわけで、問題なく参加することができました。
でもこの「おはようバンフ」、申し込みは必要だけど、当日の朝ドタキャンすることも可能。
それも連絡なしで。
出発時間までに集合場所に来なければ、自動的にキャンセルになるみたいです。

で、集合場所というのが、私たちの泊まっているバンフパークロッジホテル。
ここにはJTBのJステーションがあるので、何かと便利。
なので、このホテルに決めました。

このおはようバンフのスタートはバンフパークロッジで、ゴールはバンフスプリングス。
他のホテルに泊まっている人は、自力でここまで来ないといけません。
まぁ、そんなに遠くはないけどね。

では出発です。
まずはカスケード山。
f0046614_1440234.jpg


なんか、ちょっと嫌な雲が出てきました。
f0046614_14404679.jpg


最初は、ガイドブックにも載っている、メープルリーフというレストラン。
f0046614_14424316.jpg

1Fはカジュアルでもいいけど、2Fはフォーマルです。

先ほどのJステーションでは、ミールクーポンの取り扱いもしています。
自分たちでメニューを選んだりするのが面倒な人は、利用すると便利ですが、けっこうお高い。
昨日、私たちが食べた夕食は二人で約C$73だけど、クーポンにすると一人C$50~になります。
まぁ、前菜、メイン、デザートに税金とチップ、予約する手間まで全部入って、そこにJTBの手数料を入れたらそんなもんか、とも思いますが。
ちなみにメープルリーフのミールクーポンは、C$75でした。

バンフの街には主要道路にはそれぞれ名前がついています。
街を南北に走るのが、メインストリートのバンフアベニュー。
東西には3本大きな通りがあって、北からウルフストリート、カリブーストリート、バッファローストリートとなっています。

カリブーストリートとの交差点には、こんなマークがあります。
f0046614_14521214.jpg

マンホールのふた、じゃないです。

バンフアベニューの真ん中で。
f0046614_14531195.jpg

あぁ・・・、ますますどんよりしてきた。
ものすごくいい天気だったので、雨具なんて持ってきてないけど・・・

反対側はこんなにいいお天気ですのよ?
f0046614_14542054.jpg


よくわかんないけど、ナショナル公園の旗。
f0046614_14551828.jpg

このビーバーのマークはこれからもよく出てきます。

甘いものがお好きな方はこちらで。
f0046614_1512979.jpg


ミニオンズがショウウィンドウにいました。
f0046614_1515768.jpg

よく見たら日本でおなじみのハイチュウじゃありませんか。
日本生まれのお菓子が、カナダでも市民権を得ているんですね。
あ、ミニオンズはアメリカか。

サシツー(指し2、ホントにこういう商品名です。ダイビングのガイドさんがよく持っています)で指しているマークは、この交差点がスクランブルだよ、ということを指しています。
f0046614_1573053.jpg


ビーバーテイルトいうスイーツ屋さん(@開店前)。こっちのお店が本店らしい。
f0046614_1575141.jpg

平たい揚げパンにシナモンや、チョコや、なんなものやこんなものを乗せたあま~いお菓子です。
ashuさんが興味津々でした。(後日食べました。)

その隣のギリシャ料理の店。
f0046614_1594946.jpg

ギリシャはバルカン半島にあるから、あながち間違っちゃいない。
夕方来ると、結構混んでます。

ここにもメープルマック。
f0046614_1511385.jpg

今回は、できるだけ現地の料理を食べようが目的の一つだったので、マックのお世話にはなりませんでした。
入ってみたかったけど。wifiやりに。

ロームバスのバス停。
f0046614_1543433.jpg

このバス停には、ルート1、ルート2、ルート4のバスが停まります。

ロームバスの1日乗車券。
f0046614_15445373.jpg

今回のツアーには、1日分だけバスの乗車券がついていました。
滞在中、任意の日に使えます。
乗るときに運転席の横にある読み取り機にタッチするだけ。
このカードは、帰国日の朝、迎えに来たガイドさんに返します。

バスの路線図。
f0046614_154625100.jpg

割と単純。
ルート3だけは、郊外に行ってしまうので、要注意。
街中に滞在なら、ルート3のバスに出会うことも少ないしね。
日中はだいたい20分間隔で来るけど、道路が混んでくるとけっこう遅れます。

料金表。
f0046614_15481571.jpg

1回券はC$2。1日券がC$5なので、3回乗降するなら1日券がお得。

歩行者信号の押しボタン。
f0046614_15493264.jpg


渡ってはいけません。
f0046614_15495125.jpg


あと22秒、渡ってもいいですよ。
f0046614_15502247.jpg


街の南、ボウ川のほとりにあるバンフ公園博物館。
f0046614_15522563.jpg


反対側を撮ると、何かが降臨してきそうです。
f0046614_1552554.jpg

まぁ、雨でしょうね・・・・・

あて、このバンフ公園博物館は、カナダ西部では最古の木造建築で、1903年に建てられました。館内にはロッキーの動物や鳥などのはく製が所狭しと並べられています。ビッグホーンシープや巨大なグリズリーのはく製は迫力満点(なんだそうで。)
日本語の案内書も貸してくれるそうです。

入場料 大人C$3.9、子供C$1.9 ですが、カナダは1セント硬貨を廃止したので、実質大人C$4、子供C$2ですね。

ガイドさん曰く、この博物館の一番すごいところは、100年間展示内容が変わっていないところ!なんだそうで。
100年間展示内容を変えないというのも、ある意味すごいよな。

ではここで街中エリアを外れれて、ボウ川沿いに歩いていきます。

つづく











[PR]
by ashu_namy | 2016-08-01 12:00 | 2016.7 Canada