ashuとnamyのよもやま日記

ashunamy.exblog.jp

namy:このブログの管理人。いろんなことに疲れて、絶賛ヤサグレ中だったけど、2012.9月、復活しました。              ashu:写真を撮っているだけのヒト。(笑)

2015.12.3 ドイツ クリスマスマーケット 12 ~ ニュルンベルグ その1 ~

まだ夜も開けきらぬ、とはいえ朝の8時にニュルンベルグに向かって出発です。
シュトゥットガルドからニュルンベルグまでは3時間半ぐらいかかるので、途中でまたトイレ休憩があると思い、昨日のクーポンをポケットに入れておきました。
そしたら、大正解。
昨日と同じ系列の売店でした。
ashuさんは、今度はちゃんとおつりもチケットも両方ゲットしました。
昨日の分と合わせて2ユーロになりましたが、水が1本買えただけでした。
それでも0.24ユーロ足りませんでした。

さて、ニュルンベルグに到着です。
人口50万人を超えるバイエルン州第2の都市(ドイツ全体では14番目)である。隣接するフュルト、エアランゲン、シュヴァーバッハと共にフランケン地方の経済的・文化的中心をなしている。中世からの伝統ある都市であり、ドイツ統一を主導したホーエンツォレルン家がニュルンベルク城伯を世襲した都市である。また、ナチス政権が最初の大会を開催した都市であり、それゆえナチス政権要人を裁く「ニュルンベルク裁判」が行われたことでも知られる。リヒャルト・ワーグナーの楽劇『ニュルンベルクのマイスタージンガー』の舞台としても知られる。現在も旧市街は中世の城壁で囲まれている。

(wikiより)

こんな城壁に囲まれています。
f0046614_14163594.jpg


城壁内に入って、ゲルマン国立博物館の横でバスを降ります。
ココから全員で、聖ローレンツ教会まで徒歩で移動します。
f0046614_14174463.jpg

教会の正面。
ココが集合場所になります。

ここから中央広場(ハウプト広場)までケーニヒ通りを徒歩で移動します。
この辺は歩行者天国になっていて、道の両側に屋台も出ています。
ニュルンベルグのクリストキントのモチーフ。
f0046614_1419182.jpg

ニュルンベルグのクリスマスは、サンタクロースではなく、クリストキントがプレゼントを配るそうです。
クリストキントは2年に一度、ニュルンベルグ生まれの16~18歳の女の子から選ばれるそうで、金髪の巻き毛に金色の冠、白い衣装のクリストキントがクリスマス市の開場を宣言するんだそうです。

レープクーヘンの有名店(らしい)、レープクーヘン・シュミットというお店の看板。
f0046614_1425658.jpg

レープクーヘンはニュルンベルグの名物菓子で、ここはその専門店。
ドイツらしい絵柄の缶に入っているのでお土産にもピッタリ!
なんだけど、時間がなくて外から見るだけ。

屋台にはシュトーレンも売られています。
f0046614_14254285.jpg

お店で買うより屋台で買った方が断然安い。
おしゃれな包装はしてもらえないけど。

食べるのがもったいない。
f0046614_14255735.jpg

奥にある、トウガラシにチョコレートをコーティングしたようなものがすごく気になる・・・

中央広場にある、美しの泉。
残念ながら工事中でした。
f0046614_14264832.jpg

美しの泉は1396年、八角形の噴水の上に造られた塔で、高さ17mほどの塔は4段に分かれておりそれぞれ英雄や聖人の像がある。
周りの柵に取り付けられた繋ぎ目のない黄金のリングを3回回すと恋が実るといわれているそうな。

なんで恋愛成就なのかというと、その昔、若い見習いの鍛冶職人が親方の娘を好きになりました。一人前になって継ぎ目のない丸い輪が作れるようになったら結婚させてくれると言われ、一生懸命精進しました。
ある日、親方は二人が駆け落ちしたことに気が付きます。探してみると美しの泉に継ぎ目のない金の輪がかけられていたそうな。
という話があるそうですが、そもそも継ぎ目のない輪が作れるようになったら結婚させてくれるんだから、作れるようになったのなら駆け落ちしなくてもよさそうなもんですが・・・

そして、空を見てください。
冬のヨーロッパはあまり晴れないんですが、青空が見えています。

中央広場にあるフラウエン教会。
大きなからくり時計があります。
ニュルンベルグの屋台の屋根は、赤と白のストライプで統一されています。
f0046614_14395996.jpg


ニュルンベルグ名物のプラム人形。
f0046614_14411191.jpg


正午になるとファサードのからくり時計が動きます。
f0046614_14421896.jpg


これね。
f0046614_14423292.jpg


もう少し時間があるので、周辺を観察。
サンタさんのレープクーヘン。
f0046614_1443734.jpg


外灯もクリスマス。
f0046614_14432345.jpg


正午の鐘が鳴るとみなさん一斉に時計のほうを向きます。
f0046614_1444845.jpg


カール4世が1356年に金印勅書を公布した時の様子が再現されています。
f0046614_1444478.jpg


中世都市ニュルンベルクの最盛期を象徴する出来事を毎日繰り返し演じているのですね。
f0046614_14452036.jpg


では、本日の昼食もクリスマスマーケットでの自由食になります。
昨日は危うく難民になりかけたけど、ここでは大丈夫。
ニュルンベルガーと言えば、間違いのないものが出てきます。
これがニュルンベルガー。
f0046614_1446366.jpg

短めのソーセージが3本、パンに挟まってきます。

レープクーヘンも食べてみました。
f0046614_14471887.jpg

こんなかわいらしい袋に入れてくれます。

f0046614_14474923.jpg

スパイスの効いたソフトクッキーという感じ。
私、こういう味好きです。ashuさんにも好評でした。
お土産にもう少し買えばよかった。

次に食べたのは、マッシュルームを炒めたもの。
f0046614_14492386.jpg

肝心な時にコンデジが動かなくなるので、デジイチで撮ったらもっとわからなくなりました。

レンズエラーが出ているコンデジで撮ると、こうなります。
f0046614_14503019.jpg

ますますわからん。
マッシュルームと玉ねぎをバターでソテーしたものに、ソースをとパンを添えて4ユーロ。
ソースはサワークリーム(だと思う)と、ガーリックチリソースを選びます。
ガーリックだけが聞き取れて、そっちにしたら結構辛かった。
器はお店に返すと、1ユーロ帰ってきます。

腹ごしらえもできたので、マーケットを見学します。

つづく
[PR]
by ashu_namy | 2016-01-09 12:00 | 2015.12 X'masMarket