ashuとnamyのよもやま日記

ashunamy.exblog.jp

namy:このブログの管理人。いろんなことに疲れて、絶賛ヤサグレ中だったけど、2012.9月、復活しました。              ashu:写真を撮っているだけのヒト。(笑)

2015.12.2 ドイツ クリスマスマーケット 11 ~ シュトゥットガルド その2 ~

あまり暗くなってしまうと手持ちで写真が撮れなくなるので、まずは一通り屋台を見て写真を撮ります。
シュトゥットガルドの屋台は屋根の上の装飾がキレイなので、上ばかり見てました。
f0046614_1464620.jpg
f0046614_1471480.jpg


これは暗くなると明かりをともすことができる置物。
f0046614_1472713.jpg


けっこう大きな飾りなんですが、軽い素材で作られているんでしょうね。
f0046614_1481173.jpg


このお店はソーセージのお店でした。
f0046614_1482481.jpg

f0046614_1484289.jpg


レープクーヘンのお店。
陽気なヨーロッパ人(だと思う)が、首から下げて歩いていました。
f0046614_148574.jpg


クリスマス市は、クリスマスに関係のあるものばかりでなく、日用雑貨も売っています。
このお店は靴下を売っていました。
ほかにも、掃除道具や、調理器具などもありました。
f0046614_14104941.jpg

f0046614_1411392.jpg


結構大きなサンタクロースが見下ろしていました。
f0046614_1411168.jpg


屋根の上も見たいし、写真も撮りたいし、お店も見たいしで、きょろきょろしまくりでした。
f0046614_14113830.jpg


市庁舎と屋台。
f0046614_14114776.jpg


ヘンゼルとグレーテルに見えたけど、違うかな?
f0046614_1412393.jpg


あちこちからソーセージの焼けるいい匂いがしてきます。
f0046614_14121552.jpg


かわいらしいお人形の屋台。
f0046614_14214263.jpg


レープクーヘンのお店が一番多かったような気がしました。
f0046614_14222981.jpg


オーナメントの屋台。
f0046614_1422592.jpg

f0046614_14233559.jpg


さて、今夜の夕食はこのマーケットでの自由食なので、屋台で買うことにしました。
が、いかんせんGerman語(ドイツ語って変換したらこうなった)なんて、グーテンモルゲン、とダンケシェーンと、アイン、ツヴァイ、トライぐらいしかわからない。
で、屋台にいる人が英語ができるかと言えば、できない。
注文したくてもメニューはみんなドイツ語(当たり前か)なので、何を頼んだら何が出てくるかわからない。
なので、とりあえず前に買った人の持っているものを指さして、何とか購入。
f0046614_1427265.jpg

5ユーロぐらいかな。
ケチャップとマスタードは各自でかけます。
固めのドイツパンにソーセージで結構食べごたえはあります。
でもこれだけじゃお腹は膨れないので、次を探します。
でも、うまく注文できなくて、屋台の周りをうろうろ。

と、その時ashuさんが、「あれ、食べてみようよ」
で、あれ。
f0046614_1430227.jpg

こんな説明書きがありましたが、さっぱり理解できず。
f0046614_1442357.jpg

これがなんなのか、食べる前の二人の想像は一致していました。
スポンジケーキの周りがチョコでコーティングしてある、エンゼルパイみたいなもの。

結果・・・・
おおはずれ!!
チョコの中身は、あま~いホイップクリームでした。
あま~いホイップクリームの周りをあま~いチョコでコーティングした、葉が溶けそうなお菓子でした。
濃~~~~~いコーヒーが欲しくなりました。

でも、まだお腹が膨れない。
で、最初のソーセージのお店に行って、なんとかメニューを読んで、ソーセージはドイツ語でWurstだから、Roust Wurstで焼いたソーセージが出てくると思ったら、なんと、ハンバーガーが出てきました。
コンデジの調子が悪くて写真はないですが、ビックマックぐらいの高さがあり、固いパンの間に肉厚のハンバーガーが挟まっていました。
集合時間が迫っているけど、パンが固くてなかなか食べられません。
なんとか食べて、集合場所に行きました。
メニューの中で、Curry Wurstというのは、切ったソーセージにカレーパウダーをかけたものだということは理解していました。
でも、香辛料が苦手なashuさんに遠慮して、頼まなかったんです。
ごはん難民になるぐらいなら、遠慮してちゃいけませんね。

その後、バスでホテルへ。
この日のホテルは、シュトゥットガルドの空港から200mぐらいの場所にある、ウィンダム・シュトゥットガルド・エアポート・メッセ(旧グランドシティエアポートメッセ)というホテルでした。

到着したときに中国人のグループがいたので、ちょっと警戒しましたが、静かでした。
このホテルでも50ユーロ札を、フロントで両替してもらいました。
ここでは、10ユーロ札5枚に両替してもらいました。

お部屋はシンプル イズ ベストです。
f0046614_14451414.jpg

もう1台ベッドが余裕で入る広さがあります。

バスルームも広くて機能的です。
f0046614_14461185.jpg

この日は私たちのほかに、中国人のグループとJTB旅物語御一行様の3グループがいましたが、シャワーのお湯は問題なく出ました。

セーフティボックスもありましたが、使用せず。
f0046614_14464120.jpg


コーヒーポットがありました。
f0046614_1447532.jpg


wi-fiは無料です。
チェックインの時に24時間有効なパスがもらえます。

翌朝は6時15分にモーニングコール。
その後荷物を廊下に出して、朝食に行きました。
バーのようなシックなレストランだったので、写真を撮るのが気が引けたのでなし。

相変わらずソーセージとハムがおいしい。
f0046614_14494555.jpg


パンもてんこ盛り。
f0046614_1450993.jpg


朝の7時半ぐらいですが、まだこの暗さです。
ホテルは外壁の工事をしていました。
f0046614_1450562.jpg

バスの前にあるのは、私たちのツアーのスーツケースです。
これからドライバーさんが積み込んでくれます。

セクシーなのは馬なのか、おねいちゃんなのか。
f0046614_14523147.jpg


ロビーもシックでおしゃれ。
f0046614_1455254.jpg

f0046614_14553584.jpg


ロビーに降りていくと、旅物語さん御一行様がスーツケースを各自で持って集合していました。
LOOK御一行様(私達ね)のスーツケースは、ポーターさんが運んでくれています。
こういう些細なところで値段の差を感じますね。

それでは次の目的地、ニュルンベルグに向かいます。

つづく
[PR]
by ashu_namy | 2016-01-07 12:00 | 2015.12 X'masMarket