ashuとnamyのよもやま日記

ashunamy.exblog.jp

namy:このブログの管理人。いろんなことに疲れて、絶賛ヤサグレ中だったけど、2012.9月、復活しました。              ashu:写真を撮っているだけのヒト。(笑)

2015.12.2 ドイツ クリスマスマーケット 7  ~ ハイデルベルグ その3 ~

バスで旧市街に降りてきました。
アルテ橋(カール・テオドール橋)のたもとにある、サルの像。
f0046614_14363458.jpg

金貨を持つ猿 といって、人間のような手で、鏡をこちらのほうに向けています。
「まず、自らを顧みよ」、との警句らしいです。
この鏡に触ると、金運がUPするそうです。
ええ、しっかり触ってきました。

カール・テオドール像。
f0046614_14393332.jpg


アルテ橋 (カール・テオドール橋) の「橋門」 (Brückentor)。
中世においては、旧市街の市壁の一部として、ゲートの役割を果たしていたとか。
f0046614_1440339.jpg


橋の上からハイデルベルグ城を望む。
f0046614_14411637.jpg
f0046614_14412731.jpg


橋の上で記念撮影。
f0046614_1442910.jpg

上着がパツパツなのは、上着の下にウエストポーチがあるため。
海外に行く時はいつもそうですが、リュックにはカメラと散策中に買ったものぐらいしか入れてません。
貴重品はウエストポーチにいれて、ファスナーには鍵がついています。
また、ヨーロッパはスリが多いということで、万が一被害にあった時用にパスポートのコピーと、クレジットカードの連絡先と呼びのカード、日本円で10,000円とユーロで50ユーロ札1枚を、履き古したストッキング(安心してください、ちゃんと洗濯済みです)に入れて、お腹に巻いておきました。
(これがashuさん的に悲劇となる時がくる・・・)
鍵のついたウエストポーチの上から上着を着て、前のファスナーを閉め、おまけにリュックを前に背負ったらさすがの敏腕スリも手も足も出ないと思われますが、油断大敵。
これでもかと用心を重ねるぐらいでちょうどいいんです。
もちろんリュックのファスナーにも鍵付き。(これが後に仇になる・・・)

先ほどのサルのお尻。
f0046614_14423693.jpg

ガイドさんが、「オスかメスか?」と聞いてきたので、撮ってみました。

川岸に立っていた建物の入り口の飾り。
f0046614_14441540.jpg

なんとなく、5月のこいのぼりを連想しました。
ホテルの入り口みたいです。

マルクト広場まで移動します。
f0046614_14451027.jpg


お店のディスプレイはもうクリスマスです。
f0046614_14455743.jpg


ただ路地を歩くだけで絵になるような気がする。
f0046614_14465494.jpg


かわいらしいミニ。
f0046614_14462244.jpg


町の中心にはたいてい教会があります。
f0046614_14561135.jpg


日本にもあるリンツのお店。
f0046614_14572551.jpg

ショーウィンドウを見て歩くだけでも楽しい。

次はハイデルベルグのクリスマスマーケットを歩きます。
[PR]
by ashu_namy | 2015-12-25 12:00 | 2015.12 X'masMarket