ashuとnamyのよもやま日記

ashunamy.exblog.jp

namy:このブログの管理人。いろんなことに疲れて、絶賛ヤサグレ中だったけど、2012.9月、復活しました。              ashu:写真を撮っているだけのヒト。(笑)

2015.10.5 駒ケ根 その1

昨年の立山の紅葉がよかったものだから、今年も紅葉を見に行きたいと某大手旅行会社のツアーに申し込んではみたものの、ま・さ・かの催行中止。
そんな~・・・
今頃中止って言われても、めぼしいホテルなんてもう一杯だお・・・・
と、体育座りでいじけていたところ、なんと、ashuさんの会社のベネフィット枠でホテルが取れました。
で、今年の紅葉は長野県は駒ケ根の千畳敷カールに決定しました。

ホテルだけ取ったのであとは自分たちでプランニング。
激コミが予想される時期だったし、プータロー 専業主婦の私はともかくashuさんは次の日会社なのでなるべく疲れの残らない行程を考えて、5日に千畳敷カールに行って6日は駒ケ根で遊ぶというなんともアバウトなプランを立てました。

駒ケ根まで家から高速使って約2時間。
8時ごろにはバスセンターにつきたいということで、朝の6時に家を出発。
最寄りのコンビニで朝食とお昼のおにぎりを買って、予定通り8時ごろに菅の台バスセンターに到着。
月曜なのに駐車場はもう満車でした。
で、私達の車は今日泊まるホテルに置いていくことにしました。
まずはホテルでチェックインの手続き。
車を置いていくことを告げて、ホテルから徒歩5分ぐらいでバスセンターに到着。
ホテルの前のバス停からでも乗れるけど、混む時期は臨時バスも出るしバスとロープウェイの往復チケット(割引なし)も買えるのでバスセンターのほうが何かと便利。

まずはバスとロープウェイの往復チケットを買います。
f0046614_1353032.jpg

バスセンターの窓口ならクレジットカードも使えます。
しらび平でも買えるけど、ここで買っておくと便利かも。
この時期のバスは30分おきなんだけど、バスセンターにいると臨時バスが出るので路線バスを待つより早くしらび平に行けます。

太田切川を渡ります。
f0046614_13552623.jpg
f0046614_13553330.jpg

まだこの時は空はどんよりしています。
この先にも駐車場がありますが、この時点でここも満車。
ここから先はマイカー規制なので、駐車場が開くのを待つか引き返すかしかありません。

バスの車内。
f0046614_13565263.jpg

バスは山道を走るので全席着席。
補助席まで一杯になると立って乗れないので、途中のバス停の人は次のバスを待つことになります。

ちょっと雲が切れてきました。
f0046614_13584811.jpg


途中の地蔵尊。
f0046614_1359627.jpg

しらび平までは見どころは左側が多いので、バスに乗ったら左側に座るのがよろしいかと。

バスセンターから約30分でしらび平に到着。
ここでロープウェイの整理券をもらいます。
f0046614_1404214.jpg

整理券の番号で自分たちの乗るロープウェイの時間を確認します。

もらった整理券が701と702だったので、9時42分に乗ります。
f0046614_1433346.jpg

この時で約40分待ち。
私たちが行ったのは月曜ですが、前日の日曜はこの時点(朝の9時半)で3時間待ちだったそうです。
ロープウェイの乗るだけで3時間て・・・

時間があったので散歩。
ロープウェイを待つ人々。
f0046614_1441050.jpg

この日もロープウェイのは9分間隔のフル稼働だったらしいです。

場所確認。
f0046614_1442656.jpg


バスがどんどん上がってきます。
f0046614_1451063.jpg


下りのロープウェイ。
f0046614_1452979.jpg

千畳敷ホテルに泊まったと思われる人々が下山。
みなさん高確率で立派なカメラと丈夫な三脚を持っています。
そしておしなべてシルバー世代。

気温は11度。
f0046614_147784.jpg


よりわかりやすく。
f0046614_1472154.jpg

なんかね、お気楽極楽なハイキングスタイルで来たら、もう、寒いったら。
でもここで持ってきたダウンを着たら山頂はもっと寒いだろうからと、ガマン。
なんか函館の轍を思いっきり踏んでるわ。

さて、ロープウェイの乗車時間が来ました。
ここでロープウェイの一番前に乗るコツ。
乗車時間が来ると番号の呼び出しがあります。
自分たちの1個前の番号が呼ばれたら、乗車口付近(温度計のある付近)でうろうろし始めます。
一個前の改札が始まったら、1個前のグループの最後の人の後ろに並びます。
(でも前に進んじゃ駄目よ)
1個前の改札が済むと自分たちの番号が呼ばれますので、すかさず改札口まで進みます。
はい、最前列ゲット。
f0046614_14115928.jpg

横入りをしない某大陸の観光客がいないからこそできる技です。
そういや、某大陸観光客の団体、いなかったな。

ロープウェイに乗って一番前をゲットして、写真を撮る準備です。
っていってもコンデジですが。
1本目の鉄塔。
f0046614_14134093.jpg


ロープウェイのの周辺の紅葉が一番きれいでした。
f0046614_142012.jpg


滝が見えてきました。
f0046614_14201992.jpg


2本目の鉄塔
f0046614_14205112.jpg

約100m上ったことになります。

滝がよく見えるようになってきました。
f0046614_14211952.jpg


滝壺がキレイですね。
f0046614_14213498.jpg


ロープウェイの右側のほうが紅葉はきれいでした。
f0046614_14221441.jpg


右側にも滝があります。
f0046614_14223375.jpg


山頂が近づいてきました。
f0046614_14231082.jpg


標高2531mです。
f0046614_14234198.jpg


山頂駅に到着。
f0046614_14243494.jpg

7分30秒で約1000m上りました。
もちろんしらび平から歩くこともできますので、足に自信のある方は是非。

日本で一番高いところにある駅なんだそうで。
f0046614_1427930.jpg

たしか鉄道駅は野辺山駅だったような。

気温10度です。
f0046614_14402616.jpg

標高が100m上がると気温は0.6℃下がるので、5度ぐらい下がってもよさそうなもんですが、下界も寒いということなんですね。
ただし、湿度が30%下がりました。

その昔、某大手旅行会社の立山ツアーに行ったときの添乗員さんが、「山の上は暑いですよ、太陽に近いですから。」と3回言っていたけど、じゃあなぜエベレストの山頂の雪は溶けないんですかぁ~?

山の頂上は寒いです。
太陽に近くても寒いです。

というわけで、つづく。
[PR]
by ashu_namy | 2015-10-16 12:42 | 2015.10 駒ケ根