ashuとnamyのよもやま日記

ashunamy.exblog.jp

namy:このブログの管理人。いろんなことに疲れて、絶賛ヤサグレ中だったけど、2012.9月、復活しました。              ashu:写真を撮っているだけのヒト。(笑)

2015.6.1 函館 8

一体いつまで続くよ、函館。
もう少し、もう少しですから(ホントに?)どうかお付き合いください。

凾館グルメをたらふく堪能した後は、ベイエリアに行ってみます。
バスでも行けますが、函館駅前からなら歩いても行けます。
ってか、昨日末広町から歩いて帰ってきたんだから、余裕で歩けるでしょ。
腹ごなしもしないと、大沼だんご(買ったのがはるか遠い過去のようだ)が食べられないよ。
で、徒歩移動。
暮れなずむ町を見ながら歩くのも悪くない。

歩いている途中にカラフルなマンホールを見つけました。
これはカラーマンホール(そのまんまやがな)というそうです。
1980年代から各市町村でご当地の花や木、特産品など独自のデザインのマンホールを採用するようになり、デザインマンホールが全国的に急速に普及していきました。凾館には、「イカ」「五稜郭」「観光シンボルマーク」「タコ」の4種類があります。(パンフレットより)

これは「観光シンボルマーク」です。私にはハリストス正教会に見えるけど。
f0046614_1097100.jpg

コチラはイカ。
f0046614_1010494.jpg

五稜郭で「五稜郭」のマンホールを見た気がするけど、写真撮らなかったな~、残念。

そうこうしているうちにベイエリアにやってきました。
ベイエリアで一番有名なのは、金森赤レンガ倉庫ですね。
もう19時を過ぎていたので、お店はほとんどが閉まっていました。

お菓子のお店。
f0046614_10162534.jpg


BAYはこだて付近でいい感じに日没になってきたので、橋の上でしばし撮影。
f0046614_10193646.jpg
f0046614_10195728.jpg

f0046614_1020523.jpg
f0046614_1021588.jpg


うっとりしながら写真を撮っていたら、背後で「ゴリュッ!ゴキッ!バリバリっ!ギャギャギャギャッ!」となにやらいや~な音がしたので振り返ってみたら、ハの字のスリック(※1)に 積丹シャコタンの、若かりし頃によく見た、昭和のかほりがただよう懐かしい車が、結構な勢いで突っ込んできたはいいけど、シャコタンゆえにけっこう急こう配な橋を登りきれずに、お腹を擦りまくっている音だったのでした。

で、派手に(ホントに)火花を散らしながら橋を登り切ったはいいけど、今度は下らなきゃいけなくて。
シャコタンなのでそのまま下れば間違いなく鼻をこするけど、でも降りないわけにはいかなくて。
再びお腹を擦りながら下って、最後には橋幅いっぱいまで車体を振って、なるべく擦らないように細心の注意を払いながらゆっくりゆっくり橋を抜けようとしたけど。
シャコタンゆえに(くどい?)思いっきり鼻を擦って、お腹も擦って、降り切った時には安心したのか、恥ずかしさを吹っ切るように思いっきりアクセルを踏んで走っていったけど、その場にいた全員が「あ~あ」と思ったことはまちがいない。

(※1 八の字のスリック(はのじのすりっく) 
 昭和の頃、ヤンチャ系の男子が好んでした改造。扁平率の低くて太いなおかつ溝のないタイヤを、角度を八の字にしたキャンバーに装着した(今でいう痛いと思われる)車。(私見です)
ご本人はカッコいいと思っているようだが、乗り心地は悪いし、燃費は悪いし、雨なんか降った日にゃ安全性にも問題があるという、彼氏には乗ってほしくない車。(そういうのがカッコいいと思う女子は除く)
敗訴カー ハイソカー(ハイソサエティーカー)ブームの終焉とともに絶滅したかと思われていたが、最近ちらほら見かけるようになった。
時代が一巡したということでしょうか。

彼はこんなきれいな景色を見る余裕もなかったんでしょうね。
f0046614_1041366.jpg

f0046614_1042224.jpg
f0046614_10423920.jpg

f0046614_10431220.jpg


お昼に食べたラッキーピエロのお店がベイエリアにもありました。
f0046614_10434965.jpg

お店によってテーマがあって、全部内装が違うそうです。

外にあったラッキーピエロドリンクの自販機。
f0046614_10443295.jpg


金森倉庫前の道路。
f0046614_1045974.jpg


デロリアン、通りました。
f0046614_1045395.jpg


昨日登った函館山。
f0046614_1046220.jpg

今日もたくさんの人が夜景を見ていることでしょう。

夜釣を楽しむ人。
f0046614_10465027.jpg

一応そこは立ち入り禁止区域なので、落ちないようにしてくださいね。

対岸の夜景。
f0046614_10473189.jpg


金森倉庫と月。
f0046614_1048061.jpg

f0046614_10483248.jpg


凾館ビヤホールからはにぎやかな音楽が聞こえてきます。
f0046614_1050382.jpg


風がないので、水面が鏡になっています。
f0046614_10504957.jpg


デロリアン、ふたたび。
f0046614_10512764.jpg


雰囲気いいですね~
f0046614_1052526.jpg


昼間はもっとたくさんの人がいるんでしょうけど、お店が閉まった後は閑散としています。
でも、写真を撮るにはもってこい。
f0046614_1054892.jpg


クリスマスの頃には、イルミネーションがキレイなんだそうです。
f0046614_10544997.jpg


ぷらぷら歩いて、青函連絡船記念館摩周丸まできました。
f0046614_1055585.jpg

手前は公園になっていて、ダンスの練習をしているグループや、スケボーの練習をしている若者がいました。

水面がすこし揺れていたので、亡霊っぽくなっちゃました。
f0046614_10571030.jpg


函館山側の夜景。
f0046614_10575981.jpg


摩周丸とモニュメント。
f0046614_10583388.jpg


角度が変わるとまた違った雰囲気になります。
f0046614_10591253.jpg


そろそろ疲れたので、ホテルに戻ります。
エレベーターロビーには無料のコーヒーサービスがあります。
そういえば、この日はこのホテルで日本電子頭脳学会の懇親会があるとかで、ロビーにはアカデミックな雰囲気の人たちがPCを開いていました。
そのほとんどがリンゴマークだったことが驚きでした。

部屋からの眺め。
ステーションビューです。
f0046614_111219.jpg

スマホでもこれぐらいは撮れる。

さて、お腹もこなれたので、大沼だんごをいただきます。
f0046614_11248.jpg

ごまとしょうゆ(みたらし味と言った方がいいかしら)。
ゴマは、沼の家本店の限定だそうです。
f0046614_1131081.jpg

ぺろりと食べてしまいました。(ほとんど私が)

満喫した凾館も明日が最終日です。
[PR]
by ashu_namy | 2015-07-27 11:04 | 2015.6 函館