ashuとnamyのよもやま日記

ashunamy.exblog.jp

namy:このブログの管理人。いろんなことに疲れて、絶賛ヤサグレ中だったけど、2012.9月、復活しました。              ashu:写真を撮っているだけのヒト。(笑)

2015.6.1 函館 7

山川牧場から、道々(みちみちじゃなく、どうどう、ね。県で言えば県道ってこと。)大沼公園鹿部線を通って鹿部間欠泉に向かいます。
この道々大沼公園鹿部線は、信号はないし、対向車も後続車も少ない、道路はほぼまっすぐ、という北海道らしい道路でした。
ただ路面がちょっと荒れていたかな。

鹿部間欠泉に到着。
平日の昼間なので暇なのか、係の女性が掃除をしていました。
f0046614_13422253.jpg


この鹿部間欠泉は、大正13年4月に温泉試掘によって発見されました。以来しぜんの力だけで約100度のね熱湯を断続して噴きあげています。噴出高は約15m以上にもなります。(パンフレットより)

場内には足湯もあり、待っている間に入ることもできます。
私たちがついた同じ時間に、シルバーな方々のツアーも到着して足湯が満員御礼になったので入りませんでした。

足湯に入れなかったので、場内の見学。
間欠泉のことがパネルで紹介されている洞窟の道や、高いところから見ることができる展望の館などあります。
せっかくなので高いところから見ることにしました。
(なんとかと何とかは高いところが好きなんで。)
f0046614_13484765.jpg

なんとなくいやな予感はしましたが、
f0046614_13491148.jpg

しっかり飛沫を浴びました。
見学するときは風向きに注意しましょう。

以前は好きなだけ噴き上げていたようですが、すぐ前を国道が走っていることやご近所さんへの配慮からある程度の高さで収まるよう、ふたがつけてあるようです。

駐車場に戻ってきて、なにやら演歌のかほりのする石をはけん。
f0046614_13514778.jpg


ニシン漁に出ていく船でしょうか。
f0046614_13522334.jpg

この歌碑は、鹿部町と交流の深い作詞家星野哲郎氏の作詞で、歌手の鳥羽一郎が歌って大ヒットした(らしい)北斗船の歌碑らしいです。
鳥羽一郎の大ヒット曲は、「兄弟船」しかしらんがな。

それでは再び道々大沼公園鹿部線を通って帰ります。
途中駒ケ岳が別方向から見える場所を見つけて1枚。
f0046614_13553171.jpg

いきなり車を停められる場所があるって、さすが北海道。
f0046614_13561920.jpg


帰り道に昆布館に寄ってみたり、朝には見つけられなかったハッピーピエロの峠下総本店を見つけたり、道に迷いながら(ナビがついてるのに)ユニクロに行ってスターウォーズのステテコ買ったり。
(平日の昼間なのに、なんであんなに混んでんだ?)

お昼に食べたチャイニーズチキンバーガーがしっかりお腹に残っているけど、ツアー特典の回転すし屋さんに行かないといけないし、レンタカーを返す時間もあるしで、ちょっと早いけど、夕飯。
函館でも割と有名らしい回転ずしの函太郎さんに来ました。
f0046614_1403114.jpg


まだ時間が早いせいかお客さんもまばらで、お寿司も回っていません。
でも、夕方になると行列ができるぐらいの人気店だそうです。
ツアー特典で一人2,200円相当食べられるということでしたが、そんなにお腹が空いていなかったので、食べたいものを(お皿の色を気にしないで 笑)注文しました。

活け鯛
f0046614_1424473.jpg


ヤリイカ
f0046614_143383.jpg


生うに(ashuさんに「時価だよ」と言われてしまった・・・)
f0046614_1434075.jpg


おすすめ炙り3種盛り
f0046614_1442937.jpg

真ん中が和牛ということだったので、ashuさんが食べてみたら、「なんかサカナっぽい・・・」
「和牛のあぶりだからサカナっぽいんじゃないの?」
「あ~すいません、おすすめ炙りでしたね。普通の炙り出しちゃいました。作り直しますね。」

サカナっぽいんじゃなくて、さかなでした・・・

で、こちらがおすすめ炙り3種盛り
f0046614_1473919.jpg

ちゃんと肉だったそうです。
このお皿はノーカウント。


f0046614_1483845.jpg


北寄貝
f0046614_1491100.jpg

ashuさんがえらく感動しておりました。

そんなにお腹がしていないと言いつつも、たらふく食べてお会計880円。(クーポン4,400円使用)
こういう特典があるのもツアーの魅力ですね。

もう食べられない~といいつつ、ガソリンを満タンにしてレンタカーを返し、いったんホテルへ。
三脚を持ち、腹ごなしをかねて歩いてベイエリアへ向かいました。

つづく
[PR]
by ashu_namy | 2015-07-20 12:00 | 2015.6 函館