ashuとnamyのよもやま日記

ashunamy.exblog.jp

namy:このブログの管理人。いろんなことに疲れて、絶賛ヤサグレ中だったけど、2012.9月、復活しました。              ashu:写真を撮っているだけのヒト。(笑)

2014.10.2 立山黒部アルペンルート 1

~室堂に消えたD7100 もみじと温泉に隠された謎 美人人妻撮影紀行~
2時間ドラマ風にサブタイトルをつけてみました。
「美人人妻」というのは、ええ、自画自賛です。誰も言ってくれないから自分で言ってみた 笑

今年の4月に「雪の大谷ウォーク」で、立山に来ています。
そこでashuさんはぜひとも雪のない時期に来たい、できれば紅葉の時期に、と、思ったらしいです。
反対に私は、「こんな激コミのところ、二度と嫌だ。」
と、正反対のことを考えていた二人。
しかし珍しくashuさんの猛プッシュで秋の立山行きが決まりましたが、私は嫌で嫌で仕方ありませんでした。
行きたくないので、当然下調べなんて何もしない。
移動のタイムテーブルも、「行きたい奴が考えろ!」と丸投げ。

当日は扇沢駅からの荷物回送サービスを利用するつもりでしたが、事前にゆうパックで送ったほうが安くね?ということに気が付いて、その発送のリミットが今日!ということで、いつもなら準備に3日ぐらいかかるのに、ashuさんのお尻を叩いて30分でパッキング終了。
なんだ、やればできるじゃん。
荷物も送り終ってそのあとは、ほんとぉーに何も調べず立山行の当日を迎えました。

毎朝の通勤電車より1本早い電車に乗って、いつも追い越される特急しなの1号で松本に向かいます。
途中、木曽福島の駅で停車したときに、駅前に御嶽山の捜索活動を中継するテレビ局の車がたくさん止まっているのが見えました。

定刻に松本駅に到着。
ここから大糸線に乗り換えて、信濃大町へ向かいます。
f0046614_21312566.jpg


ここから小1時間のローカル線の旅です。
f0046614_21332616.jpg


信濃大町からは、バスで扇沢の駅に向かいます。
f0046614_21335650.jpg

平日のせいか、空いていました。
このバスは定員が45名で、たぶん立ち席はないので、早めにバスに乗ったほうがいいです。

10時30分発のバスに揺られること約40分で、扇沢駅に到着。
f0046614_21351233.jpg


扇沢駅を11時30分初のトロリーバスに乗ります。
f0046614_21364046.jpg

春に来た時は、ここですでに団体客でごった返していましたが、今回は平日のお昼近くのせいか、そんなに混んでいませんでした。
ちょっと拍子抜け。

今回もJTBのツアーを利用しました。
今回のツアーはアルペン切符付きのツアーなので、扇沢でチケットを引き換えます。
f0046614_2138183.jpg

これで明日の立山駅まで行けます。

時間になり、出札。
f0046614_2141353.jpg

春に乗ったのと同じデザインです。
春の時は、ぎゅうぎゅうの混雑でしたが、今回は全員が着席できました。
このトロリーバスは、バスという名前こそついていますが、一般道を走ることがなく架線のある軌道を走るので、電車になります。
なので、ナンバープレートもついていません。

で、なんで関電がこのトロリーバスを運行しているかとというと、黒部ダム(関電の持ち物)を国立公園特別地域内に建設する際の厚生省(現厚労省)の許可条件に、「工事用として建設される道路は工事竣工後はこれを公衆の利用に供すること」という一文があったためです。

トロバスに揺られること16分。黒部ダムに駅に到着しました。
春に来た時はここは駆け足で(本当に走った)通り抜けたので、今回は展望台まで行ってみました。
f0046614_21493146.jpg

ここに来るまでに、220段の階段を上ります。
最初は調子こいて二段飛ばしで上っていましたが、半分ぐらいで息切れ。
最後は息も絶え絶えに登り切りました。
登って最初にしたことは、ダウンベストを着こむこと。
標高約1508mで、ふきっさらしなので、風が冷たかったです。

展望台から見る黒部湖。
今回持って行ったカメラは、D7100に35mmマクロだけなので、これが精一杯。
f0046614_21525594.jpg


黒部ダムは6月から10月まで観光放水をしています。
f0046614_21574196.jpg

毎秒10t以上の水を景気よく放水していますが、観光用の放水なので、ダムの水がなくなることはないみたいです(あたりまえか)。
天気の良い午前中は、虹がかかることもあります。
間近で見られる展望台もありますが、もれなく階段の昇降がついて回ります。

展望台の中にある無料休憩所で、買ってきたおにぎりを食べました。
レストランもあるので食事はできます。
ashuさんは「ダムカレー」が食べてみたいそうです。
ここの休憩所の水道からは、黒部の湧水が出てきます。
水道から湧水というのも変な話ですが、冷たくておいしいので、ペットボトルや水筒に詰めていくといいです。
山頂近くになればなるほど、物価も上がりますんで。

北アルプスの山々(らしい)
f0046614_2235148.jpg


この奥にケーブルカーの黒部湖駅があります。
f0046614_224327.jpg

堰堤を歩いていたら、関係者らしき人が、「堰堤の上に100人も人がいないって・・・すごい・・・」というぐらい空いていました。
前に来た時は、人だらけで、人を華麗にかわしながら走ったぜ?

ではでは、ケーブルカーに乗って、黒部平に向かいます。

(得意の)つづく・・・
[PR]
by ashu_namy | 2014-10-27 12:00 | 2014.10 立山・黒部