ashuとnamyのよもやま日記

ashunamy.exblog.jp

namy:このブログの管理人。いろんなことに疲れて、絶賛ヤサグレ中だったけど、2012.9月、復活しました。              ashu:写真を撮っているだけのヒト。(笑)

2014.7.23 Angkor Wat 28 ベン・メリア 1

アンコールワット観光最終日です。
朝から小雨が降っています。
この日は、郊外にあるベン・メリアという遺跡に行きます。
シェリムアップからは車で1時間半ぐらいのところにあります。

昨晩は結構雨が降ったので、道路はぬかるんでいます。
f0046614_228357.jpg

幹線道路以外は舗装されているところは少ないので、スコールが来ると大きな水たまりができます。
でも、アスファルトじゃないから太陽の照り返しがなく、雨が降るといっぺんに気温が下がります。

道中の集落のお店。
f0046614_22105671.jpg


ビーサンや編み笠などの雑貨屋さん。
f0046614_22115191.jpg


ちょっとわかりにくいですが、ペットボトルに入っているのは、ガソリンです。
f0046614_2212312.jpg

観光の重要な乗り物、トゥクトゥクの動力はスーパーカブのような単車。
これで郊外まで出ると当然ガソリンがなくなります。
でもガソリンスタンドはない。
そこで、ペットボトルに入れて道端で売っています。
50ccの原付なら2リットルも入れれば満タンになりますから。

ベン・メリアに到着。
f0046614_2215048.jpg

雨季のカンボジアに来て、初めての雨の中の観光です。
持ってきたカッパを着ましたが、暑い・・・
すぐに脱ぎました。

ベン・メリアはアンコールワットより約20年前にスーリヤバルマン2世によって建てられたヒンドゥー寺院。
シェリムアップから北東に約60kmに位置する。
修復や遺跡に絡まる樹木の伐採はほとんど行われていないため、発見当時の雰囲気が残り迷宮を探検するような楽しさがある。
アンコールワットを平面化したような遺跡で、東のアンコールワットとも呼ばれる。
当時、周辺は栄えており、「ベン・メリア(花束の池)」という名にふさわしい美しい寺院だったと推察される。

アンコールワット周辺はきちんと整備され、どこを歩いても地雷の心配はなくなりましたが、郊外の遺跡などあまり整備が進んでいないところは、遺跡から少し離れるとまだ地雷が埋まっているそうです。

ベン・メリアの入り口
f0046614_22232535.jpg

崩壊していて通れないので、横にまわります。

ナーガのかけら。
f0046614_2224464.jpg


巨大なガジュマルが遺跡を覆っています。
f0046614_22243977.jpg


崩れた回廊の壁。
f0046614_22251950.jpg


f0046614_2226923.jpg


レリーフに入りこむガジュマルの根。
f0046614_22264018.jpg


遊歩道が整備されているので歩きやすいですが、遊歩道の幅が狭いのでぎゅうぎゅうです。
f0046614_22272821.jpg

崩れた遺跡の上を歩くこともできますが、雨上りはコケで滑りやすいので、注意が必要です。

この奥に何かの秘宝がありそう。
f0046614_22292697.jpg

f0046614_2239683.jpg

f0046614_22391898.jpg


つづく
[PR]
by ashu_namy | 2014-10-15 12:00 | 2014.7 Angkor Wat