ashuとnamyのよもやま日記

ashunamy.exblog.jp

namy:このブログの管理人。いろんなことに疲れて、絶賛ヤサグレ中だったけど、2012.9月、復活しました。              ashu:写真を撮っているだけのヒト。(笑)

2014.7.21 Angkor Wat 13 アンコールワット 4

南北180m、東西200mの第一回廊には、インドの古典叙事詩「マハーバーラタ」「ラーマヤーナ」など、ヒンドゥー教の天地創造神話の「乳海攪拌」や、神話じゃないけど「天国と地獄」などの物語が刻まれています。

まずは、第一回廊から外を見る。
f0046614_14554556.jpg

気持ちよさそうです。

次に井天井を見る。
f0046614_14562089.jpg

こんな落雁、あったな。和三盆なんかで。

では、レリーフ。
「マハーバーラタ」
インドでもっとも有名な古典叙事詩。一面を使ってパーンタヴァ軍とカウラヴァ軍の18日間の戦闘シーンが描かれている。
f0046614_1581270.jpg

f0046614_1582238.jpg

以前は手で触ることができたので、みんな触って光っています。
いまは保護のために触ることはできません。

牛に乗っているのでシヴァ神かな?
f0046614_15173646.jpg


「天国と地獄」
地上から地獄に落とされている様子。
下では鬼に痛めつけられている人々の姿。
f0046614_15182382.jpg


鬼に棒で打たれているの図。
f0046614_15184094.jpg


舌を抜かれてるの図。
f0046614_15191226.jpg

なかなか怖かったです。

「乳海攪拌」
ナーガを引っ張る阿修羅軍の一番端っこの阿修羅さん。
f0046614_15212916.jpg

ナーガもいい迷惑だろうに。

ずらりと並んだ阿修羅軍。
f0046614_15221696.jpg


ヴィシュヌ神の化身、大亀クールマの上に大マンダラ山を乗せ、これを心棒ににして神々と阿修羅がナーガを引き合うクライマックスシーン。
この乳海攪拌で生まれたのが、ヴィシュヌ神の奥さまのラクシュミ―。

神様軍。
f0046614_15263898.jpg


まだまだレリーフはありますが、全部丁寧に見ようと思ったら、何日もかかります。
f0046614_15282050.jpg

f0046614_15283393.jpg

f0046614_15292193.jpg

f0046614_15293250.jpg
f0046614_15294294.jpg


でも、またゆっくり来たいな~

だいぶ日が傾いてきました。
f0046614_15272367.jpg


日程ではここで夕日を鑑賞することになっていましたが、こんなにいいお天気だったのが、
f0046614_1532549.jpg


一転にわかに雨雲が出てきました。
f0046614_15322515.jpg

(なんなんでしょうね、このエバッたヒト・・・)
首にタオルを巻いているのは、半端なく汗が流れるからです。
もう化粧も取れてしまっています。(汗)

雲が切れるかと思いましたが、残念ながら夕日は見られなかったです。

つづく
[PR]
by ashu_namy | 2014-09-12 12:00 | 2014.7 Angkor Wat