ashuとnamyのよもやま日記

ashunamy.exblog.jp

namy:このブログの管理人。いろんなことに疲れて、絶賛ヤサグレ中だったけど、2012.9月、復活しました。              ashu:写真を撮っているだけのヒト。(笑)

2014.7.20 Angkor Wat 2 バンコク~シェムリアップ到着

時間になり飛行機に搭乗しました。
ネットの情報ではシェムリアップ行きのバンコクエアウェイズは、シート配列が2-2のプロペラ機だということでしたが、シートが3-3のジェット機でした。
今度は窓側から2席。お隣は欧米系のカップルの男性でした。
乗ってくる人を眺めていましたが、日本人観光客は少なかったですね。
ビジネスマンらしき日本人がちらほらいました。
乗客がほぼ席につくと、入国カードと税関申告書とビザの申請用紙が配られます。
ビザは日本で取得してあるし、入国カードと税関申告書は記入済みなので、ここは余裕です。

機内誌を眺めていたら(読めないので眺めるだけ)、ポップな音楽が聞こえてきました。
顔をあげたらモニターでCAのおねいちゃんが踊っています。
何やってんだ?と思い見ていたら、安全ビデオでした。
なるほど~こりゃ見るわ。

定刻に離陸。
しばらくは雲の中を飛びます。
ベルト着用サインが消灯したら、あわただしくCAさんが動き始めます。
ボックスに入った機内食をたくさん手に持って、ポンポン配っていきます。
f0046614_2215412.jpg

中は、ハムとチーズとパンとサラダとジュースとお水とデザート。
のんびり食べている時間はないので、パンにバターを挟んで(塗ってない^^;)、そこにハムとチーズを挟んでの即席サンドイッチにしていただきました。
なかなかおいしかったです。

このボックスランチを配ったらすぐにドリンクサービスに来て、ドリンクサービスが終わったらすぐに容器の回収です。
回収が終わるころにはまたベルト着用サインが点灯するので、テーブルをしまえといわれます。
入国カードを書いている余裕はないです。
隣の欧米系男性も、食べるのもそこそこに入国カードを書いていました。
この時に男性のカードが床に落ちたので、(小柄な)ashuさんが屈んで拾ってあげました。
ちょっといかめしいお顔をしていましたが、この件でなんか和やかな雰囲気になりました。

カンボジアの上空にきました。
f0046614_2271272.jpg

川が蛇行しています。

カンボジア最大の湖、トレンサップ湖です。
雨季なので、水がたくさんあります。
この湖で水上生活をしている人たちがいます。
f0046614_2273112.jpg

トレンサップ湖の観光のツアーもありますが、それには今回は参加しませんでした。

飛行機から見る青空。
f0046614_2284874.jpg


今回の旅行で最初で最後の夕日(笑)
f0046614_2292678.jpg


雨季で梅がたくさん降るので、こうなっているんだと思います。
洪水の後じゃないよね・・・
f0046614_2211119.jpg


f0046614_22112794.jpg


みどりが増えてきました。
f0046614_2211531.jpg


シェリムアップ国際空港に到着。
窓側に座っていたので、通路側の男性が席を立ってくれないと荷物が出せません。
ぼひゃ~と棚のほうを見ていたら、通路側の男性が、「君のはこれかい?」というような顔でashuのバッグを下ろしてくれました。
「ついでにその隣のも~」と日本語でつぶやいたら、にっこり笑って下ろしてくれました。

シェリムアップ空港にはターミナルがない(ということはブリッジもない)ので、タラップで降ります。
スコールが止んだ後でよかった。
f0046614_22134187.jpg


隣にはベトナム航空の飛行機がいました。
f0046614_22162512.jpg

名古屋からはベトナムのハノイ経由でもシェムリアップにこられます。
ベトナム航空は約90分のフライトなのに、水しか出ないそうです。
サービスはバンコクエアウェイズのほうがいいですね、忙しいけど。笑

シェリムアップ空港の建物。
f0046614_2216535.jpg


アンコールワットに来たんだと気分が盛り上がります。
f0046614_22172594.jpg


建物に入ってすぐ左にビザの申請窓口があります。
ビザを持っている人はまっすぐ進んで入国審査です。

着いた時間がよかったのか、イミグレにほとんど人がいなくて、スムーズに通過できました。
写真撮影と指紋の撮影があると聞いていましたが、何の質問もされず、カメラを見ろとも言われず、指紋も撮影されず、パスポートにスタンプと出国カードを留められておしまい。

ほどなくターンテーブルからスーツケースが出てきて、税関。
って、箱が置いてあって、そこに税関申告書を置いていくだけ。
だったらいらないんじゃね?

出口を出ると現地の係員が待っています。
空港からホテルまでの送迎担当の方です。
他に同じ飛行機で着いた人たちがいなかったので、私たちだけでホテルに送ってもらいます。
車は、トヨタのカムリでした。

車の中でかんたんな説明をしてもらって、空港からホテルまで15分ぐらい。
今回の滞在は、プリンス ダンコール ホテル&スパ です。

つづく
[PR]
by ashu_namy | 2014-08-12 12:00 | 2014.7 Angkor Wat