ashuとnamyのよもやま日記

ashunamy.exblog.jp

namy:このブログの管理人。いろんなことに疲れて、絶賛ヤサグレ中だったけど、2012.9月、復活しました。              ashu:写真を撮っているだけのヒト。(笑)

2014.4.26 柿其渓谷

屋久島に行ってから渓谷に行きたいといっていたashuさん。
木曽のほうにあるよ、と教えてあげたら自分で調べてきました。
近いしお天気のいい日を選んで行って来ました。

< 柿其渓谷 >
中央道を中津川ICで降りて、R19で小1時間で到着。
f0046614_2230711.jpg

大型バスが入れないので、観光客も多くありません。
っていうか、着いたときには駐車場には私たちの車だけ。
でも、立派なトイレがありました。
f0046614_22311617.jpg


トイレの横には花桃が満開でした。
f0046614_22321390.jpg

斜面にはしだれ桜が満開。
f0046614_22323829.jpg

駐車場下の民家の庭先には、モミジと花モモが咲き競っていました。
(モミジは咲かないか・・・)
f0046614_22332382.jpg


さて、散策に出発。
駐車場にあった地図。
もう少し丁寧な地図がほしかった。
f0046614_2224280.jpg

これを信じたばかりに、ちょっとがっかりすることになりました。

まずは、この渓谷で一番の名所の牛ヶ滝へ向かいます。
地図を頼りに道をテクテク下っていくと、なんと下にも駐車場がありました。
釣り人が何人かいます。

標識を頼りに遊歩道を進みます。
f0046614_22355194.jpg

一度に渡っていいのは5人まで。
この場合、私が5人と白鵬が5人。イーブンでいいのかな~

f0046614_22371319.jpg

吊り橋の上からの眺め。
うん、渓谷だ。

f0046614_223738100.jpg

吊り橋の名前は恋路のつり橋
吊り橋効果とはまさにこのこと。笑

f0046614_22384430.jpg

牛ヶ滝まで340m。

f0046614_2239321.jpg

川に架かる橋はなんで赤が多いのでしょうか?
さっきの標識には、牛ヶ滝まで340mとありました。
ええ、確かに340mでしょうよ、きっと。
でも、あのように急な階段とは思わなかったですね。
おまけに木で作ってある階段なので、ところどころ腐っているし、朝露で滑るし。
久しぶりにお尻がむずむずしました。

f0046614_2240295.jpg

息を切らしながらたどり着いた牛ヶ滝。
東屋から30度はあるだろうという、そこの抜けそうな階段を下りて滝を望む展望台に来ました。
大人が5人も立ったら床が抜けそうなぐらい狭い展望台でした。
幸いなことにほ他に人がいなかったので、二人で三脚を立てて撮り放題でした。

f0046614_22444767.jpg

まだ太陽が真上に来ていないので滝壺が暗いですが、真上から日が当たったらきれいなエメラルド色になります。
f0046614_22454553.jpg

f0046614_2245577.jpg

場所が狭いんで、同じようなアングルでしか撮れません。

さて、ここから上流にある霞ヶ滝を目指すことにして、いったん東屋まで戻ります。
道にある案内板を頼りに歩いていくと、なんか方向が違うような気がしてきました。
でも、道はこれしかないし・・・と思い歩いていたら、なんと大きな林道に出てしまいました。
駐車場にあった地図をスマホで撮っておいたので見てみたら、滝とは違う方角に進んでします。
もしかしたら吊り橋のところで道を間違えたかな~と、いったん戻ることにしました。

f0046614_22485191.jpg

途中に咲いていた(たぶん)ヤマブキ。

さっき下から見た赤い橋を渡って、スタート地点に戻ってきました。

つづく
[PR]
by ashu_namy | 2014-05-13 12:00 | 国内旅行記あれこれ