ashuとnamyのよもやま日記

ashunamy.exblog.jp

namy:このブログの管理人。いろんなことに疲れて、絶賛ヤサグレ中だったけど、2012.9月、復活しました。              ashu:写真を撮っているだけのヒト。(笑)

2013.12.30 Alaska 6

12月30日 (現地時間)

フェアバンクスの街を出た瞬間に寝落ちしたらしく、目を覚ました時はもうチェナに近くなっていました。
すっかり日も暮れて、外は真っ暗です。

突然闇の中に明かりが見えて、ホテル到着です。
最初の2泊はチェナ・ホット・スプリング・リゾート CHENA HOT SPRINGS RESORTです。

フェアバンクスから100km、電気、ガス、水道、電話線などが届いていませんが、地熱を利用した床暖房で部屋はとても暖かいですし、自家発電で電気もつきます。
冷蔵庫はないですが、窓の外は天然の冷凍庫なので、問題ナッシング。

バスを降りたら新館のムースロッジのロビーで簡単なオリエンテーション。
その後お部屋に案内されました。

スーツケースが2つ、余裕で広げられる広さがありました。
f0046614_15544197.jpg


何年か前にはまだドライヤーがなかったそうですが、ちゃんとありました。
スタッフが手作りでいろいろ増やしていってるそうです。
極寒の地ですが、ハウスで野菜などを育てていて、ほぼ自給自足できるそうです。
f0046614_15554174.jpg


部屋についたら、レンタルの防寒着のサイズ合わせ。
日本でサイズを申告してありましたが、ashuさんのは明らかに大きかったので、替えてもらいました。
私はブーツのサイズが小さかったので、これも替えてもらいました。

そのあと今夜から始まるオーロラ撮影に備えて、廊下でレンズを無限大に調整し、持参した養生テープで固定。
三脚につけて、レリーズもつけて準備万端です。

時間になったので、メインコテージにあるレストランに行きました。
今夜のメニューは、キングサーモンのムニエルです。
f0046614_1602297.jpg

脂がのっていて、とてもおいしかったですが、食事的にはこのお皿のお料理と、デザートのケーキとコーヒー、紅茶のみ。
平均年齢の高めのツアーでしたが、食べ盛りの若者も(ashuも含めて^^;)何人かいたので、物足りなかったんじゃないかな~

食事の後は、現地の日本人係員によるオーロラ撮影のレクチャーと、アクティビティの説明。
オーロラは観測キャビンが24時間開いているので、そこで暖を取りながら待機できます。
アクティビティは、雪上車にのって山頂へサンセットに行くツアーを申し込みました。

食事の後、ホテルのギフトショップでお買いもの。
スモークサーモンがあったので、それを会社の人たちのお土産にしました。
支払いの時、ashuがT/Cを出したら、キャッシャーのおねいちゃんは個人小切手と勘違いしたみたいで、
「At BANK!」の一点張り。
こちらもうまく説明できないので、結局キャッシュで払ってきました(^^;)

さて、オーロラが出始めるのはごご10時ごろからと聞いたので、すこし仮眠をしていよいよオーロラ撮影に向かいます。

つづく
[PR]
by ashu_namy | 2014-02-14 12:00 | 2013.12 ALASKA