ashuとnamyのよもやま日記

ashunamy.exblog.jp

namy:このブログの管理人。いろんなことに疲れて、絶賛ヤサグレ中だったけど、2012.9月、復活しました。              ashu:写真を撮っているだけのヒト。(笑)

2013.3.3 Dubai 18 バスタキヤ地区 その1

ホテルの前からタクシーで、バスタキヤ地区に観光に行きます。
ドアマンのにーさんが「TAXI?」と聞いてくるので、「YES」といえば待機中のタクシーを呼んでくれます。
日本のように自動ドアじゃないので、自分で開けて乗り込みます。
ドバイのタクシー運転手さんはみなさん紳士的で、必ず「Hello、Madam」と行ってくれます。
ドライバーさんはほとんどが男性ですが、女性と子供だけ、または女性と女性に同伴の男性だけが乗れる女性ドライバーのタクシーもあります。
女性ドライバーのタクシーは、車がピンクなのでわかりやすいです。

ドバイのタクシーは、メーター制なので安心して利用できます。
初乗りが3Dh≒78円です。

「バスタキヤ」と言って理解してもらえるか不安だったので、「ドバイ・ミュージアム」と告げました。
ホテルからけっこう走ったのに、30Dh≒780円でした。
本当は26Dhだったけど、チップの代わりに端数は切り上げて支払うのがスマートです。
中には観光客と見ると、わざと遠回りをしてぼったくるドライバーもいるそうです。

ドバイ・ミュージアムの前で下してもらって、5分ほど歩くとエキゾチックな建物が見えてきました。

【バスタキヤ地区とは Al Bastakiya Historical Area】
 ドバイの古い街並みを残す歴史的保存地区。1900年代前半に建てられたものが多く、異国情緒にあふれる景観はアラブのイメージそのもの。ところどころに見られる四角い塔は、風の塔と呼ばれる室内の冷却システム。全方位に開いた穴から空気が流れ込み、階下の部屋を涼しくするという猛暑の国ならではのデザインだ。他にも建物で囲まれた庭や、湿気を逃がす装置など、アラブ建築の特徴がみられる。


「異邦人」なんかを口ずさみながら歩きたい路地です。
f0046614_2244559.jpg


オリエント ゲストハウス  Orient Guest House
歴史保存地区に建つ、ブティックホテル。
客室はすべて異なるデザインだそうです。
f0046614_22441256.jpg


玄関の屋根に施された装飾が、青い空に映えます。
f0046614_22441817.jpg


玄関は、わりと小さ目。
f0046614_22442669.jpg


路地のすきまから、モスクのミナレットが見えます。
スピーカからは、時間になるとコーランが聞こえてきます。
f0046614_22443419.jpg


ウィンド・タワー(風の塔)
f0046614_22444018.jpg


日陰で休むアラビアのハト。
f0046614_22444762.jpg


ちょっと振り向いてみたくなる路地。(BGMはもちろん異邦人♪)
f0046614_22445762.jpg


コイン・ミュージアムに来ました。
外から写真を撮っていたら、セキュリティのおじさん(背中が写ってる)が、「どうぞ、見ていってください。」と手招きしたので、入ってみました。
無料です。
f0046614_2245640.jpg


中は小さな小部屋に分かれていて、それぞれの部屋にコインが展示してあります。
中はエアコンが効いていて、涼しい。
一つの部屋を見終わって外に出ると、「次はこの部屋(^^)」と、セキュリティのおじさんが案内してくれます。
f0046614_22451385.jpg


このコイン、結構大きくて、私の顔ぐらいあります。
f0046614_22452242.jpg


ガゼボ風の休憩スペースがあったので写真を撮っていたら、セキュリティのおじさんが写真を撮ってくれました。
f0046614_22453412.jpg


この時は私たちのほかにお客さんがいなくて、おじさんも手持無沙汰だったのか、なにくれとなく世話を焼いてくれました。
f0046614_22455113.jpg


まだまだつづく
[PR]
by ashu_namy | 2013-06-13 12:00 | 2013.3 Dubai