ashuとnamyのよもやま日記

ashunamy.exblog.jp

namy:このブログの管理人。いろんなことに疲れて、絶賛ヤサグレ中だったけど、2012.9月、復活しました。              ashu:写真を撮っているだけのヒト。(笑)

2013.3.2 Dubai 16 ホテルの夜景

このホテルに宿泊を決めたのは、パンフレットでこのアングルの写真を見たから。
ここはホテルのエントランスを出て、公道に出るまでの通路(といっていいのか?)
両側の建物はホテルフロアじゃなく、オフィスだったりホテルアパートだったり。
中央に道があり、両側には水が張ってあります。
ここにもゴミひとつ浮いていません。
掃除が徹底しています。
f0046614_13321515.jpg


通路の中ほどに少し広くなっている場所があって、そこにはベンチもあり休憩できます。
なにしろ公道からホテルの入り口に着くまでが、果てしなく遠いのです。
大晦日の夜、ブルジュ・カリファのカウントダウン花火があります。
この花火を見ようとものすごくたくさんの人が押し寄せます。
各ホテルはホテルの敷地の入り口で、宿泊しているか確認します。
ホテルの敷地には宿泊客しか立ち入れないようにします。
そうなるとこのアングルから花火が見られるのは、宿泊客だけになります。
泊まっているゲストも、いいお部屋なら部屋から花火は見えるし、もっとお金持ちはあのViewing Duckを貸し切ります。
ブルジュ・カリファの花火を見るのには、このホテルは申し分ないリッチなのです。
もちろんそんなときは飛行機もホテルもかなり高騰しますが・・・
f0046614_1332305.jpg


レンズを替えて、ダースベイダーホテルも入れてみました。
f0046614_1333165.jpg


どこかのお金持ちを乗せてきたのか、迎えに来たのか、リムジンがやってきました。
f0046614_13324631.jpg


夜景の撮影はここまでにしてって、それでもまだたりないのか、ドバイモール側に行ってみることにしました。
夜のスーク・アル・バハール。
これは皮を叩いて作ったレリーフ。
ashuさんは別のところで、お土産に買っていました。
f0046614_13331919.jpg


ダースベイダーホテルの全容。
正式名称は、ジ・アドレス・ダウンタウン・ドバイといいますが、ダースベイダーに見えるでしょ?
f0046614_1333430.jpg


反対側はブルジュ・カリファ。
f0046614_13333539.jpg


もういい加減部屋に帰って寝ようよ?ということになり、(だって現地時間の朝4時から遊んでるんだぜ?この時日本時間なら23時ぐらい)でもしかし、まっすぐ部屋には帰らずにスーク・アル・バハールの1階にあるスーパーに寄ってみました。

暑い国なので塩分の補給にスポーツドリンクは最適ですね。
と、ポカリスウェット。アラビア語で書くとこうなります。
日本から粉末のポカリ持って行ったけど、売ってたわ(^^;)
f0046614_13332478.jpg


ペプシもあれば(コカもあるけど)
f0046614_13335725.jpg


ファンタもあるでよ。
f0046614_13334668.jpg


でも、ビールやワインのアルコール類はおいてありません。
レストランに行けば注文できますが、部屋で寝る前に軽く一杯・・・ならお部屋のミニバーをご利用ください。
いやいや、冷蔵庫のミニバーって高いじゃん?
できれば安く、たらふく飲みたいとおっしゃる酒豪の皆さんは、空港の到着ロビーにある免税店で滞在中のアルコール類をご購入ください。
でも、ホテルまで自分で運ばなければならないので、「たらふくコース」の方はハンドキャリーなどがあると大変便利です。

すっかり夜も更けてホテルに戻ったら、ロビーが素敵なことになっていました。
f0046614_13342051.jpg


この後部屋に戻り、シャワーを浴びて寝たのが現地時間の12時近く。
日本時間なら午前3時ごろ。
ドバイファウンテンに近いということは、音響もばっちりはっきり聞こえるわけで、「寝れるわけないじゃん!」と思った3分後には夢の中(いや、夢は見てないぞ)でした。

たった1日の出来事に12回。
これは先が思いやられますが、まだまだ続きます。
[PR]
by ashu_namy | 2013-06-07 12:00 | 2013.3 Dubai