ashuとnamyのよもやま日記

ashunamy.exblog.jp

namy:このブログの管理人。いろんなことに疲れて、絶賛ヤサグレ中だったけど、2012.9月、復活しました。              ashu:写真を撮っているだけのヒト。(笑)

2011.9.20 アメリカ旅行 27 グランドキャニオン ⑥

食事の後の、お約束のむふふとは・・・
あ、なんかよからぬことを想像したあなた!
質実剛健、明朗会計(あれ?)のashu_namyブログですよ。
食事の後は、闇に乗じての(使い方、間違ってるなあ~)ほしぞら撮影ですがな。

ホテルの周辺はほぼ真っ暗とはいえ街灯もちらほらあるので、夕方シャトルに乗ったバス停付近まで歩きます。
ビレッジ内はほぼ安全なんですが、いかんせん真っ暗なものだから、そっちのほうが怖い。
あ、言い忘れていましたがnamyさん、暗いのが嫌いです。
だから冬なんて日が短いから大嫌いなんです(寒いのは平気)。
でも、ナイトダイビングは大好きという、矛盾した心を持つ(自称)オトメ。

そんなことを語らいながら(実際は語ってない)、到着しました。
目論見通り、真っ暗。
さて、まずはどんなもんかちゃちゃと撮ってみましょう。
左下(柵の近く)に、北斗七星が写っています。
三脚は低くて、柵の上にレンズが出なくてこれが精一杯。
柵が赤くてちょっと気持ち悪いですね。
f0046614_18514288.jpg

じゃあ、ということでレンズをフィッシュアイに代えて、真上に向けてみました。
きれいな天の河です。
ここは飛行機の飛行ルート下にあるのか、上空を飛行機がたくさん飛んでいました。
銀河鉄道が宇宙を走っているのを地球から眺めたら、こんなイメージかしら。
f0046614_18515354.jpg

真っ暗なのはよかったんですが、実はここ、ビレッジ内を巡回するシャトル(夕日を観に行ったときのシャトルとは別路線)のバス停が近くにあり、ハザードを出して停車する場所なんです。
なので露光中にシャトルが来ると、余分な光が入ってしまいます。
f0046614_1852710.jpg

では、ということでホテル前の駐車場に移動。
やっぱり街灯の光が入ってしまいます。
f0046614_18521816.jpg

最後だ!と撮った写真に流れ星が写りました。
アメリカ?、流星?といえば、チェッカーズのSong for U.S.A
ですがな!(くぅぅぅ~歳がバレる!)
おっと、ナウなヤングのみなさんはおとーさん、おかーさんに聞いてみよう!
namyさんは、この歌がチェッカーズの中で3番目に好きです。
ちなみに1番好きな歌は、「ジュリアに傷心」です。
2番目は「星屑のステージ」です。
f0046614_18522976.jpg

星の写真も堪能するまで撮ったし、と部屋に帰って寝たのはやっぱり日付が変わってからでした。
[PR]
by ashu_namy | 2011-11-03 12:30 | 2011.9 Grand Circle