ashuとnamyのよもやま日記

ashunamy.exblog.jp

namy:このブログの管理人。いろんなことに疲れて、絶賛ヤサグレ中だったけど、2012.9月、復活しました。              ashu:写真を撮っているだけのヒト。(笑)

2011.9.19 アメリカ旅行 9 アンテロープキャニオン ①

ここで乗ってきたバスにアクシデント!
なんとバスのエアコンが故障してしまった!
外気温は33度ほどですが、窓の大きなバスにはさんさんと太陽光が降り注ぎます。
「バスに乗りたくな~い」がみなさんの一致した意見(^^;)
ガイドさんはバスの交換を要求してくれたみたいですが、はたしてどうなることやら・・・

と、動くサウナと化したバスに乗ってむかうは、ashu_namy的今回の旅行の大本命、
アンテロープキャニオンに向かいます。

アンテロープ・キャニオン(英名:Antelope Canyon)は、アメリカ合衆国アリゾナ州ページ(Page, Arizona)近郊の、ナバホ族の土地に位置する渓谷。
アメリカ南西部では、最も写真撮影され多くの人々が訪れるスロット・キャニオン(幅の狭い渓谷)である。
アンテロープ・キャニオンは2つの岩層から成り、個々にアッパー・アンテロープ・キャニオンとロウワー・アンテロープ・キャニオンと名づけられている。

Wikipediaより抜粋

ここはナバホ族の土地なので、ナバホ族のガイドを付けなければ観光客は勝手に入ることができません。
渓谷内はガイドと一緒に歩きますが、渓谷内は狭く、たくさんの観光客がいるので三脚を立てることはできません。
滞在時間も往復も含めて1時間ぐらいです。
が、撮影する人用のツアーもあり、こちらは滞在時間も長く、三脚を立てて撮影することもできます。
今回のツアーは一般の団体ツアーなので、三脚を立てる時間はありませんでした。

さて、ペイジの街に着いたらVisitor centerで入場チケットを(一般の人は)買います。
ここでツアーの空き時間を教えてくれます。
太陽が高い位置から射さないと、きれいなサンビームが見られないので、夏(6月がおすすめ)がいいです。

まずは
f0046614_1071574.jpg

15人ぐらい乗れるジープで移動します。

f0046614_1091063.jpg

街の中心を一歩出ればそこはもう、砂漠と岩山地帯。

何を半額で売ってくれるの?
f0046614_109569.jpg

ゲートを入るとそこはもう未舗装の道路。
f0046614_10112173.jpg

私たちが行く1週間前は雨で、水の流れた跡がありました。
おかげで土が湿っていて、あまり埃がたたずありがたかったです。
f0046614_10125774.jpg

この写真を撮った反対側に、野生のバッファローみたいな動物がいました。
f0046614_1014254.jpg

渓谷の入り口が近づいてきました。
[PR]
by ashu_namy | 2011-10-16 12:30 | 2011.9 Grand Circle