ashuとnamyのよもやま日記

ashunamy.exblog.jp

namy:このブログの管理人。いろんなことに疲れて、絶賛ヤサグレ中だったけど、2012.9月、復活しました。              ashu:写真を撮っているだけのヒト。(笑)

2011.9.18 アメリカ旅行 7 ラスベガスでのアクシデント

カメラと三脚を背負って、さっそく散策に出かけました。
しかし週末のせいか、歩道は人があふれ歩きにくいことこの上なし。
おまけに暑い!夕方なのに、まだ太陽は高く、空気が熱気を帯びています。
しかし、湿度がとても低い(3%とかです)ので、汗はすぐに乾きます。
ぷらぷら散歩して、なんだかお腹が空いたような空かないような・・・

では、成田でもらった(得意の)JCB PASSPORTで特典のあるお店に行ってみましょう。

で、やってきたのはBALLY'Sの地下にある日本食レストラン「ICHIBAN」
まずはお飲物。
f0046614_12442381.jpg

Iced Tea $2.75 少なくなるとエンドレスで継ぎ足し。
飲み物を頼まないと、あたたかい緑茶が出てきます。
そっちでもよかったかも。

頼んだお食事は
f0046614_12473922.jpg

NAMEKO UDONN $11.95
なめこが冷たかったこと以外は、関西風の薄味のおだしでとてもおいしかったです。

私たちが三脚を背負っていたためか、お店のアジア系の女の子が、
「GRAND CANYON?」と聞いてきました。
「Oh! Yes! Tomorrow。」
そしたらその子(あっちゃんとか呼ばれてたな)が、iphoneを持ってきて自分で撮った
グランドキャニオンの写真を見せてくれました。
伝票に絵をかいてくれて、ここが展望台、谷底へは4時間ぐらい歩く、とても大変など
英語と日本語(あっちゃんもすこし日本語を理解する)とボディランゲージと絵で
たのしく会話しました。
そのあとashuが自分のipodで、花火の写真を見せたらとても喜んでくれて、自分も同じような
写真を撮ったことがあると、別の写真を見せてくれました。
それを見ていた日本人のスタッフが、「あっちゃんは大学で写真のクラスを取っている。」と教えてくれました。
うん、ashuさんと写真の話をするあっちゃん、とても楽しそうだった。
それに写真もとてもうまかった。
もしかしたら将来、写真家になるかもしれないな。

ashuさんが写真で国際交流している間namyさんは、
f0046614_12594826.jpg

特典のアイスクリームを食べていました(食べかけでごめんなさい!)

さてお会計も済んで帰ろうと思ったら
「三脚のパンハンドルがない!」
あわてて席の周りを探すも見当たらない。
あっちゃんも一生懸命探してくれたけど、みつからない。
ICHIBANまで来た道のりを順にさがしながら戻ってみたけど見つからない。
ホテルの部屋にも、スーツケースの中にもない。
パンハンドルがないとカメラが固定できなくて、三脚の意味がない。
でも、ここはラスベガス。
カメラのお店もあったし、パンハンドルだけ置いてないか探しに行こう!
と、再び夜のラスベガスへ。

結果は、パンハンドルだけは置いてありませんでした(当たり前だけど)。
落ち込むashuさん。
もうすべてが投げやりで、もう、どうでもいいわ、的な雰囲気。
ここでnamyさんがキレました。
「あのさぁ~とことんまで落ち込みたいのならこのままそっとしておくけど?
でもさぁ、無くしたものはしかたがないし、見つからないものはどうしようもないし、
なんとかしようと努力はしたんだし、それでもだめだったのなら残されたもので、
最大限楽しめる方法を考えようよ。そのほうがよっぽど建設的じゃん。」


このカツが効いたのか、ashuさん前向きになりました。
こうしてラスベガスの夜は更けていったのでした。
[PR]
by ashu_namy | 2011-10-14 12:30 | 2011.9 Grand Circle